iDeCo(イデコ)におすすめ金融機関5選|選び方・始め方を解説

「iDeCo(イデコ)に興味はあるけど何ができるの?」「iDeCo(イデコ)をやる際におすすめの金融機関はどこ?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

最近は日本人のマネーリテラシーが向上したことで投資の需要が高まっています。特にiDeCo(イデコ)と言われる個人型確定拠出年金に興味を抱く方が増えてきました。

そこで今回は、iDeCo(イデコ)の基本情報や仕組み、メリット・デメリットやおすすめの金融機関と選び方のポイントについて詳しく解説します。

投資は1日でも早く行動することで、将来楽できるようになるのでおすすめです。

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)とは?

iDeCo(イデコ)とは英語で(individual-type Defined Contribution pension plan)の略称で、日本語では「個人型確定拠出年金」と言われている私的年金制度です。

 公的年金などは国や企業が責任を持って資金を運用しますが、確定拠出年金の場合は自分の責任を負って運用する金融商品(年金)となっています。

ただ、iDeCo(イデコ)は掛金を60歳になるまで積み立てられますが、死亡した場合や障がい者となった場合などを除いて原則60歳までは引き出すことはできません。

ですが、厚生年金と国民年金の仕組みを上手に利用し、若いうちからコツコツと投資を重ねていけば、60歳を超えるとより豊かな老後生活を送ることができるのでおすすめです。

iDeCo(イデコ)は基本的に60歳未満の全ての方が加入できます。

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

メリット

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

積み立てた掛金が全額所得控除される

iDeCo(イデコ)で積み立てた掛金は実は全て所得控除されるため、当年分の所得税と翌年分の住民税が軽減されるメリットがあります。

 つまり節税効果があるということです。年収によってそれぞれ節税額は異なりますが、積立期間中は継続的に控除の恩恵が受けることが可能です。

例えば、年収が500万円の方が毎月1万円を積立てた場合、年間に約24,000円相当が軽減されます。

また、自身の口座から掛金引き落としの方は、所得控除の恩恵を受けるには「年末調整」もしくは「確定申告」が必要になるので注意しましょう。

節税効果が期待できるので、少しでも損したくない方は利用しましょう。

iDeCo(イデコ)の運用益は非課税

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

基本的に通常の投資信託の運用益や預貯金の利息には、法律で20.315%の税金がかかる計算になっていますが、iDeCo(イデコ)は非課税なので所得税がかかりません。

 つまり、iDeCo(イデコ)を運用して出た利益には税金は一切かかりません。効率よく資産を増やして、節税しながら資産形成ができとっても効率的です。

例えば、株式投資で利益を100万円上げた場合は、約80万円が利益で約20万円が税金です。一方でiDeCo(イデコ)は100万円全てが利益で税金は0円となります。

このように、iDeCo(イデコ)はコストが一切かからずより効率的に資産を増やせるのが大きな魅力です。1日でも若いうちから投資を始めることで将来に備えられます。

毎月一定額をコツコツと継続して投資をされたい方におすすめです。

受け取り方法は自身の状況や条件に応じて選べる

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

iDeCo(イデコ)を利用して築いた資産の受け取り方法は「公的年金等控除」と「退職所得控除」のどちらかを選ぶことが可能です。

公的年金等控除は、年齢や年金額に応じた額が所得から控除される仕組みです。つまり、年金として分割で受け取る方法です。

 退職所得控除では、退職所得の金額を計算する過程の中で、退職手当等の収入金額から控除する額のことを言い、まとめて受け取れます。

自分が公的年金等控除もしくは退職所得控除どちらを受け取る方がお得かについては、自分の今の状況や条件に合わせて計算することをおすすめします。

これらは所得から差し引くことで税負担を軽減することが可能です。
出典:「iDeCoのイイコト?」国民年金基金連合会

デメリット

運用状況によっては資産が減ることもある

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

預金の金利はごく僅かですが、貯金しているだけではお金は増えないため、多くの方はiDeCo(イデコ)の投資信託で資産運用をしようと考えます。

ですが、iDeCo(イデコ)はあくまでも投資ですから、運用状況によっては逆に資産が減ってしまう場合があるので、元本割れリスクには注意しましょう。

 また、金融商品の中には元本保証の金融商品もありますが、元本保証だけに投資していても資産は増えませんしリスクも抑えられません。

そこで重要なのが、多少のリスクはあるが運用益がある商品と、リスクが低く安定したパフォーマンスの商品とを掛け合わせて投資する方法です。

iDeCo(イデコ)は商品選び一番大切だと言っても過言ではないので、投資を始める際はある程度投資知識を得てから始めることをおすすめします。

他人に投資選択を委ねず、自分で知識を付けて投資した方が納得して投資ができます。

原則60歳まで運用中の資産を引き出せない

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

iDeCo(イデコ)は、死亡したり障害者になったりしない限り、原則60歳まで資産を引き出せないのが大きなデメリットです。

 iDeCo(イデコ)加入者は運用益を獲得できるのは60歳になってからなので、急遽お金が必要になったからといって自由に引き出すことはできません。

なので、今後iDeCo(イデコ)を利用して投資をする場合、今後起こり得るライフイベントなどを考慮して投資するようにしましょう。投資は余剰金で行い、その他は貯蓄に回しておくことをおすすめします。

ライフプランの計画を立てて投資することが大切です。

掛金に上限金額がある

iDeCo(イデコ)のメリット・デメリット

iDeCo(イデコ)の毎月の掛金には、属性によって上限金額がそれぞれ異なります。この属性とは会社員、自営業、専業主婦、公務員などのことです。

 例えば、それぞれの上限金額は、自営業者は月額6.8万円、会社員は月額2.0万円、公務員は月額1.2万円、主婦は月額1.2万円となっています。

特に公務員の方は退職金や年金に恵まれていることから、上限金利は低く設定されています。

自営業者は月額6.8万円と上限が高く設定されています。その理由は、自営業者やフリーランスは公的年金のうち「国民年金」にしか加入できないからです。

会社員や公務員は掛金が上限2万円程度しか投資できないですが、60歳までコツコツ積立なので早いうちから始めることで

iDeCo(イデコ)におすすめの金融機関の選び方

手数料が安いかどうか

iDeCo(イデコ)におすすめの金融機関の選び方

金融機関によって手数料はそれぞれ異なるため、iDeCo(イデコ)を利用する上で口座管理手数料が安いかどうかを確認することが大切です。

この口座管理手数料は、60歳までiDeCo(イデコ)を運用するまで毎月支払わなければいけない手数料のことを言います。

 また、手数料には3種類あり、口座開設時に支払う加入手数料、口座を開設する時にかかる口座開設手数料、受け取る度に支払う受け取り手数料です。

口座によって手数料の差は数百円程度あります。「たった数百円なら大丈夫」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、iDeCo(イデコ)は長期投資です。

長期投資は何十年と資産を運用していくため、数百円の手数料でも数十年後には何十万、何百万円という差になってしまうので手数料には注意を払いましょう。

iDeCo(イデコ)を始める際は、なるべく手数料の低い金融機関を選びましょう。

商品が豊富に取り揃っているかどうか

iDeCo(イデコ)におすすめの金融機関の選び方

金融機関を選ぶポイントとして、金融商品が豊富に取り扱っているかどうかを確認してみることが大切です。

種類が豊富だから素晴らしい金融機関という訳ではありませんが、商品が多ければ多いほど選択肢の数が増えるのは良いことです。

 iDeCo(イデコ)の商品は、投資信託、保険、預金などがあり、特に金融機関の特徴が出るのは投資信託の種類の部分が挙げられます。

特に投資信託は国内外の株式、商品先物、債券など様々な商品を組み合わせることが可能で、種類も約6,000本以上と豊富に取り扱っています。

なので、金融機関を選ぶ際は投資信託の種類や数、手数料などを総合的に考慮した上で、iDeCo(イデコ)に投資する金融機関を選ぶようにしましょう。

投資信託は投資のプロが運用してくれるので安心して投資できます。

iDeCo(イデコ)の始め方

iDeCo(イデコ)の始め方

iDeCo(イデコ)の始め方は大きく分けて4つのポイントがあります。まずは初めに自分がiDeCo(イデコ)に加入できるかどうかを確認しましょう。

原則20〜60歳の方であれば誰でも利用できますが、国民年金保険料を支払っていない方や、企業型拠出年金とiDeCo(イデコ)の同時加入を認める制度に変更されない方は厳しいです。

 2つ目は金融機関を選ぶことです。iDeCo(イデコ)の口座は1人1つと決められているので、自分のライフスタイルに最適な金融機関を選ぶことが大切です。

3つ目は積立額を決めます。iDeCo(イデコ)は原則60歳まで引き出すことはできないため、無理のない額を抑えましょう。初めは数千円程度からはじめることをおすすめします。

4つ目は運用する金融商品と割合について決めることです。一番おすすめの方法は預金や保険などの元本確保型商品と投資信託を組み合わせてポートフォリオを作ることです。

iDeCo(イデコ)初心者はまずは月に数千円から積み立てていきましょう。

iDeCo(イデコ)におすすめ金融機関(証券会社)5選

LINE証券

LINE証券

LINE証券のおすすめポイント
  • 東証約3,700銘柄に対応
  • 毎月1,000円から自動的に積み立て可能
  • 全銘柄購入手数料0円

 

LINE証券は20代投資家が選ぶ「スマホ利用で使いやすい」ネット証券No.1のチャットアプリLINEが提供する証券口座です。※公式サイトより

投資信託はプロが選ぶ本当におすすめできる32銘柄を厳選採用しており、初心者の方でも迷わず投資ができるところが魅力です。

LINEアプリで手軽に始められる!

LINE証券
口座開設はこちら(無料)

取引手数料(税込表示) ・現物取引手数料:0円~1,771円
・信用取引手数料:0円
主な取扱商品 ・国内株式
・投資信託
・信用取引
主な取引ツール(PC)
主な取引ツール(スマホ・タブレット) LINEアプリ

出典:LINE証券 公式サイト

SBI証券

SBI証券

SBI証券のおすすめポイント
  • 口座開設手数料・運営管理手数料0円
  • 加入者No.1!運用実績10年
  • 豊富に取り揃う商品ラインナップ
    ※公式サイトより

 

SBI証券は口座開設数720万口座を突破し、国内株式個人取引シェアNo1の日本トップクラスの証券会社です。

 iDeCo(イデコ)の運用実績は10年を越え、手数料の低さ、商品のバラエティ、維持・管理コストの低さなど3拍子揃っています。

また、HDIの「問合せ窓口格付け」「Webサポート格付け」2021年度最高評価の三つ星を獲得した実績と信頼があります。

ネット証券口座開設数No.1!

SBI証券
口座開設はこちら(無料)

取引手数料(税込表示)
・現物取引手数料:0円~1,070円
・信用取引手数料:0円~385円
主な取扱商品 ・国内株式
・外国株式
・債権
・FX
・先物オプション
主な取引ツール(PC) ・HYPER SBI
主な取引ツール(スマホ・タブレット) ・SBI証券 株アプリ
・かんたん積立アプリ
・HYPER先物・オプションアプリ など

松井証券

松井証券

松井証券のおすすめポイント
  • 運営管理手数料0円!
  • 業界最多水準の商品ラインナップ
  • 分かりやすい資産管理画面
    ※公式サイトより

 

松井証券は100年以上もの歴史がある老舗ネット証券なので、安心してiDeCo(イデコ)を利用して投資を行うことができます。

 業界最多水準の40種類の商品の取扱いがあり、運営管理手数料が無料です。また、いつでも資産状況を確認できるみやすい管理画面が魅力です。

また、HDIの格付けベンチマーキング「顧客サポート部門」において、11年連続最高評価の三つ星を獲得しておりサポート体制も充実しています。

50万円まで手数料無料!

松井証券
無料口座開設はこちら

取引手数料(税込表示) ・現物取引手数料:0円~110,000円
・信用取引手数料:0円~110,000円
主な取扱商品 ・株式・現物取引
・株式・信用取引

・投資信託
・先物・オプション取引
・NISA/つみたてNISA
・FX
・iDeCo
主な取引ツール(PC) ・株式・現物取引
・株式・信用取引

・投資信託
・先物・オプション取引
・NISA/つみたてNISA
・FX
・iDeCo
主な取引ツール(スマホ・タブレット) ・株touch
・松井証券FXアプリ
・LINE公式アカウント(松井証券FX)

出典:松井証券 公式サイト

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券

岡三オンライン証券のおすすめポイント
  • 業界屈指の格安手数料を実現!
  • 豊富な投資情報を無料でチェックできる
  • 創業95年以上の安心感

 

岡三オンライン証券は2021年オリコン顧客満足度調査ネット証券部門 分析ツール1位を獲得した実績と、創業95年以上という歴史を誇るネット証券です。

業界屈指の格安手数料かつ豊富なマーケット情報を無料でチェックできたり、投資初心者でも使いやすい高機能取引ツールで分析したりできます。

取引ツールの使いやすさが好評!

岡三オンライン証券
口座開設はこちら(無料)

取引手数料(税込表示)
※最大金額はワンショットでのお取引の場合のものです。
・現物取引手数料:0円~3,300円
・信用取引手数料:0円~1,320円
主な取扱商品 ・現物株式
・信用取引

・投資信託
・先物・オプション
・NISA
・iDeCo
主な取引ツール(PC) ・岡三ネットトレーダーWEB2
・岡三かんたん発注
・岡三オンラインFX WEB版
主な取引ツール(スマホ・タブレット) ・岡三かんたん発注
・岡三カブスマホ
・岡三ネットトレーダースマホ

出典:岡三オンライン証券 公式サイト

auカブコム証券

au株コム証券のiDeCo

auカブコム証券のおすすめポイント
  • 口座管理手数料が他社に比べて安い
  • Pontaポイントが貯まってお得
  • スマホで運用資産や節税額のシミュレーションができる

 

三菱UFJファイナンシャルグループとKDDIのネット証券として有名なauカブコム証券は、iDeCo(イデコ)を利用する上で手数料体系が魅力の証券会社です。

auカブコムのiDeCoなら運用管理手数料が0円で利用できたり、対象投資信託の保有残高に応じ、au IDをお持ちの方はPontaポイントを貰うことが可能です。

取引手数料(税込表示)

【ワンショット(1注文制)】
~5万円:55円
~10万円:99円
~20万円:115円
~50万円:275円
~100万円:535円
100万円~:約定金額×0.099%+99円【上限:4,059円】

【一日定額手数料】
~100万円:0円
~200万円:2,200円
~300万円:3,300円
~400万円:4,400円
~500万円:5,500円
500万円~:100万円毎に1,100円加算

主な取扱商品 ・NISA
・投資信託
・FX
・先物・オプション取引
・債券(外国債券)
・外貨建MMF
・取引所CFD(株365)
・現物株式 ・プチ株
・信用取引
・IPO・PO
・フリーETF
・TOB
・ETF・ETN・REIT
主な取引ツール(PC) ・kabuステーション
・カブナビ
・カブボード など
主な取引ツール(スマホ・タブレット) ・スマート証券口座開設
・kabu smart
・IPO Lab
・PICK UP! 株チャート
・PICK UP! 株テーマ
・PICK UP! 株主優待
・auカブコムFX

出典:auカブコム証券 公式サイト

よくある質問

iDeCoとは?
iDeCoは日本語で個人型確定拠出年金と呼ばれ、老後資金を作るための私的年金制度のことです。公的年金とは異なり加入は任意となっています。
iDeCoのメリットとは?
iDeCoを利用するメリットは運用益に税金がかからないため効率的に資産形成できたり、節税効果になったり、受け取り方法を選べるのが魅力です。
iDeCoのデメリットとは?
あくまでも投資なので損をする可能性があること、原則60歳まで1円たりとも引き出せないこと、属性によって掛金の上限金額が設定されていることなどがデメリットです。
iDeCoにおすすめの金融機関の選び方とは?
選び方のポイントは手数料が安いかどうか、金融商品のラインナップが幅広いかどうか、口座利用者が多く知名度の高いネット証券かどうかなど総合的に判断して選びましょう。
iDeCoの始め方とは?
「iDeCoに加入できるか確認する→自分に最適な金融機関を選択する→60歳まで積み立てる金額を決める→運用する金融商品と割合について決める」この4つのステップを踏めば始められます。
iDeCoの注意点とは?
iDeCoには元本保証がない金融商品もあるため商品の特徴を理解してから投資しましょう。また、給付額は運用実績によって変わるので損する場合もあることを抑えておきましょう。
iDeCoにおすすめの証券会社とは?
チャットツールアプリLINEで人気のLINE証券、口座開設数日本No.1のSBI証券、100年の歴史と実績を誇る松井証券、使いやすい高機能取引ツールが魅力の岡三オンライン証券、三菱UFJが携わるauカブコム証券などがおすすめです。

まとめ

ここまで本記事では、iDeCo(イデコ)の概要や運用益を上げる仕組み、メリットやデメリット、おすすめの金融機関について詳しく紹介しました。

iDeCo(イデコ)は運用益に税金が一切かからないため、効率よく資産を増やせたり節税効果になったりと、コストを抑えて資産形成できる金融商品だとご理解頂けたのではないでしょうか。

最近は将来に不安を感じている方がiDeCo(イデコ)を始められるケースが多いため、あなたもこの投資ブームの波に乗じて投資を始めるきっかけにしてみてください。

iDeCo(イデコ)は数千円から投資を始められるので、試しに少額から始めてみてはいかがでしょうか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事