GMOコインの良い評判・悪い口コミ|登録前に必ず知っておくべきこと

GMOコインは取扱通貨が豊富でレバレッジ取引があるなど、たくさんのメリットがあるのをご存知でしょうか?GMOコインを利用しようか迷っているので、利用者の評判を知りたいとお考えの方も多いと思います。

そこでこの記事ではGMOコインの良い評判・悪い口コミ、登録までに必ず知っておきたいことを紹介します。

この記事を読んでGMOコインの全貌を把握しましょう。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインとは?

GMOコインとは?

GMOコインのおすすめはこんな人
  • いろんなアルトコインを取引したい人
  • レバレッジ取引をしたい人
  • 今すぐ口座開設して取引したい人

 

『GMOコイン』は取り扱い通貨が比較的に多く、他ではあまり扱っていないアルトコインの取引が可能です。

アルトコインは取引所形式で取引できるので手数料を抑えつつレバレッジ取引が可能なので、はじめたての初心者の方におすすめできます。

 かんたん本人確認を利用すれば、最短10分で口座開設できます。

今すぐ仮想通貨トレードをはじめたい方にもおすすめです。

GMOコインの基本情報

取り扱い仮想通貨(暗号資産) 15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・エンジンコイン(ENJ)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・オーエムジー(OMG)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・シンボル(XYM)
・コスモス(ATOM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

GMOコインのメリット

GMOコイン

GMOコインには大きく分けて以下の6つのメリットがあります。

GMOコインのメリット
  • 取り扱い通貨が豊富にある
  • レバレッジ取引ができる
  • ステーキングが可能
  • レンディングができる
  • つみたて暗号資産がある
  • 入出金・送金手数料が無料

①取り扱い通貨が豊富にある

GMOコイン1つ目のメリットが、取り扱い銘柄が豊富にあることです。2021年後半期現在では15種類の通貨を取り扱っています。

取扱仮想通貨(暗号資産)

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・エンジンコイン(ENJ)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・オーエムジー(OMG)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・シンボル(XYM)
・コスモス(ATOM)

国内では取り扱いが少ないが世界では人気のポルカドット(DOT)・コスモス(ATOM)・シンボル(XYM)などの取引が可能。また取引所でトレードできる銘柄数は国内最多であり、お得な取引ができます。

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

②レバレッジ取引ができる

GMOコインのメリット

GMOコイン2つ目のメリットが、レバレッジ取引ができることです。

レバレッジ取引とは?
小さい力で大きな物を持ち上げる「てこの原理」を意味しています。つまり少額資金を担保に、大きな額の取引ができるようになる仕組みです。

現在仮想通貨がバブル期とはいえ、資産が少なければ大きくは儲けられません。しかしレバレッジ取引があることで少額しか運用できない人でも、大きく稼げる可能性があるのがメリットです。

国内最大手のコインチェック、手数料がお得なbitbankなどはレバレッジ取引ができません。その点、GMOコインなら稼ぎやすいと言えるでしょう。

 ただし大きく損をだしやすいのもレバレッジ取引です。資金を何倍にもして取引をし市場から退場する人は多いです。

国内の仮想通貨取引所ではレバレッジ2倍までしか設定できないので、その点心配無用です。

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

③ステーキングが可能

GMOコインのメリット

GMOコインではステーキング報酬を受けとれます。

ステーキングとは?
特定のコインを保有しているだけで報酬を得られる仕組みのことです。

GMOコインではテゾス(XTZ)を受取日まで保有するだけで報酬がもらえます。2021年後半期の現在は、毎月10日(土日祝の場合は翌平日)が受取日となり最短翌々月から報酬が配分されます。

 ステーキング報酬は変動ですが、年率にすると3%~6%程度です。

保有銘柄は少ないものの、保有数量の制限がなくいつでも売却可能なのでお手軽に利用できるのが魅力です。

④貸暗号資産(レンディング)ができる

GMOコインのメリット

GMOコインでは貸暗号資産(レンディング)が可能です。

貸暗号資産(レンディング)とは?
保有通貨をGMOコインに貸し出すことで、貸借料を受け取れるサービスのことを指します。

ステーキングとは違いビットコイン・アルトコインともに貸し出すことができ、10万円程度から可能です。GMOコインでは貸し出し期間コースが2つあり「年率3%コース(3ヶ月)」「年率1%コース(1ヶ月)」があります。

はじめから決まった貸借料を受け取れるのがメリットです。ただし貸し出し中の途中売却はできないの注意してください。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

⑤つみたて暗号資産がある

GMOコインのメリット

『つみたて暗号資産』は仮想通貨を毎月一定額積み立てするサービスです。毎月自動で購入するので、悩む必要もなく積み立てていけます。

 投資の世界では、『ドルコスト平均法』と呼ばれる手法があります。

価格変動する金融商品に対して一定額を購入し続けます。それにより相場が安い時は多くの量を、相場が高い時は少ない量のコインを購入できるので、長期的に見てリスクを抑えながら資産形成を行う手法です。

つみたて暗号資産ができるのもGMOコインのメリットです。

⑥入出金・送金手数料が無料

GMOコインのメリット

GMOコインでは入金と出金の手数料が無料となっています。

日本円 仮想通貨
入金 無料(振込手数料はお客負担) 無料
出金 無料 無料

日本円と仮想通貨ともに無料なので何度でも資産移動が可能です。これは初心者や少し慣れてきた方も嬉しいメリットでしょう。

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

GMOコインのデメリット

メリットがたくさんあるGMOコインですが、デメリットもあります。

GMOコインのデメリット
  • 追証がある
  • スプレッドが広いときがある
  • 最低出金額が高い

①追証がある

GMOコインのデメリット

GMOコイン1つ目のデメリットが『追証』があることです。

追証とは?
追加保証金のことを指します。信用取引時に証拠金の維持率が取引所が決めた割合を下回った場合に、規定の割合に戻すために証拠金を追加することです。

追証はロスカット(損失が発生した場合の強制決済)が発動する前の危険信号のようなもので、どちらかと言えばありがたいものです。

 しかし、相場の急な暴落が起きたとき、最初の追証もロスカットも間に合わなくなることがあります。

このとき、マイナス額の追証が求められ、すぐに追加金を入れて証拠金を維持しないと取引ができなくなるので注意が必要です。

②スプレッドが広いときがある

GMOコインのデメリット

GMOコイン2つ目のデメリットが『スプレッド』が広いときがあること。

スプレッドとは?
通貨を売るときの価格(Bid)と通貨を買う時の価格(Ask)の差のことです。業者に支払う手数料のようなものです。

スプレッドは相場状況に合わせて変動していますが、GMOコインのスプレッドは広いときがあるのがデメリットです。

これを避ける方法は、『取引所形式』でトレードを行うことです。仮想通貨の取引業者では、『販売所形式』と『取引所形式』の2種類のトレード方法があります。

販売所形式 取引所形式
売買相手 取引業者 ユーザー
手数料 安い(または無料) 安い(または無料)
約定 いつでも約定 相手がいないと売買できない
スプレッド 広い なし(もしくは狭い)

販売所形式は取引所を相手に取引する場所で、取引所形式はユーザを相手に取引するところです。取引所形式は手数料が少なく、スプレッドがないと言うメリットがあるのです。

ただし他のユーザーが自身保有のコインを買ってくれなければ売買成立しないので、売りたくても売れないときがあります。

逆に、販売所形式はいつでも取引成立するメリットはありますが、スプレッドが広くなりやすいので注意しましょう。

③最低出金額が高い

GMOコインのデメリット

GMOコイン3つ目のデメリットが、最低出金額が高く設定されていることです。

取引所 最低出金額
GMOコイン 10,000円
コインチェック 407円
DMM Bitcoin 2,000円

コインチェックは407円から、DMM Bitcoinは2,000円からなので比べると少し高いのがデメリットです。

出典:GMOコイン公式

GMOコインの口コミ・評判

GMOコインの良い口コミ・評判

GMOコインの良い口コミ・評判
  • 日本円出金で手数料がかからないから良い
  • 積み立て投資ができるから仮想通貨初心者におすすめ
  • レバレッジ取引できる通貨が多くて良い
  • 定期的にお得なキャンペーンが実施されているのがいい

SNSや掲示板などの口コミをまとめたのが上記です。日本円出金の手数料がかからないことや取り扱い通貨が多くレバレッジ取引ができるのを推す方が多いです。

 また「定期的なキャンペーンが豊富で良い」との口コミも見られました。

2021年11月現在も、シンボル(XYM)の預入れで現金10,000円が抽選でもらえるキャンペーンや毎日10人に1,000円が当たるキャンペーンなど実施中です。

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

※期間は2021年10月20日(水)17:00~2021年11月18日(木)23:59

GMOコインのイマイチな口コミ・評判

GMOコインの口コミ・評判

GMOコインのイマイチな口コミ・評判
  • UIが見にくく使いにくい
  • 指値がなかなか約定しないときがある
  • サポート対応があまり良くなかった

GMOコインを利用して「イマイチだった」と感じた人の口コミでは、「UIが使いにくい」「約定しにくい」が挙げられていました。

 指値注文が約定するのに1分以上かかったり、最悪約定しないときがあるという方もおられました。

「手数料がかなり安いのでGMOコインを使っているけど、UIに関しては毎回イライラしてしまう」という方も多いです。メリットが多いのですが少し不便という方が多い印象です。

GMOコインの取引ツール・アプリ

GMOコインの取引ツール・アプリ

GMOコインの取引所では、専用ツール『WebTrader』を利用できます。PC専用の取引ツールとなりますが、世界中で利用されている高機能なチャート「TradingView」を採用しています。

 テクニカル分析で必要な移動平均線、RSI、フィボナッチ・リトレースメント・ボリンジャーバンドなどはすべて活用できるので本格的なトレードも可能です。

またアプリ『GMOコイン暗号資産ウォレット』は自身に合わせて2つのモードから選べるのが特徴です。

シンプルに利用できる初心者向けの「ノーマルモード」と、さまざまなチャートを備えた中級者以上向けの「トレーダーモード」があります。

価格変動アラートや、急騰急落アラートなども設定できるので、大きな損失を防ぐことができるでしょう。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインの口座開設方法

ここからはGMOコインの口座開設の手順を紹介します。この通りに進めていけば仮想通貨取引をはじめられるので、ぜひ参考にしてください。

不安な方は別ウィンドウで開いて、この内容を参考にしながら進めてみましょう!

GMOコインの登録方法

①:まずは公式サイト、画面右上の「口座開設」をクリックしましょう。

GMOコインの口座開設方法

 

②:メールアドレスの入力が求められるので、入力して「無料口座開設」ボタンをクリックしましょう。GoogleアカウントやFacebookアカウントから口座開設も可能です。

GMOコインの口座開設方法

 

③:以下のメールが届くので、リンクをクリックしましょう。

GMOコインの口座開設方法

 

④:ログイン時に使用するパスワードを入力しましょう。毎回必要になるものなので、パスワードは忘れないようにひかえておきましょう。

GMOコインの口座開設方法

2段階認証を設定する

⑤:登録が済んだら2段階認証を設定してセキュリティをUPしましょう。電話番号を入力して、「コードを送信」をクリックしてください。

GMOコインの口座開設方法

 

⑥:登録した電話番号にSMSメッセージが届きます。2段階認証のコードが書かれているので、入力して「認証する」をクリックしましょう。

GMOコインの口座開設方法

以上で2段階認証の設定は完了です。

基本情報の登録

⑦:ログインしたら基本情報の登録を行いましょう。

GMOコインの口座開設方法

基本情報の登録
  • 名前
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 主な収入源
  • 年収
  • 金融資産残高
  • 仮想通貨取引の経験の有無

上記を入力すれば、登録の完了です。

本人確認手続き

⑧:次に本人確認手続きをしましょう。確認方法は以下の2つがあります。

本人確認の方法
  • かんたん本人確認
  • 画像アップロード

かんたん本人確認はスマートフォンが必須ですが、郵送物の受け取りの必要がないため最短10分で口座開設が可能です。そのため「かんたん本人確認」を推奨しています。

かんたん本人確認の場合

スマートフォンを利用して会員ページへログインし、「かんたん本人確認」を選択しましょう。

GMOコインの口座開設方法

本人確認書類
  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

上記いずれかが本人確認書類として必要です。そのあと画面に従い自身の顔写真を撮影しましょう。審査が完了すれば、メールアドレスに口座開設コードが送信されます。これて口座開設が完了です。

画像アップロードの場合

画像アップロードでは本人確認書類が2点必要になるので、用意してアップロードをしましょう。

GMOコインの口座開設方法

2点アップロードが完了すれば、本人確認の審査が行われます。審査が終了したらメールアドレスに口座開設コードが送られてきます。これで口座開設完了です。

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

よくある質問

GMOコインのメリットは何ですか?
取り扱い通貨が豊富にあり、レバレッジ取引が可能なことです。またステーキングやレンディング・つみたて投資など、色んな投資方法があります。
GMOコインのデメリットは何ですか?
追証があること、スプレッドが広いときがあること、最低出金額が高いことです。利用するときは手数料が安い取引所形式での売買がおすすめです。
GMOコインの取引ツールを教えてください
PCの取引所形式では専用ツール『WebTrader』を使用しています。「TradingView」を採用しているので、さまざまなチャート分析が可能です。
GMOコインの取扱い通貨数を教えてください
2021年11月現在15種類です。ビットコインやイーサリアムはもちろん、テゾス・ポルカドット・シンボル・コスモス・オーエムジーなどあります。
GMOコインで口座開設するのにどれくらいかかりますか?
スマホなら最短で10分で口座開設可能です。本人確認で「かんたん本人確認」を選びましょう。画像アップロードの場合、数日かかります。
GMOコインはどんな人におすすめですか?
いろんなアルトコインを取引したい人、レバレッジ取引をしたい人、今すぐ口座開設をしてトレードしたい人におすすめです。初心者向きの取引所と言えます。
GMOコイン以外におすすめの取引所はありますか?
コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyerなどは取り扱い通貨が多く、セキュリティも高いのでおすすめです。初心者に人気の取引所となっています。

まとめ

今回の記事では、GMOコインの良い評判と悪い評判やメリット・デメリットについて解説しました。2021年11月に入って、仮想通貨業界は加熱してきています。

今すぐ取引をするなら、最短10分で口座開設できるGMOコインはおすすめでしょう。

この記事の口座開設手順を参考にぜひ取引をはじめてください。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

・暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事