仮想通貨 種類

仮想通貨取引をするにあたり、どのような種類があるかを把握しておくと、より有利に取引をすすめられます。ビットコインに始まり現在では3,000種類以上の仮想通貨が存在しています。

種類が多すぎて、どの銘柄を選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの仮想通貨を19種類ピックアップしてご紹介します。また、仮想通貨を選ぶ際の参考になる発行上限枚数や通貨名も、わかりやすく一覧表にまとめました。

取引をする仮想通貨選びのポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。
まずは人気仮想通貨取引所をチェック!

おすすめの仮想通貨取引所
(口座開設無料)

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

冒頭でも述べたとおり、仮想通貨にはざっと3,000以上の種類があると言われています。

膨大な量の仮想通貨が存在するとわかったところで、「そもそも仮想通貨って何?」と疑問に思っている方もいるでしょう。ここでは、仮想通貨とは何か・電子マネーなどとの違いは何かについて解説していきます。

よく聞く「ビットコイン」や「アルトコイン」についても説明しています。

仮想通貨とは?

仮想通貨とは現物としては存在しない電子データ資産です。ネット上で流通しており、商品購入の際の対価として利用でき、通貨としての性質を持つものです。

ちなみに日本の金融庁は、仮想通貨の定義を以下のように定めています。

金融庁の定める仮想通貨の定義
  • 不特定の者に対して、代金の支払い等に使用でき、かつ、法定通貨(日本円や米国ドル等)と相互に交換できる
  • 電子的に記録され、移転できる
  • 法定通貨または法定通貨建ての資産(プリペイドカード等)ではない

仮想通貨には何種類ある?

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

ビットコインが生まれて以来、新たな仮想通貨が日々生まれています。いったい何種類の通貨が存在するのでしょうか?

答えから言うと、2021.12.19現在、CoinMarketCapによると、15,777種類の仮想通貨が存在します。

 日々新しい仮想通貨が生み出された結果、途方もない数の仮想通貨が存在する状況になっています。

これだけの仮想通貨が存在するため、そのほとんどは、目的もなく作られた意味の無いもの。存在価値の高い仮想通貨は、ほんの一握りであると言えます。

そして、現在進行形で新たな仮想通貨は生み出されており、今後も増え続けていくことが予想できます。

投資の際には、膨大な種類の通貨から将来性が高いものを選択する必要があります。そのため、選択が難しいのが現実です。

電子マネーなどと違うの?

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨は電子マネーは、どちらも電子データであるという点では共通しています。しかし、仮想通貨には以下のような特徴があり、電子マネーとは異なる存在になっています。

仮想通貨と電子マネーの違い
  • 発行者が存在しない
  • ブロックチェーン技術を利用し作られている
  • 価値が需要と供給の関係で変動する
  • 適応される法律が異なる

発行者が存在しない

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨には発行者が存在しないという特徴があります。通常の法定通貨は国家や中央銀行が発行・管理しています。一方で、仮想通貨には管理者が存在せずネットワークシステムによって自動で動いています。

 そのため、日本円を電子化したに過ぎない電子マネーとは、全く異なる存在と言えます。

こうした特殊なシステムのため、国境を越えた新しい金融システムを作れる存在として注目されているのです。

ブロックチェーン技術を利用し作られている

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨にはブロックチェーンという技術が用いられているという特徴があります。ブロックチェーンの仕組みにより、仮想通貨は取引データの改ざん・二重取引・価値の消失が起こらなくなっています。

 データの書き換えが不可能だからこそ、発行者がいなくても、通貨として成立するのです。

ブロックチェーンは、複数のコンピュータ同士がインターネットを通じてつながることで構成されています。

そのため、取引の記録は一か所ではなく分散した状態で存在することになるので書き換えようとしてもすぐに修復される仕組みになっています。

こうしたシステムにより、ハッキングや不正ができない仕組みになっており、安全性が担保されているのです。

価値が需要と供給の関係で変動する

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨には、需要と供給の関係で価格が変動する特徴があります。発行者が固定しているわけでは無いため、価格が動くのです。

 買い物で貯まるポイントは「1ポイント=1円」が普通ですが、仮想通貨はこのような決まった価格は存在していません。

こうした理由のため、仮想通貨は投資対象として用いられることがあり、決済手段としてだけでなく資産を増やす手段としても需要があります。

仮想通貨は非常に大きな価格変動を起こすため、ときに、購入した人の資産を大幅に増やしてくれることがあります。

適応される法律が異なる

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨と電子マネーはそれぞれ適用される法律が異なります

仮想通貨 仮想通貨法という法律が適用される
電子マネー 資金決済法が適用される

電子マネーは、日本円を電子化したものです。そのため、現金の日本円と同じく資金決済法が適用されるのです。

一方、仮想通貨はもともと存在していた日本円とは、異なる存在です。そのため、仮想通貨のために作られた「仮想通貨法」で規制されます。

仮想通貨の分類分け

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

仮想通貨の分類分け
  • ビットコイン
  • アルトコイン

ビットコイン

多すぎ?仮想通貨の種類は何種類あるの?

ビットコインは、全ての仮想通貨を代表する存在です。日本国内でも抜群の知名度を誇り、仮想通貨に興味が無い人でも、その名前を知っているほどです。

ビットコインは、2008年「サトシ・ナカモト」と名乗る匿名の人物により開発され、2021年12月現在、1BTC=500万円以上の価値を持っています。

 作り出された当初はほぼ無価値だったため、信じられないほどの価値上昇と言えるでしょう。

仮想通貨が生まれて以来、ビットコインは時価総額ランキングでもトップを維持し続けています。

その影響力は非常に大きく、ビットコインの価格が変動すると他の仮想通貨もそれにつられて同時に価格変動する現象がよく見られます。

ビットコイン価格が上昇すると、他の仮想通貨も全て同時に上昇。ビットコインの価値が下がると、他もつられて下落します。

また、ビットコインは現実世界で実際に通貨として利用され始まっています。2021年の6月には、エルサルバドルが世界で初めて、ビットコインを法定通貨にすることを決定しました。

 さらにエルサルバドルは、国家プロジェクトとして「ビットコインシティー」を建設する計画を発表しています。

ビットコインシティーには、商業施設・住宅街・空港などが作られる予定。上空から見ると、ビットコインのマークに見えるように設計される見込みです。

このように2021年には、ビットコインの価値を認め、国家単位で有効活用しようとする国が出始めています。

今後もビットコインを法定通貨として扱う国が増えるかもしれません。そうなれば、ビットコインの価格はさらに上昇するでしょう。

アルトコイン

アルトコインは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。アルトコインは現在世界中に15,000以上の種類が存在します。

そのため、一口にアルトコインと言っても、その内容は様々です。将来性の高いものから、作られた目的が不明なものまで、幅広く存在しています。

 あまりにも数が多いため、そのほとんどは存在価値が無いのが正直なところ。将来性が高いアルトコインはほんの一握りです。

価値の高いアルトコインは、それぞれの特徴を持っています。ビットコインには無い機能が備わっており、だからこそ注目されることがあるのです。

こういった通貨は、広く価値が認められ、企業や国家により実用化されると、価格が大きく上昇する可能性があります。

 一例として、リップル(XRP)は国際送金に特化した仮想通貨。世界中の様々な企業がリップルネットに参加しており、将来性が期待されています。

国内で買える!おすすめの仮想通貨(暗号資産)19種類を紹介

国内で買える!おすすめの仮想通貨(暗号資産)13種類を紹介

まず、おすすめの仮想通貨を19種類ご紹介します。いずれも将来性がある仮想通貨だと言われています。仮想通貨の将来性についてより詳しく知りたい方は「仮想通貨の今後の将来性」をご参考にしてください。

特徴をそれぞれ詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

なお、一覧表にて記載した時価総額ランキングは2021年6月時点のものです。順位が変動する可能性もありますので、ご注意ください。

おすすめの仮想通貨19種類
  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • トロン(TRX)
  • ポルカドット(DOT)
  • エイダコイン(ADA)
  • コスモス(ATOM)
  • ジャスミー(JMY)

※出典:coinmarketcap「仮想通貨時価総額上位100」より

ビットコイン(BTC)

ビットコイン

ビットコイン(BTC)という通貨は、2008年にサトシ・ナカモトという人物が公開した論文のなかで構想が示され、運用がスタートした種類です。

数ある仮想通貨の種類のなかでも代表的なもので、名前を耳にしたことがある方も多い通貨です。時価総額ランキングも堂々の1位となっており、仮想通貨の基軸とも言えます。

通貨名 BTC
時価総額ランキング 1位
発行上限枚数 21,000,000 BTC
ビットコインの取引が可能!

おすすめの仮想通貨取引所
(口座開設無料)

ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュは、ビットコインからブロックチェーンが分岐してうまれた仮想通貨です。

ビットコインの需要が高まった際に手数料が上がったことで危機感を抱き、ビットコインの利便性を高めるために誕生したと言われています。

ビットコインキャッシュの経済圏拡大は広まりを見せているため、今後に期待できる仮想通貨の種類と言えるでしょう。
通貨名 BCH
時価総額ランキング 11位
発行上限枚数 21,000,000 BCH

イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

ヴィタリック・ブテリン氏によって考案され、2014年に販売がスタートしたプラットフォームの名称です。ビットコインに次いで時価総額が高い種類であり、発行に上限はありません。

 イーサリアムの特徴は「スマートコントラクト」と呼ばれる、契約を自動化するシステムです。

スマートコントラクトは、条件を満たしていれば自動で契約してくれる画期的なシステムです。

手続きに関する時間や手数料などの削減効果が期待できるだけでなく、契約が透明化され、不平等さも排除できます。
通貨名 ETH
時価総額ランキング 2位
発行上限枚数 データなし
イーサリアムの取引ができる!

おすすめの仮想通貨取引所
(口座開設無料)

イーサリアムクラシック(ETC)

2016年にイーサリアムから分裂してできたものが、イーサリアムクラシックです。イーサリアムから派生したものなので、スマートコントラクトなどの基本的な仕様はあまり変わりません。

通貨名 ETC
時価総額ランキング 22位
発行上限枚数 210,700,000 ETC

リップル(XRP)

リップル(XRP)

リップル(XRP)は、ライアン・フガーにより考案された仮想通貨で、時価総額は多くの種類があるなかでも上位に位置します。

発行上限数量は1,000億XRPですべて発行されているため、ビットコインのマイニングのような新たにうまれる可能性はありません。

通貨名 XRP
時価総額ランキング 7位
発行上限枚数 100,000,000,000 XRP

ネム(XEM)

ネム(NEM/XEM)はNew Economy Movementの略で、2015年に公開されたプラットフォームです。すでに上限となる8,999,999,999XEMが発行されているため、今後は発行されません。

ブロックチェーンに新たなブロックが加わるまでの時間がおよそ1分と速い点が特徴です。
通貨名 XEM
時価総額ランキング 62位
発行上限枚数 8,999,999,999 XEM

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)

ライトコインはGoogleのエンジニアとして活躍した「チャーリー・リー氏」が発案した仮想通貨で2011年に誕生しています。ビットコインの技術をベースにしているため、基本的な仕組みは同じです。

将来的に日常生活で使用される仮想通貨になると注目されているため、継続的にチェックしておきたい種類の一つです。
通貨名 LTC
時価総額ランキング 12位
発行上限枚数 84,000,000 LTC
ライトコインの取引が可能!

おすすめの仮想通貨取引所
(口座開設無料)

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)日本で誕生した仮想通貨で、2チャンネルのキャラクターであるモナーが名前の由来です。投げ銭やモノの購入に使われる種類で、発行枚数はのべ1億500万MONAを超えています。

ブロックの生成は約1分30秒となるため、決済完了までの時間は短くスムーズです。
通貨名 MONA
時価総額ランキング 272位
発行上限枚数 105,120,000 MONA

リスク(LSK)

リスクはスマートコントラクトを有した分散型アプリケーションプラットフォームで、イーサリアムとよく比較される仮想通貨です。

アプリケーション言語にはJavaScriptを使用しているのが大きな特徴で、汎用性も高い特徴があります。
通貨名 LSK
時価総額ランキング 118位
発行上限枚数 データなし

ファクトム(FCT)

ファクトムは、主に海外の投資家に注目されている仮想通貨です。しかし、ビットコインのようなデジタル通貨とは少し違います。

ファクトムとは、Factom社が開発した分散管理型プラットフォームのことです。

 住民票や保険などの重要書類のデータを第三者機関なしで証明できる便利なプラットフォームと言い表せます。

なお、日本ではCoincheckのみが「ファクトイド」という名称で取り扱っています。

通貨名 FCT
時価総額ランキング 712位
発行上限枚数 データなし

ステラルーメン(XLM)

ステラルーメンはブリッジ通貨とも呼ばれ、高速・低コストな国際送金が可能な仮想通貨です。

決済スピードは、ビットコインで10分ですが、ステラルーメンなら2~5秒程度とかなりの高速です。

送金手数料は0.00001XLMとなっており、非常に安価な点も見逃せないポイントです。
通貨名 XLM
時価総額ランキング 18位
発行上限枚数 50,001,806,812 XLM
ステラルーメンの取引が可能!

おすすめの仮想通貨取引所
(口座開設無料)

クアンタム(QTUM)

クアンタムはビットコインとイーサリアムの長所を取った仮想通貨です。

 ビットコインの高い安定性とイーサリアムのスマートコントラクト機能を兼ね備えている点が大きな特徴です。

2021年以降、注目を集めることが予測されている仮想通貨です。

通貨名 QTUM
時価総額ランキング 82位
発行上限枚数 107,822,406 QTUM

ベーシックアテンショントークン(BAT)

BATBraveというWebブラウザで使用できる仮想通貨です。ブラウザ上で投げ銭ができたり、特定の広告を見て獲得したりもできます。

Braveは広告を自動で削除してくれる機能があり、通常のブラウザより最大で、PCで2倍・スマホで8倍ほどの速さで読み込みが可能です。

非常に魅力的な仮想通貨ですが、日本では換金できないというデメリットがあります。

通貨名 BAT
時価総額ランキング 74位
発行上限枚数 1,500,000,000 BAT

アイオーエスティー(IOST)

IOST

IOSTは2018年に作られた、比較的新しいブロックチェーンプラットフォームです。Dapps(分散型アプリケーション)を開発可能な点に特徴があります。

IOSTでは、Dapps作成時にJavaScriptというプログラミング言語を利用できます。非常にメジャーな言語なので、多くの技術者がアプリ作成に参加できるようになっています。

 そのため、アプリ開発などの分野で、広く利用されることが期待されています。

また、IOSTは承認方式として独自のPoB(Proof of Believability)を採用しています。この方式には、処理速度が速くなるメリットがあります。

そのため、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題(送金速度の遅延や、送金手数料高騰)を、解決することが期待されています。

2021年8月には、格闘技イベントRIZINが、NFTマーケットプレイスの作成にIOSTを利用すると発表し話題になりました。
通貨名 IOST
時価総額ランキング 131位
発行上限枚数 90,000,000,000枚

出典:CoinMarketCapk公式
※:PR TIMES

トロン(TRX)

トロン(TRX)

ジャスティン・サン氏が創設したトロン財団が発行する仮想通貨。トロンプラットフォームで利用される仮想通貨名をトロンと呼びます。

トロンプラットフォームは、デジタルコンテンツ配信を目的として作られたプラットフォームです。現在主流のものとは異なる、分散型のプラットフォームを目指しています。

 現在主流のプラットフォームは、広告が収益の中心のため、再生数を稼ぐための悪質コンテンツが横行しています。トロンはこういった現実を変える仕組みを持っています。

また、トロンはイーサリアム同様にスマートコントラクトを備えており、dApps(分散型アプリケーション)やDEX(分散型取引所)の開発が可能です。

さらに、トロンはSumsung社と提携しており、トロンベースで作られたアプリはすでにGalaxyストアで実用化されています。

iphoneと並び世界中で利用されているgalaxyで、トロンアプリが利用できるのは驚くべき事実でしょう。

他にも、トロンは処理速度が非常に優れている点にも特徴があります。送金時にビットコインは5件/秒、イーサリアムは25件/秒ですが、トロンは2000円/秒です。

 トロンは処理速度のスピードが、過去の仮想通貨と比べ物にならないほどに速いことがよくわかりますね。
通貨名 TRON(トロン)
時価総額ランキング 25位
発行上限枚数 無し

出典:CoinMarketCap

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)

ポルカドット(DOT)は、異なるブロックチェーンどうしを繋ぎ、相互運用できるようにするための仮想通貨です。

現在、仮想通貨はビットコインやイーサリアムなど、様々なブロックチェーンが存在します。これらのチェーンどうしは独立した存在で、お互いを繋ぐことはできません。

 そのため、仮想通貨同士を交換するには、取引所を経由する必要がありました。

取引所は、特定の会社や個人が運営している、極めて中央集権的な期間です。このことは、仮想通貨の存在目的と矛盾してしまいます。

分散型の金融システム構築のために存在するのが仮想通貨。にもかかわらず取引所を通し交換するのは、よく考えれば矛盾がありますね。

こうした状況の改善に貢献するのが、ポルカドット(DOT)。異なるブロックチェーンを直接つなぐことで、取引所を介さず仮想通貨の取引ができるのです。

そのため、ポルカドットの利用が普及すれば、仮想通貨により完全な分散型のweb世界を、作り出すことに成功するでしょう。

 また、ポルカドットには仮想通貨の送金遅延を解決する、パラチェーンが実装されているという特徴もあります。

パラチェーンとは、並列型のブロックチェーンのこと。これの存在により、スケーラビリティの問題が発生せず、送金遅延が起こらない仕組みになっています。

通貨名 Polkadot(ポルカドット)
時価総額ランキング 11位
発行上限枚数 無し

出典:CoinMarketCap

エイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)はカルダノプラットフォーム上で使用される仮想通貨。カルダノは、もともとオンラインカジノのプラットフォームとしてスタートしました。

しかし、現在はその機能性の高さから、オンラインカジノの枠を超え、様々な分野で実用化されることが見込まれています。

 カルダノはイーサリアムの開発者である天才数学者チャールズ・ホスキソン氏が作ったことでも有名です。

そのため、現在時価総額2位のイーサリアムを超える期待もあり、非常に高い時価総額を持っています。

エイダコインは専用のウォレットが存在し、ウォレット内のコインをステーキングすることで、報酬をもらうことが可能です。

エイダコインにはロードマップが存在しますが、実は未完成の段階。今後完成に向かうにつれ、さらなる価格上昇に期待が持てます。
通貨名 エイダ(ADA)
時価総額ランキング 6位
発行上限枚数 45,000,000,000枚

出典:CoinMarketCap

コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)

コスモスはブロックチェーンプラットフォームの名前です。その中で利用される仮想通貨をATOMと呼びます。

コスモスもポルカドットと同様、異なるブロックチェーン同士の接続を可能にし、分散型のweb世界を構築することを目的にした通貨です。

 ポルカドットと目的が似ていますが、ブロックチェーンどうしを繋ぐ仕組みに違いがあるのです。

また、コスモスは「Cosmos SDK」というサービスを提供しています。これは、技術者がブロックチェーンを容易に作成できるようにするためのサービスです。

さらに、ポルカドットは「Java」というポピュラーなプログラミング言語を利用することで、多くのエンジニアが独自ブロックチェーンを作成できるようになっています。

そのため、金融のみならず、保険・不動産・医療など様々な分野において、コスモスの利用が普及するかもしれません。
通貨名 ATOM
時価総額ランキング 32位
発行上限枚数 無し

出典:CoinMarketCap

ジャスミー(JMY)

ジャスミー(JMY)

ジャスミーは、データの民主化を目指し作られた仮想通貨です。データの民主化とは、「個人情報を自分自身で管理できるようにしよう」ということ。

ブロックチェーンで個人情報を分散管理することにより、ユーザーの個人情報が大企業に管理されている現状からの、脱却を目指すプロジェクトなのです。

 現在大企業での個人情報漏洩が社会問題になっているため、その解決を目指しているのがJasmyです。

Jasmyでは「セキュアナレッジコミュニケーター(SKC)」と、「スマートガーディアン(SG)」という2つのサービスを提供しています。

セキュアナレッジコミュニケーター(SKC) ・Secure Knowledge Communicatorの略
・jasmyの核となるサービスで、個人情報を所有者本人が管理するためのもの
・企業に個人情報を渡さず、必要なときのみ開示できる
スマートガーディアン(SG) ・IoTデバイスをjasmyブロックチェーンに簡単に登録できる
・遠方からIoT機器の操作や、測定したデータの送受信を行える。

このように、プラットフォームを通してデータの管理や、IoT機器の管理を、個人情報を確実に保護しながら行うことができます。

今後世の中のIoT化が確実に進んでいくため、Jasmyプラットフォームは高確率で需要が高まっていくことでしょう。

Jasmyのビジョンは、IoT化が進む今後の世の中で、非常に需要が多い内容です。高い将来性が期待できるかもしれません。
通貨名 JasmyCoin
時価総額ランキング 256位
発行上限枚数 50,000,000,000枚

出典:CoinMarketCap

おすすめの仮想通貨の種類(銘柄)一覧表

おすすめの仮想通貨(暗号資産)一覧表

おすすめの仮想通貨を一覧表にまとめました。通貨名と発行上限枚数を載せているので、どの仮想通貨にしようか検討する際の参考にしてください。

仮想通貨種類 通貨名 発行上限枚数
ビットコイン BTC 21,000,000 BTC
ビットコインキャッシュ BCH 21,000,000 BCH
イーサリアム ETH データなし
イーサリアムクラシック ETC 210,700,000 ETC
リップル XRP 100,000,000,000 XRP
ネム XEM 8,999,999,999 XEM
ライトコイン LTC 84,000,000 LTC
モナコイン MONA 105,120,000 MONA
リスク LSK データなし
ファクトム FCT データなし
ステラルーメン XLM 50,001,806,812 XLM
クアンタム QTUM 107,822,406 QTUM
ベーシックアテンショントークン
BAT 1,500,000,000 BAT

仮想通貨の種類が揃ってる!おすすめ取引所6選

ここでは、仮想通貨取引をするうえでおすすめの取引所を6つピックアップして紹介します。どの取引所も操作性に優れており、スムーズに取引が可能です。

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
GMOコイン
BITPOINT
ビットポイント
bitbank
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
GMOコイン
BITPOINT
bitbank
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料

Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)

販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
なし
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

180円〜
0.00005BTC

500円〜
0.00000001BTC~

0.0001BTC~
取引通貨数
17種類
15種類
20種類
11種類
13種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント
-

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

コインチェックの特徴
  • 扱っている仮想通貨は国内最多の17種類
  • 最短5分で取引開始可能
  • 約500円からビットコインが買える
  • スマホアプリがシンプルで初心者も使いやすい
  • セキュリティ対策を強化している
  • 取引手数料0円

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Coincheck(コインチェック)はアプリダウンロード数No.1取扱通貨数No.1の人気取引所の1つです。口座開設は3ステップで完了、最短1日で取引可能です。

 Coincheckでは17種類もの仮想通貨を扱っています。ビットコイン以外の仮想通貨にも興味がある方にはおすすめです。

また、Coincheckでは500円(相当額)で仮想通貨を購入できます。少額から取引をスタートできるので、初心者にはピッタリの取引所といえるでしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱数

全17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • パレットトークン(PLT)
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)
  • 入金手数料
    銀行振込:無料
    コンビニ:770円/1,018円
  • 出金手数料:一律407円
  • 仮想通貨入金手数料:通常無料
  • 仮想通貨送金手数料:無料(Coincheckユーザー間)
  • 取引所手数料:無料
キャンペーン

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

bitFlyer

ビットフライヤー

bitFlyerの特徴
  • 国内最大級の仮想通貨取引所でビットコイン取引量国内No.1※1
  • 最短即日で取引スタート可能
  • スマホアプリがシンプルで初心者も使いやすい
  • 諸手数料が0円
  • ビットコイン売買手数料が無料※2
  • 100円から取引スタートできる
  • 強固なセキュリティで資産をしっかり守る
  • T-POINTをビットコインに交換可能

アカウント作成や維持、販売所全通貨売買手数料など、さまざまな手数料が無料で利用可能です。仮想通貨は15種類あり、100円から取引ができる手軽さは大変魅力的です。

シンプルな画面で使いやすいため、初心者にとっても使いやすいサービスです。

街でのお買い物で貯まったT-POINTをビットコインに交換可能。日頃からT-POINTを利用している人におすすめの取引所だと言えます。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱数

全15種類

  • ビットコイン
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • リスク
  • ベーシックアテンショントークン
  • ネム
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • リップル
  • ステラルーメン
  • テゾス
  • ポルカドット
  • チェーンリンク
  • シンボル
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • アカウント作成手数料:無料
  • アカウント維持手数料:無料
  • 販売所全通貨売買手数料:無料
  • ビットコインFX取引手数料:無料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
  • ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%
キャンペーン
出典
bitFlyer 公式サイト
「手数料一覧・税」-bitFlyer
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 ビットコイン販売所にて。また、購入価格と売却価格の差であるスプレッドはお客様負担。

 

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの特徴
  • 今なら新規口座開設でもれなく2,000円プレゼント
    2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 最短1時間で取引開始可能※1
  • レバレッジ取引の取扱数が国内No.1※2
  • 24時間の監視体制で徹底したセキュリティ
  • オークション方式によるハイブリッド注文でコストが抑えられる

DMM Bitcoinでは使いやすい取引ツールを提供しており、初心者から上級者まで活用できます。

 口座維持手数料や出金手数料、ロスカット手数料が無料なためコストを軽減しての取引が可能です。

取扱のある仮想通貨は15種類と主要な仮想通貨を網羅しています。

スマホでの使い勝手も良いので、初心者がどの取引所にしようか迷ったら、まずはDMM Bitcoinを試してみてはいかがでしょうか。
取扱数

全15種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • オーエムジ―
  • ベーシックアテンショントークン
  • クアンタム
  • ステラルーメン
  • モナーコイン
  • ネム
  • ライトコイン
  • イーサクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • テゾス
  • エンジンコイン
  • シンボル
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料※BitMatch取引手数料を除く

 

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 2021年オリコン顧客満足度No.1※1
  • 最短10分で取引開始が可能※2
  • 「取引手数料」「入出金手数料」「送金手数料」が無料
  • 最大2倍のレバレッジ取引も可能
  • サイバー攻撃対策など強固なセキュリティーで安心取引
  • 24時間365日、土日も取引できる

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインでは、送付手数料や即時入金手数料など各種手数料がすべて無料で利用できます。開催されているキャンペーンも複数あるため要チェックです。

取引に必要な知識を深めるためのお役立ち情報も豊富です。コラムはもちろん、初心者にもわかりやすい動画も配信されています。

知識を蓄えながら仮想通貨の取引も行いたい場合に適した取引所です。
取扱数

全13種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • リップル
  • ネム
  • ステラルーメン
  • ベーシックアテンショントークン
  • オーエムジー
  • テゾス
  • クアンタム
  • エンジンコイン
  • ポルカドット
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • 即時入金手数料:無料
  • 口座開設手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 暗号資産(仮想通貨)送付手数料:無料
  • 取引所手数料:Maker-0.01%/Taker0.05%
キャンペーン
  • 暗号資産の購入で毎日10名様に現金1,000円が当たる!(抽選)
    取引対象時間:毎日 6:00 ~ 翌 5:59
  • 暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる
    ※600万円以上の新規取引が対象
出典
GMOコイン 公式サイト
※1 公式サイトの文言より。
※2「かんたん本人確認」で申し込んだ場合

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTの特徴
  • 今なら入金&購入でDEP(ディープコイン)をもれなくプレゼント※1
  • 500円以下の少額取引ができるため初心者も始めやすい!
  • 最短10分で取引スタート
  • 暗号資産の3つの部門で出来高ランキングNo.1※2
  • 国内では珍しいTRX(トロン)を扱っている取引所
  • 国内で唯一ADA(エイダ)を提供※3
  • 厳重なセキュリティで安全に取引可能

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

BITPOINTは暗号資産業界で唯一エイダ(ADA)を扱う取引所です。

その他、ビットコインなど人気のアルトコインを提供しており、全8種の信頼性の高い暗号資産(仮想通貨)が揃っています。

レバレッジ取引も可能となっており、豊富な取引方法を用意している点が幅広い層に選ばれる理由の1つです。

500円以下という少額から取引がスタートできるため、初心者も始めやすくなっています。
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

取扱数

全8種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 仮想通貨入金手数料(預入):無料
  • 仮想通貨送金手数料(送付):無料
キャンペーン
  • 今なら入金&DEP購入でDEPもれなくプレゼント※1
    【詳細】
    ・1万円入金で1,000円相当のDEPプレゼント
    ・DEP購入で購入金額の10%相当をプレゼント(上限100万円)
  • さらにDEP保有で5万円相当のDEPが当たる
  • 貸して増やすで年率100%を募集!貸出で30日後に貸借料が受け取れる!※4
  • Twitterのフォロー&RTで応募すれば、10,000円相当のDEPが総勢200名様に当たるチャンス!※5
出典
BITPOINT 公式サイト
※1 「日本初!DEP取扱記念キャンペーン第1弾!」キャンペーン期間:2022年3月31日(木)16:00まで
※2 BITPOINT調べ(2020年8月ETH・BCH・LTC/JPY出来高)
※3)2021年9月23日時点
※4 「日本初!DEP取扱記念キャンペーン第2弾!」キャンペーン期間:2022年2月9日(水)16:00まで
※5 「日本初!DEP取扱記念キャンペーン第3弾!」キャンペーン期間:2022年3月31日(木)まで

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

bitbank

bitbank

bitbankの特徴
  • 国内No.1の仮想通貨取引量
  • 口座開設は最短3分で完了
  • 業界最狭クラスの販売所スプレッド
  • 軽量・高機能な仮想通貨(暗号資産)取引所

セキュリティ国内No.1※

bitbank
口座開設はこちら(無料)

※2021年8月2日時点。CER.live調べ

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨取引量国内トップを誇っています

販売所スプレッドは業界最狭クラスで提供しており、好きな暗号資産(仮想通貨)をワンタップで買える手軽さが持ち味の取引所です。

チャートは24時間365日リアルタイムで更新されており、チャンスを見逃すことなく取引できます。

60種類以上のテクニカル分析が可能となっているため、本格的なトレードをしたい上級者も満足できるでしょう。
取扱数

全13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCC)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)
  • 売買手数料
    メイカー:-0.02%
    テイカー:0.12%
  • 入金手数料:無料
    ※銀行への入金時は振込手数料が利用者負担
  • 出金手数料(例)
    BTC:0.0006 BTC
    LTC:0.001 LTC
    XRP:0.15 XRP
主なキャンペーン
出典

セキュリティ国内No.1※

bitbank
口座開設はこちら(無料)

※2021年8月2日時点。CER.live調べ

TAOTAO

TAOTAO

TaoTaoの特徴
  • 各種手数料無料
  • 24時間365日システム監視で安全な取引環境を提供
  • スマホアプリが見やすいため初心者にもおすすめ

24時間365日のシステム監視や不正ログインの防止など、安心・安全のセキュリティ環境で取引ができます。少額から取引ができ、初心者におすすめのサービスです。

 スマホアプリが非常に見やすく、初心者にもわかりやすいのも特徴です。

日本語でのサポートにも対応しているので、取引するのにストレスがありません。

取り扱っている仮想通貨の数は少ないものの主要なものを揃えているので、わかりやすい取引所で試してみたいと言う場合にはTAOTAOがおすすめです。
取扱数

全5種類

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
口座開設スピード 最短翌営業日
手数料(税込)
  • 口座管理料:無料
  • 入出金手数料:無料
  • 入出庫手数料:無料
  • 取引手数料:無料
  • ロスカット手数料:無料
キャンペーン

出典:TAOTAO 公式サイト

仮想通貨(暗号資産)の種類を選ぶポイント3つ

仮想通貨 選ぶポイント

仮想通貨を選ぶ際は、以下の3つのポイントを意識してください。

仮想通貨の選び方
  1. 信頼できる通貨であるか
  2. 値動きの幅をチェックする
  3. 将来性が期待できるか

1.信頼できる通貨であるか

信頼できる通貨であるかどうかは、重要な要素であると言えます。信頼できる通貨であるかどうかは、ホワイトリストに掲載されているかどうかで判断できます。

 ホワイトリストとは、金融庁の登録を受け国内の取引所で扱われている種類です。

ホワイトリストに掲載されている仮想通貨は、登録される過程において厳しい審査が実施されます。

審査に通過している仮想通貨は安全性が高く、信頼できるものと言えるでしょう。

2.値動きの幅をチェックする

仮想通貨(暗号資産)を選ぶポイント3つ

値動きの幅のことをボラティリティとも呼びます。ボラティリティの小さいものを選べば、損失を少なくできます。

基本的に仮想通貨は値動きが大きいため、十分な注意が必要です。初心者は、ボラティリティの小さい銘柄で取引に慣れていくことをおすすめします。

ボラティリティの小さい銘柄としては、ビットコインやイーサリアムのような取引量の多いものが当てはまる傾向にあります。

3.将来性が期待できるか

将来性のある仮想通貨を選べば、将来的に値上がりし、大きな利益を産む可能性があります。将来性があるかどうかを見極めるために、以下の3項目をチェックしましょう。

仮想通貨の将来性チェックリストの例
  • 公式サイトが整っている
  • どんな企業と提携しているか
  • ネット上での評判をチェックする

仮想通貨が生まれるのには理由があります。どのような構想でその仮想通貨が生まれたのかを把握するために、公式サイトをチェックしておきましょう。

また、どんな企業と提携しているかもチェックしておくと、より将来性の有無を把握しやすくなります。

ネット上での評判の良さも重要です。ネット上で評判になれば、一気に主要な仮想通貨になる場合もあります。

仮想通貨に関するよくある質問

おすすめの取引所はどこ?
DMM Bitcoinは、取引ツールが使いやすく上級者はもちろん初心者向けでもあるためおすすめです。取り扱う仮想通貨の種類も豊富で、手数料も抑え目なのでコストをなるべくかけずに取引できます。
おすすめの仮想通貨の種類は?
ビットコインイーサリアムといった、時価総額の高い種類が挙げられます。どちらも各取引所で扱われており、仮想通貨の基盤とも言える種類です。
仮想通貨のメリットって何?
銀行などの金融機関を間に介す必要がなく個人間でやり取りできる、手数料が安く取引を気軽にできるといった点が挙げられます。また、世界共通の単位となるためさまざまな国や地域で支払いに活用可能です。
仮想通貨の種類を選ぶ際は何を意識すべき?
まずは、信頼できる仮想通貨であるかをチェックすることです。金融庁の登録を受けている、公式ホームページがあるといった種類は信頼度が高いと言えるでしょう。また、値動きの幅が小さい種類を選ぶことで、大きな損失を避けやすくなります。まずは、取引に慣れることを意識してみてください。
仮想通貨のマイニングの種類とは?
マイニングには、ソロマイニング・プールマイニング・クラウドマイニングという種類があります。ソロはその名の通り一人で取り組むため大きな報酬を得られますが、その分出費も多いです。プールマイニングは複数人で取り組むため報酬こそ少ないですが、安定して得られる可能性があります。クラウドマイニングは企業に任せるため、知識やPC等の準備はいりませんが、その分企業に支払う負担は大きいです。
仮想通貨の取引所を選ぶ際はどこに注目すべき?
各種手数料が安いことはもちろん、取引を希望する仮想通貨の種類を扱っているかをチェックしておきましょう。また、取引ツールがいかに使いやすいかも選び方として重要です。
将来性のある仮想通貨はどれ?
将来的に日常生活で使用されると言われている、ライトコインは注目の種類です。ビットコインの技術をベースにしているため、基本的な仕組みは同じとなっています。

まとめ

本記事では、仮想通貨の種類について解説しました。仮想通貨の種類は3,000種類以上ありますが、安心・安全な種類はまだ多くありません。

そのため、仮想通貨を選ぶ際は金融庁の登録を受けているものをチェックしましょう。

また、口座を開設する取引所を選ぶ際は、自分が取引したい種類の仮想通貨を扱っているかをチェックしておく必要があります。

この機会にぜひ自分に合った仮想通貨や取引所を選んで、仮想通貨取引にチャレンジしてみてくださいね。
暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってく ださい。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事