仮想通貨 買い方

「仮想通貨には興味はあるけど、難しそうで手が出せない」と思っている人も少なくありません。

確かに仮想通貨(暗号資産)はデジタルの通貨で実物がないためイメージが掴みにくく、初心者には難しいと感じてしまいがちです。しかし、仮想通貨(暗号資産)の購入は初心者でもスムーズに行えます。

そこで今回は、取引初心者向けに仮想通貨(暗号資産)の買い方・購入方法について詳しく解説します。

口座開設方法から解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

おすすめの仮想通貨取引所ランキングはこちら

取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

仮想通貨(暗号資産)の買い方!口座開設から購入までの流れを解説

仮想通貨(暗号資産)の買い方!口座開設から購入までの流れを解説

仮想通貨は取引で購入するので難しいイメージがありますが、ネットショッピング感覚で簡単に購入できます。ここでは、口座開設から購入後の保管方法まで解説します。

仮想通貨の購入手順
  1. 口座開設
  2. 入金
  3. 購入

1.口座開設

取引所によって多少異なる場合がありますが、大まかな口座開設の流れは以下の通りです。それぞれCoincheckの登録画面を例に挙げて紹介します。

主な口座開設の手順
  1. メールアドレスの登録
  2. パスワード設定・規約に同意
  3. 氏名・住所などの基本情報を入力
  4. 本人確認書類のアップロード
  5. 自宅にハガキが届く

【手順1】メールアドレスの登録

【手順1】メールアドレスの登録

参考:Coincheck

アプリをダウンロードしたら、まず行うのはメールアドレスの登録です。使用するメールアドレスは、G-mailなどのフリーメールも使用できます。

メールアドレスを登録すると、入力したメールアドレス宛にメールアドレスを確認するメールが届きます。

メールの内容に記載されたURLをタップしてアクセスすれば、メールアドレスの登録完了です。

取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

【手順2】パスワード設定・規約に同意

【手順2】パスワード設定・規約に同意

参考:Coincheck

メールアドレスの登録とほぼ同時に行うのがパスワードの設定です。セキュリティ性の高いパスワードを設定しましょう。

 Coincheckでは、半角アルファベット、数字、記号の組み合わせを推奨しています。

パスワードを設定したら、規約に同意します。規約は長いですが、大切な資産のことなのでしっかりと目を通しましょう。

【手順3】氏名・住所などの基本情報を入力

【手順3】氏名・住所などの基本情報を入力

参考:Coincheck

氏名や住所、取引の目的や取引予定の通貨などを登録します。入力する氏名や住所はこの後提出する本人確認書類と同じものを使用します。

登録する項目は多いですが、全部で2〜3分ほどで入力が完了します。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

【手順4】本人確認書類のアップロード

【手順4】本人確認書類のアップロード

参考:Coincheck

基本情報を入力したら、本人確認書類の提出です。本人確認書類の表と裏を、記載内容がわかるように撮影します。その後、自分の顔写真と本人確認書類を一緒に撮影します。

使用できる本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 住基カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

【手順5】自宅にハガキが届く

登録が完了すると、登録したメールアドレス宛に本人確認書類の提出を受け付けた旨のメールが届きます。

【手順5】自宅にハガキが届く

参考:Coincheck

きちんと承認されてスムーズに手続きができれば、数日以内に口座開設されます。口座開設されるスピードは最短即日から2〜3日と、取引所によって違いがあります。

口座開設が完了したら、登録した住所に住所確認用のハガキが届くので、届いたハガキの内容もチェックしておきましょう。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

【注目】各取引所の口座開設スピード比較表

仮想通貨(暗号資産)の買い方!

Coincheck 最短1日
DMM Bitcoin 最短1時間
bitFlyer 最短 10 分
GMOコイン 最短 10 分
BITPOINT 最短1日

出典:各取引所の公式サイト

2.入金

入金には主に以下の3つの方法があります。ただし、対応している入金方法については、取引所によって異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

入金方法
  • 銀行振込
  • コンビニ入金
  • クイック入金

銀行振込

銀行振込

参考:Coincheck「仮想通貨(暗号資産)/ ビットコイン(BTC)の入金方法」

指定の銀行口座に入金する「銀行振込」は、コンビニのATMからでも入金が可能な便利な方法です。振込口座と同じ銀行に口座があれば、振込手数料を低く抑えられます。

仮想通貨取引で頻繁に入金する場合には、指定口座とおなじ銀行に口座を開設しておくと便利でしょう。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

コンビニ入金

コンビニ払い

参考:Coincheck「仮想通貨(暗号資産)/ ビットコイン(BTC)の入金方法」

コンビニ入金は、入金の反映が早いのが特徴です。手持ちの現金を利用できるので利便性が高いと言えます。全国の指定コンビニエンスストアにて支払いが可能です。

コンビニ入金をする場合は、SMS承認を設定しておく必要があるので、あらかじめ手続きをしておきましょう。なお、Coincheckでコンビニ入金が使用できるコンビニは以下の通りです。

コンビニ払い対応のコンビニエンスストア
  • ローソン
  • ミニストップ
  • ファミリーマート
  • セイコーマート
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

クイック入金

クイック入金

参考:Coincheck「仮想通貨(暗号資産)/ ビットコイン(BTC)の入金方法」

クイック入金は、自宅にいながら入金できる方法です。金融機関の営業時間に左右されず、24時間365日入金可能です。

ペイジー(Pay-easy)を利用してインターネットバンキングやATMから日本円を入金するため、あらかじめSMS認証を設定しておく必要があります。

入金もすぐに反映されるので、急な値動きに対応したい場合などに便利です。

【注目】各取引所の入金方法ごとの手数料 比較表

Coincheck 銀行振込
無料(振込手数料は利用客負担)
コンビニ入金
3万円未満:770円
3万円以上30万円以下:1018円
クイック入金
・3万円未満:770円
・3万円以上30万円以下:1018円
・50万円以上:入金金額×0.11% + 495 円
DMM Bitcoin 銀行振込
無料(振込手数料は利用客負担)
コンビニ入金

クイック入金
・無料
bitFlyer 銀行振込
無料(振込手数料は利用客負担)
コンビニ入金

クイック入金
・住信SBIネット銀行から入金の場合:無料
・住信SBIネット銀行以外から入金の場合:330円
GMOコイン 銀行振込
無料(振込手数料は利用客負担)
コンビニ入金

クイック入金
・無料
BITPOINT 銀行振込
無料(振込手数料は利用客負担)
コンビニ入金

クイック入金
・無料
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

3.購入

入金が反映されたら、早速仮想通貨を購入してみましょう。購入方法は取引所と販売所の2つの方法がありますが、初心者なら購入ボタンを押せばスムーズに購入できる販売所がおすすめです。

 購入できる最小注文数量は取引所によって違がありますが、スマホアプリを利用すれば場所を問わず手軽に仮想通貨を買えます。

簡単に購入できるので、購入するコイン枚数の入力ミスがないように気をつけましょう。

取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

購入した仮想通貨はウォレットで保管

仮想通貨(暗号資産)の買い方!口座開設から購入までの流れを解説

購入した仮想通貨はウォレット」と呼ばれる仮想通貨用の財布で管理します。取引所で口座開設すると、自動的にウォレットも作成されます。

 より安全に仮想通貨を保管したいなら「コールドウォレット」と呼ばれるオフラインのウォレットがおすすめです。

ウイルス感染やハッキングなどのリスクを限りなく低くできます。ただし、コールドウォレットは取引しにくいというデメリットがあるので、使い分ける必要があります。

スムーズに動かしたい仮想通貨は取引所のウォレットで管理し、動かさない資産をコールドウォレットに保管しておくのがおすすめです。
仮想通貨(暗号資産)のウォレットについて詳しく知る

仮想通貨(暗号資産)はどこで・いくらで買える?

仮想通貨は難しそうで初心者には扱いにくいというイメージがある人も多いです。しかし、ほとんどの取引所で口座開設費用は無料かつ小さな単位でも購入が可能なので、誰でも手軽に購入できます。

以下、具体的な購入場所と最低購入価格の目安についてご紹介します。

仮想通貨の購入場所

仮想通貨(暗号資産)はどこで・いくらで買える?

仮想通貨の購入場所は、「取引所」と「販売所」の2種類があります。取引所は個人間で直接取引するのに対し、販売所は業者を介して売買する方法です。

一般に、仮想通貨を扱う業者のことを「取引所」と呼びますが、実際には主に販売所として機能している場合も少なくありません。

どの種類の取引を扱っている取引所なのかもチェックしておくことが大切です。
取引所
  • 個人と個人の取引
  • 手数料が安め
  • 買いと売りがマッチしないと売買が成立しない
販売所
  • 個人と業者の取引
  • 手数料が高め
  • すぐに購入できるので初心者におすすめ
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

仮想通貨の購入単位(1単位未満)

仮想通貨(暗号資産)はどこで・いくらで買える?

仮想通貨は0.001BTCなどの小数点以下の単位で購入できます。たとえば、ビットコインの最小単位は0.00000001BTCです。この最小単位を1satoshiと呼びます。

2021年7月9日現在、ビットコインは1BTCで360万円程度ですので、1satoshiで0.036円という計算になります。

0.001BTCが最小注文数量なら、3,600円程度から購入が可能ということですね。

最小注文数量は取引所によって違いがあり、500円からビットコインを購入できる取引所もあります。「まずは少額で試したい」という場合には、最小注文数量の小さい取引所を選ぶと良いでしょう。

取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

仮想通貨(暗号資産)取引方法は大きく2種類

仮想通貨を購入する方法は、現物取引とレバレッジ取引の2種類があります。現物取引は元手と取引額が1対1なのに対し、レバレッジ取引は手元にある価格よりも数倍の価格で取引が可能です。

ここでは現物取引とレバレッジ取引について、具体的に解説します。

1.現物取引

仮想通貨(暗号資産)の買い方・購入方法は2種類

現物取引とは、仮想通貨そのものをその時の相場で購入することです。普段の買い物と同じイメージの取引で、その時の相場と等しい金額での取引になります。

たとえば、10,000円の価値があるアクセサリーを買う場合、10,000円のお金を出して購入しますよね。

現物取引も同じで、10,000円の価値のある仮想通貨を10,000円で買うという取引になります。

わたしたちが日常生活で当たり前にしている買い物は、ほぼ現物取引と言っても良いでしょう。

そのため、出した金額以上の損失は出ません。レバレッジ取引に比べると利益は少ないですが、大きな損失になる可能性が低いので初心者におすすめの方法です。

現物取引の手順

仮想通貨(暗号資産)の買い方!口座開設から購入までの流れを解説

現物取引の手順
  • 販売所で注文する
  • 取引所で注文する

これらのいずれかで取引を行うことになります。販売所で売買を行う場合には、仮想通貨業者と仮想通貨の取引を行います

どこの業者でも、販売所は初心者にも使いやすいように作られています。売買したい仮想通貨を選択し、購入した数量を入力し「注文」を押すだけで取引が可能です。

 販売所はスプレッドが存在するので取引コストは大きいですが、使い方がかんたんで初心者向けと言えます。

一方、取引所はユーザー同士が取引を行う場所です。ほかのユーザーが作成した注文のリストが並んだ「板」を利用し仮想通貨を売買します。

今一番安い注文で約定する成行注文や、指定した価格になったら取引成立する指値注文を行えます。

取引所は使い方がやや複雑ですが、使いこなせれば、販売所よりも便利と言えます。取引手数料が非常に安いのも利点です。
取引所・販売所のいずれを利用するにしても、慣れていないと使い方が分からず、戸惑うこともあり得るでしょう。そのため、可能であれば1000円未満程度の少額投資で取引画面を触りながら、操作方法を確認することをおすすめします。
 まずは少額資金で操作方法を確認することで、本格的な取引の際に、スムーズに画面操作を行うことができます。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

初心者でも使いやすい!仮想通貨取引所のアプリ

おすすめ仮想通貨アプリランキング|初心者向け

ウォレット選びはこちらで

おすすめ仮想通貨ウォレットランキング

2.レバレッジ取引

仮想通貨(暗号資産)の買い方・購入方法は2種類

レバレッジ取引は、取引所に証拠金を預けてレバレッジをかける取引のことで、預けた金額よりも多くの金額で取引ができるようになります。

レバレッジとは「てこ」のことです。レバレッジ取引とは簡単に言うと、てこの原理で倍率をかけて大きな金額を動かせるようにできる取引のことになります。

たとえば、取引所に証拠金を10万円預けてレバレッジを5倍に設定した場合、扱える金額は50万円ということになります。

レバレッジ5倍で利益が20万円出たら、100万円の利益を得られる計算ですね。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

レバレッジ取引のリスク

現物取引では、20万円の利益が出たらそれがそのまま手元に利益として残ります。しかしレバレッジ取引では、「利益×レバレッジ倍率分」の利益が手元に残るのです。

 利益だけでなく損失も同じように倍率されるため、損をすると大きくお金を失う可能性があります。

レバレッジ率5倍の場合、預けた証拠金の2割以上の損失が出ると、マイナスになる計算です。そのため、初心者よりは仮想通貨取引に慣れた上級者向けの取引になります。

レバレッジ取引で得た利益は、売ってお金に変えることしかできません。買い物には利用できないので注意しましょう。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

仮想通貨(暗号資産)の手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 日本円の入金手数料
  • 日本円の出金手数料
  • 仮想通貨の入出庫手数料
  • 取引手数料
  • レバレッジ手数料
  • 積立手数料

口座開設手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

口座開設手数料は、取引所の口座開設を申し込む際に発生する手数料のことです。金融機関によっては発生することがあります。

しかし、現状、多くの国内仮想通貨取引所では口座開設手数料が無料に設定されています。

口座を作るだけであれば、手数料無料なことが多いのはうれしいですね。

口座維持手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

金融機関によっては、口座維持手数料が存在することがあります。口座を所有しているだけで手数料が発生します。

しかし、日本の仮想通貨取引所は口座開設手数料同様に無料なことがほとんどです。

 そのため、口座を持っているだけで手数料がかかることも無く安心です。

日本円の入金手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

日本円を入金する際にかかる手数料です。仮想通貨取引所に入金する手段としては以下のようなものがあり、それぞれ手数料がかかります。

日本円の入金方法
  • 銀行振込
  • オンラインバンキング入金
  • コンビニ入金

 

これらの方法があり、それぞれの取引所によって所定の手数料がかかります。

 銀行振込やコンビニ入金の場合は、さらに、銀行の振込手数料やコンビニ手数料もかかります。

ただ、クイック入金に関しては取引手数料が無料に設定されていることが多く、迅速かつ低コストで入金が可能です。

そのため、利用する取引所でオンラインバンキング入金手数料が無料の場合は、積極的に活用するといいでしょう。

ちなみに、取引所によっては特定の銀行からの入金の場合のみ手数料が無料になるケースもあります。その場合には、指定の銀行の口座を用意しておくと余計なコストを省くことができます。

日本円の出金手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

仮想通貨で取引した後に、自分の銀行口座に資金を移動させる際にも手数料がかかります。この際にかかるのは出金手数料です。

出金の際には、たいてい場合数百円程度の出金手数料がかかると思っておきましょう。

ただ、DMM Bitcoinのように出金手数料が完全無料の取引所も存在します。そのため、少しでも取引コストを抑えるには各取引所の出金手数料をチェックしておくのもいいでしょう。

仮想通貨の入出庫手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

日本円の入出金だけではなく、仮想通貨の入出庫の際にも手数料がかかることがあります。まず、ウォレットや他の取引所から利用する業者に仮想通貨を送る際には入庫手数料がかかります。

 反対に、利用中の業者から外部に仮想通貨を送付する際にも、出庫手数料が発生することがほとんどです。

仮想通貨の種類によって出庫手数料は様々ですが、送付する仮想通貨によっては高額になることがあり注意が必要です。

特にビットコインやイーサリアムは、仮想通貨の価格自体が上がっていることもあり、近年送金手数料が高額になってきています。
そのため、仮想通貨を別の取引所などに送金する際には、できるだけ送金手数料が安い仮想通貨を利用するといいでしょう。
最もオススメなのはリップル。0.1XRP~0.2XRP(10円~20円)程度の手数料で送金でき、送金時のコストを大幅に抑えられます。
 仮想通貨はその通貨によって送金手数料が大きく変わります。リップルのような送金に適した通貨を利用することで、コストを抑えることができます。

取引手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

取引手数料は日本円と仮想通貨、もしくは仮想通貨どうしを交換する際に発生する、手数料のことを指します。

仮想通貨の業者には取引所と販売所があり、ここで言う取引手数料とは、取引所での売買の際に発生する手数料のことを指します。

 取引所での手数料は非常に安価で、0.05%程度が相場です。

一方、販売所では手数料は無料に設定されていることがほとんど。しかし、その代わり実質の手数料として、スプレッドが存在します。

販売所で発生するスプレッドは、取引所でかかる取引手数料に比べ、金額が大幅に大きいことが多いです。そのため、コストを抑えるためには、取引所を使うほうが有利と言えます。

販売所は操作が簡単な代わりにスプレッドが発生し、コストが大きくなりがち。取引に慣れてきたら取引所をメインに使用しましょう。

レバレッジ手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

レバレッジ取引の際にかかる手数料も存在します。この手数料は、レバレッジ取引をした際に必ず発生するわけでは無く、ポジションを持ったまま、日を跨いだ際に掛かる仕組みになっています。

 取引所によって変わりますが、レバレッジ手数料は0.04%程度になることが多いです。

このように、レバレッジ手数料は割合が小さいためあまり気にする必要が無いように見えます。しかし、仮にポジションを長期保有すると手数料が積み重なっていくため軽視できない金額になる可能性もあるのです。

そのため、レバレッジ取引をする際は、可能であれば早めに決済したほうが手数料が安く済みます。

積立手数料

仮想通貨(暗号資産)の手数料は?

仮想通貨取引所の中には、仮想通貨の積立サービスを行っているところもあります。こういった業者では、積立を行う際に実質の手数料として、一定のコストがかかることがあります。

 積み立てを行う際には、販売所で自動的に仮想通貨が購入されます。そのため必然的にスプレッドが発生します。

よって、取引所のホームページで、積み立て手数料が0円と表記されていたとしても、コストが全く発生していないわけではありません。

積立を行う際には、必然的にコストが発生すると考えておきましょう。

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨取引のメリット
  • 時間を選ばずに取引できる
  • ボラティリティが広いため大きく稼げることがある
  • 下落相場でも利益を出せる
  • 少額から投資できる

時間を選ばずに取引できる

仮想通貨取引のメリット

最初のメリットとして、時間を選ばずに取引できる点が挙げられます。株やFXと違い、仮想通貨は24時間365日、一切止まることなく相場が動いています。

 FXは平日のみ、株は平日9時~15時など、取引時間が限られています。一方仮想通貨はいつでも取引できます。

そのため、仮想通貨には投資したいときに投資できるメリットがあります。取引所のシステムも24時間365日動いているため、土日祝日や深夜でも全く関係なくトレードを行えるのです。

このことにより、平日の日中は忙しく投資の時間が取れない方でも、仮想通貨ならトレードを楽しめます。

また、取引所の多くがリアルタイム入金に対応しているため、取引したいと思ったタイミングで入金できるのもメリットと言えます。

ボラティリティが広く大きく稼げることがある

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨は他の投資商品と比較し、ボラティリティが非常に大きい傾向があります。

仮想通貨の中で最もメジャーなビットコインは、一日で10%~20%程度価格が上下することも珍しくありません。そのため、FXや株の値動きに慣れている方であれば驚くかもしれません。

 ビットコイン以外のアルトコインの場合はさらに値動きが激しく、1日で価格が2倍以上になることもあり得ます。

このように値動きが非常に激しいため、購入するタイミングによっては短期間に大きな利益を出せることも。そのため、仮想通貨は大きな利益を狙う投資家たちから好まれる傾向があります。

ただ、裏を返せば短期間で大きなマイナスにつながることもあり得るため、その点は注意が必要です。

下落相場でも利益を出せる

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨は下落相場でも利益を出せるというメリットもあります。現物取引だけではなく、仮想通貨FXが可能なため売りから入る取引を行えるためです。

 仮想通貨FXでは、仮想通貨を持っていなくても売り注文を出せます。その後、価格下落後に買い戻すことで利益を上げられるのです。

また、仮想通貨FXではレバレッジを掛けて保有資金以上のお金を動かすことも可能です。

日本の法律では、仮想通貨取引の際には2倍までのレバレッジが認められており取引が成功すれば利益を2倍にできる可能性があります。

仮想通貨はそもそもボラティリティが広いので、レバレッジで2倍の金額を運用できれば、非常に利益が大きくなることもあるでしょう。

少額から利益を出せる

仮想通貨取引のメリット

仮想通貨取引は少額から行うことができます。ビットコインが1BTC=500万円以上のため、まとまった金額が無いと投資できないと思う方も多いです。

しかし、実際にはビットコインは0.001BTCのような単位で購入できるため、少額で投資可能なのです。

 取引所によっては、1円から仮想通貨を購入できることもあります。

そのため、まずは少額から仮想通貨取引を試したいという方も安心です。1000円以下程度でまずは仮想通貨を購入し、慣れてきたら金額を上げていけばいいでしょう。

仮想通貨取引所では、基本的にデモ取引ができません。その代わり、少額での取引ができ、取引画面に慣れることが可能です。

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方
  • まずは現物取引からスタートする
  • 販売所の利用を控え取引所を利用する
  • 余裕資金で投資を行う
  • 海外の仮想通貨取引所の利用を避ける
  • 仮想通貨の積立で長期運用する

まずは現物取引からスタートする

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨では、慣れるまではレバレッジ取引は行わず、現物取引から始めることをおすすめします。

レバレッジ取引は、所持資金を超える金額を運用するための制度。国内ではレバレッジを2倍まで上げることができ、資金効率を上げ取引可能です。

 レバレッジ取引は利益も損失も2倍になるため、ハイリスク・ハイリターンと言えます。

レバレッジ取引では、予想した通りに価格が動けば通常の2倍の利益が出ます。しかし、予想と反対方向に動いた際には、損失も2倍に膨れ上がってしまいます。

そのため、仮想通貨取引に慣れるまではレバレッジ取引には手を出さず、現物取引のみにしておくことをおすすめします。

現物取引はただでさえ値動きが激しいため、レバレッジを掛けると非常にリスクが大きくなります。行うのであれば慣れてからにしましょう。

販売所の利用を控え取引所を利用する

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨を購入するときには、できるだけ、販売所ではなく取引所を利用するようにしましょう。

仮想通貨を購入する際には必ず取引コストが発生します。取引所では取引手数料、販売所では実質の手数料としてスプレッドが存在しています。

 取引所の手数料と販売所のスプレッドを比較すると、販売所のスプレッドの方がはるかに高いことが一般的です。

そのため、仮想通貨の購入にはできるだけ販売所ではなく取引所を利用するようにしましょう。取引所を利用すれば、売買の際に発生するコストを最小限に抑えることが可能です。

販売所は操作方法がかんたんで使いやすいのですが、取引コストが高いです。余計な出費を抑えるためには、取引所を使いましょう。

余裕資金で投資を行う

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨に限りませんが、投資は余裕資金で行うようにしましょう。投資をすれば資金を増やせる可能性もありますが、当然失うリスクもあります。

とくに仮想通貨は値動きが激しく、投資のやり方によっては、資金の大半を失うケースも決して珍しくないのです。

 実際に、仮想通貨投資により貯金の大半を失ってしまった方も、存在するのが現実です。

そのため、投資には失ってはまずいお金を使うのは危険です。生活資金や将来のための貯蓄に手を付けるのは、全くおすすめできません。

特に、借り入れした資金を投資に利用するのは絶対にやめましょう。万が一資金を失ったときに、首が回らなくなる恐れがあるからです。

借金で用意したお金を投資に使い、人生を狂わせてしまう人もいます。非常に危険なので絶対にやめることを強くおすすめします。

海外の仮想通貨取引所の利用を避ける

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

海外の仮想通貨取引所の利用を避け、国内の取引所を利用するようにしましょう。海外取引所は、取り扱い通貨が豊富で、魅力的に見えるかもしれません。

しかし、取り扱い通貨が多いのは、上場する基準が緩いからにほかなりません。日本の取引所とは違い、安全性が低い詐欺まがいの通貨も、取扱いしていることが多いのです。

 海外取引所の通貨を購入すると、ある日突然価格がゼロになるような事態が全く珍しくありません。

また、海外取引所は、日本の取引所に比べハッキングされやすい傾向もあります。万が一被害に遭った際には、日本の制度は適用されず、お金が戻ってくることはまずないでしょう。

さらに、当然日本語が通じないことも多く、トラブル時には現地の言葉で対応しなければなりません。資金が引き出せない場合などには、相当困る可能性もあります。

海外取引所は、日本で仮想通貨交換業の登録をしていません。そのため、日本の金融庁から警告を受けていることも多いです。

仮想通貨の積立で長期運用する

仮想通貨(暗号資産)のおすすめの買い方

仮想通貨の積立投資もおすすめの運用方法です。毎月一定金額を積み立てることで、少しずつ投資資金を大きくしていき運用するのです。

レバレッジ取引などとは違い、ハイリスク・ハイリターンな取引とは違い、高確率で資産を増やせるメリットがあります。

 また自動的に買付されるため、手間がかからないのも積立投資の利点です。

チャートを見れば分かる通り、主要な仮想通貨は上下動作を繰り返しながらも、長期的には価格が上昇する傾向があります。そのため、積立投資は初心者にも行いやすく、高確率で資産を増やせるおすすめの投資方法だと言えます。

積立投資は派手さは無いかもしれませんが、堅実に資産を作れます。投資方法が分からない場合は、積み立てを選ぶといいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき7つの注意点

初心者が気をつけるべき仮想通貨購入時のポイントは主に3つあります。紹介する3つの注意点を意識して、仮想通貨取引を行いましょう。

初心者必見|仮想通貨購入時の注意点7つ
  1. 余剰資金で少額から始めるのが得策

  2. 信用度が高い取引所を選ぶ

  3. レバレッジ取引は慣れてから

  4. 相場が変動しやすい
  5. システムトラブルやサーバーの不具合が起きる可能性もある
  6. 盗難やハッキングのリスクが0じゃない
  7. 詐欺に気をつける

1.余剰資金で少額から始めるのが得策

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

仮想通貨は価格変動が激しい通貨です。これは、仮想通貨ができたばかりの概念で、価値が定まっていないためです。

 はじめのうちは、仮想通貨の価値が下がっても大きな損失にならないよう、少額から取引を始めるのが良いでしょう。

生活費を削ることなく、余剰資金で取引を進めるようにしましょう。

取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

2.信用度が高い取引所を選ぶ

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

金融庁から仮想通貨交換業者として登録されている取引所を選ぶのがベターです。登録には厳しい条件がありますが、必ずしも安全とは言えず、どの取引所もサイバー攻撃などのリスクがあります

大きな資産はハッキングなどにリスクがないコールドウォレットに保管しておくと安心でしょう。
信用度が高いおすすめ仮想通貨取引所はこちら

3.レバレッジ取引は慣れてから

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

レバレッジ取引は、利益も大きくなりますが、損失を出すとマイナスになる場合もあります。そのため、初心者はレバレッジ取引には手を出さず、現物取引に専念するのがおすすめです。

 現物取引なら仮想通貨が下落した場合でも、手持ちがゼロになることはあってもマイナスにはなりません。

現物取引で仮想通貨のチャートの読み方や特性などが十分に理解できてから、レバレッジ取引にチャレンジするのが良いでしょう。

レバレッジ取引をする場合でも、倍率は低くしておくのがおすすめです。
取引初心者にもおすすめできる

仮想通貨(暗号資産)取引所
おすすめ5選

4.相場が変動しやすい

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

仮想通貨は値動きが激しく、相場が変動しやすいです。ビットコインの価格は急騰・急落することが多く、短い期間でも大きな値動きをしやすい傾向があります。

例えば、ビットコインは2021年11月には750万円程度の価値でしたが、2021年12月には530万円程度にまで下落しました。

 このようにたったの1か月程度で、大きな価格変動をする可能性があるのが仮想通貨なのです。

さらに、ビットコイン以外のアルトコインの場合はさらに値動きが激しいことも珍しくありません。1か月の間で価格が数十倍に上下することも十分にあり得ます。

そのため、投資後に仮想通貨の価格が急落し投資した資金の大部分を失うリスクもあるのです。価格の上下が非常に激しいのが、仮想通貨の特徴ということを知っておくべきです。

仮想通貨の取引経験が無いと、値動きの大きさに驚くと思います。この機会に、ボラティリティの大きさを認識しておくといいでしょう。

5.システムトラブルやサーバーの不具合が起きる可能性もある

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

仮想通貨取引所にはシステムトラブルやサーバーの不具合が起こる可能性もあります。システム障害が発生すると、ログインできなくなったり、チャートが正常に表示されなくなったりします。

こうしたトラブルが起こると、仮想通貨の売買を行えなえず、取引のタイミングを逃す可能性があります。

 注文不能もしくは注文の遅延により、利益が小さくなったり、損失が膨らんだりするリスクがあるのです。

また、大型取引所でのシステムトラブル発生時には、仮想通貨の価格が下落する傾向があることも知っておくべきです。

実際、2021年にbitFlyerなどの取引所でシステム障害が発生した際には、ビットコイン価格は暴落してしまいました。

取引所の不具合により仮想通貨そのもののイメージが落ち、仮想通貨の投げ売りにつながる傾向が強いようです。

6.盗難やハッキングのリスクが0じゃない

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

仮想通貨には、盗難やハッキングのリスクが存在することを知っておきましょう。仮想通貨取引所には多額の資金が預け入れられています。そのため、世界中のハッカーがその資金を狙っているのです。

実際に、過去には日本の取引所でも複数回のハッキング事件が起こり、仮想通貨のイメージが悪くなる原因となってしまいました。

 最近では2021年12月に、海外取引所のビットマートでハッキング被害が発生しました。

また、取引所やウォレットのIDやパスワードの流出により、盗難に遭う可能性もゼロではありません。パスワードを複雑にしたり、2段階認証を設定したりすることで、セキュリティを高めるようにしておきましょう。

googleの2段階認証アプリを利用すると、セキュリティを大幅に高められますよ。

7.詐欺に気をつける

仮想通貨(暗号資産)の購入で初心者が気をつけるべき3つの注意点

仮想通貨には詐欺も存在するので、十分に気を付けるべきです。ビットコインは発行当時には無価値だったにもかかわらず、2022年1月現在は1BTC=500万円以上の価値があります。

そのため、ビットコイン投資で多額の資産を築いた人は世界中に多数存在します。こうした人は「億り人」と呼ばれることがあり、多くの人の憧れの対象になっているのです。

 このように「少額からでもお金持ちになれる」というイメージがあることから、仮想通貨は詐欺に利用されやすい面があります。

詐欺通貨を販売する際には「○○○コインという新しい仮想通貨が100倍以上になる」などと、期待を煽ることでお金を集めるケースが多いです。

仮想通貨は実際に100倍以上に暴騰するケースがあるため、ついつい魅力的に感じてしまいがち。しかし、詐欺案件に投資してしまうと、投資資金が大きなマイナスになることも多いです。

初めから、集めたお金を持ち逃げするつもりで集金する詐欺もあります。おいしすぎる話には裏があると考えた方がいいでしょう。

仮想通貨(暗号資産)が買うならどこ?おすすめの取引所5選

おすすめの仮想通貨取引所を5つ厳選して紹介します。どの取引所も取り扱っている仮想通貨の種類が豊富で、選択肢が幅広いです。アプリも使いやすいため、初心者でも安心して取引できるでしょう。

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
bitFlyer
GMOコイン
BITPOINT
ビットポイント
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
bitflyer
GMOコイン
BITPOINT
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
2倍
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

500円〜
0.00000001BTC~

取引通貨数
17種類
15種類
15種類
20種類
11種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント

Coincheck

コインチェック Coincheck

コインチェックのおすすめポイント
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨を500円から買える
  • ダウンロード数、取り扱い通貨数ともにNo.1
  • 販売所・取引所手数料が無料
  • シンプルで直感的に操作できるインターフェイス
  • 積み立て投資やレンディングにも対応
  • IEOやNFTマーケットなどの独自サービスも豊富

 

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Coincheckは、17種類の仮想通貨を取り扱っている取引所です。アプリはダウンロード数もNo.1で、初心者でも使いやすいシンプルなデザインです。

 口座開設も簡単にでき、本人確認は書類を写真にとってアップロードするだけで完了するので、必要事項の入力を含めても5分以内には終わります。

本人確認書類提出から口座開設までのスピードも最短1日と早く、スムーズに取引を開始できます。

500円からビットコインが買えるので、まずは仮想通貨取引を試してみたい初心者に特におすすめです。

公式サイトより

取扱仮想通貨数 17種類
取引所手数料 無料
販売所手数料 取引手数料:無料
手数料相当額:0.1〜5.0% (カバー先又は当社取引所の価格に対して)
最小注文数量 500円
手数料

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

【販売所手数料】

  • 取引手数料:無料
  • 手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又はCoincheckの価格に対して)
口座開設スピード 最短1日

※出典:「手数料」-Coincheck

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料
  • 最短1時間取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能
  • ビットマッチ機能で取引コストが安くなる

 

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoinは、口座開設スピードが最短1時間のスピーディさが特徴の取引所です。

 スマホアプリの機能が充実しており、PC版に劣らない機能性でありながらワンタッチで購入できる、初心者でも使いやすい仕様です。

土日祝を含めた365日の問い合わせに対応しているため、わからないことがあったらいつでも問い合わせが可能です。

さまざまな手数料が無料なので、コストをかけずに仮想通貨取引を試したい人にもおすすめです。
取扱仮想通貨数 12種類
最小注文数量 0.0001BTC
手数料
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料
口座開設スピード 最短1時間

出典:「取引概要」-DMM Bitcoin

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

※BitMatch取引手数料を除く

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量№1※1
  • 様々な手数料が無料
  • 創業以来7年間ハッキング被害ゼロ
  • 仮想通貨を1円から購入できる
  • 最短10分間で口座開設が完了

 

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerは2016年~2020年のビットコインの取引量が№1※1の取引所。2014年の創業から一度もハッキング被害を受けておず、セキュリティに力を入れていることが分かります。

また、bitFlyerでは各種手数料が無料です。ビットコインFXの取引手数料や、販売所の手数料が0に設定されており、コストを抑えた取引ができます。

 住信SBIネット銀行を使うと入金手数料も無料になります。

さらに、様々な仮想通貨を少額から購入できるところも特徴的で、14種類の仮想通貨を1円から売買できます。

1円から購入できるため、少額で仮想通貨取引を試してみたい場合に最適と言えます。

他には、口座開設のスピードの迅速さにも魅力があります。スマホからのクイック本人確認で、最短10分で口座開設が可能です。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

そして2021年12月にbitFlyerは「bitFlyerクレカ」のサービスを始めました。これは買い物などで、ビットコインがキャッシュバックされるクレジットカードです。

 bitFlyerクレカは提供開始からわずか3日で申し込み1万人を突破しました。注目度の高さがうかがえますね。
加えて、bitFlyerでは貯めたTポイントとビットコインを交換できるサービスも行っています。100ポイントからビットコインと交換でき、気軽にビットコインを入手可能です。
 いきなり現金を投資するのに抵抗がある場合は、Tポイントからスタートしてもいいかもしれません。
取扱通貨数 14種類
最小注文数量 0.00000001BTC
手数料

アカウント作成手数料:無料
アカウント維持手数料:無料
即時入金手数料
・住信SBIネット銀行:無料
・それ以外の銀行:330円(税込)

販売所の販売手数料:無料
取引所の売買手数料:0.01%~0.02%
仮想通貨の送付手数料;通貨の種類による

口座開設スピード 最短10分

出典:「手数料一覧・税」-bitFlyer

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • オリコン顧客満足度№1
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
  • APIでの自動売買も可能
  • 81種類のインジケーター・70種類を超える描画機能が利用できる
  • 口座開設は最短わずか10分程度で完了
  • 積立投資は500円から行える

 

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインは、初心者から上級者まで充実したサービスを利用できる取引所です。スマホアプリにはノーマルモードとトレーダーモードがあり、自分に合ったモードを選べます。

 セキュリティに力を入れており、2段階認証だけでなくログイン通知もされるので、不正使用されるリスクが低いです。

その他、24時間監視定期的な脆弱性診断も行っており、サイバー攻撃に備えています。

さまざまな手数料が無料で、取引しやすいのも大きなメリットです。
取扱仮想通貨数 13種類
最小注文数量 0.0001BTC
手数料
  • 即時入金手数料:無料
  • 口座開設手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 暗号資産(仮想通貨)送付手数料:無料
  • 取引所手数料:Maker-0.01%/Taker0.05%
口座開設スピード 最短10分

※出典:「取引手数料」-GMOコイン

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 出来高ランキングが国内№1
  • 国内で唯一ADA・JMYを取扱い中(2022年1月時点)
  • 初めてでも直感的に使用可能なスマホアプリ
  • さまざまな手数料が無料
  • レンディングで仮想通貨を増やすことも可能
  • 最短当日から取引スタートできる

 

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT(ビットポイント)は、出来高ランキングが日本№1の取引所です。法定通貨の入出金手数料や、販売所の取引手数料など様々な手数料が完全無料に設定されています。

 他には、仮想通貨の入出金手数料も完全無料です。

また、他で取扱いの無い仮想通貨を使っていることも、ビットポイントの特徴です。トロンエイダジャスミーなどの仮想通貨を購入できます。

さらに、パソコンの取引ツールはTradingviewを利用しており、チャート分析を駆使した取引が可能です。

一方で、スマホアプリは初心者にも使いやすいことを意識して使われています。シンプルな操作感で仮想通貨を購入可能です。

※:BITPoint公式

取扱通貨数 11種類
最小注文数量 0.00000001BTC
手数料 口座開設手数料:無料
口座維持手数料:無料
現物取引手数料:無料
即時入金手数料:無料
仮想通貨入出庫手数料:無料
法定通貨の入出金手数料:振込手数料のみ利用客負担
口座開設スピード 数日

※出典:BITPOINT公式

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨で儲けを出すなら事前準備が必要!

仮想通貨で儲けを出すなら事前準備が必要!
  • 仮想通貨取引で利益を出すには事前準備をしよう
  • 今のうちに仮想通貨取引所の口座を作るのもおすすめ

 

こちらもおすすめ仮想通貨はそもそも儲かる?

仮想通貨取引で利益を出すには事前準備をしよう

仮想通貨で儲けを出すなら事前準備が必要!

仮想通貨は投資のタイミングが非常に重要です。ビットコインは2017年には10万円から240万円まで上昇しました。

その後、2018年には35万円まで下落しましたが、2020年には700万円以上にまで上昇。このように価格が大きく上下するのが仮想通貨なのです。

 そのため、できるだけ安くなったタイミングで購入することで、利益を大幅に増やすことができます。

もしも、仮想通貨取引のタイミングを間違えてしまうと、利益が小さくなったり、損失を出してしまう可能性もあります。そのため、チャートやニュースをこまめにチェックするなど事前準備をしておくことが重要になります。

仮想通貨投資はタイミングが大切です。いつ投資しても利益を出せるというわけでは無いのです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

今のうちに仮想通貨取引所の口座を作るのもおすすめ

仮想通貨で儲けを出すなら事前準備が必要!

準備の一つとして、今のうちに取引口座を作るのは非常におすすめ。事前に口座を作っておけば、ニュースなどをチェックしながら、然るべきタイミングで投資を行えるからです。

 取引所の口座開設には時間がかかります。前もって口座を作っておかないと、適切なタイミングで投資できなくなる恐れがあります。

そのため、チャンスを逃すことが無いよう、この機会に口座を作っておくといいでしょう。口座の作成や維持には手数料がかからないため、口座を持っているだけであれば費用は完全無料です。

つまり取引所の口座をあらかじめ作っておくことは、メリットが大きい一方で、デメリットは一切存在しないと言えるのです。

投資したいときにすぐに動けるようにするためには、今のうちに取引所の口座を作っておきましょう。

おすすめの取引所は「コインチェック」。

取引所の手数料が無料で取扱仮想通貨の種類が国内取引所No.1ということもあり、非常に人気の高い取引所です。

仮想通貨取引初心者の方におすすめしたい取引所の1つなので、ぜひこの機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨の買い方に関するよくある質問

おすすめの取引所は?
CoincheckDMM BitcoinGMOコインの3つの取引所がおすすめです。取り扱い仮想通貨の種類が豊富で、セキュリティもしっかりしています。また、口座開設スピードも早いので、スムーズに取引開始できます。初心者でも使いやすいアプリも特徴です。
仮想通貨はどこで買うの?
仮想通貨の購入場所は、販売所か取引所です。販売所は業者から仮想通貨を購入する方法で、取引所は個人間取引で購入する方法です。
仮想通貨はいくらから買えるの?
仮想通貨が買える最小の価格は取引所によって違います。また、同じ取引所でも仮想通貨の相場によって価格は変動します。最小の価格を500円と設定している取引所もあれば、0.0001BTCのようにBTCの単位で設定している場合もあります。
仮想通貨の買い方は?
仮想通貨を買うためには、まずは取引所に口座を開設する必要があります。入金方法は取引所によって違いがありますが、主に銀行振込、コンビニ振込、クイック入金の3種類があります。
仮想通貨取引にはどんなものがあるの?
仮想通貨取引には、現物取引とレバレッジ取引があります。現物取引は、通常の買い物と同じです。爆発的な利益は見込めませんが、価値が下落しても損益がマイナスになることはありません。レバレッジ取引は倍率をかけて取引する方法で、多くの利益を出せる反面、損失がマイナスになるリスクもあります。
仮想通貨を購入する際の注意点は?
初心者が仮想通貨を購入する際には、生活費などを削らずに余剰資金で少額から始めるのがおすすめです。また、取引所は金融庁の登録がある取引所を選ぶとセキュリティ面も安心できます。レバレッジ取引はリスクが大きいので慣れてからチャレンジしましょう。
購入した仮想通貨はどこで保管するの?
基本的には、取引所に口座開設すると自動的に作成されるウォレットで管理します。しかし、取引所のウォレットはサイバー攻撃などのリスクが少なからずあるので、オフラインで保管するコールドウォレットと併用するのが良いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)の買い方まとめ

今回は、仮想通貨の買い方・購入方法について紹介しました。

仮想通貨を購入するためには、取引所に口座開設する必要があります。口座開設完了後、指定の口座に入金すれば購入が可能になります。

購入できる最小の金額は取引所によって違いがありますが、Coincheckなら500円、GMOコインなら0.0001BTCという小さな単位でも購入可能です。

まずは仮想通貨取引に慣れるために、少ない単位から現物取引で始めてみてはいかがでしょうか。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事