イーサリアムクラシック(ETC)今後の見通しは?価格上昇ポイントと将来性を解説

「イーサリアムクラシック(ETC)の今後ってどうなの?」「イーサリアムクラシック(ETC)の将来性はあるの?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

仮想通貨に詳しい方の中には、イーサリアムと名前が似ているけど、どんな違いや特徴があるのかと聞かれるとよく分からないと答える方が大半だと思います。

そこで本記事では、イーサリアムクラシック(ETC)の特徴やイーサリアムとの違い、価格上昇ポイントと将来性、おすすめの取引所について詳しく解説していきます。

イーサリアムクラシック(ETC)への投資を検討されている方は参考にしてください。

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック(ETC)とは

イーサリアムクラシック(ETC)はその名の通りイーサリアム(ETH)から分裂して誕生した仮想通貨です。スマートコントラクト(契約履行管理の自動化)を実装しています。

 The DAO事件のサイバー攻撃を契機に問題点を改善する目的で設計され、イーサリアム(ETH)と似た性質を持ちつつ、大きく異なる特徴や魅力を持ち合わせています。

モノとインターネットが繋がるIoT社会において、イーサリアムクラシック(ETC)は期待されており、特に決済手段として多くの企業で導入されていく可能性が高いです。

特にサイドチェーン(仮想通貨を記録するのが目的のブロックチェーン)が実装されている通貨なので、この機能を使用すれば送金コストや送金遅延の削減も期待できます。

IoT分野がさらに発展すれば、今後より一層イーサリアムクラシック(ETC)が注目を浴びるでしょう。

イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)の違い

利用用途の違い

イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)の違い

イーサリアム(ETH)はIoT分野での決済機能としての活躍を目指しており、利用用途が大きく異なります。

 モノとインターネットをつなげることで、スマートフォン一つで様々なことができるようになることを目指す未来です。

一方でイーサリアム(ETC)は自律分散型アプリケーションDAppsプラットフォームなることを目指しています。

つまり、手数料の安さ、取引の高速化など、パフォーマンスに重点を置いたプラットフォームです。

イーサリアムクラシックは発行上限がある

イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)の違い

イーサリアムクラシック(ETC)の発行上限は、約2億1000万ETC〜約2億3000万ETCと決まっておりコインの数に限りがあります。

 つまり、発行枚数が増えれば増えるほどコインの価値が高まります。一方でイーサリアム(ETH)には発行上限がありません。

ただ、発行上限の枚数がない場合でもDApps開発のプラットフォームとして、世界中で圧倒的な存在感を誇っており価値がゼロになるとは限りません.

The DAO事件のサイバー攻撃が原因で作られた

イーサリアムクラシック(ETC)とイーサリアム(ETH)の違い

The DAO事件とは、2016年に企業がトークンを電子的に発行し、法定通貨や暗号通貨の調達を行う際、大量のイーサリアム(ETH)が不正流出した事件です。

資金移動システムの脆弱性をついたハッキング(サイバー攻撃)が原因で、資金の3分の1の50億円相当のイーサリアム(ETH)が流出してしまい大事件となりました。

 ただ、ホワイトハッカー達が仮想通貨(暗号資産)のアップレードを行うことにより、短い間で資金凍結に成功し不正送金前の状態に戻すことができました。

しかし、このハプニングで儲けた投資家もいましたが、ハッキングの事実や取引した履歴も取り消される方法がとられしまいました。

その結果この事件の出来事に納得がいかない一部の投資家達が、イーサリアム(ETH)とオリジナルチェーンのイーサリアムクラシック(ETC)とで分岐した過去があります。

イーサリアムクラシック(ETC)の現在の価格動向

イーサリアムクラシック(ETC)の現在の価格動向

イーサリアムクラシック(ETC)の現在の価格は29ドルです。一時は174ドルまで推移しましたが直近数ヶ月では緩やかに右肩下がりであり、下落トレンドが進んでいます。

 今後上昇する場合は、現在売りを出している投資家の損切りを刈り取ることで急に大きく上場する可能性があるので、大きな値動きには注意しましょう。

今は買い時ではないので静観しておくことをおすすめします。さらに下落が継続しチャートが底値まで落ちるまで買いのタイミングを見定めておきましょう。

特にイーサリアムクラシック(ETC)は決済手段として企業で導入されることが期待されているので今後に注目です。

特にイーサリアム関連は今後上昇していく可能性が高いので注視しておきましょう。

イーサリアムクラシック(ETC)の価格上昇のポイント

新規仮想通貨取引所への上場

イーサリアムクラシック(ETC)の価格上昇のポイント

イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱う取引所は、Coincheck、bitFlyer、DMM Bitcoinの3社です。

 これから新しい取引所が上場しイーサリアムクラシック(ETC)の取り扱いがある場合は、その期待から価格上昇をする可能性が高いです。

知名度の高い仮想通貨を取り扱う取引所の多くは上場しているので、未だ上場していないイーサリアムクラシック(ETC)は価格が上昇する余地が高いと言えます。

イーサリアム独自のアップグレード

イーサリアムクラシック(ETC)の価格上昇のポイント

イーサリアムクラシック(ETC)はセキュリティに課題を持っており、アップデートがされれば市場の期待感から価格上昇する可能性が高いです。

 特に2021年7月に予定していた「Magneto(マグネトー)」は、セキュリティの向上や手数料などのコスト削減が見込まれていましたが、現時点まで実装されていません。

今後もし「Magneto(マグネトー)」が実装されるなら大きく動き出す可能性が高いので、今後の大型アップデートの公表に備えておきましょう。

また、ビットコインの影響も多少受けるため、時価総額の高いイーサリアムとビットコインは注視しましょう。

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の見通し・将来性

新しいテクノロジーへの参入

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の見通し・将来性

イーサリアムクラシック(ETC)は、今後仮想通貨に関連するテクノロジーが流行ると上昇する可能性が高い通貨となっています。

 例えば、NFT(非代替性トークン)、Defi(分散型金融)、GameFi(NFTゲーム)、メタバース(3次元の仮想空間)などが挙げられます。

今現在の値動きは下降トレンドで右肩下がりですが、今後これらの大きなトレンドが来たら上昇するかもしれないので注視しておきましょう。

今後イーサリアムクラシック(ETC)がITトレンドに乗れるかどうかがポイントです。

コミュニティーの発展

イーサリアムクラシック(ETC)の今後の見通し・将来性

仮想通貨の上昇はコミュニティー機能の発展と比例しています。例えば、Twitterのフォロワー数などもコミュニティーの一つと言えます。

今現在イーサリアムクラシック(ETC)のTwitterフォロワー数は63万1千人です。一見多いと見えるかもしれませんが他の仮想通貨と比べると断然少ないです。

 ETH(イーサリアム)は225万6千人、BTC(ビットコイン)は475万9千人、XRP(リップル)244万1千人となっており、人気通貨はフォロワー数が多いです。

イーサリアムクラシック(ETC)のコミュニティーが発展するには、影響力のあるインフルエンサーや投資家の支持がえられるかが重要なポイントです。

イーサリアムクラシック(ETC)を購入できるおすすめ取引所3選

Coincheck

コインチェック

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
  • アプリダウンロード数国内No.1
  • 暗号通貨取扱数17種類
  • 全ての仮想通貨取引手数料無料
  • 取引画面が見やすくて分かりやすい
    ※公式サイトより


Coincheck(コインチェック)は2014年からサービスを開始した、アプリダウンロード数国内No.1の実績のある大手仮想通貨取引所です。※公式サイトより

 暗号通貨は現在16種類となっており、取扱通貨数が国内最大級。イーサリアム(ETH)やビットコイン(BTC)はもちろん、マイナーなライトコイン(LTC)などもあります。

また、取引画面やチャート分析が投資初心者でも使いやすく、分かりやすいインターフェイスとなっています。シンプルかつ直感的操作が可能なので初心者から経験者まで人気です。

その他にも、全ての仮想通貨の取引手数料が無料で利用できるので、コストを最小限に抑えて取引できるのが魅力の一つです。

一部上場企業マネックスグループが運営しているので、安心・安全に投資できます。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱仮想通貨数
(暗号資産)

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
最小注文数量(BTC) 取引所:0.005BTC以上
かつ500円(相当額)以上
販売所:円建てで500円相当額
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料
(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円
(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円
(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:コインチェック公式

bitFlyer

bitFlyer公式

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • セキュリティレベル世界No.1
  • 月間の取引量9.5兆円
  • 各種手数料が無料
  • ビットコインを1円から購入可能
    ※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 

国内大手の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1を獲得した国内トップクラスのユーザー数と資本金を誇る取引所です。※公式サイトより

 月間の取引量は9.5兆円、ユーザー数100万人超、41億238万円(資本準備金含)、全てにおいて第1位と三冠を達成しており、国内最大級の規模となっています。

取引量・ユーザー数が多いというのは、信頼されている証拠でもあるので、市場に流動性があるため買い注文や売り注文の成立する確率が非常に高いです。

また、bitFlyerは世界140ヶ国の仮想通貨取引所を対象に調査した結果、セキュリティレベルが世界No.1の実績があり、一度もハッキングの被害に遭っておりません。※公式サイトより

bitFlyerは知名度が高く多くの投資家から信頼されている取引所なのでおすすめです。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産)数

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※別途、スプレッドがあります。
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 ・銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
・クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
・クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

出典:bitFlyer公式

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1
  • 土日祝日含め365日サポート
  • 取引手数料が全て無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 数百円と少額資金から取引できる
    ※公式サイトより

 

大手DMMグループが提供するDMM Bitcoinは、数百円程度の少額資金から仮想通貨取引ができるので、少額から投資を始めたい方にぴったりの取引所です。

 特にDMMグループの高い技術力とセキュリティ体制が抜群です。例えば、2段階認証の実施や24時間の監視体制、コールドウォレットの活用などがあります。

セキュリティに関しては、土日祝日も含め365日体制でサポートしてくれるので、いつでも分からないことがあれば連絡ができるのも嬉しいポイントの一つです。

また、取引画面やチャート分析機能がシンプルで使いやすい設計になっているため、仮想通貨初心者でも操作に悩む必要なく簡単に使いこなせる取引所です。

特に「初めから大きな額から投資を始めるのは抵抗がある」という方におすすめの取引所です。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoinの基本情報

取扱仮想通貨数
(暗号資産)

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・エンジンコイン(ENJ)
シンボル(XYM)

レバレッジ 2倍
最小注文数量(BTC) 0.0001BTC(約412円相当)
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin公式

よくある質問

イーサリアムクラシック(ETC)とは?
イーサリアムクラシック(ETC)は、The DAO事件のサイバー攻撃を契機に作られたスマートコントラクト(契約履行管理の自動化)が実装された仮想通貨です。
イーサリアムクラシック(ETC)の現在の価格動向とは?
現在の価格は29ドル付近を推移しています。直近1年間は下降トレンドが発生しておおり、綺麗に右肩下がりにチャートが下がっています。
イーサリアムクラシック(ETC)の価格上昇のポイントとは?
イーサリアムクラシック(ETC)を取り扱う仮想通貨取引所の上場、イーサリアム独自アップデート、コミュニティーの発展、新しいテクノロジーの参入などが価格上昇ポイントです。
イーサリアムクラシック(ETC)の今後の見通し・将来性とは?
NFT(非代替性トークン)、Defi(分散型金融)など仮想通貨ムーブメントがさら盛り上がり、企業が積極的にスマートコントラクト機能の利用が増えれば価値はますます上がっていくでしょう。
イーサリアムクラシック(ETC)を購入できるおすすめ取引所とは?
ビットコイン取引量6年連続No.1を獲得した「bitFlyer(ビットフライヤー)」、アプリダウンロード数国内No.1の「Coincheck(コインチェック)」、大手DMMグループが運営する「DMM Bitcoin」がおすすめの取引所です。

まとめ

ここまで本記事では、イーサリアムクラシック(ETC)の特徴や違い、今後の見通しや将来性、おすすめの取引所について詳しく紹介してきました。

イーサリアムクラシック(ETC)は現在IoT分野での利用に注目されており、今後NFTやDefiの取引量増加が上昇する大きなポイントと言えるでしょう。

今後上昇が期待できる仮想通貨なので、イーサリアムクラシック(ETC)の買い時を逃さないように、まずは購入できる取引所を開設しておくことをおすすめします。

長期的な投資先としてイーサリアムクラシックを購入してみてください。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事