仮想通貨 儲かる

「仮想通貨、儲かるって本当?」「今から始めても遅くない?」

仮想通貨(暗号資産)に関してそのような疑問を持っていませんか?結論から言うと、仮想通貨(暗号資産)取引は今から参入しても儲かる可能性があります。

しかし、仮想通貨(暗号資産)取引にどのような方法があるのか、どのような点に注意したら良いのかが分からず、なかなか参入できずにいる人も少なくありません。

そこで今回は仮想通貨(暗号資産)が儲かるのか、また儲かる仕組みについて解説します。

儲かる仕組みや方法、リスクなどについてもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

「仮想通貨が儲かる」は嘘?

仮想通貨(暗号資産)は儲かる?

結論から言うと、仮想通貨(暗号資産)は儲かる可能性がある取引と言えるでしょう。

実際に当サイトでは、仮想通貨でどの程度儲かるのか、全国の男女221名を対象に仮想通貨(暗号資産)に関するアンケートを行いました。

Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?

仮想通貨 儲かるか アンケート

Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?※2人未回答
+100万円以上 25人 11.4%
+50万円〜100万円未満 28人 12.8%
+10万円〜50万円未満 36人 16.4%
+1万円〜10万円未満 35人 16.0%
+1万円未満 29人 13.2%
0円 20人 9.1%
−1万円未満 7人 3.2%
−1万円〜10万円未満 10人 4.6%
−10万円〜50万円未満 1人 0.5%
−50万円〜100万円未満 0人 0.0%
−100万円以上 6人 2.7%
覚えていない 22人 10.0%

取引開始時から現在までの損益を選んでもらったところ、「+10万円〜50万円未満」を選んだ方が最も多く、次いで「+1万円〜10万円未満」が多い結果となりました。

大体1万円から50万円の範囲で利益が出る方が多いようです。
 利益が出たという方が約7割を占めていることから、「仮想通貨は儲かる」と期待しても良いといえますね。

しかし、もちろん全ての人が仮想通貨(暗号資産)取引で儲かるとは言えません。損失を出した方の中には「−100万円以上」のマイナスになった方も少なからずいます。

場合によっては損をすることもあるため、自分の余裕資金から少額で取引をするのがおすすめです。また、仮想通貨を購入する取引所選びもポイントの一つ。

本サイトでおすすめの仮想通貨取引所は、銘柄の取扱数が国内No.1のコインチェックです。セキュリティ強化にも力を入れているため、しっかり資産を守れます。

この機会にぜひチェックしてみて下さい。

セキュリティ対策に力を入れている

コインチェックで
口座開設する(無料)

儲かる確率はどのくらい?

儲かる確率はどのくらい?

儲かる確率はどのくらい?
  • 仮想通貨で儲かる確率は何%なのか?
  • 儲かる確率が高い稼ぎ方
  • 儲かる確率が何とも言えない稼ぎ方

仮想通貨で儲かる確率は何%なのか?

儲かる確率はどのくらい?

いったい仮想通貨で儲かる確率は何%なのでしょうか?回答としては「投資方法によって確率が変わるため、一概には言えない」ということになります。

なぜなら、高確率で利益を出せる方法がある一方、儲かるかどうかは個人次第な取引手法も存在するからです。

 「仮想通貨は100%儲かる」と断言できればそれが一番かもしれませんが、投資なので、残念ながらそうはいきません。

確実性が比較的高い方法を取れば高確率で稼げますし、ハイリスク・ハイリターンな方法は損失を出す危険も大きいです。

そのため、ここからは儲かる可能性の高い稼ぎ方と、確率が高いとは言えない投資方法を、それぞれを紹介・解説していきます。

儲かる確率が高い稼ぎ方

儲かる確率はどのくらい?

儲かる確率が高い稼ぎ方
  • エアドロップ
  • アービトラージ
  • 仮想通貨の長期ホールド
  • レンディング
  • ステーキング
  • 積立投資

エアドロップ

儲かる確率はどのくらい?

エアドロップは儲かる確率が極めて高い稼ぎ方と言えます。そもそもエアドロップとは、無料で配布される、仮想通貨やトークンをもらうこと。

発行された仮想通貨の知名度を上げるために、宣伝の意味でよく行われます。エアドロップに参加すれば、少量とはいえ仮想通貨を無料でもらえるのです。

 もらった仮想通貨やトークンは、仮想通貨取引所に上場すれば、売却し現金化することが可能です。

このように0円でもらったトークンを現金化できるため、エアドロップに参加すると、かなりの高確率で稼げると言えるでしょう。

ちなみに、エアドロップは国内取引所でも行われています。ビットポイントでは、トロン(TRX)所有者に対し、APENFTの無料配布を行っています。

もしも、エアドロップでもらった通貨の価格が大幅に高騰すれば、思いがけず大きく儲かることもあるでしょう。
エアドロップについて詳しくはこちら

仮想通貨のエアドロップとは?2021年開催予定一覧と受け取り方を解説

アービトラージ

儲かる確率はどのくらい?

アービトラージとは、複数の取引所の価格差を利用し、利益を出す手法のことを指します。例えば、ビットコインが以下のように複数の取引所で取引されているとします。

取引所A 買値 : 530万円
売値 : 525万円
取引所B 買値 : 520万円
売値 : 515万円

この場合、取引所Bで購入した通貨を取引所Aに送金し売却すれば、利益を出せる計算になることが分かります。

 実際には、ここまではっきりした価格差になることはほぼありませんが、稼ぎ方のイメージを掴んでいただければと思います。

このように取引所間で価格差が生じた場合、アービトラージを行えば確実に利益を出すことが可能です。そのため、かなりの高確率で利益が出る取引手法であると言えるでしょう。

実際には価格差が生じるタイミングは少ないですが、価格差さえあれば確実に稼げる手法です。
アービトラージについて詳しくはこちら

アービトラージは儲からない?やり方やメリットを徹底解説!

仮想通貨の長期ホールド

儲かる確率はどのくらい?

購入した仮想通貨を長期ホールドするのも、非常に稼ぎやすい方法であると言えます。ビットコインやイーサリアムなどの有名仮想通貨は、長い目で見ると価格が上がり続けていることが分かります。

そして、今後もますます価格が上昇していくことが期待できるため、購入し長期保有し続ければ、稼げる可能性が高いと言えるのです。

 短いスパンでは暴落してしまうこともありますが、しばらく待っていれば購入した時以上の価格になり、利益が出ることが多いです。

そのため、複雑な取引を行わずに仮想通貨を購入したら、そのまま長期ホールドするのもいい戦略です。一時的に含み損を抱える場合もあるかもしれませんが、待っていればいずれプラスに転じる可能性も高いでしょう。

今後も仮想通貨が上り続ける前提で考えれば、長期ホールドは最も確実に稼ぐ手段かもしれません。
仮想通貨の今後を予想!将来性のある通貨を知る

仮想通貨/ビットコインの今後を予想!将来性のある通貨ランキングも紹介

レンディング

儲かる確率はどのくらい?

レンディング(貸し仮想通貨)は、取引所に仮想通貨を貸し出すことで、利息を稼げる運用方法のことです。取引所によって利率は異なりますが、多くの場合1%~5%程度の利息を受け取ることが可能です。

 銀行の金利が0.001%程度であることと比べると、かなりの高配当であることがよくわかりますね。

レンディングは、取引をすることなく確実に仮想通貨を増やせることから、安全に仮想通貨の保有数量を増やすことができます。

そのため、仮想通貨の価格が長期的に上がっていくという前提で考えれば、確実に利益を得られる方法であると言えます。

ただ、レンディングで所有量を増やしても、仮想通貨自体の価値が下がれば、日本円に換金した時にはマイナスになる可能性もあります。
仮想通貨のレンディングについて詳しくはこちら

仮想通貨のレンディングとは?稼ぎ方とリスク・おすすめ取引所を紹介

ステーキング

儲かる確率はどのくらい?

ステーキングは、仮想通貨を取引所に保有しているだけで報酬が得られる運用方法です。ステーキングができる仮想通貨は限られてはいるものの、所有しているだけで報酬がもらえるのは、大きなメリットと言えます。

 例えば、GMOコインではテゾスという仮想通貨を持っていると、保有しているだけで自動的に報酬が付与されます。
ステーキングもレンディング同様に報酬が高く、仮想通貨の所有枚数が自動的に増えていくことになります。そのため、稼げる可能性が比較的高い運用方法であると言えるでしょう。

レンディング同様、仮想通貨そのものの価値が下がると、損する可能性もあり絶対に儲かるとは言えません。

積立投資

儲かる確率はどのくらい?

積立投資も利益が出る可能性は高いと言えるでしょう。積立とは、その名の通り一定金額を定期的に積立投資する方法のこと。

分散して投資することで購入単価を平均化し、高い価格で投資してしまうリスクを減らすことができます。

 長期的に価格が上がる投資先に対して積立投資をすると、資産形成できる確率を高められます。

ビットコインなどの主要仮想通貨は長い目で見れば、価格が上昇し続ける可能性も高そうです。

そのため、定期的に積立投資を行うことで、高確率で資産を増やすことができるでしょう。
仮想通貨の積立について詳しく知る

仮想通貨の積立投資はどこがいい?おすすめと押さえておくべきリスク

儲かる確率が何とも言えない稼ぎ方

儲かる確率が何とも言えない稼ぎ方
  • ICO・IDO・IEOに参加する
  • レバレッジ取引を含むトレード
  • 草コイン投資

ICO・IDO・IEOに参加する

儲かる確率はどのくらい?

ICO・IDO・IEOとは、ブロックチェーンプロジェクトで発行される仮想通貨・トークンを、上場する前に購入すること。具体的にはそれぞれ以下のような違いがあります。

ICO(Initial Coin Offering) ・仮想通貨を新規発行することで、資金調達を行える方法
・誰でも簡単に行えるため、過去に詐欺通貨が横行したことも。
・そのため2021年現在は行われる機会が減っている。
IEO(Initial Exchange Offering) ・取引所が間に入り資金調達を行う方法
・取引所がプロジェクトの審査や、資金の預かりを行うため、詐欺にあるリスクが低い
IDO(Initial Dex Offering) ・IEOに近いが、分散型取引所(DEX)で行われる。
・DEXは無人で特に審査が無いため、気軽に資金を集められる。
・詐欺プロジェクトの可能性もあり、IEOよりも参加リスクは高い

ICO・IDO・IEOで投資する際には、販売会社が決定した金額で仮想通貨もしくはトークンを購入することになります。そのため、上場後に価格が上昇するかどうかは全くの未知数。全く予想ができません。

 過去には100倍以上に暴騰したこともあれば、反対に、上場後に価格がほとんど0になったこともありました。

そのため、儲かるかどうかはなんとも言えず、ギャンブル性の高い投資手法と言えるでしょう。

上場後に信じられないほどに価格が上昇する場合もあり、夢がある投資方法です。しかし、全く価格が上がらないこともあり得ます。

レバレッジ取引を含む短期トレード

儲かる確率はどのくらい?

短期で売買をする仮想通貨トレードを行うことも、儲かるかどうかは何とも言えない投資手法です。トレードの際には、安い価格で購入し、高く価格で売れば利益が出ます。

簡単に聞こえるかもしれませんが、実際にやってみると値動きを読むのは困難なもの。コンスタントに利益を出すのは、かなり難しいのが現実です。

 暴落直前に購入してしまい、慌てて決済しマイナスになってしまうことも珍しくありません。

さらに、レバレッジを掛けて運用していれば、利益も損失も2倍になるため、人によってさらに大きく成績が変わってくることになります。

短期取引は資産を減らす人も多いのが現実なので、安易に手を出すべきではないかもしれません。

草コイン投資

儲かる確率はどのくらい?

草コイン投資も、稼げるかどうか何とも言えない投資手法になります。草コインとは時価総額が低く、ほとんど日の目を浴びることの無い仮想通貨のことを指します。

ただ、どのようなコインを草コインと呼ぶかについての、明確な定義はありません

 2021年現在、仮想通貨には15,000種類以上が存在するため、草コインと呼べる通貨は大量に存在します。

草コインのほとんどは、今後価値上昇する可能性の無い、将来性が全くない存在です。しかし、中には何かのきっかけで投資家から注目されて一気に価格が急上昇することがあるのです。

草コインは元々の時価総額が非常に低いため、買いが集まると一気に価格が上昇します。

もしも、こうした草コインを探し当て購入できれば一獲千金もあり得るでしょう。しかし、草コインはあまりにも種類が多く将来性を見極めるのは極めて困難です。

価格が上昇する通貨に投資できるかどうかは、運によって左右される部分もあるのが正直なところでしょう。

 草コインを購入するのは宝くじを買うようなもの。儲かる確率は非常に低いのが現実です。

こうした理由から、草コイン投資を行うことを積極的にオススメすることはできません。もしどうしても行うのであれば、期待しすぎることはやめておき投資資金が0円になる心の準備もしておく必要があるでしょう。

草コインの価格が上昇して一攫千金を掴む確率よりも、0円になる確率の方が圧倒的に高いことを、理解しておきましょう。

仮想通貨で儲かる方法!5つの仕組みをご紹介

仮想通貨(暗号資産)取引で儲かる方法には、主に5つあります。中には、初心者に難しい手法や専用の高性能パソコン一式がないとできないものもあります。

仮想通貨で儲ける5つの方法
  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引(仮想通貨FX)
  3. レンディング
  4. アービトラージ
  5. マイニング

1.現物取引

仮想通貨(暗号資産)で儲かる方法!5つの仕組みをご紹介

市場価格で仮想通貨を購入・売却をする、一般的な方法です。簡単に言うと、市場価格が安い時に買って、高い時に売る方法です。

 例えば、1BTCが200万円の時に購入し、1BTCが250万円になった時に売れば、1BTCあたり50万円の利益です。

なお、仮想通貨は0.0001BTCなどの小数点単位でも購入できるので、500円などの少額でも購入できます。

現物取引の場合は長期的に保有するケースがほとんどで、自分が持っている以上に損失を出す可能性がありません。

仕組みがわかりやすく低リスクなので、初心者におすすめの取引方法です。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

2.レバレッジ取引(仮想通貨FX)

レバレッジ取引とは、少額の元手で大きな資金を動かせる取引のことです。

 レバレッジとは「てこ」という意味で、高い倍率でレバレッジをかければかけるだけ、大きな利益を得られます。

例えば、元手が1万円でレバレッジが10倍、値上がり率が10%の場合を考えてみましょう。

現物取引の場合、元手1万円で値上がり率が10%なら、10,000円×10%=1,000円の利益が得られます。

一方レバレッジ取引の場合、元手が1万円でレバレッジが10倍なら、10万円として取引が可能です。得られる利益も10倍になるので、1万円の利益になります。

現物取引とレバレッジ10倍での取引の場合を比較すると、同じ1万円の元手でも利益が10倍違うことになります。

良いことばかりに思えるレバレッジ取引ですが、損失も大きくなるので注意が必要です。

 レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンと覚えておきましょう。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

レバレッジ取引について詳しく知る

レバレッジ取引対応のおすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所3選!

3.レンディング

仮想通貨(暗号資産)で儲かる方法!5つの仕組みをご紹介

レンディングとは、仮想通貨を貸し出して利益を出す方法です。トレードをしなくても儲かる点がメリットだと言えます。

 必ず一定の利益を得られる方法で利率も高いので、余っている資金がある人に特におすすめです。

例えば銀行にお金を預けていても利率は0.01%〜0.1%程度と非常に低いですが、仮想通貨のレンディングの利率は3%〜5%です。

貸し出した期間に応じた利率が報酬として受け取れるため、貸し出す期間が長ければ長いほど、受け取れる報酬も大きくなります。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

4.アービトラージ

アービトラージとは、同じ仮想通貨を違う取引所で取引をすることです。取引所によって仮想通貨の値段が違うことを利用して儲けます。

 仮想通貨は、取引所によって微妙に価値が違います。

たとえば、同じ日でもA取引所では1万円、B取引所では9,000円の価格がつけられている場合があります。

この時、B取引所で9,000円で購入し、A取引所に送金し、A取引所で1万円で売却すれば、1,000円分が儲かります。

仮想通貨は様々な手数料が無料か格安なので、複数の口座間で仮想通貨の移動をしても手数料で生み出した利益が減りにくいことを利用した方法です。

複数の取引所の値動きをチェックする必要があるため、時間に余裕がないと難しい方法だと言えます。

仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

アービトラージについて詳しく知る

アービトラージは儲からない?やり方やメリットを徹底解説!

5.マイニング

仮想通貨(暗号資産)で儲かる方法!5つの仕組みをご紹介

マイニングとは「採掘」という意味で、仮想通貨では「取引の検証と承認で報酬(仮想通貨)を得ること」を指します。

 行われた取引が正しいかどうかを検証し、一番最初に承認した人・組織に仮想通貨が報酬として支払われます。

支払われる報酬はそれほど多くないですが、競争に勝てればマイニングだけで多くの仮想通貨が得られます。

しかし、ビットコインなどの主要な仮想通貨のマイニングには、多くの企業が参入しているため、個人で稼ぐのは難しいでしょう。

マイニングは、非常に高度な計算をし続ける必要があります。高性能のパソコン(マイニングマシン)をずっと稼働させておくため、多くの電気代がかかってしまいます。

かかる電気代とマイニングで得られる利益を差し引きして、利益になるかどうかを考えなければなりません。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

仮想通貨は儲かる可能性あり!取引を始めるメリット

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨取引のメリット
  • ボラティリティが広く利益が出やすい
  • 24時間365日取引ができる
  • 少額から取引可能
  • 下落相場でも利益を出せる
  • 将来性に期待できる
  • 決済手段としても広がる可能性

ボラティリティが広く利益が出やすい

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨は非常に値動きが大きく、ボラティリティが広いです。そのため、取引がうまくいけば、他の投資商品に比べ大きな利益を得られる可能性があります。

 さらに、2倍のレバレッジを掛けた取引を行っている場合、利益を現物取引の2倍にすることもできます。

このように、短期間で大きな利益を得られる可能性があるのは、仮想通貨の大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、損失が出るときにもマイナスが2倍になるため、ボラティリティの広さがデメリットになることもあり得ます

24時間365日取引ができる

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨は24時間365日取引できるというメリットがあります。FXは平日にしか相場が動いておらず、株式は日中の6時間程度しかリアルタイムの取引ができません。

一方、仮想通貨は相場がストップする時間が無いため、好きな時に売買を行えるのです。

 もちろん、仮想通貨取引所のシステムも原則24時間365日動いており、好きなタイミングで利用できます。

そのため平日に忙しい方でも、仮想通貨であれば、土日にスキャルピングやデイトレードなどの短期取引を行えます。

土日にスキャルピングやデイトレードを行いたい場合、仮想通貨の存在はありがたいものになるでしょう。

少額から取引可能

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨は非常に小さな金額で取引が可能です。株式の取引であれば、最低10万円以上は無いと購入できる商品が非常に限られてしまいます。

一方、仮想通貨は最低購入単位が非常に小さく定められており、1000円未満からの購入が可能です。

 取引所によっては、「0.00000001 BTC=1 Satoshi」から購入できることも。この場合、最低購入金額は1円~になります。

そのため、資金状況に応じて、無理の無い範囲から投資を始めることが可能です。

また、値動きが大きいため、少額の運用でもある程度大きな利益に繋がる可能性がある点も、仮想通貨のメリットと言えるでしょう。

下落相場でも利益を出せる

仮想通貨取引のメリット

レバレッジを効かせた取引ができる「仮想通貨FX」では、売りから入るトレードを行えます。

補償金を担保にすることで、実際は仮想通貨を持っていなくとも、売りから取引をスタートできるのです。

 現物取引では、安い価格で買い、高い価格で売る以外に利益を出す方法はありません。しかし、仮想通貨FXなら下落相場でも利益を出せます。

そのため、相場状況に応じ、売りと買いを柔軟に使い分けできるのが、仮想通貨の一つのメリットと言えるでしょう。

仮想通貨には定期的に暴落する局面が訪れます。その際にうまく売りから取引を開始できれば、かなりの利益を獲得できるでしょう。

将来性に期待できる

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨には、将来性に期待できるという大きなメリットがあります。現在、様々な通貨が国家や大企業からその価値を認められ、実用化への道を進んでいます。

例えば、ビットコインは米国でETFが承認され、他のアルトコインも様々な分野で利用され始まっています。

 一例として、イーサリアムは分散型アプリ(dApps)作成などの分野で、すでに広く使われています。

このように、ビットコインや主要アルトコインが、広く実用化され始まっているのです。そのため有望な仮想通貨は、長期的に需要が増え、価格が上がっていく可能性も高いと言えます。

ブロックチェーンの分野の発展はまだまだ始まったばかり。これから伸びていく可能性が高く、長期的な値上がりが期待できるのです。

決済手段としても広がる可能性

仮想通貨取引のメリット

ビットコインを初めとした仮想通貨は、決済の手段として広がる可能性もあります。2021年の象徴的な出来事として、ビットコインがエルサルバドルで法定通貨になったことが挙げられます。

 一つの国がビットコインを法定通貨として受け入れたことは、仮想通貨の拡大を象徴する出来事と言えるでしょう。

また、国内でも様々な企業がビットコインでの支払いを受け入れています。ビットコイン決済を採用している店舗の大部分は個人経営のお店ですが以下のような大企業でも使用可能になっています。

ビットコイン決済を利用できるお店
  • HIS
  • 湘南美容クリニック
  • ソフマップ
  • サマンサタバサ
  • ビッグカメラ

 

このように、多数の人が名前を知っている大企業もビットコイン決済を受け入れているのです。今後もビットコインの利用が広がっていけばますます価格が高まる可能性もあるでしょう。

仮想通貨が決済手段として採用される機会は、今後さらに増えていくことでしょう。

仮想通貨で儲かる最適なタイミングはいつ?

仮想通貨(暗号資産)で儲けるためには、適切なタイミングで仮想通貨(暗号資産)を売却する必要があります。

では、どのようなタイミングが最適なのでしょうか。ここでは、売却する際の2つのタイミングをご紹介します。

1.仮想通貨のアップデート

仮想通貨(暗号資産)で儲けるために最適なタイミングはいつ?

仮想通貨(暗号資産)はデジタルのお金です。取引も全てデジタルで行われます。

仮想通貨の仕組みはブロックチェーンが採用されており、このブロックチェーンの信頼性の高さにより仮想通貨の価値が担保されていると言っても良いでしょう。

ブロックチェーンとは?
参加者全員が同じ仮想通貨の取引データを持つ仕組みのこと。データを改ざんするためにはすべてのデータを書き換える必要があるため、ほぼ不可能と言われている。取引データは誰でも閲覧できるため、透明性も高い。

このような仮想通貨のシステムアップデートが、今後も行われていく可能性が高いです。画期的なシステムのアップデートがあれば、将来性が期待され仮想通貨の価値が上がる傾向にあります。

常に仮想通貨に関する最新の情報をチェックしておきましょう。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

2.新しい通貨の上場や将来的に有望なニュース

重要な取引所に新しい通貨が上場する時にも、仮想通貨の価格が上がる可能性があります。また、新たな決済手段として採用される、規制が緩和されるなどのニュースも要チェックです。

仮想通貨が将来的に利用されると予想できるニュースが発表されると、仮想通貨の価値が上がる可能性があります。

仮想通貨自体に関するニュースももちろんですが、仮想通貨全体についての最新情報も入手できるようにしておきましょう。
仮想通貨取引を始めるなら必見!

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

初心者向け|500円からできる仮想通貨の買い方

仮想通貨取引を今から始める初心者の場合、「まず仮想通貨の買い方が分からない…」という方も多いでしょう。実は難しいことはなく、簡単4ステップで購入することができます。

用意する資金は500円程度で大丈夫!少額から始められますよ。
仮想通貨の買い方【4ステップ】
  1. まずは仮想通貨取引所を選ぶ
  2. 仮想通貨取引所で口座開設
  3. 開設した口座に日本円を入金
  4. 取引所で仮想通貨の銘柄を選んで購入

口座開設は最短即日もしくは2〜3日で完了するのが一般的です。開設後はコンビニや銀行、各取引所アプリの指定振込先に購入資金を入金します。

もちろん口座開設にお金がかかることはありません。

購入する銘柄は、今後の将来性が期待できるものを選びましょう。

 おすすめはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、エイダ(ADA)、ライトコイン(LTC)などです。

本記事で紹介している取引所では上記以外の銘柄も豊富に取り揃えています。セキュリティ面も日々強化されているため、購入した仮想通貨はしっかり守れます!

まずは取引所を選んでみましょう。

おすすめの仮想通貨取引所5選

仮想通貨取引をするにあたり、おすすめの取引所を厳選して紹介します。ご紹介するどの取引所も、金融庁の許可を得た取引所なので、安心して利用できるでしょう。

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
BITPOINT
ビットポイント
bitFlyer
GMOコイン
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
BITPOINT
bitflyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
2倍
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

500円〜
0.00000001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

取引通貨数
17種類
15種類
11種類
15種類
20種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)

※1 BitMatch取引手数料を除く
※2 DMM bitcoinキャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 国内最多17種類の仮想通貨を取り扱っている
  • 約500円〜でビットコインが買える
  • 最短5分で取引開始可能
  • 取引所の手数料0円
  • 国内で仮想通貨取引アプリダウンロード数No.1

Coincheckは、500円からビットコインを購入でき、少額からスタートできるため、初心者におすすめの取引所です。

 Coincheck貸仮想通貨サービスを提供しており、レンディングが可能な数少ない取引所でもあります。

最大年率は5%でCoincheckが扱っているすべての通貨で利用可能です。トレードする時間がない、安定して儲けたいと言う場合には、Coincheck貸仮想通貨サービスを活用してみてはいかがでしょうか。

月々1万円から積み立て投資も可能なので、初心者でも安定して仮想通貨投資が可能です。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】
銀行振込(日本円):無料
※振込手数料はお客様負担
コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円

クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
日本円出金:407円

【販売所手数料】
取引手数料:無料
手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

キャンペーン
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

出典:コインチェック公式

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら新規口座開設でもれなく2,000円プレゼント※1
  • 最短1時間で取引開始可能※2
  • レバレッジ取引の取扱数が国内No.1※公式より
  • 土日祝日を含む365日サポート対応
  • 使いやすいアプリで初心者でも直感的に操作できる
  • オークション方式によるハイブリッド注文でコストが抑えられる
  • 24時間の監視体制で徹底したセキュリティ

※1:キャンペーン期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分
※2:7:00〜22:00の間に『スマホでスピード本人確認』を利用した場合。

DMM Bitcoinは、テレビCMも頻繁に放送され、比較的知名度の高い取引所です。12種類の仮想通貨を取り扱っており、取引ツールも使いやすくサービス内容は充実しています。

 口座開設も非常にスピーディで、登録は5分程度しか時間がかかりません。

また、本人確認もスマートフォンのカメラででき、最短1時間程度で口座開設できます。※2

早ければその日のうちに取引を開始できるので、今すぐ試してみたいという人におすすめです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

取扱数 12種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) クイック入金:無料
振込入金:無料
出金・出庫:無料
取引手数料:無料 ※BitMatch取引手数料を除く
キャンペーン 新規口座開設完了で全員にもれなく2,000円をプレゼント!
期間:2021年12月1日(水)7時00分~2022年4月1日(金)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

出典:DMM Bitcoin公式

BITPoint

BITPOINT

BITPointのおすすめポイント
  • ADA(エイダ)・JMY(ジャスミー)・TRX(トロン)などの取引が可能
  • 今なら口座開設完了で3,000円相当のJMYがもらえる!他にもキャンペーン多数開催中
  • 最短5分で簡単登録。最短で当日から取引開始
  • 500円以下から取引ができるので初心者におすすめ

BITPointのおすすめな点は、国内ではかなり珍しいアルトコインが取引できることです。ADA・JMYは海外で人気の通貨ですが日本ではBITPointにしか上場していません。

 また本人確認書類を用意しておけば、最短5分で登録ができ、早ければ当日から取引をはじめられるのもBITPOINTの魅力です。

500円以下の少額から取引ができるので、初心者にとっておすすめの取引所と言えるでしょう。

現物取引・レバレッジ取引・レンディングなどすべて対応しているので、オールマイティーに使える取引所となっています。
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

取扱数 10種類
口座開設スピード 最短当日
手数料(税込) 即時入金手数料:無料
口座開設手数料:無料
出金手数料:無料
暗号資産(仮想通貨)送付手数料:無料
取引所手数料:Maker0.00%/Taker0.00%
主なキャンペーン 口座開設で3,000円相当のJMYプレゼントキャンペーン

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

bitFlyer

ビットフライヤー

bitFlyerのおすすめポイント
  • 6年連続ビットコイン取引量国内No.1※1
  • 100円から少額取引が始められる
  • T-POINTをビットコインに交換できる
  • 最短即日で取引スタート可能※2
  • シンプルな取引画面で使いやすいアプリ
  • 安全なコールドウォレットで100%保管

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2クイック本人確認を利用した場合。

bitFlyerは、100円という少額から始められる初心者におすすめの取引です。仮想通貨はビットコインやリップル、イーサリアムなど全部で15種類扱っています。

 T-POINTをビットコインに交換できるのも特徴です。

普段からT-POINTを貯めている人なら、仮想通貨を手軽に増やせるので非常におすすめです。

アプリが使いやすく、かんたんな操作でいつでもどこでも取引できる手軽さも、bitFlyerの魅力と言えるでしょう。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) アカウント作成手数料:無料
アカウント維持手数料:無料
販売所全通貨売買手数料:無料
ビットコインFX取引手数料:無料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%
キャンペーン

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFlyer公式

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 2021年オリコン顧客満足度No.1※1
  • 最短10分で取引開始も可能※2
  • レバレッジ取引可能な仮想通貨数No.1
  • GMOインターネットグループのノウハウでサイバー攻撃対策も万全
  • 各種手数料(即時入金・出金・暗号資産の預入/送付)が無料

※1:2021年オリコン顧客満足度調査 暗号資産取引所現物取引
※2:「かんたん本人確認」で9:00~24:00(メンテナンス時を除く)に申し込んだ場合のみ。

GMOコインは即時入金に対応しているため、急な相場変動でも安心です。送付手数料や即時入金手数料など、各種手数料が無料となるため、コストを抑えて取引できるのも大きなメリットになります。

 取り扱っている仮想通貨も13種類と豊富なので、ビットコイン以外の仮想通貨を試してみたいという人にも良いでしょう。

また、「つみたて暗号資産」というサービスを展開しています。毎月または毎日、決まった金額の仮想通貨を自動で購入できるサービスです。

少額から始められ、つみたて手数料も無料なので、初心者に特におすすめです。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

取扱数 16種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) 即時入金手数料:無料
口座開設手数料:無料
出金手数料:無料
暗号資産(仮想通貨)送付手数料:無料
取引所手数料:Maker-0.01%/Taker0.05%
主なキャンペーン

①:暗号資産の購入で毎日10人に現金1,000円が当たる
②:600万円以上の新規取引が対象!暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる
③:取扱銘柄数No.1記念!暗号資産の預入で現金1万円が当たる!

①②:期間:毎日6:00〜翌5:59、終了時期未定
③:2022年1月26日〜2022年2月23日

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

出典:BITPoint公式

仮想通貨で儲かる取引のコツ

仮想通貨にはさまざまな稼ぎ方がありますが、初心者にとってはハードルが高いと感じることもあるでしょう。

仮想通貨で儲けるためには、以下で紹介するコツを知っておくことが大切です。自分に合った稼ぎ方を身につけて、効率よく稼いでいきましょう。

取引のコツ3つ
  • 価格の分析を行う
  • 少額の取引から始める
  • マイナーな通貨には手を出さない
  • 分散投資をする
  • 複数の取引所に口座開設する

価格の分析を行う

仮想通貨で儲かる取引のコツ

価格の分析をする手法には、初歩的なものから高度なものまでさまざまな方法があります。

ここでは、多くの投資家に活用されている2種類の手法を紹介します。

①テクニカル分析

テクニカル分析とは、チャートをさまざまな指標などをもとに分析する手法です。

 過去の値動きを記したチャートからさまざまなパターンを読み取ることで、今後どのように動くかを予測します。

テクニカル分析は仮想通貨だけでなく、株やFXの世界などでも使われている有名な手法であるため、名前を聞いたことがあるという方も多いでしょう。

過去のチャートをベースにしているので、相場や経済についての知識がなくても把握しやすいですが、覚えることも多いです。

②ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズ分析は、情報をもとにして価格の分析を行う手法です。

 景気動向や財務状況などをもとに価格を分析し、その後の動きを予想します。

仮想通貨の価格が大きく動いた際には、ファンダメンタル分析をすることで、価格変動の原因を理解できる可能性が高くなります。

その一方で、デマやフェイクニュースに騙されないよう、信用できる情報を見つけることが大切です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

少額の取引から始める

仮想通貨で儲かる取引のコツ

短期間で稼ごうとして、初心者がいきなり高額な金額を仮想通貨に投資することはおすすめしません。

なぜなら、仮想通貨は、FX以上に価格の変動が激しい通貨だからです。焦らず、まずは少額取引から始めるようにしましょう。

 過去には、1日のうちで50%以上の価値が下落する、20%以上価値が上昇する、などということもありました。

価格変動が激しい相場であるため、慣れないうちから高額の投資をしてしまうと、大きな損失を抱えることになってしまいます。

レバレッジ取引を行うケースでは、突発的な価格の変動で一気にロスカット処理されてしまうこともあるでしょう。

相場に慣れるまでは、少額取引で様子を見るのがおすすめです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

マイナーな通貨には手を出さない

仮想通貨で儲かる取引のコツ

現在、仮想通貨(暗号資産)の種類は3,000種類以上あると言われています。

その中には、ビットコインのような知名度のあるものから、聞いたことのないようなマイナーなものまでさまざまな仮想通貨があります。

 初心者には、取引高の少ない仮想通貨を購入するのはおすすめできません。マイナーな通貨は期待もある分、リスクも高いからです。

取引高が少ないということは、少ない取引量で相場が変動するということを意味します。

マイナー通貨は、知名度のある仮想通貨よりも急激な価格変動のリスクがあるのですね。

また、仮想通貨取引で儲かるには銘柄ごとの将来性を見極めることも重要です。とはいってもなかなか今後の動向はハッキリつかめないもの。

仮想通貨取引をしている方(過去にしていた方)は今どの銘柄に期待しているのでしょうか?当サイトの独自アンケートでは以下のような結果が得られました。

Q.今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)

上位5つの銘柄をグラフで紹介

仮想通貨 将来性が期待できる銘柄

今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?※2人未回答
BTC(ビットコイン) 104人
ETH(イーサリアム) 19人
ETC(イーサリアムクラシック) 14人
XRP(リップル) 11人
LSK(リスク) 5人
その他 66人
※その他の内訳
・XEM(ネム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・FCT(ファクトム)
・LTC(ライトコイン)
・MONA(モナコイン)
・XLM(ステラルーメン)
・ENJ(エンジンコイン)
・OMG(オーエム ジー)
・LNK(リンク)
・IOST(アイオーエス ティー)
・その他
・わからない

アンケートの結果、「ビットコイン」の今後に期待している方が最も多いことが分かりました。

ビットコインを選んだ理由(一部紹介)
  • メジャーであるし、多くのユーザーが利用しているから
  • メインの通貨だから
  • 一番信頼性が高いから
  • 実績があり世界に通用する通貨と感じるから
  • 一番有名だから

理由として目立ったのは、やはり”知名度”です。

これから仮想通貨取引を始める方は、ある程度聞いたことのある銘柄から購入してみるのも手ですね。

取り扱い通貨数 国内No.1を誇るコインチェックなら、知名度が高い・将来性が期待できる銘柄で取引ができます!

人気のビットコインも500円〜の少額から購入できるのでおすすめです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

分散投資をする

いろんな暗号資産に分散投資

仮想通貨で儲かるためには分散投資をするのも1つの方法です。1つの通貨だけに1点張りしてしまうと、暴落したときに大きな損失が出てしまいます。

しかしあらかじめ分散投資しておくことで、片方が下がったとしても、もう片方が上がる可能性があるのでバランスを保つことができるのです。

 分散投資をするときは、銘柄を種類別に分けて投資するのがおすすめです。

例えば「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」はもともと同じ通貨が分岐して生まれたものなので、性質としては似ています。分散投資する意味は少ないでしょう。

それよりも全く種類の違う「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」などに分けて分散投資するのが良いでしょう。また最近ではメタバース銘柄・NFT銘柄・Web3.0銘柄も話題です。

メタバースやNFTと親和性の高いエンジンコインや、Web3.0の代表ベーシックアテンショントークンなどに分散投資もおすすめです。

複数の取引所に口座開設する

儲かるためのもう一つの方法が複数の取引所に口座開設をしておくことです。複数口座開設するメリットはたくさんあります。

例えばスプレッドは日時や取引所によって異なるので、口座を複数開設しておくことで毎回手数料を抑えたベストな取引を行うことができます。

 また前述した取引所の価格差を利用して儲けを出すアービトラージをするためにも、複数取引所の口座開設は欠かせません。

トレードだけでなく、アービトラージも戦略に入れることで儲けを確実に積み重ねていけるでしょう。

特定の取引所でしか扱ってない通貨もたくさんあるので、複数口座開設しておけば、いろんな通貨に投資できるのもメリットですね。

口座開設でキャッシュバックキャンペーンを行っている取引所も多いので、お得に仮想通貨投資を始められます。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨で「億り人」もありえる?

億万長者の1万円札

投資家の母数から見れば少数ですが、過去に仮想通貨で「億り人」になった人はたくさんいます。2022年からはじめて、「億り人」になる人も今後誕生するでしょう。

ただし仮想通貨で「億り人」を目指すなら、以下の点を把握しておきましょう。

仮想通貨で「億り人」を目指す注意点
  • 仮想通貨には税金がかかる
  • 資産を億にしたいなら、倍稼ぐ必要がある
  • 「億り人」の中には含み益の人が多く、売却タイミングを逃している人も多い
  • 億り人を目指すなら少しマイナーな通貨を選ばざるをえない
  • 情報収集を怠らない
  • 今はバブルが一段落しているので狙い目
  • 余剰資金で投資することが大事

仮想通貨には税金がかかる

仮想通貨で利益が出た場合、税金が発生します。細かい税金の計算方法は後述しますが、仮想通貨の税金は稼げば稼ぐほど税率が高くなっていきます。

また大きく利益を出したあと税金が払えずに借金を抱えてしまう方や、税金を支払うため仕方なしに利確する方もおられます。

 仮想通貨で「億り人」を目指すのなら、はじめに税金についてしっかり勉強しておきましょう。

正しく税金を支払わなかった場合は課税がありますので、個人法人かかわらず、しっかり申告しておきましょう。

ちなみに確定申告が必要になるのは、年間20万円を超える雑所得を得た場合のみとなります。

資産を億にしたいなら、倍稼ぐ必要がある

ブロックを積む

前述したように仮想通貨には税金がかかります。4,000万円以上の利益がでていた場合、税率は45%かかります。

つまり仮想通貨で1億円の利益が出ていても、45%の所得税率が適用され、住民税に一律10%が加算されるので、利益の半分以上は税金で消えてしまいます。

 仮想通貨で資産「1億」を目指すのなら、倍の2億円稼ぐ必要があるのです。

もちろん申告せずに見つかった場合、追徴課税を受け、納める額の20〜40%が無申告加算税として加算されます

無申告が多額の場合、逮捕される場合もあるので、大きな利益が出たからといって散財するのではなく、必ず税金を頭に入れておきましょう。

※出典:仮想通貨で儲けた「億り人」が味わう納税地獄 -東洋経済

「億り人」の中には含み益の人が多く、売却タイミングを逃している人も多い

TwitterやInstagramなどのSNSで「仮想通貨で億を稼いだ」と発言している人を見ることも多いと思います。

しかしその中には「含み益」のことを「稼いだ」と言っているだけで、利益確定していない人も多くいるので注意しましょう。

含み益とは?
通貨が投資した価格より上昇している状態。売却すれば利益が出る状態ではあるが、利益確定はしていない。

つまり一時的に「億り人状態」にはなっているが、「まだまだ価格上昇する」と判断を誤り、売却タイミングを逃してしまった方も多くいるのです。

もちろん再び価格上昇して最高値更新する可能性もありますが、下落する相場に我慢できず利確や損切りしてしまう方も多いのです。最終的に円で持ち帰らなければ意味はありません。

投資の世界でよく言われる「含み益は幻、含み損は現実」という言葉を、忘れないでおきましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

億り人を目指すなら少しマイナーな通貨を選ばざるをえない

ビットコインとマイナーアルトコイン

巨額の資金を持っている方は別ですが、少額資金で億り人を目指すなら少しマイナーな通貨を選ばざるをえません。

2022年1月現在ビットコインの価格は400万円台ですが、、ビットコインの過去最高値が780万円です。 仮に今から800万円まで上昇したとしても2倍、1,200万円に上昇しても3倍です。

 最初の資金が1,000万円あっても、2倍で2,000万円にしかなりませんし3倍でも3,000万円です。仮にレバレッジ2倍をかけていたとしても6,000万円にしか届きません。

もちろん上昇中に何度も細かいトレードを繰り返し、資産をどんどん積み上げていくならビットコインでも億り人を目指せますが、投資初心者には現実的な方法ではありません。

今後4倍以上まで上昇するであろう通貨に先行投資した方が、億り人に届く可能性は高いでしょう。

ただし「儲かる取引のコツ」でも解説したようにマイナー通貨は安定性に欠け、大きく損をする可能性もあるので注意が必要です。

情報収集を怠らない

情報と書かれた虫眼鏡

億り人を目指すなら、情報収集も大事です。仮想通貨はボラティリティが高いので大きく損をしやすい投資ですが、一方でパターンもいくつかあります

例えば仮想通貨のアップデートやイベントなどが開催されるときは、発表後から価格上昇していき、イベント前後で下降していきます。

 またトークンのエアドロップがある場合は、通貨を保有してスナップショットをとる必要があるので、価格が上昇しやすいです。

2021年11月にスナップショット時にOMGを保有で、BOBAトークンがもらえるエアドロップがありましたが、告知してから高騰し過去最高値を更新、スナップショット後には大きく下落しました。

もちろんこれらは必ず利益を上げられるものではありませんが、勝率は高いので、普段から情報を集めるようアンテナを張っておきましょう。

もらえるお金は確実に貰いコツコツと利益を積み重ねていくことが億り人に近づく方法です。

今はバブルが一段落しているので狙い目

ビットコインのバブル崩壊

2022年1月25日現在、仮想通貨全体は下落しています。2020年〜2021年にかけて大きな盛り上がりを見せていましたが、そのバブルは一段落しており、今後の行方が分からない状態です。

このまま下がり続け、仮想通貨自体が電子ゴミになってしまう可能性も0ではありませんが、年単位の長期で見た場合 いずれまた復活する可能性は高いでしょう。

 しばらくはレンジ相場が続くが再びメジャー通貨が過去最高値を更新していくであろうと予想する投資家は多いです。

ですので価格が安い間に仕込んでおくのも「億り人」を目指す上で重要な考え方の1つでしょう。多くの投資家が「もう上がらない」と予測したときこそ、投資するタイミングです。

ただしこれから仮想通貨に冬の時代がやってくるという意見もあります。投資するタイミングはしっかり考えましょう。

※出典:仮想通貨に「冬の時代」がやってくる…UBSのアナリストがそう考える理由とは -BUSINESS INSIDER

余剰資金で投資することが大事

最後に億り人を目指す上で最も重要なポイントが「余剰資金で投資する」ことです。余剰資金なんかで投資していたら億り人なんて絶対無理と思うかもしれません。

しかし大きな額を投資したからといって必ず儲かるわけではありません。

 そればかりか精神的な余裕がなくなるので思考も奪われ、損失や借金が膨らむ可能性もあります。

大金がなくなったり借金ができてしまうと、ますます億り人から遠ざかってしまうでしょう。余剰資金で投資をすることが億り人に近づく最も有効な方法なのです。

ロットを上げすぎない、レバレッジをかけすぎないよう注意してください。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨で儲けた場合の税金は?

仮想通貨で利益が20万円を超えた場合(主婦や学生など扶養されている方は33万円以上を超えた場合)、確定申告が必要になります。

仮想通貨は「雑所得」に分類され、他の所得と合算して計算する総合課税の対象です。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで

10%

97,500円

3,300,000円 から 6,949,000円まで

20%

427,500円

6,950,000円 から 8,999,000円まで

23%

636,000円

9,000,000円 から 17,999,000円まで

33%

1,536,000円

18,000,000円 から 39,999,000円まで

40%

2,796,000円

40,000,000円 以上

45%

4,796,000円

出典:https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/2260.htm

仮想通貨の取引をする際のリスク

仮想通貨(暗号資産)の取引をする際の注意点

仮想通貨(暗号資産)の取引をするにあたって、下記3つのリスクに注意しながら取り組みましょう。

仮想通貨取引におけるリスク
  1. 相場の変動が大きい
  2. サーバーダウンやシステムトラブルの可能性
  3. 資産盗難・詐欺被害の可能性

1.相場の変動が大きい

仮想通貨は相場が変動しやすいため利益を得られる反面、損失も大きいとも言えます。

相場が高くなったり下がったりが激しいと取引をする方が殺到することから、成立しにくくなるリスクもあるため注意が必要です。

複数の仮想通貨を購入して分散投資することでリスクの軽減に繋がります。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

2.サーバーダウンやシステムトラブルの可能性

仮想通貨(暗号資産)の取引をする際の注意点

仮想通貨はネット上で取引をするため、サーバーダウンシステムトラブルが発生する可能性は否定できません。仮にトラブルが発生すると取引ができなくなり、結果として大損失を生む場合があります。

 なるべく複数の取引所を使いリスクを分散させるのがおすすめです。

各取引所の多くは口座開設・維持が無料のため、複数の口座を持つことに大きなデメリットはありません。

金融庁に認可されている取引所はセキュリティが充実しており、安心して利用できるでしょう。

3.資産盗難・詐欺被害の可能性

サイバー攻撃などでIDやパスワードなどの個人情報が漏洩すると、なりすましたハッカーなどによって資産を引き出されてしまう場合があります。

 仮想通貨取引に使うパソコンにセキュリティ対策を導入したり、IDやパスワードを流用しないことも大切です。

また、仮想通貨に関する詐欺被害も多数報告されています。

「必ず値上がりする仮想通貨がある」と嘘の情報でお金を騙し取ったり、SNSで有名企業との関連があると嘘の情報でお金を集めたりなど、詐欺の内容はさまざまです。

「仮想通貨なら絶対に儲かる」といった誘い文句は嘘!鵜呑みにしないよう気をつけましょう。

仮想通貨を購入する際には、確かな情報なのかをきちんと確認してから、金融庁に許可されている取引所で口座を開設するのがおすすめです。

各取引所の公式ホームページではセキュリティについて紹介されているため、ぜひ事前にチェックしておいてください。

セキュリティ強化に力を入れてる

コインチェックで
口座開設をする(無料)

仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート調査

アンケートに回答

今から仮想通貨に投資しようと考えている方にとって、すでに投資をしている方の「投資を始めたきっかけ」や「口座数」「メインで使用している取引所」など気になりますよね。

なかなか多くの投資家に聞いてまわれることではないので、投資をスタートする際に参考になることも多くあるでしょう。

今回は以下の項目でアンケートを取りました。それぞれの結果を見ていきましょう。

Q1.仮想通貨(暗号資産)投資を始めようと思った最も大きな理由・きっかけはなんですか

仮想通貨(暗号資産) 始めた理由・きっかけ

仮想通貨(暗号資産)投資を始めた理由 割合
単純に興味があったから 34.7%
仮想通貨の将来性に期待しているから 20.5%
知人や家族に勧められたから 17.4%
テレビCMやネット広告を見て 12.8%
覚えてない 7.3%
新型コロナの影響 5.5%
その他 1.8%

仮想通貨を始めたきっかけとして最も多かったのは「単純に興味があったから」で34.7%の方が回答しました。

「知人や家族に勧められたから」や「テレビCMやネット広告を見て」を選んだ方も多いので、仮想通貨の話題を目にすることや耳にすることが多くなり興味が湧いた方が多いようです。

 これらは仮想通貨が盛り上がっていることを裏付けるデータとも言えるでしょう。

最近はSNSやYouTubeで仮想通貨の話題をよく見かけるので「自分もやってみたい」と考える方も多いようです。

また注目ポイントは2位の「仮想通貨の将来性に期待しているから」で、20.5%の方が回答しています。

仮想通貨で利用されているブロックチェーン技術は、今までの法定通貨にはなかった画期的な仕組みです。非中央集権のためユーザー同士で管理でき透明性が高い。

送金速度は速く、手数料も安いので個人間送金や海外送金としても優秀。このような仮想通貨に将来性を感じ、先行投資としてはじめた方も多いようです。

仮想通貨のプラットフォームは、様々な国や企業のサービスでも使用されており、今後も増えていく可能性は高いでしょう。

Q2.開設した国内仮想通貨取引所の口座数は何社ですか?

仮想通貨(暗号資産)取引所 口座開設数

口座開設した仮想通貨取引所の数 割合
1社 54.3%
2社 26.9%
3社 11.0%
5社以上 5.0%
4社 2.7%

口座開設した仮想通貨取引所の数は、半数以上の54.3%が「1社」と回答しました。半数の人は取引所を用途別に使い分けておらず、1社のみにしているようです。

アプリが増えるのが嫌、分けると資金管理が面倒で嫌、そもそも複数利用するメリットが分からないという方も多いでしょう。

 大手のコインチェックやbitFlyerなどに口座開設すれば、多くの仮想通貨に投資できるので、1社で十分と満足している方もいるかもしれません。

逆に45%以上の方は2社以上口座開設していることがわかりました。

複数あることで、戦略分散、分散投資、手数料によって使い分けるなど様々なメリットがあるので、仮想通貨投資に慣れてきた人ほど取引所の数が多い印象を受けます。

4社以上に登録していると回答した方も8%近くおられました。

Q3.メインで利用している国内仮想通貨取引所はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)また、過去に取引を行っていた方は当時メインで利用していたものをお選びください。

仮想通貨(暗号資産)取引所 メイン

メインで利用中/利用していた取引所 割合
bitFlyer 26.9%
コインチェック(Coincheck) 21.0%
GMOコイン 17.4%
DMM Bitcoin 11.9%
BITPoint 3.7%
楽天ウォレット 3.7%
bitbank 3.2%
SBI VC トレード 3.2%
LINE BITMAX 0.9%
Zaif 0.9%
その他 7.3%

メインで利用している国内仮想通貨取引所のトップは26.9%で「bitFlyer」でした。次点で21.0%コインチェック、17.4%GMOコイン、11.9%DMM Bitcoinとなっています。

はじめに仮想通貨がブームになったのは2017年〜2018年1月上旬ですが、DMM Bitcoinは2018年1月に運営開始したため、最初のブームには関わっていません。

 またGMOコインがイーサリアムなどのアルトコインを扱いだしたのも2017年9月以降です。

仮想通貨最初のブーム時に「コインチェック」や「bitFlyer」で口座開設をし、そのままメインで使い続けている人も多いのかもしれません。

またコインチェックはマネックス運営で、国内最多の取り扱い通貨数というメリットが、bitFlyerはTポイント投資やレバレッジができるメリットがあるので、投資家から人気と言えます。

4社とも大手企業が関わっているので、安心感があるのも人気の高い理由の1つでしょう。

Q4.周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所はどれですか?(複数回答可)

おすすめしたい仮想通貨(暗号資産)取引所

周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所 人数
bitFlyer 63人
コインチェック(Coincheck) 53人
GMOコイン 51人
DMM Bitcoin 34人
楽天ウォレット 18人
SBI VC トレード 17人
bitbank 16人
BITPoint 14人
LINE BITMAX 14人
Zaif 12人
その他 5人

周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所も「bitFlyer・コインチェック・GMOコイン・DMM Bitcoin」の順に人気で、メインで利用している国内仮想通貨取引所との差は見られませんでした。

これは多くの人が、今利用している取引所に満足しており、周りにもおすすめしたいと考えているからでしょう。

 複数の取引所を利用した結果、本当におすすめしたい1社とも言えるかもしれません。

また楽天ポイントが使える『楽天ウォレット』、SBIグループと連携できる『SBI VC トレード』、LINEからログインできる『LINE BITMAX』なども人気です。

楽天・住信銀行・LINEなどはユーザーが多く、生活圏を変えることなく取引所利用できるので、おすすめしやすいのだと思います。

bitbankやBITPOINは他社にないアルトコインを取り扱うなど差別化を図っているので、今後人気が出てくる可能性もあるでしょう。

アンケート調査の概要

調査概要 仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者 仮想通貨(暗号資産)取引経験のある20歳以上の方
調査対象者数 221名(男性167名 女性54名)
調査実施期間 2021年12月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

仮想通貨についてよくある質問

おすすめの仮想通貨取引所は?
DMM BitcoinGMOコインCoincheckなどが挙げられます。多くの仮想通貨の種類を扱っていることや手数料が無料・または格安であるメリットがあります。また、使いやすいツールを提供している点も魅力です。金融庁に認可されている取引所のため、安心して取引ができるでしょう。
仮想通貨は儲かる?
仮想通貨は儲かる可能性が十分にある投資だと言えるでしょう。理由として、過去に価値が急激に高騰し、利益が数倍に膨れ上がった経緯が挙げられます。また、株やFXと違い値動きの幅が大きいため、比較的利益を得やすい取引です。
仮想通貨で儲かる仕組みは?
利益を生む仕組みとして、仮想通貨の相場が高騰することが挙げられます。安い金額で購入をして、後に高騰したタイミングで売却することで利益を得る仕組みです。価値は日々変わるため、常に情報収集する必要があります。
仮想通貨はマイニングでも儲かる?
マイニングとは、取引を検証して承認する競争に勝ち、仮想通貨をもらうことで儲ける方法です。24時間365日パソコンを稼働させ、マイニングをする専用のソフトを用意しなければならないため、非常に多くの電気代がかかります。主要な仮想通貨のマイニングは大手企業が参入しているので、競争に勝つことは難しいです。
仮想通貨取引をする際の注意点は?
仮想通貨は相場の変動が大きいため、高騰により多くの利益を得られる可能性がある反面、大きな損失を生む場合もあります。また、システムトラブル等の危険性もあるため、複数の取引所で口座を開設し、リスクを分散するなどの対策が必要です。
仮想通貨でおすすめの種類は?
ビットコインが有名で、価値の高騰もしやすいと言われています。また、ビットコインで買い物をできるなど、将来性にも期待でき、今後価値が高まるとも予想されます。

仮想通貨のメリットは?
個人間でやり取りができること、取引所での手数料は安く、コストを抑えて取引できることなどが挙げられます。また、世界共通の単位となるため、さまざまな国や地域で決済に使用できる点も仮想通貨のメリットであり魅力と言えるでしょう。

まとめ

仮想通貨は儲かる可能性も大きいですが、損失の可能性もあるので、仮想通貨に関する情報を常にチェックしておく必要があります。

なお、仮想通貨で儲ける方法は、取引以外にもマイニングやレンディング、アービトラージなどもありますが、初心者には難しい部分も多いです。

最初は余裕資金を少額投資してみて、仮想通貨に慣れるのが良いでしょう。

今からでも遅くない可能性が高いので、仮想通貨取引に参入してみてはいかがでしょうか。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事