IOST(アイオーエスティー)とは?今後の将来性・見通しを解説

『IOST(アイオーエスティー)』は第3世代のブロックチェーンと呼ばれており今後の将来性が期待されているのを知っていますか?

「IOSTはどんな特徴があるんだろう?」「イーサリアムと何が違うんだろう?」「IOSTって将来性ないんじゃないの?」と疑問を持っている方も多いと思います。

そこでこの記事では、IOSTの特徴・今後の見通しについて解説します。

この記事を読んで IOSTを購入するかどうかの参考にしてみてください。
国内でIOSTが購入できる取引所はコインチェックのみとなっているので、購入を検討している方はぜひコインチェックで口座開設してみてください。
国内で唯一IOSTが買える!

コインチェックについて
詳しく知る

※2021年11月時点

IOST(アイオーエスティー)とは?

仮想通貨 IOSTとは

通貨名 アイオーエスティー
通貨単位 IOST
時価総額 ¥120,103,380,445
時価総額ランキング 87位
発行上限枚数 900億枚
現在の値段 ¥6.62
売買可能国内取引所 コインチェック 

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

IOSTは2018年1月に『IOST財団』によって開発されたコインです。他のコインと大きく違う点は、ブロックチェーンを使用してサービスを構築するためのプラットフォームを目指して誕生したことです。

プラットフォームとは?
システムやサービスの土台となる環境を指します。PCで例えるなら「Windows」や「Mac OS」、ゲームなら「PS4」や「Nintendo Switch」と考えると分かりやすいでしょう。

つまり「サービスを構築するためのプラットフォームを目指している」とは、「Excel・Word・あつまれ動物の森」などのソフトを利用するための基盤を目指しているということです。

「Windows」や「Mac OS」「PS4」「Nintendo Switch」であれば、「ExcelやWord」「あつまれ動物の森」が楽しめますよね?

このように土台となるサービスを『dApps(分散型アプリケーション)』と言います。IOST以外ではイーサリアムが該当します。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTは他の仮想通貨と何が違う?

IOST 他の通貨との違い

多くのコイン(OMGやENJなど)は、イーサリアムのプラットフォーム上に作られているコイン。

しかしIOSTはIOST独自のプラットフォームなので、他のコインと一線を画するのです。

イーサリアム dAppsの開発プラットフォーム
その他(OMG・ENJなど)

イーサリアムプラットフォームがベースになっている通貨

IOST dAppsの開発プラットフォーム

つまりIOSTはプラットフォームとしてイーサリアムと並ぶ存在と言えるでしょう。

またイーサリアムで問題となっていた速度の遅さや手数料の高さを改善して開発されているので、今後価値が高くなるのでは?とも言われています。

ビットコインが第1世代のブロックチェーン、イーサリアムが第2世代のブロックチェーンなら、「IOSTは第3世代のブロックチェーン」を目指しています。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTで何ができるようになる?

IOSTのプラットフォームでできること

ではIOSTのプラットフォームではどのようなことができるのでしょうか?

 今後はクレジットカードが利用されるのと同様のレベルで、ブロックチェーン技術を様々なサービスが活用できるようにすることを目指しています。

現在、国内では「再生可能エネルギー電力の取引システムの実証実験」「 精密医療や患者ケアに関するデータ管理の研究開発」などが行われています。

大学の教育に使用されたり、様々な分野で実用化に向けて動いているのです。

出典:https://coincheck.blog/10325
出典:PRTIMES

IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOST(アイオーエスティー)の特徴

IOST 特徴

IOSTの特徴
  • より高い非中央集権
  • 独自のコンセンサスアルゴリズム『PoB』を採用
  • ノードのストレージを削減
  • 開発言語がJavaScript

①:独自のコンセンサスアルゴリズム『PoB』採用

特徴①独自のコンセンサスアルゴリズム『PoB』採用

IOSTは独自のコンセンサスアルゴリズムを使用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは?
取引承認方法のことです。仮想通貨はブロックチェーン上で送金した時、第三者に不正がないかを確認してもらいます。承認後、実際に通貨が届きます。

もともとビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、「非中央集権的な取引」が目的で作られました。

「中央集権」のように銀行1社が管理すると、確認承認作業は少なくて済むので取引は早いです。ただ改ざんのリスク不正アクセスのリスクなど様々な問題がでてきます。

 そこで仮想通貨は、ユーザ同士が確認承認をし合って、不正がないよう取引ができる非中央集権的なものとなりました。

このようにネットワークの参加者である第三者が検証して承認を行っていくコンセンサスアルゴリズムが誕生しましたが、今度はスケーラビリティ問題が発生したのです。

スケーラビリティとは?
取引量が増加することで混雑するため送金に時間がかかること。処理速度を上げるためには手数料が高くなる。

つまりユーザーが増えて確認承認の作業量が増えたので、送金までに時間がかかるようになってしまったのです。

中央集権をとれば、速度は速いがリスクがあるため不便。 非中央集権をとればセキュリティーは高く便利だが、速度が遅く手数料も高くなると問題を抱えています。

 これらビットコインやイーサリアムの反省を生かして生まれたのがPoB採用のIOSTなのです。

ビットコインやイーサリアムはコンセンサスアルゴリズム『PoW』を使用していました。IOSTは『PoB』を採用したことによりスケーラビリティ問題を解決できるようになったのです。

そのため速度が速くなり手数料を安く抑えることに成功しました。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

②:ノードのストレージを削減

特徴②ノードのストレージを削減

IOSTの特徴としてノードのストレージを削減している点が挙げられます。

ノードとは?
仮想通貨のネットワークに参加しているコンピューター端末のことです。

今までは過去のブロックチェーン上にあるブロックの全てを保存しないといけないため、「負担が大きい、速度が遅い」デメリットがありました。

IOSTでは『EDS』という技術を採用し、最新のブロックのみを保存すればいいように設計されているので、ノードのストレージを削減できます。

これにより高速化・セキュリティの強化が可能となっています。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

③:開発言語がJavaScript

3つ目の特徴はIOSTが「JavaScript」で作られていることです。

 JavaScriptは開発言語の中でも比較的簡単で、多くのプログラマーが使用できます。

IOSTのプラットフォームでサービスを作る時にJavaScriptが分かれば作れるので、色んな人が参入しやすいメリットがあります。

IOSTの現在の価格とチャート【2021年11月】

IOSTの現在の価格とチャート【2021年11月】

2021年11月10日時点のIOST/JPYのチャートが上記です。

仮想通貨業界では2020年にDeFiブームがはじまり、その影響で翌年5月頃まで仮想通貨全体の価格が上昇していました。

 IOSTも他の通貨に引っ張られる形で上昇しており、4月後半には8円台まで上昇しています。

また日本では格闘家の朝倉未来氏がIOSTに投資し、総資産が1億円を超えたと発言し話題となりました。

5月から一旦下降トレンドに入りましたが、7月後半に再び上昇トレンドに入り、11月10日現在は5.78円となっています。

4月同様、仮想通貨全体が盛り上がっているので価格上昇が期待できます。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTは今後100円・1,000円に上がるかも?

IOST 100円 1000円

IOSTは11月現在5.78円、ここから短期で100円や1,000円に上がる可能性はかなり低いでしょう。100円で約20倍、1,000円なら200倍高騰しなければならないからです。

ただし仮想通貨で100倍以上高騰するケースはよくあります。例えば2021年11月時点で時価総額5位のSOLは1年経たずに約190倍まで上昇しています。

 仮想通貨は値動きが早いのが特徴で、一旦上昇がはじまるとATHを繰り返します。

IOSTのポテンシャルが評価されれば期待できる

またIOSTのポテンシャルはもともと高く、今から評価されていく可能性もあるでしょう。

ゲームやNFTのプラットフォームとして活躍できますし、今話題のメタバースのプラットフォームとしても活躍できます。

 これらの特性をうまく活かし、イーサリアムより魅力的な点が広まれば将来的に100円に到達する可能性は0ではありません。

現在国内でIOSTが上場しているのはコインチェックのみですが、DMM BitcoinやbitFlyerなど他の大手取引所に上場すれば値上がりを期待できます。

まずは2021年内に10円まで上昇できるかがポイントとなるでしょう。

IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTを購入するタイミング

 

IOSTを購入するなら、2021年11月の今が良いタイミングでしょう。

7月下旬から9月まで上昇トレンドが続き8.7円まで高騰していましたが、9月24日に中国が暗号資産関連サービスを全面的に禁止したため、今は5円台に落ち着いています。

 中国では違法な金融活動として刑事責任を追及すると発表しており、監視を強化していきます。

これにより海外取引所でも中国元の取扱廃止などの措置を行っています。

仮想通貨全体で上昇局面

仮想通貨IOST 買うタイミング

しかし仮想通貨全体では今上昇局面にあるので、これから年末年始にかけての高騰が期待できるでしょう。

また総合格闘技RIZINのデジタルコンテンツを売買できるNFTがIOSTのプラットフォームを使用すると発表しており、年末にトレカ販売することも話題になっています。

短期で大きく上げる可能性は少ないですが、徐々に価値が認められていくでしょう。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTに将来性は?今後の見通しを徹底予想

IOST 今後の将来性

今後IOSTの価値が上がる要因は大きく分けて以下の4つがあります。

IOSTが価格上昇する要因4選
  • DeFi参加者の増加
  • IOSTを活用したサービスの誕生
  • IOSTのエアドロップ
  • 国内取引所への新規上場

Defiの参加者の増加

Defiの参加者の増加

IOSTの価格を決定する上で大きな鍵を握っているのが、「DeFi(分散型金融)」の展開でしょう。IOSTはDeFiにも参入し積極的に展開させています。

DeFi(分散型金融)とは?
非中央集権な金融仲介アプリケーションを指します。ユーザーが銀行の役割を担いコインの運用や両替ができます。

現在のDeFiはイーサリアム基盤のものが多いです(『Compound』や『Uniswap』など)。しかしイーサリアム基盤のため手数料が高い問題があります。

IOSTで開発したDeFiなら処理速度が速くスケーラビリティ問題が起こりません。コストも抑えられるので将来性に期待されています。

 IOST型のDeFiが発展することで、IOSTコインの価格も上昇するでしょう。

またDeFi参加者が増えることでIOSTの価値も上がっていきます。現時点では仮想通貨に明るい人でない限り「DeFi」と聞いても何のことか分からないでしょう。

しかし世の中に浸透することで価値が上がりIOSTも注目される可能性が高いです。
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

IOSTを活用したサービスの誕生

IOSTを活用したサービスが誕生して人気が出ればIOSTそのものの価値も上がる可能性は高いです。

例えば現在はIOSTを使用したゲームの開発が行われています。ゲームの知名度が上がり人気が出ることがIOSTの価格上昇につながります。

IOSTのエアドロップ

IOSTのエアドロップ

IOSTのエアドロップが実施されれば価格が上昇する可能性が高いです。

エアドロップとは?
一定条件を満たした人に対して無料で仮想通貨やトークンを配布することです
例えば2021年9月30日に「Summer Airdrop」というイベントがIOSTで実施されます。これは今回が2回目のイベントでIOST保有者に仮想通貨『DON』が無料で配布されるもの。
 DONが配布されるタイミングは価格が大きく動く可能性が高いでしょう。
ただしIOSTを取り扱っているコインチェックでは、このイベントに参加しない方針を示しています。DONの流動性や安全性がまだコインチェックの基準を満たしていないためです。
出典:https://coincheck.blog/13352
IOSTの買い方はこちら!

コインチェックで
IOSTを購入する方法

国内での新規上場

コインチェック以外の国内取引所に上場すれば価格が上昇する可能性は高いでしょう。

ほとんどのコインは上場したタイミングで価格が上がります。

これら4つの要因を踏まえると、IOSTの価格が上昇する可能性は十分にあります。

IOSTが買える仮想通貨取引所はコインチェックだけ!

前述の通り、IOSTが購入できるのは国内でコインチェックだけ。ここではIOSTをコインチェックで買う手順を3ステップに分けて、わかりやすく解説します。

IOSTの購入方法【3ステップ】
  1. まずはコインチェックで口座開設
  2. 開設した口座に日本円を入金
  3. 販売所でIOSTを選択して購入

コインチェックでは最短1日で口座開設が可能です。開設後はコンビニや銀行、アプリの「クイック入金」で購入資金を入金します。

「クイック入金」なら自宅にいても入金可能・かつ即時反映されるため、よりスムーズに購入できます。

IOST 買い方

Coincheckの公式ページ参照

入金後は、「販売所」をタップ→IOSTを選択して購入数量を入力→「購入する」を選択すれば、購入が完了します。

 初心者でも直感で操作できる使いやすいアプリのため、初めての方も迷わず購入できるでしょう。

500円程度の少額購入が可能なので、とりあえず試しに買ってみたいという方も安心です。この機会にコインチェックで口座開設してみてはいかがでしょうか。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

コインチェックの詳細はこちら

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • 取扱コインは国内最多の17種類※2021年9月現在
  • 最短1日で取引開始できる
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 約500円から仮想通貨が買える
  • 国内仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1※1
  • スマホアプリがシンプルで初心者も使いやすい
  • コールドウォレットや二段階認証を採用することでセキュリティを強固にしている
  • 積立や貸仮想通貨サービスなど様々な取引方法から選べる

※1 公式サイト文言より

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

IOSTは2020年の9月にコインチェックに上場しています。2021年10月時点で、IOSTが購入できる国内の取引所はコインチェックのみです。

 仮想通貨の取扱数が17種類と国内取引所の中でも一番豊富です。

他の通貨にチャレンジもできるので、長く利用しても物足りなさを感じにくいといえます。また、月々1万円からつみたが利用でき、取引のタイミングがつかめていない方も安心です。

取引手数料が無料なのもおすすめポイントの1つです。

IOSTを購入できる以外のメリットも豊富なため、一度口座開設して自分の投資スタイルに合うかチェックしてみてはいかがでしょうか。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱仮想通貨(暗号資産)数

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
最小注文数量(BTC) 取引所:0.005BTC以上かつ500円(相当額)以上
販売所:円建てで500円相当額
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:https://coincheck.com/ja/

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

コインチェックについて詳細はこちら

コインチェックの特徴やメリットを徹底解説!口コミ・評判も紹介

コインチェックはアプリ・ウォレットが使いやすい!
仮想通貨(暗号資産)おすすめアプリランキング|初心者向け

IOSTを購入するメリット

IOST 購入メリット

IOSTを購入して投資するメリットは大きく分けて2つあります。

IOST購入のメリット
  • 今後様々なサービスで使用される可能性がある
  • 価格高騰のタイミングを狙える

今後様々なサービスで使用される可能性がある

分散型アプリケーションでの活用、ゲームの活用など様々なサービスが、IOSTを使用して開発される可能性が高いです。

 またJavaScriptで開発可能なのでいろんな人が気軽に参入できると言うメリットもあります。

あらかじめ投資をしておけば稼げる可能性は十分にあるでしょう。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

価格高騰のタイミングを狙える

IOSTはビットコインに比べると変動が大きく、過去1週間で2倍近く価格が上昇しています。(2021年9月1日〜9日8日)

タイミングを狙って投資すれば大きく稼げる可能性が高いでしょう。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

IOSTを購入するデメリット

IOST 購入 デメリット

IOST購入のデメリットは大きく分けて2つあります。

IOST購入のデメリット
  • 時価総額が低い
  • 価格変動が激しい

時価総額が低い

現時点でIOSTの時価総額は87位。メジャーアルトコインの中で比べると、決して高い方ではありません。

 国内ではコインチェックしか扱っていないので取引がしにくいデメリットもあります。

またビットコインやイーサリアムに比べるとプラットフォームとしても、まだまだ未発達。2018年1月公開直後に記録した14円台の過去最高値を未だ更新できていません

だからこそ仕込んでおくという意見もあります。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

価格変動が激しい

価格変動が激しいのはリスクが高いとも言えます。

仮想通貨全体の暴落で一瞬で下がってしまうこともあります。ロスカットされる場合もあるので値動きに注意しましょう。

IOSTを含む仮想通貨銘柄の将来性に関するアンケート調査

当サイトでは、仮想通貨銘柄について独自のアンケート調査を行いました。

アンケート項目
  • 現在取引している(過去取引していた)仮想通貨銘柄
  • 今後の将来性に期待できる仮想通貨銘柄

仮想通貨取引経験者はIOST(アイオーエスティー)の将来性についてどう捉えているのでしょうか。また、IOST以上に期待できる銘柄についても触れていきます。

Q あなたが取引している/過去に取引していた仮想通貨銘柄はどれですか?

取引している仮想通貨銘柄ランキング

仮想通貨投資経験者が取引している銘柄/過去取引していた銘柄
仮想通貨銘柄 人数(人)
ビットコイン 152
イーサリアム 67
リップル 51
イーサリアムクラシック 30
ネム 27
ビットコインキャッシュ 22
モナコイン 21
リスク 19
ファクトム 19
ライトコイン 13
クアンタム 11
オーエムジー 10
ステラルーメン 8
アイオーエスティー 8
ベーシックアテンショントークン 7
リンク 6
エンジンコイン 5
エイダ 5
ジャスミー 5
パレットトークン 4
その他 11

最も多く取引されているのは「ビットコイン」となりました。次いでイーサリアム、リップル、イーサリアムクラシック、ネムの順に。

IOSTを選んだのは8人と、比較的少なめの結果になりました。

取扱がコインチェックのみである点が関係していそうですね。
では銘柄ごとの今後の期待度をみていきましょう。

Q 今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)

今後の将来性が期待できる仮想通貨銘柄ランキング

将来有望な仮想通貨銘柄
銘柄 割合 関連リンク
BTC(ビットコイン) 47.5%

ビットコインとは

ビットコインの今後

ETH(イーサリアム) 8.7% ETHの今後
ETC(イーサリアムクラシック) 6.4%
XRP(リップル) 5.0% リップル(XRP,ripple)の今後
LSK(リスク) 2.3% Lisk(リスク)将来性
XEM(ネム) 1.8% リップル(XRP,ripple)の今後
BCH(ビットコインキャッシュ) 1.8% BCH 将来性
FCT(ファクト) 0.9%
LTC(ライトコイン) 0.9%
MONA(モナコイン) 0.5% モナコイン(MONA)今後
XLM(ステラルーメン) 0.5%
ENJ(エンジンコイン) 0.5%
OMG(オーエムジー) 0.5%
LNK(リンク) 0.5%
その他 0.9%
わからない 21.5%

アンケートの結果、上から順にビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、リスクとなりました。

やはりビットコインが最も期待されている結果に。ビットコインは2021年11月に大型アップデートがあった影響などもあり、今後も価格上昇が予想される銘柄の1つです。

本記事で深堀りしてきたIOSTを選ぶ方はいない結果となりました。

ただし、IOSTはポテンシャルの高い通貨です。ゲームやNFT、メタバースなどのプラットフォームなど活躍の場は多く、今後評価されていく可能性を秘めています。

世界各国の取引所でIOSTの取扱を始める動きもあり、認知度が上がれば時価総額ランキング上位に名を連ねる可能性も十分あるでしょう。

 一般的に、仮想通貨は取引所に上場されたタイミングで価格が上昇する傾向にあります。

今後に向けてコインチェックで購入しておくのも手ですよ。
取扱銘柄数が国内No.1!

コインチェックで
IOSTを購入してみる

アンケート調査の概要

調査概要 仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者数 221名
調査実施期間 2021年12月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

IOSTに関するよくある質問

IOSTの今後はどうなりますか?
DeFi参加者が増加すれば価値が上がる可能性は高いでしょう。他にIOSTのプラットフォームを活用したサービスの誕生、IOSTのエアドロップなども重要です。
IOSTの最新ニュースを教えてください。
2021年9月30日に「Summer Airdrop」というイベントがIOSTで実施されます。IOSTを保有している方に仮想通貨『DON』が無料で配布される予定です。
IOSTの特徴は何ですか?
非中央集権で独自のコンセンサスアルゴリズムPoBを採用しています。これにより処理速度の向上、手数料を抑えられるなどのメリットがあります。
IOSTを購入できる取引所はどこですか?
現在国内取引所ではコインチェックのみ取扱可能です。今後他の取引所に上場すればIOSTの価値が上昇する可能性もあるでしょう。
IOST投資のメリットは何ですか?
IOSTは1週間で約2倍近く価格が上昇したこともあります。タイミングを狙って投資をすれば大きく稼げる可能性があるでしょう。ただし公開からATHはしていません。
IOST投資のデメリットは何ですか?
価格変動が激しいので大きく損をしてしまう可能性があることです。また他のメジャーコインに比べると時価総額が低いので流動性も少ないです。
IOSTの過去最高値はいくらですか?
2018年1月公開直後の14.97円が過去最高値です。次いで2021年4月と9月に9円近くまで上昇しています。2021年9月20日現在は6.62円です。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

IOSTの今後について|まとめ

IOSTは今後様々なサービスを構築するためのプラットフォームとして活躍することが予想されます。

DeFiの参加者増加や、IOSTを利用したサービスがたくさん増えることで価値は上昇していくでしょう。

IOSTは日本人向けのTwitterアカウントもあるので情報を追いやすいです。近々イベントも開催されるので、情報をチェックしておきましょう。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってく ださい。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事