両建て損失防止法

FX取引には「両建て」という専門用語があります。しかし初めて取引を行う場合、両建てが何か理解するのは難しいです。

そこで今回はFXの両建てとは何かを詳しく解説。手法やメリット・デメリットについても触れていきますので、取引をしようと検討している人は参考にしてみてください。

両建て可能なおすすめFX口座や選び方なども紹介しますので、あわせてチェックしてくださいね。

FXの両建てとは?手法など解説

FXの両建てとは?

FXの両建ての手法

FXの両建てとは、「買い」と「売り」のポジションを同時に保有することです。

本来は、買いと売りどちらかのみ保有して取引を実施します。

FXは為替の変動により利益を得たり損失が出たりします。つまり、両建てはそれぞれの損失を補い合い、利益を確保するための戦法となります。

買い・売りのどちらかが損失を出しても、一方でカバーするという手法なんですね。

FXの両建ては禁止されている?

FXの両建てとは?

結論から言うと両建てを禁止している会社もあります。特に海外FX会社に多いです。両建てが禁止される可能性があるケースは、主に以下3つがあります。

両建てが禁止される主なケース
  • 同じ口座内での両建て
  • 同じFX会社の複数口座内での両建て
  • 異なるFX会社間での両建て

同じ口座内での両建ては、ほとんどのFX会社で認められています。ただし、同じFX会社であっても異なる口座で取引を行う場合や異なるFX会社で取引を行う場合などは禁止されているケースが多いです。

両建てが禁止されている理由とは?

なぜ両建てが禁止されているのでしょうか。その理由として、ゼロカットシステムの悪用を防止するためです。

ゼロカットとは
ロスカットが間に合わず、発生した損失分(追証)をFX会社が負担してくれるサービスのこと。

XMで損失が出た場合、ゼロカットにより損失分を負担してもらいます。一方で他のFX会社で利益を得た場合は、そのまま儲けとなります。

損をした分はFX会社に負担してもらう、利益は自分のものという悪用を防止するため、両建ては禁止されています。

FXの両建てのメリット

FXの両建てのメリット

FX両建てのメリット
  1. 急激な価格変動にも対応できる
  2. マイナスを生みにくい
  3. 税金対策が可能
  4. 取引に必要なコストを抑えられる

メリット1:急激な価格変動にも対応できる

為替相場は刻一刻と変動し、読めない動きをすることも少なくありません。見立てと違った動きをした場合、大きな損失を負う可能性があります。

 しかし、両建てによって買い・売りのどちらにもポジションを保有できるため、一方の損失をカバーし合うことも可能です。

両建てをすることで、思いもよらない為替相場の動きに対応できるため、リスクヘッジとなる点はメリットと言えるでしょう。

メリット2:マイナスを生みにくい

為替相場の動きにより、FXは利益を得たり損失が出たりします。為替の動きを読み切ることは難しいため、当然損失を出すことも少なくないでしょう。

その際、両建てをすることで損失分を相殺できる点はメリットです。急変に対応できることにも繋がりますが、買い・売りの両方を保有することで補えるのです。

売りで出た損失を買いの利益で軽減することで、大損失から逃れることができます。

メリット3:税金対策が可能

FXの両建てのメリット

年を越す前にFXで利益をあげると、それは収支が増えることになり税金がかかってきます。しかし、年を越すまで決済をすることなく保有すると、税金の持ち越しが可能です。

 持ち越すということは一定期間に渡り決済せず保有することになるため、為替相場の急変により損をする可能性もあります。

その点、両建てをしているとマイナスを補えるようリスクヘッジができるため、年を越しても損を膨らまさず、かつ税金対策も可能となるのです。

税金対策のために持ち越すと損をする場合も当然あるため、決済をするタイミングの見極めは重要となります。

メリット4:取引に必要なコストを抑えられる

両建てをする際、普通に考えると買い・売りのどちらにもポジションを保有するため両方に必要証拠金が必要と考えられます。

しかし、各FX会社では片方のみのポジション保有で良いとされていることが少なくありません。

 MAX方式といい、両建ての証拠金において売建玉の合計と買建玉の合計とを比較し、建玉の合計の多い方に対して証拠金を算出する方式です。

つまり、買い・売りのどちらかに対してだけ証拠金を用意すれば良いため、資金効率が高くなり取引の余力がある状態となります。

FXの両建てのデメリット

FXの両建てのデメリット

FX両建てのデメリット
  • 無知なまま取引すれば損をする可能性が高い
  • ロスカットのリスクがある
  • コストが増大する可能性がある

デメリット1:無知なまま取引すれば損をする可能性が高い

買い・売りのポジションを保有する必要があるため、長期的に見るとスワップポイントの差額分のコストを毎日払うことから損をしやすい点はデメリットの一つです。

また、スプレッドによるコストが買い・売りのどちらにもかかるため、取引のたびに通常の倍となる為替手数料が必要となります。

両建て取引は「経済合理性を欠く取引である」ことを、きちんと理解したうえで取り組むべきと念頭に置いておきましょう。

デメリット2:ロスカットのリスクがある

FXの両建てのデメリット

FX会社によっては買い・売りのどちらにもポジションを保有しなければいけない場合があり、ロスカットの恐れが高まります。

ロスカットとは
純資産が必要証拠金を割り込む状況まで追い込まれると、自動で決済をして損失を抑えること。

損失を抑えるという安全な策とも言えますが、ポジション保有を継続したいときには避けたいものでもあるため、回避できるよう証拠金の維持を対策として講じましょう。

デメリット3:コストが増大する可能性がある

FX取引のスプレッドについては、買い・売りのどちらにも発生するため、両建てをすることにより通常の倍となるコストがかかります。

 証拠金は片方だけで良くても、スプレッドは買い・売りの双方にかかると理解しておきましょう。

両建てをする場合、スプレッド負担が増大することも念頭に置きつつFX取引を進める必要があります。

両建て可能なFX口座の選び方とは?

 

両建て可能なFX口座の選び方とは?

FX取引で両建てを考えている方であれば、どの会社の口座を選ぶかが重要です。ここでは取引に必要な口座の選び方を2つ紹介します。

片方・両方どちらに証拠金が必要か

FX会社により、買い・売りの片方のみ証拠金を用意すれば良い場合と、双方に必要な場合があります。

多くのFX会社では片方のみの証拠金で良いとされていますが、事前に調査をしておきましょう。

買いと売りのスワップ差がない

買い・売りのどちらにもスワップポイントの差がない場合は、コストの削減に繋がります。差が大きいと、ポジションを保有するほど支払続けるため出費が膨らむのです。

無駄なコストの削減は利益にも繋がるため、長期間保有することも踏まえたうえで買い・売りに差がないFX会社を選びましょう。

両建て可能!おすすめのFX口座5選【比較表】

DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
松井証券
MATSUI FX
SBI証券
DMM FX
GMOクリック証券
外為どっとコム
MATSUI FX
SBI証券
取引手数料
無料
-
無料
無料
-
最低取引単位
10,000通貨
-
1,000通貨
1通貨
-
最低入金額
制限なし
-
1,000円以上(1円単位)
原則制限なし
-
通貨ペア数
21通貨ペア
-
30通貨ペア
20通貨ペア
-
即日口座開設
最短即日
-
最短即日
-
手数料
(約定ごと5万円)
-
50円(税込)
-
-
50円(税込)
手数料
(約定ごと10万円)
-
90円(税込)
-
-
90円(税込)
NISA
-
-
-
IPO
-
-
-
投資信託
-
-
-
キャンペーン

最大204,000円
キャッシュバック

最大300,000円
キャッシュバック

最大105,000円
キャッシュバック

対象者全員に
最大50万円
キャッシュバック!

クレカ積立でVポイント付与率1.0%アップ

両建て可能なおすすめFX口座5選

DMM FX

DMM FX

DMM FXが初心者におすすめな理由
  • 【当サイトから申込限定】新規口座開設+取引で最大204,000円キャッシュバック
  • 最短1時間で取引スタート可能※1
  • あらゆる手数料が無料で取引コストが抑えられる
  • 業界最狭水準のスプレッド※2
  • 初心者から上級者まで満足できる使いやすい取引ツール

  • 充実したサポート体制

※1 「スマホでスピード本人確認」を利用した場合(DMM.com証券の休業日を除く)。
※2 公式サイトの文言より。

最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

高性能な取引ツールがスマートフォン・PCのどちらも用意されており、特にスマホアプリはPC版に匹敵するほどの機能性を備えているため外出先でも存分に活用できます。

 DMM FXで両建てをする際は、買ポジション・売ポジションの両方に対して証拠金が必要です。

電話やメールでの問い合わせに加えて、FX業界では初となるLINEでの問い合わせに対応している点は大きな特徴。カスタマーサポートへ気軽に質問等ができます。

出金・口座維持・クイック入金など、各種手数料がすべて0円となるため無駄な出費を抑えての取引が可能です。
最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

最低取引単位 10,000通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨ペア
主な取引ツール
  • DMM FX PLUS
  • DMM FX STANDARD
  • プレミアチャート
  • 取引通信簿
  • スマホアプリDMM FX
  • DMM FX for smart phone

出典:https://fx.dmm.com/

最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

GMOクリック証券

GMOクリック証券FX

GMOクリック証券が初心者におすすめな理由
  • 世界第1位のFX取引高※1
  • 最短当日に取引開始も可能※2
  • 取引手数料は0円〜でとにかく安い取引コスト

  • 完全無料の充実した取引ツール

  • 安心して取引できるサポート体制

※1ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2021年12月)※2公式サイトの文言より。
出典:https://www.click-sec.com/corp/news/press/20210129-01/

2020年のNTTコムオンライン・NPSベンチマーク調査「ネット証券部門」において、友人や同僚に薦めたいネット証券1位(※)に輝いています。※出典:https://www.nttcoms.com/service/nps/report/sec/

 両建てをする際はMAX方式が採用されているため、必要証拠金は売買のうち建玉数量が多い方の取引金額4%に相当する日本円が必要です。

業界最狭水準のスプレッドとなるため、取引にかかるコストを極力抑えながら取り組めます。取引ツールが充実している点も、トレーダーによっては有難い特徴です。

取引を始める前に、まずは無料デモ取引を試せるため活用してみましょう。
最低取引単位 10,000通貨
スプレッド(原則固定)
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
主な取引ツール
  • PLATINUM CHART
  • はっちゅう君FX+
  • GMOクリックFX

出典:https://www.click-sec.com/

最大300,000円キャッシュバック!

GMOクリック証券
口座開設はこちら(無料)

外為どっとコム

外為どっとコム

外為どっとコムが初心者におすすめな理由
  • 口座開設&条件達成で最大105,000円キャッシュバック※1
  • スプレッド縮小キャンペーン中※2
  • 少額から始められる(1,000通貨〜)
  • 中長期投資に適した高水準のスワップポイント
  • 無駄のないシンプルなアプリケーションで初心者も使いやすい

  • 初心者向けに知識を得られる情報が豊富

※1 対象期間:口座開設月から翌々月末まで
※2 期間:2021年10月2日(土)午前3時まで

最短当日に取引スタート!

外為どっとコム
口座開設はこちら(無料)

業界最狭水準のスプレッドでコストを抑えての取引が可能なこと、高水準のスワップポイントなど、利益をあげられる要素を揃えた点は大きな特徴となります。

 取引ツール「外貨ネクストネオ」では、両建て取引の可否設定を選択可能です。

初心者でも安心して利用できるサポート体制が整っており、HDI格付け調査「Webサポート・問い合わせ(電話)」部門で最高評価の三ツ星を獲得(※)しています。

取引や口座開設・維持、ロスカット手数料などは0円となるため、無駄な出費がありません。

(※出典:https://www.hdi-japan.com/hdi/Bench/3satrs.asp)

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 30通貨ペア
主な取引ツール

「外貨NEXTneo」

  • スマートフォン版
  • リッチアプリ版
  • Webブラウザ版
  • iPad版
  • Applewatch版

出典:https://www.gaitame.com/

最短当日に取引スタート!

外為どっとコム
口座開設はこちら(無料)

MATSUI FX

MATSUI FX

松井FXがおすすめな理由
  • 最短5分で申込可能
  • 業界最小!100円からの少額取引が可能※1
  • 業界最狭水準のスプレッド※2
  • 取引手数料0円で低コスト
  • 7:00〜24:00の長時間サポートで夜間も相談可能

※1-2公式サイトの文言より。

100円〜の少額取引可能!

MATSUI FX
口座開設(無料)

2021年2月20日(土)の17:00より、取り扱い通貨ペアが13通貨ペアから20通貨ペアに拡充し、最低取引単位も引き下げられ1通貨単位から可能となっています。

 スピード注文のみ、FXお客様サイトの設定にて通貨ペアごとに「両建てする」「両建てしない」の設定が可能です。

松井証券FXアプリは無料で利用でき、取引スタイルに応じた多彩な分析ができるチャートや、複数の為替レートを一度にチェックできる為替ボードなど高機能となっています。

マーケットの急変動をLINEでお知らせしてくれるサービスも提供しているため、友だち追加をしておきましょう。
100円〜の少額取引可能!

MATSUI FX
口座開設(無料)

最低取引単位 1通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.1銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア
主な取引ツール
  • FXトレーダー・プラス
  • 松井証券 FXアプリ
  • LINE公式アカウント(松井証券 MATSUI FX)

出典:https://fx.matsui.co.jp/

100円〜の少額取引可能!

MATSUI FX
口座開設(無料)

SBI証券

SBI証券

SBI証券がおすすめな理由
  • FX口座数国内1位
  • 申込完了から最短1分で開設完了
  • 積立FXで1通貨単位から購入可能!

2019年11月末時点の矢野経済研究所調べにおいて、有力なFX企業17社の月間データランキングにてFX口座数国内1位(※)に輝いています。

 両建てをする際は、買い・売りの片方のみ必要証拠金が必要です。

相場の流れを把握できる各種レポートの配信や、経済指標カレンダー「MarketWin24」で相場の見通しを分析できるなど、取引に活かせるサービスが充実しています。

取引を強力にサポートするツールSBI FX αは、スピード注文や自動ログイン機能などを搭載しており使い勝手抜群です。

(※出典:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2352)

最低取引単位 1,000通貨
スプレッド
  • 0.2銭(米ドル/円)
  • 0.5銭(ユーロ/円)
  • 1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 28通貨ペア
主な取引ツール SBI FX α

出典:https://www.sbisec.co.jp/ETGate

FX両建てに関するよくある質問

両建て可能なおすすめFX口座は?
GMOクリック証券やSBI証券、外為どっとコムなどが挙げられ、買い・売りの片方のみ必要証拠金を用意すれば利用可能です。DMM FXも知名度が高く、かつ両建ても可能なFX会社ですが、買ポジション・売ポジションの両方に対して証拠金が必要であることを理解しておきましょう。

FXの両建てとは?
「買い」と「売り」のポジションを同時に保有することです。これにより、買い・売りのどちらかが損失を出しても、一方でカバーできます。それぞれを補い合い、損失をなるべく抑えられる手法として用いるトレーダーも少なくありません。
FXの両建ては禁止されている?
すべてのFX会社ではありませんが、禁止しているところもあります。口座をまたいでの両建てや他業者を併用しての両建てを禁止している場合があり、その理由としてはゼロカットシステムの悪用を防止するためです。ゼロカットにより損失分を負担してもらう、一方では利益を得た場合はそのまま儲けとなる事態を防ぐため禁止している例があります。
FXの両建てのメリットは?
買い・売りのどちらにもポジションを保有できるため、一方の損失をカバーし合える点はメリットです。また、MAX方式という建玉の合計は多い方に対して証拠金を算出する方式の場合、買い・売りのどちらかに対してだけ証拠金を用意すれば良いため、資金効率が高くなりコストを抑えて取引に取り組めます。
FXの両建てのデメリットは?
スプレッドによるコストが買い・売りのどちらにもかかるため、取引のたびに通常の倍となる為替手数料が必要となります。また、長期的に見るとスワップポイントの差額分のコストを毎日払うことから損をしやすいなどから、推奨されていない手法でもあるのです。
FXの両建て必勝法はある?
両建ての必勝法は残念ながらありません。しかし、スワップポイントが買い・売りのどちらもプラスになる場合は、保有するだけで利益が発生し続けるため通常より儲けが出やすいです。そこには当然双方がマイナスになるというリスクもあることを理解しておきましょう。
両建て可能なFX口座の選び方は?
FX会社によって、買い・売りの片方のみ証拠金を用意すれば良い場合と、双方に必要な場合があるため事前に確認が必要です。そして、買い・売りのスワップポイントの差に開きが少ない方がコストの削減に繋がるため、出費を抑えて利益に繋げやすくなります。

最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

まとめ

この記事では、FXの両建てとは何かを説明したうえで、メリット・デメリットなどを解説しました。

両建ては「買い」と「売り」のポジションを同時に保有することで、どちらかにマイナスが出ても一方の利益で補えるというメリットがあり大損失の防止に繋がります。

しかし、マイナスを生みにくくなるという反面、ロスカットのリスクや買い・売りにそれぞれスプレッドがかかるためコストの増大といったデメリットも理解しておきましょう。

両建て可能なFX会社を選ぶ際は、証拠金の用意は片方・双方のどちらが必要か、スワップポイントの差はどうなのかなどをリサーチしておきましょう。
最大204,000円キャッシュバック!

DMM FX
口座開設はこちら(無料)

関連記事|FX

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事