レバレッジ取引 仮想通貨取引所

「仮想通貨の取引に慣れてきた」「仮想通貨で大きな利益を得たい」という人には、レバレッジ取引がおすすめです。

レバレッジ取引では、少ない元手で大きな金額を運用できます。現物取引に慣れてチャートを読み解けるようになったなら、ぜひチャレンジして欲しい取引です。

しかし、レバレッジ取引はハイリスクな取引のため、正確な知識を持っておく必があります。そこで今回は、レバレッジ取引についてわかりやすく解説します。

メリットやデメリットだけでなく、レバレッジ取引のやり方のコツもご紹介しているのでぜひ参考にしてくださいね。

レバレッジ取引可能!おすすめの仮想通貨取引所を比較

DMM Bitcoin
bitFlyer
GMOコイン
DMM Bitcoin
bitflyer
GMOコイン
取引所手数料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料
無料
無料
無料
レバレッジ
2倍
2倍
2倍
最低取引額

1000円〜
0.0001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

取引通貨数
19種類
15種類
20種類
キャンペーン
新規口座開設で
2,000円プレゼント※2
※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
※1 BitMatch取引の手数料を除く。その他、レバレッジ手数料、振込手数料など、一部手数料がかかります。
※2 期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分「新規口座開設完了で、全員にもれなく2,000円プレゼント!」-DMM Bitcoinより)

仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引とは?

仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引とは?

レバレッジとは「てこ」という意味です。レバレッジ取引とは、小さな金額に倍率をかけて大きな金額の取引をすることで、利益も損失も大きくなる特徴があります。

例えば、ビットコインを10万円分保有していたとします。レバレッジなし、またはレバレッジ2倍で、購入時より価格が10%〜50%上昇したときの利益は、次のとおりです。

価格上昇 レバレッジなし(0倍) レバレッジ2倍
10% 1万円 2万円
20% 2万円 4万円
30% 3万円 6万円
40% 4万円 8万円
50% 5万円 10万円

上記のように、レバレッジで取引金額を倍にできるため、同じ価格上昇率でも得られる利益は倍になります。レバレッジを掛けることで、資金効率が高まり、より多くの利益を得ることが可能です。

ここでは、具体的に現物取引とレバレッジ取引の違いを解説します。

現物取引とレバレッジ取引の違い

仮想通貨(暗号資産)のレバレッジ取引とは?

現物取引とは、自己資金でその時の相場の仮想通貨を売買することです。一方でレバレッジ取引は、自己資金にレバレッジの倍率を掛けた金額で仮想通貨を運用する方法です。

現物取引は実際の仮想通貨を決済しますが、レバレッジ取引は差金決済という方法で決済されます。

差金決済とは?
取引の結果、生じた差額の現金のみを受け渡す決済方法

差金決済では実際の仮想通貨の授受は行われません。そのため、レバレッジ取引で生じた利益は、決済してお金(例えば日本円)にすることしかできません。

 また、新規で仮想通貨を売却できる「空売り」が可能な点も特徴として挙げられます。

仮想通貨を保有していなくても価格が高い時に売り注文ができ、さらに下落したときに買い戻すことをすれば、利益を得られます。

【一覧表】現物取引とレバレッジ取引の違い

レバレッジ取引 現物取引
取引方法 預けた証拠金×レバレッジ率の金額を運用できる その時の相場と等しい金額で取引する
利益 大きい 少ない
損失 マイナスになる可能性がある ゼロ以下にはならない
空売り ×
利用方法 お金に変えることしかできない
  • お金に変えられる
  • 仮想通貨を買い物に使える

レバレッジ取引ができるおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所3選!

レバレッジ取引はすべての取引所でできるわけではありません。できない取引所もあるので注意が必要です。ここでは、レバレッジ取引ができる3つのおすすめ取引所を紹介します。

仮想通貨取引所おすすめランキングもチェック!

レバレッジ取引 仮想通貨取引所

レバレッジ取引ならこの3つの取引所!
  • DMM Bitcoin
    レバレッジ取引可能な通貨の種類が、国内No.1!※1
  • bitFlyer
    ビットコイン取引量国内No.1!国内最大級ともいえる仮想通貨取引所※2
  • GMOコイン
    口座開設が最短10分で完了※3!その日のうちに取引開始も可能

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら新規口座開設でもれなく2,000円プレゼント
    ※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 最短1時間で取引開始可能※1
  • レバレッジ取引の取扱数が国内No.1※2
  • モナコインでレバレッジ取引できる唯一の取引所
  • 24時間の監視体制で徹底したセキュリティ

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoinは、取り扱っている15種類の仮想通貨すべてでレバレッジ取引が可能な取引所です。特に日本人に需要があるモナコインでレバレッジ取引ができる唯一の取引所※3になっています。

 スマホアプリの機能が充実しており、PC版とほぼ同様の機能を備えています。

スマホアプリを利用すれば、いつでもどこでもチャートの確認が可能です。テクニカル分析も確認できます。また、申し込みから口座開設までのスピードが早いのが特徴で、最短1時間※1で口座が作れます

土日祝日を含めた365日24時間のサポート体制が魅力!LINEで手軽に問い合わせも可能です。
取扱仮想通貨数 15種類
レバレッジ取引可能銘柄数 15種類
レバレッジ率 最大2倍
取引手数料 無料※BitMatch取引手数料を除く
レバレッジ手数料 ポジション金額の0.04%/日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
レバレッジ最低注文数量 0.0001BTC
テクニカル分析機能の有無
  • アプリ版:あり
  • PC版:あり
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

出典
DMM Bitcoin公式サイト
※1 7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。それ以外の時間帯は7:00以降の審査完了となります。
※2 「取引できる暗号資産(仮想通貨)の種類が豊富」-DMM Bitcoin
※3 2021年7月15日時点

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 国内最大級の仮想通貨取引所
  • ビットコイン取引量国内No.1※4
  • ビットコイン売買手数料が無料※5
  • 諸手数料が0円
  • 100円からスタートできる
  • T-POINTをビットコインに変えられる
  • スマホアプリがシンプルで初心者も使いやすい

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerは、100円から仮想通貨取引ができる取引所です。ビットコインの取扱量No.1※4の取引所で、多く人が利用しています。

 レバレッジ取引専用の「bitFlyer Lightning」というツールがあり、テクニカル分析も可能です。

預け入れる証拠金は、日本円だけではなくビットコインでも可能です。また、T-POINTをビットコインに変えられるのも特徴で、普段からT-POINTを利用している人に特におすすめです。

スマホアプリはシンプルな操作画面でわかりやすく、非常に少額から取引が可能なので初心者でも安心して取引ができるでしょう。
取扱仮想通貨数 13種類
レバレッジ取引可能銘柄数 ビットコインのみ
レバレッジ率 最大2倍
取引手数料 無料
レバレッジ手数料 無料
レバレッジ最低注文数量 0.01BTC
テクニカル分析機能の有無 bitFlyer Lightningにて利用可能
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典
bitFlyer公式サイト
※4 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※5 ビットコイン販売所にて無料。また、購入価格と売却価格の差であるスプレッドは利用者負担。

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 2021年オリコン顧客満足度No.1※6
  • 最短10分で取引開始も可能※7
  • 1,000円未満からの少額取引も可能
  • 最低500円からの積立も可能
  • 暗号資産の購入で毎日1,000円が当たるチャンス(抽選10名まで)
  • 各種手数料が無料

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインは、販売所では10種類、取引所では5種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができる取引所です。2021年オリコン顧客満足度でNo.1※6を獲得しています。

 口座申し込みから最短10分※7で取引できるため、すぐに取引開始したい人にもおすすめです。

セキュリティにも力を入れており、2段階認証はもちろんのこと、定期的な脆弱性診断や24時間監視などサイバー攻撃対策もしっかりしています。

スマホアプリはノーマルモードとトレーダーモードで使い分けが可能!初心者から上級者まで満足できる取引ツールです。
取扱仮想通貨数 14種類
レバレッジ取引可能銘柄数 10種類
レバレッジ率 最大2倍
取引手数料 無料
レバレッジ手数料 評価レート × 建玉数量 ×0.04%/日
レバレッジ最低注文数量 0.01BTC
テクニカル分析機能の有無
  • TradingViewにて高機能チャートの利用が可能
  • スマホアプリのトレーダーモード
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典
GMOコイン公式サイト
※6 出典:https://life.oricon.co.jp/rank-cryptocurrency/cash-transaction/
※7 「かんたん本人確認」で9:00~24:00(メンテナンス時を除く)にお申し込みいただいた場合のみ、申込の受付が完了してから最短10分での取引開始となります。

日本国内のレバレッジ取引の規制|海外とは異なる!

日本国内のレバレッジ取引の規制|海外とは異なる!

日本国内のレバレッジ取引の規制|海外とは異なる!
  • 仮想通貨取引における日本国内のレバレッジは最大2倍
  • 海外取引所では危険水域のレバレッジ取引ができてしまう

仮想通貨取引における日本国内のレバレッジは最大2倍

日本国内のレバレッジ取引の規制|海外とは異なる!

日本国内では仮想通貨取引のレバレッジは最大2倍までになっています。以前は4倍までレバレッジを掛けることができましたが、2020年に法改正が行われ、正式に最大2倍と決まったのです。

同じ投資商品でも、FXでは25倍のレバレッジを掛けることが可能です。このことから考えると、仮想通貨の最大2倍のレバレッジは非常に低いように見えます。

 単純に倍率だけで比較すると、2倍と25倍にはあまりにも大きな差があると思うのが当然でしょう。

しかし、仮想通貨の値動きの激しさを考慮すれば、2倍のレバレッジというのは妥当だと考えられます。例えばドル円のレートは、1か月で1%程度しか値動きしないこともしばしばです。

一方で、仮想通貨は1か月で、50%の値動きをすることも全く珍しくありません。

このように、仮想通貨とFXはあまりにも値動きの大きさに差があるため、レバレッジの規制にも差があるのは当然と言えるでしょう。

 もし仮想通貨取引で25倍のレバレッジを掛けられれば、一瞬で資産を失う人が続出するはず。そのため、レバレッジ2倍は適切と言えるでしょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

海外取引所では危険水域のレバレッジ取引ができてしまう

日本国内のレバレッジ取引の規制|海外とは異なる!

一方で、海外取引所では、日本の金融庁による規制は全く存在しません。そのため100倍以上などの、非常に高いレバレッジを掛けた取引ができてしまいます。

仮想通貨は、ただでさえボラティリティの広い投資商品。にもかかわらず、100倍以上のレバレッジは、倍率が過剰だと言わざるを得ません。

 ここまでレバレッジが高いと、取引金額によっては価格がほんの少し動いただけで、全資金を失うことになります。

そのため、海外取引所でのレバレッジ取引はあまりにもリスクが高くとてもオススメできるものではありません。手を出せばかなりの高確率で、一瞬にして投資資金全額を失う結果になるでしょう。

仮想通貨取引をギャンブルではなく投資として捉えるなら、国内の取引所で堅実に運用することを強くオススメします。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのメリット

レバレッジ取引には、主に3つのメリットがあります。どのメリットも重要で、仮想通貨でレバレッジ取引をする大きな理由にもなります。

レバレッジ取引のメリット3つ
  • 少ない元手で大きな利益を生み出せる
  • 時間を選ばずいつでも取引ができる
  • 下落していても利益が狙える

1.少ない元手で大きな利益を生み出せる

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのメリット

レバレッジ取引では、預けた証拠金にレバレッジ率を掛けた金額を運用できます。証拠金を10万円分預け、レバレッジ率5倍で運用した場合にどうなるか、現物取引と比較して考えてみましょう。

現物取引 10万円分の仮想通貨のみ運用可能
レバレッジ取引 10万円×5倍=50万円分の仮想通貨を運用可能。

このレバレッジ率は利益にも反映されます。同じ元手でも、現物取引で2万円の利益を得た場合、レバレッジ取引では2万円×5倍=10万円の利益になります。

 レバレッジ取引のほうが現物取引よりも、多くの利益を生み出せる可能性があるのが大きなメリットです。

なお、高いレバレッジ率に設定すればするほど、利益もふくらみます。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

2.時間を選ばずいつでも取引ができる

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのメリット

仮想通貨のレバレッジ取引は、使用している取引所がメンテナンスなどでなければ24時間365日いつでも取引ができます

日本の株式では取引は日中のみ、為替の場合には平日のみと限定的ですが、仮想通貨取引には休みがありません。

休日や夜間にも取引ができるので、日中や平日にリアルタイムでのトレードが難しい人の投資先としても適しています。

3.下落していても利益が狙える

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのメリット

レバレッジ取引では、仮想通貨を保有していなくても売り注文ができる空売りが可能です。

空売りとは?
実際には持っていない仮想通貨を「売った」と仮定し、後で買い戻す取引方法。ショートとも呼ぶ。

空売りを利用して、これから下落していくと予想される仮想通貨を売り、価格が下がったときに買い戻せば、差額分が利益になります。

現物取引では空売りができません。空売りができるレバレッジ取引は、より幅広い取引が可能になる点もメリットと言えるでしょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の4つのデメリット

メリットが大きいレバレッジ取引ですが、デメリットも大きいです。ここでは主に3つのデメリットを紹介します。

1資金がマイナスになる可能性がある

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのデメリット

レバレッジ取引では、仮想通貨の価値が下がった分にも倍率がかかります。例えば、10万円分の仮想通貨に5倍のレバレッジをかけ、価値が1割ほど下落したと考えましょう。

現物取引 10万円×1割=1万円の損失
レバレッジ取引 10万円×5倍×1割=5万円の損失になり、現物取引の5倍の損失

元手の価格は10万円ですから、レバレッジ率5倍の場合では、1割の下落で元手が半額に、2割の下落で0円、それ以上の下落ではマイナスに転じてしまいます。

 マイナスになった分は「追証(おいしょう)」という借金となり、取引所に支払わなければなりません。

仮想通貨は値動きが大きいので、大きく下落してしまう可能性も十分にあります。

追証にならないように、しっかりと相場を観察して管理することが大切です。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

2損失が膨れ上がりやすい

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのデメリット

レバレッジ取引における損失のリスクは、価値が下落したときだけではありません。「空売り」にも損失がどこまでも膨れ上がるリスクがあります。

 10万円で売り注文をした仮想通貨が20万円に高騰した場合は、20万円で買い戻すことになるので、10万円の損失になります。

レバレッジ取引では、この損失にもレバレッジ率が掛かるので、価値が上がれば上がるほど大きな損失が出てしまうのです。

空売りをする際にも、買い戻しのタイミングをしっかりと見計らいましょう。

3ロスカットのリスクがある

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのデメリット

仮想通貨のレバレッジ取引では、ロスカットのリスクがあことも認識しておきましょう。ロスカットとは、損失が膨らみ証拠金維持率が一定水準を下回ると、強制的に決済が行われるシステムのこと。

 ユーザーが証拠金を全額失い、借金状態にならないように、守るために存在する仕組みです。

そのため、ロスカットの存在には利点もあるのですが、自分の意志とは関係なく強制決済されることがデメリットになることもあります。

もしもロスカットが無ければ、価格が予想と反対方向に動いても、しばらく待っていれば戻ってくることも十分にあり得ます。

そのため、利益が出るまで長時間ほったらかしにして、プラスに転じてから決済する戦略を取ることが可能です。
しかし、レバレッジ取引で強制ロスカットされてしまうと含み損を抱えた状態で決済されマイナスが確定します。そのため、本来であればプラスにできたはずの取引が、損失で終わってしまう状況が想定できるのです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

4ロスカットが間に合わないケースもある

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引の3つのデメリット

レートが予想と反対方向に動いた場合、通常は証拠金維持率が一定水準を下回ると、強制ロスカットされます。しかし、値動きがあまりにも急激な場合、ロスカットが間に合わず証拠金がマイナスの状態になってしまうのです。

 つまり口座資金が足りないので、追加で入金しなければならないということです。

証拠金以上のマイナスが出た際に求められる追加入金を「追証」と言います。追証は実質の借金なので、必ず支払わなければなりません。

中には、レバレッジ取引で多額の追証を請求され、支払いができずに窮地に陥る方も存在します。レバレッジ取引にはこうしたリスクもあることを理解しておきましょう。

運用金額を大きくしすぎると追証になるリスクも上がります。無理な金額を運用しないよう注意しましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引のやり方のコツ5つ

レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンの取引です。大きな損失を出さないように取引をするには工夫が必要です。ここではレバレッジ取引の5つのコツについて紹介します。

レバレッジ取引のコツ
  • 取引する上でのルールを決めておく
  • テクニカル分析を使いこなす
  • 投資ノートをつける
  • 余剰資金で取引する
  • 情報収集を怠らない

1取引する上でのルールを決めておく

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引のやり方のコツ3つ

レバレッジ取引で大きな損失を出さないように、あらかじめルールを決めておくのがおすすめです。

自分なりに売買するタイミングのルールを設定しておけば、大きな損失を出す前にスムーズに対処できます。最低でも以下の2パターンのルールは決めておきましょう。

取引上のマイルールの例
  • 損切りをするライン
  • 利益を確定させて決済するライン

預けた証拠金の3%以上の損失で「損切り」をする、10%の利益で「決済」する、というように明確なラインを決めておくことで、機械的に取引が行えます。

感情に左右されずに取引ができ、損失を減らし確実な利益を生みやすくなるでしょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

2テクニカル分析を使いこなす

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引のやり方のコツ3つ

仮想通貨取引に役立つ情報として「テクニカル分析」があります。テクニカル分析とは、過去の値動きから、将来の価値を予測する分析のことです。

テクニカル分析には「ローソク足」「移動平均線」「ボリンジャーバンド」など、さまざまな指標が使われます。これらの指標を組み合わせて、将来の価格を予測します。

数値上の分析と思われがちですが、指標には人の心理・行動が表れているので、きちんと読み取れば損失を避けられる可能性が高いです。
テクニカル分析するならアプリがおすすめ

3投資ノートをつける

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引のやり方のコツ3つ

投資ノートは、多くの投資家が取り入れているノートです。株式だけでなく、仮想通貨取引でも有効な手段です。投資ノートには主に以下のような項目を記載します。

投資ノートに記載する内容例
  • いくらの時に売買したか
  • そのタイミングで売買した理由
  • 反省点や考察

取引の詳細をノートにまとめることで、冷静で客観的な判断ができるようになり、次第に失敗する回数も減っていくでしょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

4余剰資金で取引する

仮想通貨(暗号資産)レバレッジ取引のやり方のコツ

仮想通貨に限った話ではありませんが、投資には資金を失うリスクがつきものです。そのため、投資は余剰資金で行うべきなのです。

投資で大きな利益を得ようと、生活資金に手を付け無理な金額を投じるのは、非常に危険なので絶対にやめるべきです。

 生活資金を失うと、当然生活がままならなくなります。その結果、生きるために借金をしてしまう人も多いです。

また、中にはキャッシングなどの借り入れで調達したお金を、仮想通貨投資につぎ込む人もいます。万が一これらのお金が無くなった場合、その後に人生に深刻なダメージが出る恐れもあるでしょう。

実際に、借金を利用した取引を溶かしてしまい、首が回らない状況になった方も実在します。

そのため、レバレッジ取引に利用するのは、余剰資金のみにしておきましょう。最悪全額を失っても、諦められる金額に抑えるべきです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

5情報収集を怠らない

仮想通貨でレバレッジ取引をする場合は、情報収集を怠らないようにしてください。仮想通貨の相場を予測する方法は、テクニカル分析だけではないからです。

仮想通貨に関する情報をもとに相場を予測する「ファンダメンタルズ分析」があります。

例えば、「世界的な◯◯企業がビットコイン決済を採用」「アメリカの◯◯企業がビットコインによる給与支払いを導入」など、仮想通貨に関するポジティブな話題が出ると価格は上昇する可能性があります。

逆に、「△△取引所で仮想通貨が流出」など仮想通貨に関するネガティブな話題が出てくると、価格が下落することがあります。

 レバレッジ取引はハイリスク・ハイリターンだからこそ、日々情報収集を行い、市場の動きに敏感でなければいけません。

投資に関する情報サイトを複数チェックし、情報収集を怠らないようにしてください。

初心者がレバレッジ取引をする際の注意点

初心者がレバレッジ取引を始める際は、まず以下の3点に注意しましょう。

レバレッジ取引の注意点【初心者向け】
  1. 初心者はまず現物取引から始める
  2. レバレッジ取引は手数料がかかる
  3. 証拠金維持率を確認

初心者はまず現物取引から始める

初心者がレバレッジ取引をする際の注意点

初心者はまずは現物取引から始めることをオススメします。レバレッジ取引を行う際には、チャートの動きや画面の操作方法など、様々なことについて注意しなければなりません。

さらにロスカット基準についても考えなければならず、現物取引の経験が無い状態で行うには、あまりにもハードルが高すぎます。

 気を配るべきことがあまりに多く、冷静な判断ができなくなっても全くおかしくありません。

そのため、まずは現物取引で取引に慣れることから始めてみましょう。現物取引であれば、比較的考えることも少なく、取引を行いやすいはずです。

取引画面に慣れてきたら、次は利益を出せる取引のパターンを見付けるといいでしょう。

勝ちパターンを見付けたらレバレッジ取引に移行し、徐々に運用する金額を上げていけばいいのです。このように、順序だててレバレッジ取引を行えば、利益を出せる確率は飛躍的に高まることでしょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ取引は手数料がかかる

初心者がレバレッジ取引をする際の注意点

レバレッジ取引には「レバレッジ手数料」というものが存在します。この手数料はポジションを保有した状態で、日を跨ぐと発生するもの。

レバレッジ手数料は多くの取引所で、1日当たり0.04%程度の水準です。そのため、通常は気にする必要はありませんが、長期保有すると金額が大きくなります。

 1日単位であれば手数料は0.04%で済みますが、仮に100日間ポジションを保有すれば4%になってしまいます。

そのため、レバレッジ取引の際にはポジションを長期保有することは、オススメできません。手数料を抑えるためには、可能であれば当日中にポジションを手仕舞うのがベストでしょう。

割合としては非常に小さいものの、レバレッジ手数料というものが存在することは、知っておいた方がいいでしょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

証拠金維持率を確認

初心者がレバレッジ取引をする際の注意点

レバレッジ取引では、取引所ごとに個別の証拠金維持率が設定されています。証拠金維持率が低くなると、資金がマイナスにならないよう、システムが強制ロスカットを執行する仕組みになっています。

 そのため、大きな含み損が出ている状況でも、強制的にマイナスを確定されてしまうのです。

一般的には証拠金維持率が50%程度になると、マージンコールと呼ばれる警告が届きます。さらに、証拠金維持率が20%~30%になると、強制決済が行われ損失が確定するケースが多いです。

強制ロスカットを回避するためには、マージンコールが届いた時点で、資金の追加入金が必要です。放置すると、高確率で強制決済でマイナスが確定する流れになります。

ロスカットのリスクを抑えるには、できれば証拠金維持率が200%以上を維持できるように、投資資金を調整するといいでしょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!
  • 仮想通貨の取引所の口座を開設する
  • 日本円を入金する
  • 証拠金口座に資金を移動する
  • 取引計画を建てる
  • 注文を行う
  • 決済する

仮想通貨の取引所の口座を開設する

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

まずは、レバレッジ取引を行える取引所の口座を開設します。取引の中には、レバレッジ取引ができないところも存在するため、レバレッジ取引可能かどうかを必ず確認しましょう。

 DMM Bitctoin、bitFlyer、GMOコインなどはレバレッジ取引を行える取引所です。

レバレッジ取引可能な取引所を選択したら、口座開設していきます。口座開設順序は取引所によって多少の違いはありますが、おおむね以下のようになります。

取引所口座の開設方法
  • メールアドレスを登録する
  • 届いたメールから個人情報を入力
  • 本人確認書類を提出する
  • 審査後に口座開設完了通知が届く

本人確認書類としては、免許証やマイナンバーカードを利用できることが多いです。書類提出後には審査が行われ、審査に通れば仮想通貨取引を行えます。

口座開設通知は郵送の場合と、メールの場合が存在します。メールで通知の受け取りが可能な場合には、最短で当日から取引できることもあります。

ただ、本人確認通知は郵送で受け取らなければならない取引所も存在します。詳しくは、各取引所のホームページなどを確認しましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

日本円を入金する

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

口座開設ができたら日本円の入金を行います。仮想通貨取引所では、以下のような入金方法を選択できることがほとんどです。

日本円の入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • ネットバンキング入金

コンビニ入金の際には「コンビニ手数料」、銀行振込時には「振込手数料」が発生することになります。一度の入金でかかる手数料は数百円程度ですが、何度も入金を行うと大きな金額になってしまいます。

 そのため、可能であればコンビニ入金や、銀行振込での入金は避けたいところです。

これらの中で、最も迅速・低手数料で入金できる傾向があるのが、ネットバンキング入金です。ネットバンキング入金は、リアルタイムで取引所の口座に資金が反映され、取引手数料も無料になることが多いです。

ネットバンキングに利用できる銀行や手数料は、取引所によっても異なります。各取引所の詳細情報を確認するといいでしょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

証拠金口座に資金を移動する

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

取引所に入金した資金は現物口座に着金します。そのため、そのままではレバレッジ取引には利用できません。レバレッジ取引に利用するには、現物口座から証拠金口座へ、資金を移動する手続きを取りましょう。

 不慣れな方の場合、この手順が必要であることを知らず、レバレッジ取引ができずに戸惑う可能性があります。

そのため、現物口座と証拠金口座は別々だということを、この機会に把握しておきましょう。現物口座の資金は現物取引で利用でき証拠金取引の資金はレバレッジ取引でのみ使用可能です。

レバレッジ取引の際には証拠金口座への入金が必要です。これを行わないと、取引スタートできないので注意しましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

取引計画を建てる

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

証拠金口座への資金移動が完了したら、いよいよレバレッジ取引をスタートできます。しかし、何も考えずにポジションを持つのは、オススメできません。

取引スタートする前にチャートを確認し、どのような計画で取引するのかをまずは考えることから始めましょう。

 ポジションを持つタイミングや、利確・損切の基準などを自分なりに考え、取引計画を建ててみましょう。

無計画な取引を行うと、レートが予想外の動きをしたときに、パニックになりどうしていいか分からなくなりがち。大きな損失につながることがあるため、必ずポジションを持つ前には計画を建てるべきなのです。

計画を建てず取引すると、大きな損失を出す可能性が上がってしまいます。取引で利益を出せるよう、計画的なトレードを心がけましょう。
尚、取引所では様々なチャート機能を利用できることが多いです。インジケーターでのチャート分析や特殊注文を利用すれば、勝率を高めたり損失を小さくできたりします。
そのため、取引所のマニュアルには事前に目を通しどのような機能が利用できるのかを確認しておくといいでしょう。

予約注文を有効利用することで、利確・損切などを自動で行うこともでき、リスクを抑えられます。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

注文を行う

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

証拠金口座への入金が完了したら、レバレッジ取引を行いましょう。取引したい通貨ペアを選び、数量を入力後に注文すればポジションを持つことができます。

この際には、決して無茶な数量での注文は行わず、少なすぎるぐらいの金額に抑え注文しましょう。

 初心者の場合には、まずは少額で慣れることが重要です。そのため、控えめな金額からレバレッジ取引を試すようにしてください。

レバレッジ取引では、証拠金を担保にすることで売りから入る取引を行うことも可能です。そのため、下げ相場でも取引を行うことができ、相場状況にかかわらず利益を出せる可能性があります。

現物取引では価格が上昇しないと利益を出せません。一方、レバレッジ取引では暴落時に大きく稼ぐことも可能なのです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

決済する

レバレッジ取引のやり方を詳しく解説!

ポジションを保有したら、その後レートが変動することにより、利益もしくは損失が出ることになります。いずれにしても所有しているポジションを決済することで、取引は終了することになります。

 利益確定することを「利確」、損失確定することを「損切」と呼びます。

毎回利益が出ればいいのですが現実のチャートは思い通りに動くことばかりではないのがリアルです。そのため、損切しなければならないときには躊躇なくマイナスを確定させ資金を温存するようにしましょう。

一度の取引で負けたとしても資金が残っていれば、次の機会に利益を出せます。損切できずにマイナスが拡大しないよう気を付けましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)取引に関するアンケート調査

ここでは、仮想通貨(暗号資産)取引に関するアンケート調査の結果を紹介します。

インターネットリサーチによる調査で、日本在住で仮想通貨取引経験のある20歳以上の方221名(男性167名、女性54名)を対象としたものです。

アンケートの調査項目は次のとおりです。

仮想通貨取引所選びの参考にもなります。

アンケート結果のサマリー

アンケート結果のサマリー
  • 周りにおすすめしたい取引所は「bitFlyer」「コインチェック」「GMOコイン」で全回答数の約56%を占める。
  • 取引所選びで重要視するのは約22%が「セキュリティ」、約17%が「ツールの使いやすさ」。「口コミ・評判」や「知名度」は少ない(約9%)。
  • 69.8%の人が「利益が出ている」。そのうち約34%が50万円以上の利益を獲得。

Q.周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所はどれですか?(複数回答可)

おすすめしたい仮想通貨(暗号資産)取引所

アンケートの回答結果(内訳)
周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所 人数
bitFlyer 63人
コインチェック(Coincheck) 53人
GMOコイン 51人
DMM Bitcoin 34人
楽天ウォレット 18人
SBI VC トレード 17人
bitbank 16人
BITPoint 14人
LINE BITMAX 14人
Zaif 12人
その他 5人

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所はどれですか?」で上位に選ばれた仮想通貨取引所は「bitFlyer」「コインチェック」「GMOコイン」です。

「周りにおすすめしたい」ということは、利用者の満足度が高いことを表します。

複数回答可ではありますが、全回答数のうち約21%がbitFlyer、約18%がコインチェック、約17%がGMOコインを選んでいます。上位3社で全体の約56%を占めており、人気の高さが伺える結果です。

逆に、調査結果下位3社のZaifは全回答数の約4%、LINE BITMAXとBITPointはそれぞれ約5%となっています。

bitFlyerが1位に選ばれたのは、以下の特徴が支持されたことが考えられます。

bitFlyerの主な特徴
  • 各種手数料が無料
  • 安心のセキュリティ
  • 1円から購入可能

bitFlyerは、ビットコインアルトコインの販売所の売買手数料が無料です。ビットコインFXの取引手数料や住信SBIネット銀行からのクイック入金手数料も無料になります。

業界最長となる「7年以上ハッキング0」のセキュリティ体制で安心して取引が可能です。ビットコインやイーサリアム、リップルなど14種類の仮想通貨を1円から売買できます。

「まずは少ない手元資金で仮想通貨運用を始めたい」という方も抵抗なくスタートできるでしょう。

bitFlyerについて詳しく知る

また、それぞれ2位、3位にランクインしたコインチェックGMOコインは、ともに各種手数料が無料で取扱通貨も17種類と、初心者から上級者まで扱いやすい取引所です。

特にコインチェックはたったの500円から通貨が購入できるため、bitFlyerと同様に少額投資から始めたい方におすすめでしょう。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

上位3社は取引ツールも使いやすく、情報量やサポート体制も充実しています。仮想通貨取引所選びの参考にしてみてください。

Q.仮想通貨取引所を選ぶ際、重要視していることはなんですか?(複数回答可)

仮想通貨 選ぶポイント

アンケートの回答結果(内訳)
仮想通貨取引所を選ぶ際に
重要視すること
人数
セキュリティ 116
ツールの使いやすさ 92
手数料の安さ 73
実績 69
取扱通貨の種類や数 67
口コミ・評判 48
知名度 48
その他 16

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、仮想通貨取引所を選ぶ際に重要視していることで多かったのは「セキュリティ」や「ツールの使いやすさ」です。全回答数の約22%がセキュリティ、約17%がツールの使いやすさを選んでいます。

 自身の資産を預けることになりますし、仮想通貨の不正流出事件なども発生しているためセキュリティを気にするのは当然のことと言えるでしょう。

各仮想通貨取引所では、安心して取引ができるように、資産の分別管理やコールドウォレット管理、マルチシグ対応、サイバー攻撃対策などを施しています。

取引ツールは、価格やチャート、評価損益、入出金、情報収集などで頻繁に使います。

各取引所でPCツールやスマホアプリの特徴や使い勝手が異なることから、ツールの使いやすさにこだわる方は多いでしょう。

3番目の「手数料の安さ」は、全回答数の約14%です。手数料が安ければ、より多くの利益を得られるため、仮想通貨取引所選びで重要視されます。

あまり選ばれなかったのが「口コミ・評判」と「知名度」です。どちらも全回答数の約9%となっています。

他人の意見や知名度を参考にするのではなく、安心感(セキュリティ)や使い勝手(ツールの使いやすさ)を求めている人が多いことがわかります。

仮想通貨取引所を選ぶ際は、ここで紹介した重要視ポイントに注目してみると良いでしょう。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?(取引開始時から現在までの損益をお選びください)

仮想通貨 儲かるか アンケート

アンケートの回答結果(内訳)
Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?※2人未回答
+100万円以上 25人 11.4%
+50万円〜100万円未満 28人 12.8%
+10万円〜50万円未満 36人 16.4%
+1万円〜10万円未満 35人 16.0%
+1万円未満 29人 13.2%
0円 20人 9.1%
−1万円未満 7人 3.2%
−1万円〜10万円未満 10人 4.6%
−10万円〜50万円未満 1人 0.5%
−50万円〜100万円未満 0人 0.0%
−100万円以上 6人 2.7%
覚えていない 22人 10.0%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、利益が「100万円以上」と答えた人は25人(11.4%)です。アンケート回答者のおよそ10人に1人が100万円以上の利益を得ています。

利益が出ている人は全体の69.8%、利益が出ていない人(損失が出ている人)は11.0%です。

アンケート回答者の約7割の人が仮想通貨投資で稼いでいることがわかります。

利益が出ていると答えた人は、約57%が10万円以上、約34%が50万円以上の利益を獲得しています。

また、損失が出ていると答えた人の損失額は、約70%が10万円未満、約25%が100万円以上です。

仮想通貨は値動きが激しいため、損益の差も大きくなります。多くの利益を稼げる可能性はありますが、多額の損失を被る恐れがあります。

 余剰資金での投資や事前のルール決めなど、資金管理やリスク管理を徹底して投資をすることが大切です。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

アンケート調査の概要

調査概要 仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者 仮想通貨(暗号資産)取引経験のある20歳以上の方
調査対象者数 221名(男性167名 女性54名)
調査実施期間 2021年12月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

仮想通貨のレバレッジ取引【よくある質問】

レバレッジ取引ができるおすすめの取引所は?
レバレッジ取引ができる取引所としては、DMM BitcoinbitFlyerGMOコインの3つがおすすめです。どの取引所もセキュリティ性が高く、アプリでテクニカル分析の確認ができるなど利便性も良いです。
なおどの取引所もレバレッジ取引の最小注文数量は0.01BTCです。
仮想通貨のレバレッジ取引とは?
レバレッジとは「てこ」のことで、小さな元手にてこの原理で倍率をかけて、元手以上の金額を運用する取引方法のことです。金融庁の規制により、日本の取引所ではレバレッジ率の最大値は2倍となっています。
レバレッジ取引と現物取引の違いは?
現物取引は、実際に仮想通貨の受け渡しが行われる取引ですが、レバレッジ取引は利益や損失部分のみを決済する「差金決済」となっており、実際の仮想通貨の授受は行われません。そのため、レバレッジ取引で生じた利益は売ってお金に変えることしかできないので注意が必要です。
レバレッジ取引をするメリットは?
レバレッジ取引のメリットとしては、利益が膨らみやすいこと、24時間365日取引が可能なこと、空売りすることで下落相場でも利益を狙えることの3つが挙げられます。
レバレッジ取引をするデメリットは?
レバレッジ取引のデメリットは、損失が膨らみやすいこと、損失がマイナスになる可能性があること、大きな損失になる前に強制的に決済されるロスカットのリスクがあることの3つが挙げられます。
レバレッジ取引は初心者でもできる?
レバレッジ取引を成功させるには、チャートを読み解く必要があります。そのため、チャートを読み分析することに不慣れな初心者にはリスクが大きいです。そのため、現物取引に慣れてチャートなどを読み解けるようになってから参入するのがおすすめです。
レバレッジ取引を成功させるコツは?
レバレッジ取引をする際には、損切りのタイミングや利益を確定させるタイミングをあらかじめルールとして決めておくと、冷静な取引がしやすいです。また、テクニカル分析を有効活用し、値動きを予想することも大切です。分析のために投資ノートをつけておくのも良い手段でしょう。
借金で仮想通貨のレバレッジ取引を行うのはどうでしょうか?
借金を投資に利用することはオススメできません。失った場合に取り返しのつかないことになるからです。
仮想通貨のレバレッジは最大何倍まで引き上げられますか?
仮想通貨取引でのレバレッジは2倍までになっています。仮想通貨は値動きが激しいので、FXなどよりも上限が抑えめになっています。
海外の仮想通貨取引ではどのくらいレバレッジをかけられますか?
海外取引所では、100倍以上のレバレッジを掛けることが可能です。魅力的に見えるかもしれませんが、あまりにレバレッジが高すぎるので危険でしょう。

まとめ|仮想通貨のレバレッジ取引はハイリスク・ハイリターン

今回は、仮想通貨におけるレバレッジ取引についてわかりやすく解説しました。

レバレッジ取引は、少ない元手(証拠金)にレバレッジ率を掛けた金額を運用できる取引です。利益にも損失にもレバレッジ率が適用されるため、ハイリスク・ハイリターンの取引になります。

損失を出さないためには必要なチャートを読み解けたり、失敗した際にもなぜ損失が出てしまったのか分析したりする必要があるため、初心者よりは上級者に適した取引です。

現物取引に慣れてチャートを分析できるようになったら、レバレッジ取引にも挑戦してみてはいかがでしょうか。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってく ださい。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事