仮想通貨のスプレッドを徹底比較|狭い・安い取引所3選を紹介!

仮想通貨の取引にはスプレッドがかかるのをご存知でしょうか?「手数料との違いは?」「できるだけスプレッドが狭い業者で取引をしたい」とお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、スプレッドの基本情報、スプレッドの狭いおすすめ取引所・ スプレッドの抑え方を解説していきます。

この記事を読んでお得に取引を始めましょう。
スプレッドが狭い・小さい!

おすすめの仮想通貨取引所
6選をチェック

スプレッドが狭いおすすめの仮想通貨取引所6選徹底比較!

当サイトがおすすめするスプレッドが狭い・小さい仮想通貨取引所を6社紹介します。

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
bitFlyer
GMOコイン
bitbank
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
bitflyer
GMOコイン
bitbank
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%

Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)

販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
なし
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

0.0001BTC~
取引通貨数
17種類
15種類
15種類
20種類
13種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
-

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • スマホで最短1日で取引開始が可能
  • 取引所の手数料が無料
  • 取り扱い通貨数No.1※1
  • 500円からビットコインが購入できる

コインチェックは取引所のスプレッドは狭く、手数料がかからないので、初心者でも安心して始められます。ビットコインは500円以上から購入が可能です。

 アルトコインの取り扱いも多く、17種類もの仮想通貨を選んで購入することができます。

リスク(LSK)やファクトム(FCT)、アイオーエスティー(IOST)など、ほかの取引所では取り扱いが少ない通貨の売買もできる点が強みと言えます。

アカウント登録後、本人確認審査が完了すると最短1日で取引が可能になるので、気軽に仮想通貨を始めてみましょう。

取扱仮想通貨(暗号資産)数

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

Coincheckのキャンペーン情報

新規口座開設+日本円入金を行った方全員に2,500円相当のビットコイン(BTC)をプレゼント!
期間:2022年4月22日 14:00〜2022年6月30日 23:59

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

出典:コインチェック
※1 2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象 コインチェック調べ

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 入出金・入出庫手数料・取引手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 新機能BitMatch注文ならスプレッドを気にせずミッド(仲値)価格で売買可能
  • 「スマホスピード本人確認」なら口座開設申込後、最短1時間以内※2に取引開始が可能
  • 365日問い合わせフォーム及びLINEからの問い合わせに対応

DMM Bitcoinでは新機能として「BitMatch注文」が導入されているため、スプレッドを気にせずミッド(仲値)価格で売買できます。

 BitMatch注文とは、DMM Bitcoinが提示するミッド(仲値)価格を参考として、発注から30秒以内におけるミッド価格で取引が成立する注文方法です。

さらに、入出金・入出庫手数料・取引手数料など、さまざまな手数料が無料なので、初心者も使いやすいでしょう。
※BitMatch取引手数料を除く

スマホスピード本人確認を利用すれば、口座開設申込から最短1時間以内に取引が始められます。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・エンジンコイン(ENJ)
・シンボル(XYM)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

出典:DMM Bitcoin公式
※2 『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をした場合

bitFlyer

ビットフライヤー

bitFlyerのおすすめポイント
  • 人気のある15種類の仮想通貨が少額から売買できる
  • 販売所手数料などさまざまな手数料が無料
  • 6年連続ビットコイン取引量は国内No.1※3
  • Tポイントをビットコインと交換できる

bitFlyerはスプレッドが狭く取引手数料が無料なので、コストを抑えて取引ができます。仮想通貨の数は15種類と豊富である点も特徴です。

 6年連続ビットコイン取引量は国内No.1※3であり、貯まったTポイントをビットコインと交換することもできます。

クイック本人確認を利用すれば、最短即日から取引が開始できるので、仮想通貨に興味のある方は今すぐ始めてみましょう。

取扱仮想通貨(暗号資産)数

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)
・シンボル(XYM)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 ・銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
・クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
・クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFlyer
※3 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016年-2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引 を含む)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 取り扱い通貨数が16種で豊富!ビットコインはもちろん人気のアルトコインが揃ってる!
  • 暗号資産FX・貸暗号資産・つみたて暗号資産など取引方法が豊富!一人ひとりに合った取引が可能
  • 大手ネット証券運営の安心感
  • スプレッが狭く、手数料が安い
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能

『GMOコイン』は、大手のGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所。

 もともと『GMOクリック証券』や『GMOあおぞらネット銀行』など金融業界に携わっていたので、セキュリティ対策は強固です。

また、取引所での取扱数も多く、レバレッジ取引も可能なので、アルトコインを売買したい方におすすめです。

GMOコイン

GMOコインはビットコイン取引高・オリコン顧客満足度2021年国内No.1を誇っています。

取引高は、どの程度取引が活発に行われているかの指標です。通貨の売買が成立しやすく、GMOコインの人気を象徴していると言っても良いかもしれません。

これから仮想通貨(暗号資産)取引を始める方や、サブ取引所の口座開設を考えている方は、GMOコインを利用してみてはいかがでしょうか。

最短10分で取引開始できます。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

16種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)
・モナコイン(MONA)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインのキャンペーン情報

暗号資産を購入すると現金1,000円が当たる!(毎日10人)
※対象者:販売所または、つみたて暗号資産において、暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方

暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる
※対象者:600万円以上の新規取引をした方対象
終了期間未定

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン

bitbank

bitbank

bitbankのおすすめポイント
  • 取引所で売買できるコインが多い
  • 業界最狭クラスのスプレッド
  • 暗号資産取引所セキュリティ日本一
  • レンディングサービスが提供されている

bitbankの特徴は全てのコインを取引所で売買できることです。2020年10月までbitbankには販売所がなかったからというのも要因にあります。

 たくさんのアルトコインが取引所で扱えるのは、bitbankならではのメリットです。

また販売所のスプレッドもかなり狭く設定されており、ユーザーファーストの業者となっています。

bitbankにビットコインを貸して利息をもらうレンディングサービスも提供しています。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

11種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)

レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円(3万円以上)

セキュリティ国内No.1※

bitbank
口座開設はこちら(無料)

※2021年8月2日時点。CER.live調べ

出典:bit bank通貨ペア
出典:bit bank手数料

Liquid by Quoine

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineのおすすめポイント
  • 取引所のみなのでスプレッドが狭い
  • 取扱通貨ペアが多い
  • 独自仮想通貨『QASH』がある
  • 高機能な取引ツールがある

『Liquid by Quoine』はQUOINE株式会社が運営する取引所で、法定通貨の取扱通貨ペアが多いのが特徴です。円だけでなく、ドル建て、ユーロ建て、豪ドル建てなど様々な通貨ペアで取引が可能。

またLiquid by Quoineの独自仮想通貨である『キャッシュ(QASH)』の売買も可能です。

現在1QASH=7円台です。Liquid by Quoine取引所そのものの価値とも言えるでしょう。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

5種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 700円※銀行手数料を含む

出典:Liquid by Quoine

仮想通貨のスプレッドとは?仕組みを徹底解説

仮想通貨のスプレッドとは?仕組みを徹底解説

仮想通貨を売買する時、手数料とは別に『スプレッド』があります。

売買するときの価格差のこと。購入時の価格を『Ask』、売却時の価格を『Bid』と言い、この差がスプレッドです。

例えばビットコインが1BTC100万円の時に購入しようと考えたとします。

この時、販売所で購入すると実際の購入価格は100万円より上の価格、例えば103万円が『Ask』です。そして100万円の時点ですぐに売却をしたとしても、『Bid』の価格は97万円になります。

 この6万円の価格差がスプレッドです。スプレッドは「見えない手数料」とも呼ばれています。

スプレッドは取引所の運営費という考え方もできるでしょう。国内の多くの取引所では「手数料無料」をアピールしているので、一切余計なコストがかからないと誤解してしまいますが、実はスプレッドを支払っています

 スプレッドを頭に入れず取引をすると「価格が上がって売ったはずなのに全然稼げない」なんてことにもなりかねません。

普通に売買するだけではスプレッド分で損をしてしまうので、損しない程度に価格が上昇するまで待つ必要があります。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨のスプレッドの特徴

仮想通貨のスプレッドの特徴

仮想通貨のスプレッドの特徴
  • 仮想通貨取扱業者によってスプレッドの差は異なる
  • 販売所でスプレッドが発生する
  • スプレッドは相場に応じて変動する

特徴①仮想通貨取扱業者によってスプレッドの差は異なる

仮想通貨のスプレッド1つ目の特徴は「取扱業者によってスプレッドが異なる」点です。同タイミングで売買する場合でも、差があるので注意しましょう。

 どの会社がスプレッドが広くて、どの会社のスプレッドが狭いと断定はできません。スプレッドは様々な要因が絡み合って変動しているからです。

ただし、比較的スプレッドが広い傾向の業者、狭い傾向の業者はあります。

特徴②販売所と取引所でスプレッドの差が違う

特徴②販売所と取引所でスプレッドの差が違う

仮想通貨の取引所には「販売所形式」と「取引所形式(板)」があります。

販売所形式は業者を相手に仮想通貨の売買を行うところ。取引所形式は他の投資家相手(ユーザ同士)で売買を行うところです。

 販売所形式は手数料無料の会社が多いですが、スプレッドは広く設定されています。 取引所は手数料がかかりますがスプレッドは極わずか。

販売所のスプレッドは2〜10%かかる会社が多いですが、取引所の手数料は0.01%〜としている会社が多いです。

取引所は売りたい時に相手がいなければ売れないと言うデメリットはあるものの、たいていのコインは注文が通ります。

初心者こそ取引所を使いスプレッドを抑えて売買をした方がよいでしょう。

特徴③スプレッドは相場に応じて変動する

特徴①でも少し触れましたが、スプレッドは相場に応じて変動します。価格差や%が固定されているわけではありません。

 今はA社の方がスプレッドが狭くても、次の日にはB社の方が狭くなっているのがスプレッドです。

そのため同じ時間帯のスプレッドを比較して取引所を選びましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

おすすめ仮想通貨取引所スプレッド一覧比較表

おすすめ仮想通貨取引所スプレッド一覧比較表

以下に、同日時刻の各取引所スプレッドを比較しました。スプレッドの広さは価格変動によって変化しますが、1つの参考にされてください。

取引所 購入 売却 差額
bitbank 5,314,009円 5,314,008円 1円
GMOコイン 5,300,000円 5,297,453円 2,547円
Liquid 5,312,478円 5,310,396円 2,082円
bitFlyer 5,312,204円 5,310,000円 2,204円
DMMビットコイン 5,292,628円 5,286,279円 6,349円
コインチェック 5,313,367円 5,311,226円 2,141円

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

出典:bit bank market

※このデータは2021年9月時点の情報をもとに作成しています。

仮想通貨のスプレッドを抑えるための方法

仮想通貨のスプレッドを抑えるための方法

仮想通貨で稼ぐためには、できるだけスプレッドを抑えなければなりません。スプレッドを抑えるためには大きく3つの方法があります。

スプレッドを抑えるには?
  • できるだけスプレッドの狭い取引所を選ぶ
  • 取引の数を減らす
  • 販売所ではなく取引所を利用する

方法①できるだけスプレッドの狭い取引所を選ぶ

スプレッドをできるだけ抑えるために、狭く設定されている取引所を選びましょう。

スプレッドの狭い取引所はタイミングによって変化します。取引するタイミングで比較をしてから売買を行うとよいでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

方法②取引数を減らす

1日に何度も取引を行うデイトレードや、一瞬の利益を狙うスキャルピングを行うとスプレッドによるコストが増えてしまいます。

 そもそも初心者にデイトレードやスキャルピングは不向きです。

ポジションを持つ回数を減らすことでスプレッドを抑えられます。

方法③販売所ではなく取引所を利用する

方法③販売所ではなく取引所を利用する

どの会社も販売所形式のスプレッドは広いです。仮想通貨販売所のスプレッドは広すぎる…と思っている方は、取引所を利用するのがおすすめです。

取引所は手数料が発生しますが少額です。取引所にないコインだけ販売所で売買するようにしましょう。

板の画面を見ると一瞬難しそうに見えますが、30分も触れば慣れるので積極的に使用してください。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨のスプレッドについてよくある質問

仮想通貨のスプレッドとは何ですか?
仮想通貨を売買するときの価格差のことです。購入時の価格を『Ask』、売却時の価格を『Bid』と言い、この差がスプレッドです。見えない手数料とも呼ばれます。
スプレッドが一番安い取引所はどこですか?
スプレッドはその時の相場変動によって変化するので「一番安い」取引所はありません。売買するタイミングでスプレッドが一番狭い取引所を選びましょう。
スプレッドが狭い評判の取引所はどこですか?
『bitbank』・『Liquid by Quoine』は取引所形式の売買をメインとしているので、スプレッドが狭く設定されています。大手では現時点で『コインチェック』が狭いです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

スプレッドを抑える方法はありませんか?
販売所ではなく、できるだけ取引所で売買しましょう。またデイトレードやスキャルピングなどはコストがかかります。長期目線で売買しましょう。
仮想通貨はスプレッドが広いから儲からないのですか?
大手の販売所で取引をすると、値幅が広いので儲けるのはかなり難しくなります。しかし取引所なら手数料も安いので儲けることは可能です。
スプレッドが広くなるのはどんな時ですか?
高騰や暴落など価格変動が大きい時はスプレッドが広くなる傾向にあります。また買い注文が少ない、売り注文が少ない場合もスプレッドは広くなりやすいです。
仮想通貨の銘柄によってもスプレッドは異なりますか??
異なります。流動性が低いコインはスプレッドも広くなる傾向にあります。ビットコインはマイナーアルトコインに比べるとスプレッドが狭いことが多いです。

まとめ

スプレッドを抑えるためには販売所ではなく取引所を利用すること。そして、売買するタイミングで一番スプレッドが狭い取引所を利用しましょう。

スプレッドで見るなら『bitbank』が、取扱通貨数で見るなら『コインチェック』が良いでしょう。

色んな取引所に口座を作っておけば、その時ベストな選択ができるのでオススメです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事