通貨ランキング

「仮想通貨(暗号資産)取引をはじめたいけど、今からだと遅くない?」「仮想通貨(暗号資産)って今後も将来性あるの?」と感じている人も多いでしょう。

仮想通貨(暗号資産)は実体がない通貨のため、今後についてセキュリティ面などで不安に思う人もいれば、新たな決済方法として期待する人もいます。

では、実際には仮想通貨(暗号資産)の将来性はどのように考えられているのでしょうか。今回は、仮想通貨(暗号資産)、特にビットコインの今後についてわかりやすく解説していきます。

初心者向けにおすすめの取引所や、仮想通貨/ビットコインの買い方も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

今後の将来性が有望な銘柄はこれ!!
Coincheck(コインチェック)

将来が期待されている「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」、この3銘柄を取り扱うおすすめの取引所はCoincheck
初心者でも使いやすいDL数No1※のスマホアプリで業界最大の17種類の仮想通貨を取扱っています。取引手数料無料で最小500円から仮想通貨を購入可能

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨の今後は?将来性を徹底予想!

仮想通貨(暗号資産)の将来性について、結論から言うと「期待しても良い」と言えるでしょう。その理由として、主に以下の3つが挙げられます。

仮想通貨の将来性が期待できる理由

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

理由1:値動きの幅が大きいから

仮想通貨(暗号資産)は株やFXなどに比べて、値動きの幅が非常に大きいです。昔に比べてチャートは右肩上がりになっていることも、大きな利益を生む可能性を秘めていると判断できる材料です。

大きく値上がりをすればより多くの人に注目され、今後もさらに値動きは上昇する可能性が高いと推測できます。

理由2:決済通貨として利用できるから

そして、将来性に期待できる理由として、決済通貨として活用できる実用性の高さが挙げられます。日本や海外など、世界各国で仮想通貨(暗号資産)を決済手段とする動きが見られているのです。

 日本国内でも、大手家電量販店などではビットコインによる決済に対応しています。

日本国内では仮想通貨(暗号資産)を現金やクレジットカードと同じ決済手段として認めており、金融庁が認可している取引所も増えてきています。

暗号資産交換業者登録一覧に掲載されている取引所
  • コインチェック株式会社(Coincheck)
  • 株式会社DMM Bitcoin(DMM Bitcoin)
  • GMOコイン株式会社(GMOコイン)
  • 株式会社ビットポイントジャパン(BITPOINT)
  • ビットバンク株式会社(bitbank)

これからの生活に決済手段として仮想通貨が使われるようになる可能性は十分にあります。今後はより需要が高まるでしょう。

理由3:企業の参入が活発だから

海外では大手企業が決済手段として仮想通貨(暗号資産)を取り入れる動きがあり、これが世界中で進むと市場はより活性化するでしょう。

 海外では、スターバックスや31アイスクリームが仮想通貨(暗号資産)決済を導入しています。

企業の参入により活性化すると仮想通貨(暗号資産)の価値は高まると想定されるため、将来性があると期待されています。

日本国内でも株式会社メルカリが小会社「メルコイン」を立ち上げ、暗号資産事業への参入を発表しています。

ビットコインの今後の見通しをニュースから予想

ビットコインの今後の見通しをニュースから予想

ビットコインは今後どうなるのでしょうか?結論から言うと、今後も価格が上がっていく可能性が高いと考えられます。なぜそう言えるのかを、最近のニュースからお伝えします。

ビットコインの最近のニュース
  • 米デジタル決済企業ブロック(旧スクエア)、Cash Appでビットコインをギフト送付可能に
  • マイニングできるビットコインが、残り10%に
  • ロビンフッドが仮想通貨関連企業を買収
  • bitFlyer、ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」を提供開始

米デジタル決済企業ブロック(旧スクエア)、Cash Appでビットコインをギフト送付可能に

ビットコインの今後の見通しをニュースから予想

2021.12.5に、デジタル決済アプリのCashAppより、「家族や友人にビットコインを送付できるようになる」という発表がなされました。

この発表はCashAppを運営しているデジタル決済会社の「ブロック」が行ったものです。

 ちなみに同社のツイートによると、送金する際にビットコインを所有する必要は無いようです。

仮想通貨をプレゼントする際には、システムが仮想通貨が購入し相手に送金することになるのでしょう。

そのため、需要が大きくなり、仮想通貨価格が上がるきっかけになるかもしれません。

Cash Appは、世界で15億人のユーザーを持つ決済アプリ。このアプリで仮想通貨の利用が始まったことは、今後の仮想通貨価格にポジティブな影響を与えそうです。

出典:cointelegraph

マイニングできるビットコインが、残り10%に

ビットコインの今後の見通しをニュースから予想

2021年12月13日、ビットコインの総供給量の90%がマイニング済みになり、今後採掘できるのは残りは10%のみとなりました。

現在採掘されたビットコインは1,899万BTC。ビットコインの総供給量は2,100万BTCなので、残りは200万BTC程度ということになります。

 ビットコインは4年ごとに半減期が来て、マイニング報酬が半分になります。残りの200万BTCのマイニングには、119年かかる見込みです。

今後、マイニング報酬は減り続け、2040年にはブロック報酬が0.2BTCに減ることになります。

新たなビットコインの供給量が今後減ることで、ビットコインの希少価値は今後さらに高まりそうです。

出典:cointelegraph

ロビンフッドが仮想通貨関連企業を買収

ビットコインの今後の見通しをニュースから予想

米ナスダックの上場企業であるロビンフッドが、仮想通貨関連企業を買収しました。買収されたのは「Cove Markets」というトレーディングプラットフォームです。

Cove Marketsでは50種類以上の仮想通貨を売買でき、ロビンフッドのアプリのシステムはより強化されることが見込まれます。

 ロビンフッドは現在すでに7銘柄の仮想通貨取引ができます。今回の買収でよりサービスが拡充されるでしょう。

そもそも、ロビンフッドは、アメリカに1300万人の利用者を持つ投資アプリ。ミレニアル世代(20~30歳代)を中心に人気が広がっています。

ロビンフッドの動きにより、今後若年層の間で仮想通貨投資がより加熱する可能性もあるでしょう。

出典:日本経済新聞

bitFlyer、ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」を提供開始

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)が、クレジットカード「bitFlyer クレカ」の提供を開始しました。

このカードは、利用することで、ビットコインがキャッシュバックとしてもらえるというもの。買い物や公共料金への支払いで、0.5%のビットコインをもらえます。

 bitFlyer クレカのブランドはマスターカードで、年会費無料で利用できます。

また、「bitFlyerクレカ」には上位バージョンのプラチナカードも存在します。プラチナカードは、年会費が16,500円(税込)です。通常版より還元率が高く、ポイントが1.0%つきます。

さらに、プラチナカードは他社同様に、様々なサービスがついています。盗難や旅行の際の保険や、空港ラウンジでの優待などです。

bitFlyerクレカは、リリースから3日で申し込みが1万件を突破※しました。仮想通貨に興味を持つ人がいかに多いかが分かります。

※: IT media ビジネス

有識者やAIによるビットコインの将来性

ここでは有識者やAIが予測したビットコインの将来性について紹介します。

有識者の意見

有識者の意見
  • Balaji Srinivasan(バラジ・スリニバサン)氏の予想
  • キャシュー・ウッド氏の予想
  • トーマス・リー氏の予想

Balaji Srinivasan(バラジ・スリニバサン)氏の予想

有識者やAIによるビットコインの将来性

アメリカの仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)の元CEO、Balaji Srinivasan(バラジ・スリニバサン)氏の予想です。

スリニバサン氏は、2020年代にビットコイン価格は、1BTC=20万ドル(約2,270万円)を超えるだろうと語っています。

また、同氏は、「2020年代には億万長者の半数以上を、仮想通貨の分野が占めることになる」とも発言しています。

さらに、現Coinbase CEOのBrian Armstrong(ブライアン・アームストロング)氏は、以下のように述べています。

 「2020年代は取引目的以外に、仮想通貨を実社会で利用するフェーズに移っていくだろう」

アームストロング氏の予測が正しければ、仮想通貨は今後私たちの生活に、より密着した存在として存在感を示すかもしれません。

たしかに仮想通貨は決済手段やNFTなど、日常生活でも利用され始めています。今後はメタバースなどの発展でより身近になるでしょう。

キャシュー・ウッド氏の予想

有識者やAIによるビットコインの将来性

キャシュー・ウッド氏は、「アーク・インベストメント・マネジメント」という米国ファンドの、創設者です。

ウッド氏はビットコインに前向きな予測をしており、SALTカンファレンスでは「ビットコイン価格は今後5年間で50万ドルに達する」と予想しています。

 要するに、5年後には今の10倍程度という予測です。実現すれば資産を大きく増やす人が続出しそうです。

さらに、ウッド氏はファンドとしても、今後ビットコインやイーサリアムに投資すると発言しています。このことから、仮想通貨には大きな期待を寄せていることが分かるでしょう。

ウッド氏の予想が当たれば、5年後には仮想通貨長者が世界中で続出することになりそうです。

出典:コインテレグラフ

トーマス・リー氏の予想

有識者やAIによるビットコインの将来性

Fundstrat Global Advisorsの共同創業者・機関投資家のトーマス・リー氏の予想です。

トーマス・リー氏は、ビットコイン価格に対して強気な予測をしています。具体的には、2022年末までに12万5000ドル(約1,420万円)に達すると見ています。

 2021年には、ビットコインは最高で700万を超える価格に到達しました。リー氏の予想が当たれば、さらに2倍以上に跳ね上がることになりますね。

トーマス氏は「Fundstrat Global Advisors」の共同創設者のひとり。ビットコインに対して強気な予想をすることで知られる人物です。

トーマス氏の予想が当たれば、早くも来年には1000万円の大台を軽々と超えそうです。

出典:Our team-fundstrat公式サイト,bloomberg

AIの予想

AIの予想
  • Coin Price Forecas
  • Digitalcoin
  • TokenInsight

Coin Price ForecasのAI予想

有識者やAIによるビットコインの将来性

Coin Price ForecasのAI予想は以下の通りです。

2021年末 $56,197(約640万
2022年末 $95,039(約1,080万
2023年末 $123,166(約1,400万円)
2024年末 $159,852(約1820万円)
2025年末 $195,619(約2200万円)

このようにCoin Price ForecasのAIは、ビットコインに対しポジティブな予想をしています。

この予想が的中すれば、2025年末には1BTC=2000万円を超え、現在よりはるかに大きな金額で取引されることになりそうです。

 もしこの通りになるなら、今ビットコインを買えば4年後には、資産が4倍程度に増えそうですね。

DigitalcoinのAI予測

有識者やAIによるビットコインの将来性

2021年末 $74,828(約850万
2022年末 $86,440(約980
2023年末 $97,040(約1,100万円)
2024年末 $125,932(約1,430万円)
2025年末 $146,655(約1,670万円)

Digitalcoinも、ビットコインに対しては非常にポジティブな見方をしています。残念ながら2021年に1BTC=約850万円に達するとの予測は的中しなさそうですが、問題は来年以降。

この予測が当たっているとすれば、今後ビットコインの価格は年々上がり続け、時間がたつほどに価値が高まることになりそうです。

2021年の予測は実現困難ですが、2022年以降に関しては実現可能性は十分にありそうです。

Wallet Investor

有識者やAIによるビットコインの将来性

2022年 $81,669(約930
2025年 $211,003(約2400万円)

Wallet Investorは、2025年には日本円で約2400万円に仮想通貨の価格が到達するという予測を出しています。

ここまでに紹介した中で、最大の数値です。ただ、ビットコインの価格が年々上昇し続けていることを考えれば、決してあり得ない話ではないでしょう。

この予想が当たれば、ビットコインは向こう5年間で5倍程度にまで価値上昇することになりそうですね。

【注目】ビットコインは暴落する?

過去チャートを確認すると、ビットコインは定期的に暴落しているのが分かります。そのため、今後も暴落する機会はあるでしょう。理由は以下の通りです。

ビットコイン 暴落

仮想通貨取引所でのハッキング発生

仮想通貨取引所でのハッキング事件は、仮想通貨の暴落につながることが多いです。ハッキングにより盗難に遭うのは、仮想通貨そのものではなく、取引所の体制が原因です。

そのため、本来仮想通貨の価格が下落するのはおかしいのですが、残念ながら仮想通貨そのものの印象が下がり、価格下落に転じる傾向があるのです。

 仕組みをよく理解していなければ、仮想通貨そのものに欠陥があると思うのもやむを得ないでしょう。

実際に、過去に大型取引所でハッキングによる資金流出の際には、価格が大きく下落したケースが何度もありました。

今後も、万が一有名取引所でハッキング被害があれば、ビットコインの価格は暴落するかもしれません。

近年取引所のセキュリティは向上の傾向があり、ハッキング被害は減っています。しかし、可能性があることは認識しておきましょう。

各国の規制強化

ビットコインは暴落する?

各国政府による仮想通貨への規制強化も、仮想通貨価格の下落要因になりえます。

特に、中国やアメリカなどの大国の規制のは影響が大きく、最近では中国の発表が暴落に引き金になりました。

 2021年9月24日に、中国での仮想通貨関連事業が禁止されたことで、ビットコイン価格は急落しました。※

このように大国で規制が強まると、たいていの場合仮想通貨価格は下落します。今後も強化のニュースが流れれば、仮想通貨価格が落ち込む可能性が高いでしょう。

ただ、規制強化からしばらくすると、価格が回復する傾向があるのも事実です。長い目で見れば、あまり気にする必要は無いでしょう。

著名人の発言

ビットコインは暴落する?

著名人の発言の影響で、ビットコイン価格が急落する傾向があります。2021年特にビットコインの価格に影響を与えたのは、イーロン・マスク氏でしょう。

ツイッターでの、イーロンマスク氏のポジティブ発言で値上がりし、ネガティブ発言で値下がりする動きがよく見られました。

 マスク氏が「テスラでビットコイン決済を受け入れる」と発言すると価格が急騰し、中止の発表では価格が10%※下がりました。

このようにイーロン・マスク氏の発言後により、全世界の投資家が、よくも悪くも影響を受けたのが2021年だったと言えます。

このように仮想通貨の場合には、たった一人の発言で、チャートが大きく動いてしまうことがよくあります。

今後も、著名人の発言で、仮想通貨価格が大きく動く機会もあるでしょう。

将来性が期待できる仮想通貨(暗号資産)ランキングTOP5!

将来性があると期待できる仮想通貨の種類(銘柄)を5つピックアップし、時価総額順にランキング形式にしてまとめました。

参考にした時価総額は2021年12月のもので、価格は日々変動しています。時期によってはその時のランキングとは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※出典:CoinMarketCap「仮想通貨時価総額上位100」より

1位 ビットコイン(BTC)

ビットコイン

ビットコインの将来性が期待できる理由
  • 知名度が高い
  • 基軸通貨として使われている
  • 証券取引所での取引が可能になるかもしれない
  • 決済通貨としての需要が高まっている

知名度が高い・基軸通貨として使われている

ビットコインは仮想通貨のなかでも比較的知名度が高く、時価総額も堂々の1位に輝いている仮想通貨です。

世界初の仮想通貨で、仮想通貨の基軸の通貨として考えられています。
基本的に時価総額の高い通貨は流動性も大きいため、安定した取引が期待できます

証券取引所での取引が可能になるかもしれない

上場投資信託「ETF」により、仮想通貨取引所だけでなく証券取引所でも取引が可能となる動きが進んでおり、価格が高騰する可能性が高いです。

決済通貨としての需要が高まっている

ビットコインは実際の通貨としても利用されています。

現時点で、ビックカメラやコジマ、メガネスーパーなどでビットコイン決済が可能です。

「手数料が安い」「従来の決済手段より手続きが簡単」といったメリットがあるため、今後も決済通貨としての需要が高まると予想されます。

コインチェックならビットコインが500円から買える

コインチェック ビットコイン

コインチェックでは500円という少額で仮想通貨が購入できます。国内取引所No.1の取扱銘柄数を誇っており、人気アルトコインもしっかり揃ってます。

 アプリの使いやすさが好評!ダウンロード数No.1で初心者にもおすすめできる取引所です。
各種手数料は以下に記載しています。コインチェックは取引所手数料が0円なのも特徴です。
コインチェックの手数料など詳細
取引所手数料 無料
販売所手数料 取引手数料:無料
手数料相当額:0.1〜5.0%
暗号資産(仮想通貨)の入金手数料 通常無料
暗号資産(仮想通貨)の送金手数料

BTC:0.0005 BTC
ETH:0.005 ETH
XRP:0.15 XRP
XEM:0.5 XEM
BCH:0.001 BCH
ETC:0.01 ETC
LSK:0.1 LSK
FCT:0.1 FCT
LTC:0.001 LTC

など

つみたて手数料 口座振替手数料:無料
手数料相当額:0.1〜4.0%
関連 コインチェックの特徴やメリットを徹底解説!口コミ・評判も紹介

※カバー先又は当社取引所の価格に対して

最短1日&500円から取引開始!

コインチェックで
ビットコインを購入する


出典:コインチェック 公式サイト

2位 イーサリアム(ETH)

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは価格が高騰している種類で、今後の動きに注目すべきと言えます。過去には暴落した時期もありましたが、一時はビットコインを上回ったこともあるのです。

 時価総額もビットコインに次ぐ2位となっており、安定した価値があります。

また、イーサリアムはエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EFA)という大企業によるバックアップにより、世界的に信頼を得ていることも将来性を感じられる要素となっています。

EFAはイーサリアムの技術を活用・普及するために協力している企業のことで、マイクロソフトやトヨタなどが加盟しています。

bitFlyerならETHが1円から買える

 

bitFlyerならETHを始め、XRPやBCHなどの人気アルトコインも1円から購入できます

少額購入が可能で、取扱銘柄数も15種と豊富なため投資先には困りません。

各種手数料(販売所の売買手数料、三井住友銀行からの振込手数料、ビットコインFXの取引手数料)が無料なので、比較的コストを抑えられる使いやすい取引所といえます。

ユーザーが多いので相場が安定している点もbitFlyerのおすすめポイントの1つです。

1円から人気銘柄が買える!

bitFlyerで
ETHを購入する

3位 リップル(XRP

リップル

リップルは「低コスト・安全・スピーディーな次世代国際送金システム」を目指している仮想通貨です。

 時価総額ランキングでは7位※となっており、すでに世界的にも注目されています。

リップルが大手金融機関の送金システムとして導入される可能性があり、今後値上がりすると期待されているので、ますます注目を集めることになるでしょう。

三菱UFJ銀行と三菱商事とリップルの提携が発表された2017年9月には、リップルの価格が上昇した経緯もあります。

リップルを買うならコインチェック!費用を抑えるならbitFlyer

コインチェックでは500円相当額、bitFlyerなら1円からリップルの購入が可能です。

分析機能の優れたアプリ、取扱通貨数の多さといった他の要素を比較すると、おすすめなのはコインチェックでしょう。

また、両取引所で取り扱っている通貨は異なります。QTUMやIOSTENJ、OMGなども取引する予定の方はコインチェックを利用しましょう。

 前述のとおりコインチェックは17種もの通貨を扱っているため、他の国内取引所では買えない通貨があるなんてことも。投資先の選択肢を増やしたい方は使いやすい取引所でしょう。

比較検討したい方はこちらをチェック!

CoinMarketCapより(2021年11月29日時点)

4位 ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

BCHの将来性が期待できる理由
  • ビットコインよりも送金速度・手数料の安さで優れている
  • 決済可能な店舗が徐々に増えている
  • ビットコインに次ぐ基軸通貨として期待大
  • スマートコントラクトを実装!より円滑な取引が可能に

ビットコインキャッシュはビットコインから派生して誕生した仮想通貨です。

 送金速度や手数料の安さがビットコインより優れているというメリットがあります。

そのため、今後ビットコインをしのぎ、基軸通貨になる可能性を秘めた通貨です。決済通貨として使用できる店舗も増えてきています。

時価総額ランキングでは現在12位ですが、将来性に期待が持てる仮想通貨です。

デジタル決済手段としての普及を目指している

BCHは銀行などの介入がなくともデジタル決済手段として確立できるよう、利便性向上に力を入れている通貨です。

 その一環としてスマートコントラクトの実装や、ブロックサイズの拡張などのアップグレードを実行しています。

仮想通貨業界で影響力が高い人物”ロジャー・バー氏”も、ビットコインキャッシュの普及を目指しています。

世界中で普及活動が活発化している背景もあり、今後も十分に期待できる通貨といえるでしょう。

BCHを買うならbitFlyerがおすすめ

bitFlyerではBCHも1円からの購入が可能です。

 各種手数料が無料で取引コストを抑えやすい取引所のため、少額投資で始めようと思っている初心者の方におすすめです。

コインチェックやDMM Bitcoin、GMOコインなどの人気取引所でも取扱っているため、慎重に比較検討したい方はこちらもチェックしてみて下さい。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

5位 ライトコイン(LTC)

ライトコインはビットコインをベースにして、元GoogleのエンジニアであるCharlie Lee氏により発案された種類の仮想通貨です。

 ビットコインよりも発行上限が多く、決済サービスへの実用化に力を入れています。

そのため、将来的に多くの店舗で決済できるようになると価値が高まる予想がなされ、市場でも盛り上がりを見せる可能性があります。

時価総額ランキングは現在13位ですが、利便性と安全性がより充実することが期待できる将来性が高い仮想通貨です。

LTC購入は取引コストが低いコインチェックがおすすめ!

コインチェックではLTCも500円相当から購入できます

通貨数が他の国内取引所より多いため、メイン取引所としてピッタリですよ。

実際にユーザーからの人気も高く、当サイトの独自アンケートでは、「周りの人に勧めたい取引所」として多くの方に支持されていることが分かりました。

仮想通貨取引所 おすすめランキング

アンケート内訳
Q.周りにおすすめしたい国内仮想通貨取引所はどれですか?(複数回答可)n=219
名称 人数(人)
bitFlyer 63
コインチェック 53
GMOコイン 51
DMM Bitcoin 34
楽天ウォレット 18
SBI VCトレード 17
bitbank 16
BITPoint 14
LINE BITMAX 14
Zaif 12
その他 5
特にない 60

コインチェックでは最近話題のNFTの提供も始まり、注目度も上がっている取引所です。取引手数料無料・使いやすいアプリ設計で、特に初心者にはぴったりでしょう。

本サイトで紹介している今後に期待できる通貨はもちろん、他の人気アルトコインも取り揃えているので、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

今後、将来性に期待できる仮想通貨(暗号資産)の選び方

今後において、将来性がある仮想通貨を選ぶ際は以下の2点を意識してみてください。

仮想通貨 将来性 選び方

それぞれの視点から仮想通貨の将来性について解説します。

実用性の高さ

将来性がある仮想通貨を見極めるうえで、実用性の高さは要チェックポイントです。決済手段として活用できる種類は、実用性に優れているとして今後に期待ができます。

日本国内や世界各国にて、支払い手段として使われる可能性を秘めている仮想通貨を選ぶと、将来、大きな利益になる可能性もあります。

安全性の高さ

仮想通貨は株やFXに比べて、まだまだ新しい種類の投資対象となります。そのため、これからどのように法整備が進み安全に取引できるかは重要です。

 金融庁からの登録を受けている取引所が扱っている仮想通貨、いわゆる「ホワイトリスト」に入っている仮想通貨を選ぶのがおすすめです。

ホワイトリストに入っている主な仮想通貨は以下の通りです。

取り扱い仮想通貨は増えていく可能性があるので、ホワイトリストに入る仮想通貨も今後はより増えていくと予想されます。
・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・ETC(イーサリアムクラシック)
・XRP(リップル) ・XEM(ネム)
・LTC(ライトコイン)
・MONA(モナコイン)
・XLM(ステラルーメン)
・BAT(ベーシックアテンショントークン)
・QTUM(クアンタム)
・LSK(リスク)
・OMG(オーエムジー)
・XTZ(テゾス)
・TRX(トロン)
・QASH(キャッシュ)
・HT(フォビトークン)
・LINK(リンク)
・RYO(こばん)
・FSCC(フィスココイン)
・NCXC(ネクスコイン)
・CICC(カイカコイン)
・XCP(カウンターパーティー)
・ZAIF(ザイフ)
・Zen(ゼン)
・CMS(コムサ)

 

コインチェックなら取扱通貨数が国内No.1のため、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュなど、安全性が高いとされる銘柄をしっかり取り扱っています!

ホワイトリスト掲載銘柄の取扱多数!

コインチェック
口座開設はこちら(無料)

初心者向け|500円からできる仮想通貨の買い方

今後の将来性に期待できる仮想通貨は分かったけれど「買い方が分からない…」という初心者の方も多いでしょう。実は難しいことはなく、簡単4ステップで購入することができます。

用意する資金は500円程度で大丈夫!少額から始められますよ。
仮想通貨の買い方【4ステップ】
  1. まずは仮想通貨取引所を選ぶ
  2. 仮想通貨取引所で口座開設
  3. 開設した口座に日本円を入金
  4. 取引所で仮想通貨の銘柄を選んで購入

口座開設は最短即日もしくは2〜3日で完了するのが一般的です。

もちろん口座開設にお金がかかることはありません。

開設後はコンビニや銀行、各取引所アプリの指定振込先に購入資金を入金します。

購入する銘柄は、今後の将来性が期待できるものを選びましょう。

 おすすめはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、エイダ(ADA)、ライトコイン(LTC)などです。

本記事で紹介している取引所では上記以外の銘柄も豊富に取り揃えています。セキュリティ面も日々強化されているため、購入した仮想通貨はしっかり守れます!

まずは取引所を選んでみましょう。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所7選

厳選した仮想通貨取引所の概要と特徴について見ていきましょう。ぜひ、口座開設をする際に役立ててください。

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
BITPOINT
ビットポイント
bitFlyer
GMOコイン
bitbank
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
BITPOINT
bitflyer
GMOコイン
bitbank
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%

Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)

販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
2倍
なし
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

500円〜
0.00000001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

0.0001BTC~
取引通貨数
17種類
15種類
11種類
15種類
20種類
13種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
-
※1 BitMatchを

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 取引所の取引手数料0円で低コスト
  • 取り扱い通貨数は国内最多の17種類!
  • 将来性が期待できる銘柄BTC、ETH、XRP、BCH、LTCの取引が可能
  • 人気のビットコインが500円から買える
  • 最短1日で取引スタート
  • コールドウォレットや二段階認証などを採用しているためセキュリティが強固
  • 積立や貸仮想通貨サービスなど様々な取引方法から選べる
  • アプリがシンプルで仮想通貨初心者も使いやすい

Coincheckは、500円からビットコインが購入できる、仮想通貨初心者でも取引しやすい取引所です。マネックスグループ(東証一部上場)の子会社のため、安心安全な取引が期待できます。

 取り扱いが高い仮想通貨の種類が17種類と国内取引所の中でも一番豊富です。

初心者のうちはビットコインで取引をし、慣れてきたら他の通貨にチャレンジもできるので、長く利用しても物足りなさを感じにくいでしょう。

また、月々1万円からつみたてが利用でき、取引のタイミングがいまいち分からないという初心者でも安心です。

取引はまだ怖いという人でも、仮想通貨で安定して利益を得られる「貸仮想通貨サービス」というサービスもあります。
Coincheckでは、マルチシグや二段階認証、SSLを採用して、セキュリティ対策を強化しています。
マルチシグ、二段階認証、SSLとは?
・マルチシグ:秘密のキーを複数用意することで、ハッキングを困難にする認証方法のこと。
・2段階認証:ログイン時に、通常のログイン情報に加えてワンタイムパスワードの入力が必要となる認証方式のこと。
・SSL(Secure Sockets Layer):個人情報の抜き取りなどを防ぐもの。
加えて、マネックスグループ(東証一部上場)の子会社のため、安心して取引ができる体制が整っていると言えるでしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱数

17種類

BTC,ETH,ETC,LSK,FCT,XRP,XEM,LTC,BCH,MONA,XLM,QTUM,BAT,IOST,ENJ,OMG,PLT

口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

【販売所手数料】

  • 取引手数料:無料
  • 手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)
キャンペーン

※出典:公式サイト

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

コインチェックの口コミ評判はこちら

コインチェックの特徴やメリットを徹底解説!口コミ・評判も紹介

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら口座開設完了で全員もれなく2,000円プレゼント
    ※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 人気銘柄のBTC、ETH、XRP、BCH、LTCが購入できる
  • 取引手数料や暗号資産送付手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 口座開設は最短1時間以内に完了
  • 決めた瞬間ワンタッチでスピード注文可能

DMM Bitcoinは、取引手数料や暗号資産送付手数料が無料※2で、コストをなるべくかけずに取引できる取引所です。
※BitMatch取引手数料を除く

 口座開設は最短1時間以内で、取引開始までが大変スピーディーに行えます。

取引ツールは使いやすく、特にスマホアプリはパソコンとほぼ同等の機能が搭載されています。

仮想通貨取引で利益を出すためには迅速な対応が求められる場面があるので、スマホアプリが充実しているのは大きなメリットです。

サポートも土日を含めた365日対応しているので、万が一のトラブルにも安心です。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

取扱数

15種類

BTC,ETH,XRP,BCH,LTC,XLM,ETC,XEM,BAT,QTUM,OMG,MONA,ENJ,XTZ,XYM

口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料
    ※BitMatch取引手数料を除く

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

※出典:公式サイト

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • DEP(ディープコイン)取扱記念キャンペーン5つ開催中!口座開設だけで3,000円相当のDEPもらえる!※1
  • 暗号資産の3つの部門で出来高ランキングNo.1※2
  • 国内で唯一ADA(エイダ)を提供※3
  • 国内では珍しいTRX(トロン)を扱っている取引所
  • 500円以下の少額取引ができるため初心者も始めやすい!
  • 最短10分で取引スタート
  • 厳重なセキュリティで安全に取引可能

現物取引だけでなくレバレッジ取引・貸して増やすといった豊富な取引方法を備えているため、初心者から上級者まで幅広い層に選ばれる取引所です。

最短10分で取引が始められるスピーディさも魅力の1つです。
 国内で唯一ADA(エイダ)を上場している取引所。ADAは2021年10月1日時点で、時価総額ランキング3位と、注目度の高い銘柄の1つです。

また、各種手数料無料・使いやすいツールが揃っている・500円以下から取引できるといった点から、初心者でも簡単に始められます

特にBITPOINTが提供するアプリ「BITPOINT」は、初心者でも直感的に使える操作性の良さが好評です。

「仮想通貨取引は初めて」「少額取引から始めたい」という方におすすめですね。
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

取扱仮想通貨(暗号資産)数

11種類
BTC, ETH,BCH,XRP,LTC,BAT,TRX,ADA,JMY,DOT,LNK

口座開設時間 最短1日
手数料(税込)
  • 取引所の取引手数料:0円
  • 販売所:0円
  • 出金:0円
  • 入金:無料(提携の銀行口座の場合)
  • 通貨送金手数料(代表例):無料
キャンペーン
  • 口座開設&入金でJMY3,000円プレゼント
    期間中に口座開設後、1万円以上入金でJMYを合計3,000円プレゼント!
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典
出典:取扱暗号資産-BITPOINT,手数料-BITPOINT,キャンペーン-BITPOINT
※1 2021年12月29日(水)16:00まで
※2 BITPOINT調べ(2020年8月ETH・BCH・LTC/JPY出来高)
※3 2021年9月23日時点
BITPointの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyerのおすすめポイント
  • 今後が期待できる銘柄ビットコインの取引量国内No.1※1
  • 1円から通貨が買える!少額取引が可能
  • 最短即日で口座開設&取引スタート可能※2
  • T-POINTをビットコインに交換できる
  • 最短10分で口座開設が可能

bitFlyerはアカウント作成や維持など、さまざまな手数料が無料で利用できる取引所です。

 T-POINTをビットコインに交換できるサービスを提供しているのが大きな特徴です。

日頃からT-POINTを貯めている人に特におすすめの取引所と言えるでしょう。100円という少額から取引を始められるので、仮想通貨に興味はあるけれど余裕資金が少ないという人でも安心して利用できます。

アプリもシンプルで使いやすいため、初心者でも続けやすいでしょう。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • アカウント作成手数料:無料
  • アカウント維持手数料:無料
  • 販売所全通貨売買手数料:無料
  • ビットコインFX取引手数料:無料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
  • ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%
キャンペーン

※出典:公式サイト

※1~2
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 クイック本人確認を利用した場合(審査状況によっては時間を要する場合があります)。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 最短10分で取引スタート※1
  • 暗号資産の購入で現金1,000円が当たる(毎日10名まで)
  • ビットコインだけでなく人気のアルトコインも含め、全14銘柄の取引ができる
  • 500円からの自動積立サービスあり!購入タイミングの分からない初心者も安心
  • 現物取引・レバレッジ取引・暗号資産FXなど取引方法が豊富
  • 貸暗号資産サービスで「貸して増やす」も可能
  • 様々な投資スタイルに合う高機能取引ツールを提供

※1 「かんたん本人確認」利用の場合

GMOコインは、ビットコインやイーサリアムをはじめ、新たにポルカドットを加えた全14種類の仮想通貨を取り扱っています。

 即座に口座へ金額が反映される即時入金にも対応しているため、急な相場変動にも対応可能です。

また、つみたてにも対応しており、毎月最低金額500円という少額から仮想通貨を始められます。取引のタイミングがわからない場合には、つみたてを利用してみてはいかがでしょうか。

アプリは直感的でわかりやすく、初心者でも迷うことなく利用できるでしょう。
金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

取扱数

16種類

ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
シンボル(XYM)
モナコイン(MONA)

口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • 即時入金手数料:無料
  • 口座開設手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 暗号資産(仮想通貨)送付手数料:無料
  • 取引所手数料:Maker-0.01%/Taker0.05%
キャンペーン
  • 暗号資産の購入で毎日10人に現金1,000円が当たる

期間:終了時期未定

  • 600万円以上の新規取引が対象!暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる

期間:終了時期未定

※出典:公式サイト

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインの口コミ評判はこちら

GMOコインの良い評判・悪い口コミ|登録前に知っておくべきこと

bitbank

bitbankのおすすめポイント
  • 業界最狭クラスの販売所スプレッドが魅力
  • 取引量国内No.1!高い流動性でスムーズな取引が期待できる
  • BTCだけでなくXRP、LTC、ETHなど将来性が期待できるアルトコインも取扱あり
  • 暗号資産取引所セキュリティ日本一※1
  • アプリは使いやすく高機能!アプリストア国内No.1の実績あり※2

bitbankは、リアルタイムでいつでも日本円の入金が可能なため使いやすく、第三者機関から高い評価を得ているセキュリティ体制により安心して利用できる取引所です。

 高い機能性を備えた取引所のため、本格的な取引もストレスなく安心して行えます。

仮想通貨はビットコインやライトコイン、リップルなど全部で9種類扱っており、業界最狭クラスの販売所スプレッドにより購入できます。

口座開設の手続きは3分で終了し、最短1日で取引できるようになる手軽さもおすすめポイントです。
セキュリティ国内No.1※

bitbank
口座開設はこちら(無料)

※2021年8月2日時点。CER.live調べ

取扱数

10種類

BTC,XRP,LTC,ETH,MONA,BCC,XLM,QTUM,BAT,OMG

口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)
  • 売買手数料:Maker-0.02%/Taker0.12%
  • 入出金手数料:入金無料/出金550円/770円(3万円以上)
  • 口座開設・維持費用:無料
キャンペーン

セキュリティ国内No.1※

bitbank
口座開設はこちら(無料)

※2021年8月2日時点。CER.live調べ

出典
公式サイト
※1 2021年2月14日 CoinMarketCap調べ
※2)2018年10月31日時点

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
  • レバレッジ取引が可能
  • 国内では珍しい差金決済取引(CFD)専門の取引所
  • 取引手数料や入出金手数料0円
  • ビットコイン、リップル、イーサリアムなど主要銘柄がしっかり揃ってる!
  • 暗号資産CFD専用のスマートフォンアプリ『MONEX TRADER CRYPTO』で多様な注文が可能!

『マネックスビットコイン』はマネックス証券が運営する暗号資産CFDサービスです。取扱銘柄はビットコイン・イーサリアム・リップル・ビットコインキャッシュの4種類があります。

マネックス証券の「証券総合取引口座」と「暗号資産CFD口座」の2つの口座を開設すると利用できます。
暗号資産CFD専用のスマートフォンアプリ『MONEX TRADER CRYPTO』は、シンプルなUIでとても使いやすいのでおすすめです。
マネックスビットコイン
口座開設していなくてもチャート機能は利用できるので、一度ダウンロードして操作を試してみてください。

大手マネックスグループの信頼性

マネックスビットコイン
口座開設はこちら(無料)

注目POINT①:国内では珍しい差金決済取引(CFD)専門の取引所

マネックスビットコインの珍しい点は『差金決済取引(CFD)専門』の取引所としてサービスを行っていることです。

現物ではなく証拠金取引を指します。少額の元手を証拠金として大きな金額の取引ができるのが特徴です。

レバレッジ2倍までかけられるので、大きなリターンを狙いたい方におすすめです。

差金決済取引(CFD)なら、売りからエントリーもできます。
注文方法はストリーミング注文や指値・逆指値注文をはじめ、OCO・IFD、IFOなどの複合注文など多岐にわたっています

注目POINT②:取引手数料や入出金手数料0円

為替取引や株価指数とは違い、暗号資産CFDは取引手数料がかかりません

 取引手数料・入金手数料・口座開設手数料・口座維持手数料などがすべて無料です。

短期トレードが多い人や、資金をよく動かす人は手数料の悩みがなくなります

 ただしレバレッジ取引のみ手数料が発生するので注意しましょう。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

4種類
・BTC(ビットコイン)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

手数料(税込)

取引手数料:0円

最低取引数量 0.01BTC、0.01 ETH/JPY、 1 XRP/JPY、 0.01 BCH/JPY
口座開設時間 最短2〜3営業日

大手マネックスグループの信頼性

マネックスビットコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:マネックスビットコインで取り扱う暗号資産-マネックス証券,取引ルール-マネックス証券

仮想通貨の今後の将来性に関するアンケート調査

仮想通貨(暗号資産)の将来性について、本サイト独自でアンケート調査を行いました。

実際に仮想通貨取引をしている・過去にしていた方が、今どの仮想通貨(暗号資産)に期待しているのか、最新予想をご紹介します。※2021年12月17日時点

アンケート調査の項目
  • 今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨

今後伸びる見通しが高い、有力候補が分かるのでぜひ参考にしてみてください。

経験者が選ぶ!将来性が期待できる仮想通貨ランキングTOP5

「Q.今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?」の回答結果から、上位5位は以下のようになりました。

仮想通貨 将来性が期待できる銘柄

仮想通貨 回答者 おすすめの購入場所
1位
BTC
104人(47.5%)

コインチェック
(取扱通貨数No.1!ビットコインが500円から買えて積立も可能)

2位
ETH
19人(8.7%)

コインチェック
(500円から購入可能)

・bitFlyer
(1円から購入できる!)

3位
ETC
14人(6.4%)

・コインチェック

・DMM Bitcoin

・bitFlyer

国内で取り扱ってるのは上記3つの取引所のみ

4位
XRP
11人(5.0%)

DMM Bitcoin
(2,000円プレゼントキャンペーン中)
BITPoint
(新規口座開設キャンペーン中)

5位
LSK
5人(2.3%)

コインチェック
(銀行入金手数料0円!)

ビットコインを選んだ方は全体の47.5%と、ほぼ半数を占めています

選んだ理由として大きかったのが「知名度」。利用者が多い安心感や流動性の高さ、メジャー通貨である点に着目している方が多く見られました。

ビットコインについて取り上げるメディアが多いため、情報が集めやすいというのも理由の1つでしょう。
これから取引を始める方はこの機会に買ってみてはいかがでしょうか。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

上位5つの仮想通貨が買えるおすすめの取引所はこちら

Q.仮想通貨(暗号資産)投資に今後期待していますか

仮想通貨投資に期待している?

アンケートの回答結果(内訳)
仮想通貨(暗号資産)投資に
今後期待している?
割合
強く期待している 28.8%
少し期待している 41.6%
どちらでもない 15.1%
あまり期待していない 7.3%
期待していない 7.3%

アンケート調査結果の概要はこちら

仮想通貨は、投資対象としてこれからも将来性を期待できるものかアンケートを取ったところ、期待している方が70.4%と大半を占めていることが分かりました。

一方で「あまり期待していない」「期待していない」と答えた方は14.6%と少数派。

最近では仮想通貨取引所のテレビCMの放映も多くなり、今後仮想通貨(暗号資産)の認知度も上がるでしょう。今後も仮想通貨市場が盛り上がりを見せる可能性が考えられます。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

アンケート調査の概要

調査概要 仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者 仮想通貨(暗号資産)取引経験が高い20歳以上の方
調査対象者数 221名(男性167名 女性54名)
調査実施期間 2021年12月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

Web3.0銘柄の今後の将来性は?見通しを予想

Web3.0銘柄の今後の将来性

2021年に入り、NFT銘柄やメタバース銘柄とともに話題になっているのが、『Web3.0銘柄』です。

Web1.0

個人がWedで検索をして企業のサイトを閲覧して情報を得る、一方通行的なWeb世界。

1990年代〜2,000年代の頃を指す。

Web2.0

個人と企業が双方で情報発信ができるようになった時代。SNSなどを使って個人は情報 を受け取るだけではなく発信するようになりました。

2000年代後半〜2010年代頃のを指す。

Web3.0

ブロックチェーン技術を使用して、ユーザが分散して管理する非中央集権的なWeb世界。

これからのWebのあり方。

今までWebの世界では中央集権の組織を介して、やりとりを行っていました。中央集権がデータを所有していたため、許可なく利用されたり、流出してしまう等のリスクもありました。

しかしWeb3.0に発展することで、個人でデータの所有が可能。企業の仲介もなくなり、透明性が高いやりとりができるようになります。

 Web3.0銘柄はそれらのプラットフォームで使用される通貨です。

仮想通貨に関わらず、社会全体でプライバシーの重要性について意識が高まっており、Web3.0の世界が求められています。

Web3.0銘柄は時代ともマッチしているので将来性はかなり高いと言えるでしょう。

Web3.0銘柄はNFT銘柄やメタバース銘柄とも相性が良いので、相乗効果をもたらすでしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

おすすめのweb3.0銘柄

おすすめのweb3.0銘柄

日本国内取引所で購入できるおすすめのWeb3.0銘柄は以下の3つです。

銘柄 価格 時価総額 過去最高額 購入できる取引所
DOT(ポルカドット) ¥2,892.49  ¥2,856,566,304,733 ¥6,254.89
BAT(ベーシックアテンショントークン) ¥134.19 ¥200,464,377,493 ¥218.44
JMY(ジャスミー) ¥8.38 ¥39,851,994,262.95 ¥567.93 BITPOINT

※2021年12月時点

DOTは、異なるブロックチェーン同士をつなげ、相互運用できるプラットフォーム『ポルカドット』で使用される通貨。

BATは、Webブラウザ「Brave」内で使用する通貨。「Brave」では広告を視聴するかしないかの選択が可能で、広告を視聴した場合「視聴したユーザー」「サイト運営者」「広告主」「Brave」の4者に報酬がもらえます。

 この報酬を仮想通貨のBATでもらうことができます。

ジャスミーデータの民主化をコンセプトにしたプラットフォーム。個人のデータは資産としての価値を持ち、個人情報を提供した場合に報酬としてもらえるのがJMYです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)で稼ぐコツ

仮想通貨で稼ぐコツ

仮想通貨の将来性について分かったところで、しっかり稼ぐために取引のコツも知っておきましょう。

仮想通貨で稼ぐコツは大きく分けて以下の4つあります。

仮想通貨で稼ぐコツ
  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 積立投資
  • IEO

現物取引

最も一般的な方法で利益を出しやすいのが現物取引です。

現物取引とは
仮想通貨を実際に購入、または保有している仮想通貨を売却する取引のことを言います。

価格が安い時にコインを購入し、価格が高くなったらコインを売る。現物取引は基本的にこれだけなのでとてもシンプルです。いかに安値のタイミングで購入できるかが重要になってきます。

2020年上半期から2021年の上半期にかけて、1BTC = 660万円まで上昇しており、たった1年で6倍以上になっています。

またアルトコインには何百倍の価値がついた通貨もたくさんあります。現物取引は長期保有することが基本なので、基本は株と一緒です。

 「どのコインが上がりそうか」「どのコインに今後価値が生まれそうか」を予測し、価値が上がる前に仕込んでおくのが稼ぐコツです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ取引

最もリターンが高く稼ぎやすいのがレバレッジ取引です。

レバレッジ取引とは
レバレッジ取引とは証拠金取引のことを言います。現物取引とは違うのは、実際に仮想通貨を売買するのではないことです。

証拠金1万円を用意してレバレッジ×2にすると、2万円の取引が可能になります。

 自分の資金以上の取引が可能になるので、少額からでも多く稼げる可能性があります。

日本の取引所ではレバレッジ2倍までに制限されていますが、海外取引所には1,000倍の業者もあります。現物とは違い長期保有には向いていませんが、短期決戦するならおすすめです。

ただし稼げる額が高い分、リスクも高くなってしまうので、なくなってもいいくらいの余剰資金で始めましょう。レバレッジで稼ぐコツは、チャートを読めるようになることです。

まずは今が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、レンジなのかを見極められるようになりましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

レバレッジがかけられる取引所はこちら

レバレッジ取引対応のおすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所3選!

積立投資

投資未経験者が稼ぎやすいのが積立投資です。

積立投資とは
同じコインを毎月一定の金額購入していく投資です。

例えば「毎月10,000円ビットコイン購入」と決めたら、値動きに関係なく購入していきます。

こうすることでビットコインの価格が高い時は少ない量を、ビットコインの価格が安い時は多くの量を購入できるので、長期的に見て安定感が生まれます

 一気に稼ぐことはできませんが、安定した収益が得やすいメリットがあります。

これは「ドル・コスト平均法」とも呼ばれています。稼ぐコツは、とにかく何も考えずに決めたことを続けることです。

積立投資が可能な仮想通貨取引所

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

IEO

IEOは初心者から投資のプロまで全ての人におすすめできる投資方法です。

IEOとは
上場する前のコインを購入することができるもの。上場前のコインの価格は、上場後の初値と比べても安いため利益がでやすい。

大半の通貨は上場時には価格が上がっているので、その時に売るだけで利益をだせます。もちろん上場後も保有しておき、さらに高値で売ることも可能です。

IEOは取引所で行われており、人気のため抽選となっています。抽選の権利は取引所によって異なりますが、トークンを一定額保有することで権利が得られるものが多いです。

一定期間資金が拘束されるデメリットはあるものの、稼ぎやすいのでぜひ参加しましょう。

IEOで稼ぐコツは、とにかく情報を追うことです。取引所の情報や仮想通貨の情報サイト、SNSなどにはIEOの情報が出回っていますのでチェックしておきましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)の今後・将来性に関するFAQ

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所は?
CoincheckDMM Bitcoinなどが挙げられます。どちらも金融庁に登録された取引所なので、セキュリティ体制も整っており、比較的安全な取引所と言えます。取引ツールの性能や扱っている仮想通貨の種類なども多く、アプリ機能も充実しているのもおすすめポイントです。

おすすめの仮想通貨取引所をもっと知る!
仮想通貨(暗号資産)の将来性は期待できる?
仮想通貨の将来性は期待できると予想できます。その理由としては、世界中で決済手段とする動きが見られていることが挙げられるでしょう。お店での支払いに使えることはもちろん、企業が決済方法として取り入れている動きも市場を活性化させる要因です。
今後が期待できる仮想通貨(暗号資産)の種類は?
ビットコイン・イーサリアム・ライトコインなどが挙げられます。ビットコインは証券取引所での取引が可能となる動きが見られているため、もし実現すると価格の高騰が期待できるでしょう。また、イーサリアムは大企業によるバックアップにより、世界的に信頼を得ていること、ライトコインは決済サービスへの実用化に力を入れていることなどが挙げられます。

今後、将来性が期待できる仮想通貨(暗号資産)を選ぶ際のポイントは?
実用性の高さと安全性の高さを意識してみてください。実用性が高いほど需要が高まり注目を集めるため、価値ある通貨として市場を活性化させるでしょう。また、安全性の高さも投資に取り組むうえで欠かせないため要チェックです。
仮想通貨(暗号資産)取引所の選び方は?
仮想通貨取引ではコストを抑えて取引できるかも重要なため、手数料はチェックすべきでしょう。また、使用するツールやアプリが自分に合っているか、取引したい仮想通貨の種類を扱っているかもあわせて確認してください。
仮想通貨(暗号資産)の取引をするうえでの注意点は?
保有する仮想通貨の暴落はもちろんですが、システムトラブルには注意が必要です。仮に一つの取引所しか使っていない場合、そこがトラブルにより取引停止となると大損害に繋がる可能性はゼロではありません。そのため、複数の取引所で口座を開設することをおすすめします。
仮想通貨(暗号資産)はいくらから取引できる?
仮想通貨取引は取引所によっては、100円から取引可能な場合があります。安い金額から取り組めるため、投資初心者にとっても比較的チャレンジしやすいでしょう。各取引所の公式ホームページにアクセスして、取引可能な最低価格をリサーチしてみてください。
bitFlyerなら100円から仮想通貨が買える!詳細はこちら
Coincheckなら500円からビットコインが買える!詳細はこちら
ビットコインは今後暴落する可能性がある?
ビットコインは過去の値動きを見ても、価格の上下を繰り返しているため、暴落の可能性はあります
ただし、最近のビットコインの動向を見てみると、急騰後の下落幅が小さくなっており、高値までの回復期間も短くなっています。
2021年11月の高値更新を皮切りに個人投資家の参加も増えているため、より一層取引が盛んに行われることが予想されます。今後は広く認知されることで、投資の手段としてだけでなく決済手段・資産保有の手段としての活用が増えることも予想できます。
※2021年4月〜12月

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコイン・その他人気アルトコインの将来性に関するよくある質問

ここからは、仮想通貨(暗号資産)の将来性について質問形式で深堀りしていきます。

仮想通貨の銘柄ごとの将来性について解説しているため、ぜひチェックしてみて下さい。

ビットコインの将来性は?

前述の通り、ビットコインの将来性はあると考えられるでしょう。

そもそも円やドルなどの法定通貨は中央銀行での管理が必要になるため、手数料を取られたり海外送金に時間がかかったりなど、たくさんの問題を抱えていました。

そこで生まれたのが分散型で管理できるブロックチェーンを利用したビットコインです。

便利かつお金もかからないので、これ以上の画期的な仕組みが開発されない限りはこれからも将来性は高いと言えるでしょう。

またビットコインは仮想通貨の中で時価総額が最も高く、2位のイーサリアムと比べても数倍です。

 時価総額が高いということは流動性が大きいという意味であり、ユーザーからの価値が高いと判断されているコインです。

絶対に将来なくならないと断言はできませんが、ビットコインの衰退=仮想通貨の衰退とも考えられるので、仮想通貨の将来性がある限りビットコインにも期待して良いでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコインについて詳細はこちら!

仮想通貨・ビットコインとは?初心者に仕組みなどわかりやすく解説

仮想通貨(暗号資産)のomgの将来性は?

OMGの将来性も高いと言えるでしょう。 

OMGを決済手段として利用しているところも増えてきており、海外の一部のマクドナルドやバーガーキングなどでは既に導入されているところもあります。

OMGネットワークはイーサリアムを基盤として開発されたものです。

 イーサリアムの弱点である送金の遅延や手数料の上昇などを解決する可能性を秘めているため期待値が高いといえます。

日本では2020年GMOコイン、2021年にはコインチェックに上場しており、価格が20%も上がるほど話題を集めている仮想通貨です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)のクアンタムの将来性は?

クアンタムも将来性に期待できる仮想通貨と言えるでしょう。

 なぜならビットコインとアルトコインの両方の仕組みを両方合わせて作られた仮想通貨であり、いいとこ取りを目指して開発されたコインだからです。

また、クアンタムはエネルギー消費が少ないPoSという仕組みを利用しています。

エネルギー消費が少なくてすむので、将来的にクアンタムの価値が見直される可能性は十分にあります。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(暗号資産)のwinの将来性は?

Winは将来性が期待できる仮想通貨です。

色んな種類の仮想通貨が誕生していますがオンラインカジノやオンラインゲームのプラットフォームとして利用できるよう作られたものは少なく、その中でも代表的なのがWinです。

2019年にバイナンスでIEOされたコインであり、中身がしっかりしているコインです。オンラインゲームの流行に左右されるコインですが、今後ますます伸びていくことが期待されています。

 ただしカジノやギャンブルなど、コインの特性上日本の取引所に上場する可能性は少ないと思います。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

まとめ

本記事では、仮想通貨(暗号資産)の今後と将来性について解説しました。

仮想通貨には将来性があります。世界中で決済手段とする動きが見られていることから、注目すべき投資対象と言えるでしょう。将来性が期待できる仮想通貨を選ぶ際は、実用性と安全性に着目してください。

記事内では今後の将来性が期待できる通貨として5つを紹介しました。中でも特に価格上昇が期待できる、将来有望な仮想通貨は以下の3つでしょう。

今後の価格上昇が期待できる仮想通貨

これらの銘柄を購入できるおすすめの取引所は、Coincheck(コインチェック)です。初心者でも直感的な操作で取引できるのがポイント!

コインチェックには以下のような特徴があり、仮想通貨取引未経験の人でもサクサクと操作できます。

コインチェックのメリット
  • 初心者でも使いやすいスマホアプリ
  • 業界№1の17種類の仮想通貨を取扱い
  • 500円から仮想通貨を購入できる
  • 仮想通貨の取引手数料も完全無料!

コインチェック公式サイトより

こういった特徴があるため、仮想通貨をこれから始める方はぜひ、Coincheck(コインチェック)を使ってみることをオススメします。

仮想通貨は今後ますます盛んになっていると予想されます。今のうちに参入し、最新の仮想通貨に関するニュースを仕入れられるようにしておきましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってく ださい。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事