病院 クレジットカード

病院での支払いは、診察内容や治療方法によってはそれなりの額となるケースもあるため、カード決済ができれば助かります。

しかし、「病院ではクレジットカード払いができないのでは?」と不安でなかなかカード払いの申し出ができない方もおられるのではないでしょうか。

そこで本記事では、病院でのクレジットカード決済について詳しく解説します。

導入率や使用するメリットなども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
健康相談ができるカードも紹介!

おすすめ
クレジットカード3選

病院でクレジットカードは使える?

病院でクレジットカードは使える?

結論から言うと、病院でのクレジットカード決済は可能です。

 国がキャッシュレス化を推進している影響もあり、決済可能な病院は少なくありません。

利用する側としても高額請求となる可能性があることから、クレジットカードでの支払いができれば大変助かるでしょう。

そういった声を受け、総務省による呼びかけにより国立病院等では決済に使えるようになってきています。

調剤薬局でもクレジットカード決済は使える?

病院でクレジットカードは使える?

最近では、多くの調剤薬局でも対応しています。キャッシュレス化の影響もありますが、やはり利用者の声に応える点が取り入れたきっかけだと言えるでしょう。

 サンプル電子マネーやタッチ決済などが使える調剤薬局も少なくありません。

レジ横や店の入り口に決済で使える種類が表示されていたり、ホームページで案内がされていたりするためチェックしておきましょう。

個人が経営している小さな薬局や地域密着型の薬局ではクレジットカード決済に対応していない可能性もあるため、事前にご確認ください。
健康相談ができるカードも紹介!

おすすめ
クレジットカード3選

病院でクレジットカードを使う場合は一時的な増額も検討

病院でクレジットカードは使える?

医療費は高額となるケースが少なくないため、利用枠内で収まるとは限りません。その際は、一時的な増額を検討してみてください。

 カード会社により申し込み方法は異なりますが、基本的には電話やインターネットから申請できます。

例えばJCBカードの場合、一時増額は会員専用WEBサービス「MyJCB」から行えます。

申し込み日から起算していつまでが増額期間となるかは違ってくるため、きちんと確認しておいてください。

なぜ?クレジットカードが使えない病院と手数料の関係

なぜ?クレジットカードが使えない病院と手数料の関係

カード決済に対応している病院は、主に総合病院や大学病院といった規模の大きい施設となっています。

 街の地域密着型といえるクリニック等は、現金払いのみに対応しているケースが多いです。

では、なぜこれだけキャッシュレス化が進んでいるにも関わらず、まだ対応していないのでしょうか。

それには、カード決済による手数料の負担が考えられます。実は、手数料は利用者ではなく加盟店である病院側が負担しなければいけません。

カード会社に手数料を支払うことで利益を失うため、小さな病院や診療機関、クリニックなどは導入に積極的ではないと考えられます。

規模の小さな病院は診察代なども少額で収まる場合が多いため、手数料の負担が痛手となってしまうかもしれませんね。
健康相談ができるカードも紹介!

おすすめ
クレジットカード3選

病院でクレジットカードを使うメリット

ここからは、病院でクレジットカードを使うメリットについて解説します。主なメリットとして、下記が挙げられます。

メリット
  1. 高額決済を一旦立て替えできる
  2. 急病に対応できる
  3. 衛生面に配慮できる
  4. クレジットカードのポイントが貯まる

①高額決済を一旦立て替えできる

クレジットカード

高額となり現金での支払いが厳しい場合でも、一旦立て替えができます。

また、分割にもできるため、一括での支払いが厳しい場合でも支払い方法を選択すれば月々の負担を軽減しつつ後払いとして活用できるのです。

病院では会計時まで金額が分からないケースも多いため、高額な診察代・治療費を請求された場合でも安心ですね。

②急病に対応できる

医師

急に体調が悪くなった、あるいはケガをしてしまったなどで手元にお金がない時でも対応可能です。

 夜間など緊急時の場合は提携ATM自体が稼働しておらず、現金を用意できないことも考えられます。

その場合もクレジットカードが使えれば支払い可能です。

健康相談ができるカードも紹介!

おすすめ
クレジットカード3選

③衛生面に配慮できる

消毒

現金は多くの人が手にして自分の手元に回ってくることがほとんどなので、雑菌が付着している可能性は高いでしょう。

その点でもキャッシュレス化社会は注目されており、現金を手にしない分衛生面への配慮ができます。

病院に通うということは健康面へ意識を向けるべきとも言えますので、カード決済を積極的に取り入れることも頭に入れておくと良いでしょう。

④クレジットカードのポイントが貯まる

貯金箱

クレジットカードは決済に使うと、利用額に応じてポイントを貯められます

現金の場合はただ支払うだけですが、各カードで定められている還元率に応じて後に活用できるポイントが貯まる点は、決済に用いる大きなメリットです。

 病院での支払いは高額となるケースもあるため、カード決済にすると金額によっては多くのポイントを獲得できます。

貯めた分は他社ポイントやギフト券と交換、あるいは現金として使えるなど幅広い活用方法があります。

うまく活用することで、節約にも効果を発揮してくれるのですね。

病院でクレジットカードを使うと医療費控除の対象になる?

電卓

医療費控除とは、年間で多額の医療費を支払った場合に税金が安くなる制度です。

 つまり、医療費控除を利用することで出費を抑えることに繋がります。

医療費控除は、クレジットカード決済をした分も対象となります。なお、下記が医療費控除の対象となる主な治療費は以下の通りです。

医療費控除の対象となる治療費
  • 病院・歯科医院での治療費
  • 治療のために購入した薬代
  • 病院や助産所への交通費
  • ケガや病気による治療のためのマッサージ代

上記以外にも対象となる治療費はあるため、不明点があれば役所等へ問い合わせてみましょう。

なお、控除できる上限金額は200万円となります。
健康相談ができるカードも紹介!

おすすめ
クレジットカード3選

クレジットカードが使える病院の導入率

クレジットカード

今では、時代の影響もありカード決済に対応している病院数は増加傾向にあります。そして、その導入率は全体のおよそ49%と半分程度となっています※1

 導入している病院は、Visa・Mastercard・JCBの3ブランドを使用できる割合が多くなっています。

また、電子マネーを決済に使える病院は全体の約2.2%と低い数値であり、クレジットカードの方が圧倒的に需要があります※2

今後、キャッシュレス化はより進んでいくと予想されるため数値に変化が見られる可能性は極めて高いです。

※1-2 出典:「医療機関における外国人患者の 受入に係る実態調査 結果報告書」(厚生労働省

おすすめクレジットカード3選

JCB カード W

JCBカードW

WEB入会限定の一枚です。年会費がかからないため、所持する上で出費がありません。

 海外旅行傷害保険やショッピングガード保険が付帯されるなど、コストを抑えられるにも関わらず手厚い内容なため、コスパに優れたカードと言えるでしょう。

女性向けの特典等を用意したJCB カード W plus Lという種類もあるため、ぜひチェックしておいてください。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

基本還元率が1.0%とポイントが貯めやすい

JCB CARD Wは基本還元率が1.0%となり、100円(税込)につき1ポイントが貯まります。よって、高額な病院代の支払いに使うことで、大量のポイント獲得が実現するのです。

金額によっては効率良くポイントを貯めることができますね。

利用できる医療機関が多い

病院で使えるおすすめクレジットカード

JCBは多くの病院で医療費の支払いに使えます。そのため、思いがけない高額請求にも対応しやすいです。

 公式ホームページにて、JCBカードが利用できる全国の加盟店情報が紹介されていますので、ぜひ家の近くや普段から足を運ぶ施設が掲載されているかをご確認ください。

ただし、掲載されている加盟店は一部抜粋となります。

最寄りの病院が載っていない場合は決済に使えるか事前に問い合わせておきましょう。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

申し込み条件 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
年会費 無料
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:JCB CARD W 公式サイト

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

三井住友カードゴールド

三井住友カードゴールド

年会費は通常11,000円(税込)かかりますが、インターネット入会をすると初年度無料となります。

 年会費割引特典もあり条件を満たすことでお得に所持できるため、ぜひチェックしてみてください。

空港ラウンジが利用できるなど、ゴールドカードならではの特典も提供されています。

利用枠が多く高額請求に使える

ゴールドカードということもあり、利用限度額が200万円までと設定されています。通常の三井住友カードは100万円までのため、ゴールドカードにすると高額医療費にも対応可能です。

利用限度額が大きい、かつ年会費を抑えて所持できることは利用者にとって使いやすいクレジットカードだと言えますね。

ドクターコール24にて気軽に健康相談ができる

女性

ドクターコール24とは、日本国内での急病やケガなどについて気軽に相談できるサービスです。医師や保健師、看護師などの専門スタッフに対して電話で24時間いつでも相談できます。

 ドクターコール24での相談は無料となるため、通話に伴う出費もありません。

利用する際は、下記に連絡をしてください。

電話番号 0120-498-024
受付時間 24時間年中無休

医療に関するサービスが付帯されていることは、健康面を気にする上で大きなメリットです。

申し込み条件 原則満30歳以上
年会費 11,000円(税込)
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5~2.5%
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険
  • 国内/海外旅行傷害保険
  • ショッピング補償
締め日・引き落とし日
  • 15日締め翌月10日払い
  • 末日締め翌月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:三井住友カードゴールド 公式サイト

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・ゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

ゴールドカードに関わらず年会費は2,095円(税込)となり、かつ初年度は無料なのでコストを抑えて所持できます

 初年度は決済に使い獲得できるポイントが通常の1.5倍です。

申し込みをしてから最短3営業日で発行されるスピーディーさも魅力と言えるでしょう。

200万円まで決済利用が可能

ショッピング枠は200万円までとなるため、思わぬ高額医療費の請求となる場合でも対応しやすいです。

 入院費に加えて診察費など、一度の決済でなく加算されていくと結果的に高額となるケースもあります。

そのため、利用可能枠は大きいに越したことはありません。

200万円という高額な枠設定でありつつ、年会費は抑えて所持できることから使い勝手の良い一枚と言えるでしょう。

健康相談ができる

病院で使えるおすすめクレジットカード

電話にて、国内での健康や医療に関する質問・相談ができます。主なサービス内容は下記です。

サービス内容
  • 健康・医療・介護相談
  • 国内医療機関情報および介護施設情報の提供
  • 介護保険申請代行・ケアプラン作成・在宅介護
  • 人間ドック・脳ドック・がん検診(PET検査)の割引取り次ぎや情報提供

なお、連絡先と受付時間は下記となりますので、ぜひチェックしておいてください。

電話番号 0120-228202
受付時間 24時間年中無休
人間ドックの取り次ぎ案内 9:00~17:00(土日祝日・年末年始休み)

通話料無料で相談できるため、不安なことがあれば気軽に問い合わせてみましょう。

申し込み条件 18歳以上
年会費 2,095円(税込)※初年度無料
ポイント MUFGカード・アメリカン・エキスプレス・カードグローバルポイント
ポイント還元率 0.49%
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
付帯保険
  • 国内/海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • 国内渡航便遅延保険
締め日・引き落とし日 15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:https://www.cr.mufg.jp/amex/apply/mufgcard_gold/index.html

よくある質問

病院で使えるおすすめクレジットカードは?
ポイントを貯めやすく、かつ所持するうえでコストがかからないJCB カード Wがおすすめです。利用できる医療機関も多いため、かかりつけの病院で利用できる可能性もあります。加盟している病院は、公式サイトに一部掲載されているため、ぜひご確認ください。
病院でクレジットカードは使える?
はい、使用できます。ただし、すべての病院で決済に使えるとは限らないため、事前に調査しておかなければいけません。また、病院により使用可能な国際ブランドも異なるため、あわせてチェックしておきましょう。Visa・Mastercard・JCBが揃っていれば、多くの施設で対応できます。
病院でクレジットカードを使うメリットは?
医療費は高額となるケースが想定されるため、一旦支払いを後回しにできることが挙げられます。また、分割払いを指定すると毎月の負担も軽減できるため、現金払いよりも融通が利きやすい点もメリットと言えるでしょう。そして、ポイント還元を受けられる点も、カード決済にする大きな魅力です。
病院でのクレジットカード決済導入率は?
平成31年時点での厚生労働省の発表では、全体の約49.1%です。キャッシュレス化は急速に進んでいるため、今後はより多くの医療機関で決済に使えるようになると予想されます。クレジットカードに比べると非接触型決済の導入は進んでいませんが、今後は時代や利用者の需要・要望に合わせて増える可能性は十分考えられるでしょう。
病院でクレジットカードを使うと医療費控除の対象になる?
はい、対象となります。支払った種類により対象外となる場合もゼロではないため、どういった治療や支払い分が対象となるかは事前に調べておきましょう。
クレジットカードが使えない病院があるのは、なぜ?
カード決済に対応する病院の一方で、街の小さなクリニック等では現金払いのみ対応しているケースも珍しくありません。その理由としては、カード会社に支払う加盟店手数料が挙げられます。手数料を支払う分利益が減ってしまうため、現金払いのみに対応していると考えられます。
病院だけでなく調剤薬局でもクレジットカード決済は使える?
病院で診察や治療を受けると、調剤薬局で薬が処方されます。その際も支払いに使える薬局は増えています。また、非接触型決済を導入している薬局も増えているため、支払い方法は多様です。

まとめ

この記事では、病院でのクレジットカード決済について詳しく解説しました。

大きな規模の施設では当たり前になりつつありますが、街の小さな診療所やクリニック等では、カード会社に支払う手数料により利益が減るため、まだまだ現金払いのみといったところは少なくありません。

支払う金額によっては利用枠では足りないケースも考えられるため、その際は一時増額を検討してみるのもおすすめです。

なお、病院でクレジットカードを利用した際は医療費控除の対象なので、きちんと申請をしておきましょう。今回ご紹介したおすすめクレジットカードを参考に、使いやすい一枚を選んでみてください。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

関連記事|クレジットカード

この記事もあわせて読む

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事