FX

「FXって何?」「儲かるかどうか知りたい」などと考えていませんか。FXとは外国為替を取引する投資ジャンルです。少額から始められるとして近年話題ですが、参入前にはルールを確かめましょう。

近年のFXはEAシステムを使うケースもあり、忙しい人でも取り組みやすくなっています。

この記事でわかること
  • FXの概要
  • FXの始め方
  • FX初心者の注意点

今回は投資初心者のために、FXの意味をわかりやすく解説します。

この記事を読めば全体像がわかるでしょう。
初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXとは何か?仕組みを解説

まずはじめに、FXとはどんなものなのか以下の4つの項目に分けて詳しく解説していきます。

FXとは
  • 外国為替を取引すること
  • 外国のお金が投資対象になる理由
  • 円高・円安状態を利益に変える
  • 通貨所有には2つのポジションがある

この章から基礎的な知識を身につけましょう。

外国為替を取引すること

FXとは、外国為替の取引です。日本円を世界のお金に換え、価値の変動による利益を目指します。投資の基本は「安く買って高く売る」です。

為替の価値もリアルタイムに変わるので、購入後の値上がりで利益を狙えます。

株や暗号資産などと同様に、外国為替も儲けの材料にできます。

外国のお金が投資対象になる理由

SBI証券 FX チャート

外国のお金が投資対象として注目を受けているのは、リアルタイムに価値が変化するからです。たとえば上にあるのは、SBI証券のFXにおける米ドル/円の値動きを示したグラフです。

 時間は2021年4月24日午前5時59分を示しています。「1分足」として、1分ごとの価格変動を表していますが、リアルタイムに価値が上下しているのがわかるでしょう。

例のグラフなら22時ごろに買い、午前0時ごろに売れば、確実な利益を押さえられます。

以上のように為替通貨は、価格が小刻みに動き、儲けのチャンスを生み出すことがあるのです。
初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

円高・円安状態を利益に変える

FXは日本の円高・円安を知れば、利益に役立てられます。それぞれの意味の違いは以下のとおりです。

円高 外国為替の価値が下がり、代わりに日本円の価値が高くなる状態
円安 外国為替の価値が上がり、代わりに日本円の価値が低くなる状態

たとえば1ドル108円から106円に下がったとします。1ドルをもらうのに必要な日本円が少なくなるので円高です。逆に108円から110円に上がれば、1ドルをもらうのに必要な日本円が多くなるので、円安になります。

外国のお金の価値は、円安で高くなると覚えましょう。

通貨所有には2つのポジションがある

チャート

FXの通貨の持ち方には2パターンがあり、それぞれを以下のように呼びます。

持ち方 意味
買いポジション 買って売る前の通貨
売りポジション 持っていないぶんを先に売り、買い戻す前の通貨

FXでは「買って売る」だけでなく、「売って買い戻す」投資法もあるのです。普通と違ったやり方で利益を狙えるのもFXの醍醐味でしょう。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXは株より簡単に参加しやすい

FXは株と比べると、比較的簡単に参加しやすいと言えるでしょう。FXと株の違いについては、以下のようなものが挙げられます。

FXが株と違うところ
  • FXは24時間いつでも取引可能
  • FXにはスワップポイントがある
  • FXの信用取引は株より自由
  • FXは株より参入資金が小さい
  • FXは株より値動きが小さい
  • FXは世界情勢に影響されやすい

FXは24時間いつでも取引可能

チャート

FXは平日なら24時間自由に売買できます。株は平日の午前9時~午前11時30分、午後12時30分~午後3時にしか取引できません。

 FXは株と違って、深夜や早朝にも取引できます。日中は仕事や家事で忙しくても、朝や夜の落ち着いた時間にアクセスすればよいでしょう。
 

株よりも取引できる時間の範囲が広いのが特徴です。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXにはスワップポイントがある

株の配当のように、FXにも臨時収入があります。

それはスワップポイントで、プラスなら毎日少しずつ利益を重ねられるのです。ひとつの通貨を長く持ち続けるほど効果を出します。

 スワップポイントとは、注文と支払いの各通貨の金利差を埋めるための手数料です。買いポジションの場合、払ったものより買ったものの金利が高ければプラスになります。

しかしマイナススワップだと、逆に手数料として取引所に毎日払わなければいけません。出費を避けるには、プラスになれる通貨の組み合わせが望ましいといえます。

FXの信用取引は株より自由

チャート

FXは株よりも自由な信用取引ができます。信用取引では、証拠金に対して決まった倍数の金額を売買できます。

このシステムは「レバレッジ」と呼び、投資分野により以下のように異なるのです。

最大レバレッジ相場
FX 約25倍
約3.3倍

以上の数字は国内の各取引所が基準ですが、FXは株より約8倍も多くレバレッジをかけられます。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXは株より参入資金が小さい

FXは株より少ない金額で参入できます。多くの取引所が設ける最大レバレッジの関係で、取引予定額の25分の1だけで充分です。

取引単位と最大レバレッジの関係から、以下の違いが生じます。

最大レバレッジ相場 取引単位相場 商品と価値の例 必要金額
FX 25倍 1000通貨 1ドル108円 4320円
約3.3倍 100株 ソフトバンク株1万円 約30万3030円

準備すべきお金は、FXがケタ違いに安いのです。

FXは株より値動きが小さい

コイン

FXは株より値動きが小さい傾向にあります。

 株は会社の情勢に左右されます。1株1万円以上の価値があっても、業績悪化やスキャンダルの影響から0円に近いほど価値を落とすかもしれません。逆に話題性や業績アップで10倍以上に跳ね上がる可能性もあります。

一方でFXの対象は為替通貨です。為替の価値は大きく変わりづらいので、相場が安定傾向です。

投資経験が浅い人でも、お金を使いすぎなければ大きく損をする心配はないでしょう。
初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXは世界情勢に影響されやすい

FX市場は、世界情勢の影響を受けやすいといえます。対象が外国のお金で、その国の経済状況が価値を決めるからです。

株は会社の業績が価値を決めます。世の中の景気が悪くても、会社が儲かっていれば投資家が興味を示すからです。

FXを頑張るなら、世界の経済情報に興味を示す必要があるでしょう。
初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FXの口座開設手続きの手順

スマートフォン

FXを始めるには、該当の取引所に専用の口座を開かなければなりません。準備すべきものや開設までの流れをまとめました。

口座開設のための必要書類

FX専用口座を開くためには、以下の書類を要します。

種類
本人確認書類 運転免許証、パスポート、特別永住者証明書、在留カードなど
マイナンバーカード  マイナンバーカード、マイナンバー通知カードなど 

それぞれから少なくとも1種類は準備してください。

口座開設の流れ

書類の準備が揃ったら、口座開設に入ります。取引所により細かい部分が異なりますが、おおむね以下の手順で開けます。

順番 手順 意味
1 申し込みフォームへの入力 住所や生年月日、勤務先、銀行口座などの個人情報、投資経験や金融資産などの財政状況などを入力する
2 書類アップロード 本人確認書類およびマイナンバーカードを写真に収め、画像として所定欄にアップロード
3 審査 手続きが終わり次第、FX会社が審査を行う
4 本人確認コードの入手 審査通過次第、口座開設が完了する。ログインIDやパスワードを添えた案内書が自宅に届く
5 証拠金の入金 銀行口座の情報をFXのマイページに入れ、そこからFX専用口座にお金を入れる

FXで儲ける方法

リクルートのキャッシングサービスキャッシング

FXで利益を上げる方法は、次の3種類です。

利益の方法
  • 値上がり
  • 値下がり
  • スワップポイント

値上がり

FXに限らず利益のきっかけは値上がりが基本です。保有中の通貨の価値が上がれば、売却時と購入時の差額がユーザーの成果になります。

信用取引によってより多くの利益を手に入れるチャンスです。

 たとえばレバレッジ10倍なら、利益もそのぶん大きくなります。

買ったものの価値が上がれば、成功体験とともにお金が増える喜びを味わえるのです。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

値下がり

コイン

FXでは値下がりも利益のきっかけになります。売りポジションを持てば、価値の下落を味方にできるからです。

たとえば1ドル108円から106円に下がれば、買いポジションならマイナスです。しかし売りから入れば、買い戻したときに安く買い戻し、差額分は利益として持ち帰れます。

為替取引では、日本円の価値が落ちる円高状態もアドバンテージにできるのです。

 

スワップポイント

スワップポイントは手数料の一種です。交換した2種類の為替の金利差をもとに決まります。

  プラスなら毎日少しずつ資産を増やせます。放っておいてもお金が貯まるとうれしくなるでしょう。しかしマイナスだと資産が減っていきます。

致命的な損になる前に売らないと後悔するかもしれません。

プラスなら味方、マイナスなら敵になるのがスワップです。

FXで使える自動売買ツール「EA」とは?

最強カードは高還元率

FXでは「EA」を使って自動売買ができます。忙しくてFXの時間が取りづらい人も、こちらを使えばスムーズに投資を進められるのです。

EAの要点を以下の5つにまとめました。

要点
  • 自動で売買ができるプログラム
  • MT4に組み入れる必要がある
  • 設定にしたがって自動で注文してくれる
  • EAも失敗することがある
  • EAに似た自動売買システムもある

自動で売買ができるプログラム

EAはFXにおける自動売買プログラムの一種です。

「Expert Adviser」の略で、事前の設定条件に応じて、機械の判断で売買を進めてくれます。

 ユーザーが何もしていなくても、EAが独自に市況を判断し、新規注文から決済までやってくれるのです。

設定がうまくいけば、利益も生み出せます。投資やプログラミングに精通した人が作ったEAを買い、取引に役立てることも可能です。

自動売買プログラムのおかげで、誰もが手軽にFXライフを始められます。 
初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

MT4に組み入れる必要がある

チャート

EAを使うには「MT4」というプラットフォームが必要です。「MetaTrader4」の略で、高機能ツールとしてFXの取引に使えます。

 利便性の高いFXツールとして、世界中の投資家から支持を集めるほどの重要アイテムです。

MT4のインストールで、EAを取り入れられます。自身で作ったEAに加え、他者製作品の購入でも使用を始められるのです。EA単体では動かせないので、MT4という母体が必要と覚えておきましょう。

プロがあらかじめ作ったEAをそのまま取り込むには、最低数万円の購入費を要します。お金の状況を見ながら、購入を検討していみてください。

 

EAは設定に応じて自動で取引をしてくれる

MT4にEAを設定後、EA内の売買条件を設定するとユーザーの希望に応じてEAが動き、こちらから何もしなくても勝手に通貨を買ったり売ったりしてくれます。

 自身での投資に自信がないときは、EAの動きを参考に勝ちパターンを学べます。普段仕事や家事で忙しい人は、時間が取れなくても投資実績を残せるでしょう。

EAは投資家のさまざまな事情に寄り添い、資産運用を助けてくれます。初期設定こそ自身で行う必要がありますが、そのあとはおまかせ投資ができるからです。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

EAも失敗することがある

チャート

EAでも人間が作った機械である以上、投資に失敗することがあります。社会情勢や投資家心理の変化を読み切れず、損をするかもしれません。

機械がやってくれているからといって、MT4の長期間の放置は推奨できません。以下の目的でチェックに入りましょう。

重要事項
  • EAの投資状況や、設定どおり動いているかの確認
  • EAの収支記録をまとめる

収支記録については1か月間同じ設定を続けたときの結果で検証してください。うまくいっていないときは、注文設定を調整してあげましょう。

EAに似た自動売買システムもある

FXでは、EAに似た自動売買システムもあります。主に「システムトレード」として多くのユーザーに提供されているのです。代表例として以下を挙げます。

システム名 提供社
iサイクル2取引™ 外為オンライン
トライオートFX インヴァスト証券
ループイフダン アイネット証券
FXブロードネット FXブロードネット

こちらに興味が出たら、性能を比較して理想のひとつを決めるとよいでしょう。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

FX初心者が守るべき注意点

チャート

FXにはさまざまなリスクがあるので、注意点を守ることが大切です。以下の5つのポイントは覚えておきましょう。

注意点
  • 損失リスクが大きくなりやすい
  • スプレッドにも注意
  • ロスカットで勝手に通貨を決済されることも
  • スワップはマイナスだと余分な出費に
  • 毎日少しの時間でも勉強しよう

損失リスクが大きくなりやすい

FXは損失リスクの大きさに注意してください。レバレッジ倍数が大きいと、マイナス収支が大きくなりがちです。

国内のFX取引所のほとんどは、最大25倍までレバレッジをかけられます。10万円の証拠金でも250万円分の通貨を買える計算です。しかし損失時は通常の25倍分のマイナスを受けることになります。

主な損失対策は以下のとおりです。

対策
  • 証拠金より取引額を多くしすぎない
  • 余剰資金だけを使い、損をしても生活に悪影響が出ないようにする

ノウハウがわからないうちは、少額で様子を見るように投資経験を積んでください。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

スプレッドにも注意

チャート

スプレッドとは買値と売値の差です。

差が大きすぎると、買った時点で損をしやすくなります。取引を重ねるごとにスプレッドの影響を受け、少しずつ損失リスクが高まるのです。以下の対策で、余分な損失を防げるでしょう。

対策
  • 証拠金より取引額を多くしすぎない
  • 余剰資金だけを使い、損をしても生活に悪影響が出ないようにする

この2つの実践だけで、スプレッドに惑わされる可能性を減らせます。

ロスカットで勝手に通貨を決済されることも

取引所には「強制ロスカット」というルールがあります。保有中の通貨の時価に対し、証拠金が足らないと自動的に決済が決まるしくみです。

証拠金維持率という独自の基準があり、これが一定を下回ると自動決済を受けます。

対策は証拠金いっぱいを使って取引しないことです。たとえば「証拠金3万円、最大レバレッジ10倍なら30万円までの取引額が可能ですが、15万円分までにとどめる」という形です。

 

無茶な投資がないように、掛金をコントロールしましょう。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

スワップはマイナスだと余分な出費に

外為どっとコム スワップポイントカレンダー

スワップポイントにはプラスとマイナスがあります。取引所の公式サイトには「スワップカレンダー」があるので、銘柄とポジション別にチェックしましょう。

たとえば上の画像では、2021年4月1日~4月9日まで、以下の注文がプラスになりやすいとわかります。

推奨注文
  • 米ドル/円を買う
  • ユーロ/円を売る
  • ユーロ/米ドルを売る

以上を参考に、目当ての通貨ペアを決めてください。

初心者でも始めやすい!

FX業者
おすすめはこちら

毎日少しの時間でも勉強しよう

FXで損をしないためには、ノウハウを学ぶことが大切です。少しでも時間があるときは、以下を使って勉強しましょう。

学習方法
  • FXの入門書や攻略法を読む
  • オンラインセミナーやFXコラムにアクセス
  • 注文通貨を扱う国の経済情報を集める

たとえば米ドル/円なら、アメリカと日本の経済情報を積極的に集めましょう。ユーロは扱う国が多数なので、全体を把握しづらいかもしれません。

FXで払う税金は?確定申告が必要?

FXで利益が発生した場合は、一定金額を超えると確定申告が必要です。

 その一定の金額は、給与所得者の場合は20万円以上、被扶養者は38万以上とそれぞれ決められています。逆に、この額までの利益が出なければ、確定申告の必要はありません。

また、定められた金額を超えた場合、確定申告と併せて税金の支払いが必要となります。国内FX口座で得た利益の場合は、一律20.315%です。

もし利益が一定金額を超えていない場合でも、ケースによっては節税ができお得になるケースもあるので確認してみましょう。

初心者におすすめのFX業者4選

FXの基礎知識を学んだあとで、初心者におすすめのFX業者を4つ紹介していきます。

DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
SBI FXトレード
DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
SBI FXトレード
取引手数料
無料
-
無料
-
最低取引単位
10,000通貨
原則10,000通貨
1,000通貨
1通貨単位
最低入金額
制限なし
1,000円以上(1円単位)
1,000円以上(1円単位)
1,000円〜
通貨ペア数
21通貨ペア
20通貨ペア
30通貨ペア
34通貨ペア
即日口座開設
最短即日
可能

最短即日
可能
キャンペーン

最大204,000円
キャッシュバック

特典:最大300,000円キャッシュバック

最大105,000円
キャッシュバック

最大50,000円キャッシュバック

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 最短1時間で取引がスタートできる

  • PC・スマートフォン用ともに便利な取引ツール

  • わからないことがあっても、24時間のサポート体制で安心

DMM FXは、FX口座数80万を突破した人気のFX業者です。(※公式サイトによる)初心者でも扱いやすい充実したスマートフォン版、PC版の取引ツールを利用することができます。

 出金手数料や口座維持手数料などが無料で初心者でも始めやすいほか、24時間電話やメールでいつでも相談することができるので、もしもの時も安心です。

また、スピード本人確認を利用すれば最短1時間で取引をスタートすることが可能。「今すぐFXを始めたい!」という方にもおすすめです。

スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨

出典:DMM FX

最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • スプレッドが狭い

  • 取引ツールが充実している

  • キャンペーンに積極的

GMOクリック証券は、スプレッドが他社と比較しても狭く取引コストを抑えることができるFX業者です。

 使いやすさ、わかりやすさにこだわった操作性の高い取引ツールも充実しており、チャンスを逃してしまうことなく取引ができるのもうれしいポイント。

24時間電話またはメールでのサポートを受けることができるので、わからないことがあればいつでも相談が可能です。

スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
最低取引単位 10,000通貨

出典:GMOクリック証券

最大300,000円キャッシュバック!

GMOクリック証券
口座開設はこちら(無料)

外為どっとコム

外為どっとコム

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 1000通貨単位から取引できるので、必要証拠金が少ない

  • ロスカットシミュレーターで随時資産をチェックできる

  • ほぼ24時間サポートを受けられる

外為どっとコムは、口座開設数50万を突破した人気のFX業者です。(※公式サイトによる)

 取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料となっているほか、セミナーや公式YouTubeなどで初心者向けの情報発信を行っています。

また、ほぼ24時間サポートスタッフに対応してもらえる問合せ窓口もあるためいつでも相談でき安心して利用できるのもうれしいポイントです。

スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 30通貨ペア
最低取引単位 1,000通貨
※RUB/JPYの場合10000通貨

出典:外為どっとコム

最短当日に取引スタート!

外為どっとコム
口座開設はこちら(無料)

SBI FXトレード

SBI FXトレード

SBI証券のおすすめポイント
  • 1通貨単位から積立FXができる

  • 信託保全があるので倒産しても補償を受けられる 

  • 機能性の高いツールが利用できる

SBI FXトレードは、「みんなの株式ネット証券比較ランキング総合」にて第1位を獲得した実績のあるFX業者です。(※公式サイトによる)

 最低1通貨単位から取引することができるほか、スプレッドは業界最狭水準となっており取引コストを抑えることができます。

プロの為替ディーラーが監修したスマートフォン版アプリやパソコンツールなど便利で機能性の高いツールが利用できるのもうれしいポイントです。

スプレッド
  • 0.09銭(米ドル/円)
  • 0.3銭(ユーロ/円)
  • 0.6銭(ポンド/円)
通貨ペア 34通貨ペア
最低取引単位 1通貨

出典:SBI FXトレード

最大50,000円キャッシュバック!

SBI FXトレード
無料口座開設

まとめ

FXは外国のお金への投資です。所持金を上回る取引額まで手を出せるので、利益のチャンスは大きいといえます。しかし損失も膨らむリスクに気をつけましょう。

しかし株より参加しやすいので、初心者でも取り組みやすいといえます。参入に要する金額が少なくてよく、24時間いつでも注文を出せるなど、株にはないメリットがあるからです。

それでも大切なお金を守るためには、リスクマネジメントがカギです。証拠金いっぱいの取引は避けましょう。他にもスプレッドやロスカットなどのマイナス対策が重要です。

以上を念頭に置きながら、FXの世界を楽しみましょう。
最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

関連記事|FX

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事