仮想通貨DOT/Polkadotの特徴と将来性|今後の価格予想と買い方を解説

仮想通貨のポルカドットはWEB3.0と呼ばれる新しいインターネットのあり方を提示しており、今後様々な分野で活躍が期待されているのをご存知でしょうか?

DOTって将来性あるの?今後価格上昇するの?とお悩みの方も多いと思います。そこで本記事ではポルカドットの特徴や将来性、今後の価格予想や買い方を解説します。

この記事を読んで、ぜひDOTに投資してみてください。
ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

仮想通貨のDOT/Polkadotとは?基本情報

ポルカドット

通貨名 ポルカドット
通貨単位 DOT
時価総額 ¥5,279,159,578,456.51
時価総額ランキング 8位
発行上限枚数 10億7,000万枚
現在の値段 ¥5,347.53
売買可能国内取引所 bitFlyer、GMOコイン、BitPointなど

ポルカドットはスイスの「Web3 Foundation」財団によって開発されたプラットフォーム。『ポルカドット』のプラットフォーム内で使用される仮想通貨を「DOT(ドット)」と呼び、2020年に誕生しました。

 ポルカドットはイーサリアムキラーとも呼ばれており、イーサリアムの弱点を改善したプラットフォームです。

発表されてから約1年半しか経っていないので、まだ上場していない取引所も多いですが、2021年11月現在時価総額ランキングは8位。5300円前後で推移しており、世界的に注目されている通貨です。

今後、日本国内でもまちがいなく取扱う業者は増えていくでしょう。
ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

仮想通貨DOT/Polkadotの特徴を解説

仮想通貨DOT/Polkadotの特徴を解説

プラットフォームの『ポルカドット』には以下の5つの特徴があります。

Polkadotの特徴
  • トランザクションの処理が高速でできる
  • Pooled Security採用のためセキュリティが高い
  • ブロックチェーンの開発が簡単にできる
  • 別々のブロックチェーンを同期してつなげられる
  • WEB3.0を目指すプロジェクト

トランザクションの処理が高速でできる

ポルカドット1つ目の特徴がトランザクション処理(取引データの処理)が高速でできることです。これは『パラチェーン』と呼ばれる並列型のブロックチェーンを使用しているからです。

通常のブロックチェーンは1つずつトランザクションの処理を行うので、スケーラビリティ問題が起こります。

スケーラビリティ問題とは?
1つのブロックで処理する取引データの数には限界があります。多くなり速度低下や手数料高騰など障害が起こることを指します。

しかしポルカドットは並列型ブロックチェーンで処理していくため、トランザクションの処理が高速でできるのです。スケーラビリティ問題は解消され、手続きスピードは速く手数料も安く済む特徴があります。

ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

Pooled Security採用のためセキュリティが高い

仮想通貨DOT/Polkadotの特徴を解説

通常ブロックチェーンは外部からの攻撃を防ぐため、たくさんのリソースをかけています。しかし小さなブロックチェーンにまでリソースをかけるのは難しく、結果的に攻撃されてしまうことも少なくありません。

 そのためポルカドットでは、『Pooled Security』と言う方法を採用しています。

『Pooled Security』は簡単に言えば、1つのブロックチェーンで利用した強固なセキュリティーを、ネットワーク上にプールし、別のブロックチェーンでも使い回せる技術です。

『Pooled Security』を利用することで、他のブロックチェーンや、新しく開発されたブロックチェーンのセキュリティーも堅固なものを維持できるのです。

ブロックチェーンの開発が簡単にできる

仮想通貨DOT/Polkadotの特徴を解説

ポルカドットは『Substrate(サブストレート)』と言うフレームワークによって開発されています。

 『Substrate』はブロックチェーンを開発するためのキットのようなもの。

ブロックチェーンを1から作る必要もなく簡単に作れるように設計されており一般向けにも提供されています。

『Substrate』を利用すれば誰でも簡単にポルカドットと互換性のあるブロックチェーンが開発できるかもしれません。

別々のブロックチェーンを同期してつなげられる

4つ目の特徴が、別々のブロックチェーンを同期してつなげられることです。

今まではビットコインのブロックチェーンやイーサリアムのブロックチェーンなど、別々のブロックチェーンは相互運用できず取引所を経由して交換する必要がありました。

 非中央集権と呼ばれている仮想通貨ですが、中央管理を挟んでいるため、結局は中央集権に近いものと言えるでしょう。

しかしポルカドットなら異なるブロックチェーンをつなげ相互運用できるため、分散型の管理が実現できます。この相互運用性を英語で「インターオペラビリティ」と呼びます。

インターオペラビリティの実現により、次に紹介するWEB3.0の実現が可能です。
ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

WEB3.0を目指すプロジェクト

仮想通貨DOT/Polkadotの特徴を解説

ポルカドットはWEB3.0の実現を掲げています。

WEB1.0 90年〜00年代のWEB世界。企業や運営が情報を配信したサイトを閲覧する一方向の時代。
WEB2.0 10年〜20年代のWEB世界。企業や運営だけでなくユーザーもSNSで情報を発信するようになった双方向の時代。
WEB3.0 中央管理者をなくし、みんなで管理する分散型の時代。

今までは企業がユーザーに対し一方向に発信していたり、中央で管理していましたが、WEB3.0は分散して管理するもの。

中央に依存する必要がなくなるので、透明性が生まれセキュリティは高まるなど、さまざまなメリットがあります。

 またポルカドットではオープンガバナンス体制と呼ばれる仕組みを採用しています。

オープンガバナンス体制はトークン保有者に対して、ガバナンス権が与えられ、開発に関われること。ユーザーも運営に関われる民主的な仕組みが取り入れられているのです。

ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

 【2021】DOT/Polkadotの最新ニュース

 【2021】DOT/Polkadotの最新ニュース

ポルカドットに関する最新ニュースは以下の4つです。

DOT/Polkadotの最新ニュース
  • パラチェーンオークションの開始
  • 過去最高値を更新
  • BitPointで取扱開始
  • SBI VCトレードで取扱開始

パラチェーンオークションの開始

ポルカドットネットワークに接続するプロジェクトを決める『パラチェーンオークション』が、11月11日より開催。

パラチェーンはポルカドットの本体につながる並列のブロックチェーン。ポルカドットのパラチェーンになることで本体のセキュリティの高さや利便性を受けられます。

 『パラチェーンオークション』はこのパラチェーンを獲得できるもので、DOTの入札数により決定します。

2022年3月上旬まで計11回行われる予定です。

過去最高値を更新

 【2021】DOT/Polkadotの最新ニュース

2021年11月1日にDOTが5,709円まで高騰し、過去最高値だった5月14日の5,250円を更新しました。そのあとも過去最高値を更新しています。

BitPointとSBI VCトレードにてDOTの取扱いが開始

10月26日に仮想通貨取引所のBitPointでDOTの取扱いが開始しました。BitPointは同時にJMYも上場しており、現在10通貨を取扱っています。また、9月16日にはSBI VCトレードにてDOTの取扱を開始しました。

ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

DOTの現在の価格と過去のチャート

DOT/Polkadotの現在の価格と過去のチャート

2021年11月14日現在のDOT/JPYのチャートが上記です。2020年までは400〜500円前後を推移していましたが、2月頃から少しずつ価格上昇、3〜5月には4,000円〜5,000円と約10倍まで高騰しました

 5月中旬に起こった仮想通貨全体の暴落とともに、DOTも下落しましたが、7月下旬から再び上昇トレンドに突入しています。

11月4日には6,146円と過去最高値まで上昇。執筆時点では少し下降していますが押し目となるか、このまま下がるのか注目されています。

過去のDOTの高騰事例

DOTの現在の価格と過去のチャート

DOTは2020年5月に発行したばかりの通貨でまだ歴史は浅いです。過去に高騰したのは2021年の5月、そしてその5月の高値を更新している最中の11月です。

 2020年の8月が304円だったので、1年2ヶ月で20倍にまで上がっており期待値の高さがうかがえます。
ポルカドット(DOT)が買える!

国内のおすすめ取引所
詳しく知る

今後どうなる?DOT/Polkadotの将来性

結論から述べるとDOTに将来性はあると言えるでしょう。時価総額が高く流動性があること、1年で約20倍まで高騰したこと、そして今もなお伸び続けているからです。

またポルカドットを利用した、さまざまなプロジェクトが現在も進行中です。

現在進行中のポルカドットのプロジェクト
  • Efinity
  • PolkaBTC

Efinity

今後どうなる?DOT/Polkadotの将来性

仮想通貨エンジンコインを発行しているEnjin(エンジン)は、現在ポルカドットを使用しNFTに特化したブロックチェーン『Efinity』の開発を行っています。

エンジンは元々NFTの開発を行っていましたが、スケーラビリティ問題などが原因でNFTの性能を活かしきれていませんでした。

 そこでポルカドットを活用し、トランザクション処理能力を上げられるよう開発を進めています。

Efinityは年内にローンチされ、『NFT.io』と呼ばれるNFTマーケットプレイスもリリースする予定です。

PolkaBTC

ポルカドットでは、ビットコインをトークン化した『PolkaBTC』のプロジェクトも進められています。『PolkaBTC』はDEXなどで使用できるため、ビットコインの需要もさらに拡大する可能性が高いでしょう。

すでにテスト版やベータ版はローンチされており、年内にも発行される予定です。

もともとイーサリアムキラーと呼ばれていたポルカドットですが、互換性を持たせることができるので、共存共栄していく存在になれるでしょう。

DOT/Polkadotが購入できる日本のおすすめ取引所

bitFlyer

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

bitFlyerのおすすめポイント
  • 販売所の手数料が無料※1
  • ビットコイン取引量は国内No.1※2
  • Tポイントでビットコイン購入が可能
    ※1 別途スプレッドがあります。
    ※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerは「ビットコイン取引量国内No.1」に選ばれたこともある初心者に人気の取引所。

 2021年の6月29日からDOTの取扱いを開始しました。

現在13種類の通貨が取扱可能で、12月にはチェーンリンク(LINK)が上場することも発表されています。

日本で初めてのTポイントでビットコイン投資することも可能です。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

13種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※別途、スプレッドがあります。
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 ・銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
・クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
・クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFyler

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • オリコン顧客満足度No.1
  • ATOM・OMG・XTZなど珍しいアルトコイン取引が可能
  • 販売所取引手数料・入出金手数料が無料

※2021年オリコン顧客満足度調査 暗号資産取引所現物取引

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

『GMOコイン』は大手企業のGMOインターネットグループが運営する取引可能。

 DOTは2021年5月にGMOコインに上場しました。日本ではじめての取扱いとなります。

また他にもATOM・OMG・XTZ・XYMなど、他社にあまり上場していないアルトコインが取引できるのも魅力です。豊富な種類から選びたい方はおすすめです。

スマホをお持ちの方なら「かんたん本人確認」で最短10分で取引スタートできます。
取扱仮想通貨(暗号資産)数

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・エンジンコイン(ENJ)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・オーエムジー(OMG)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・シンボル(XYM)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

DOT/Polkadotの買い方を解説

DOTの購入方法を取引所bitFlyerを例に解説します。

・まずは画面左側の「販売所」をクリックしましょう。

DOT/Polkadotの買い方を解説

 

・上部より通貨ペアを選択してください。「DOT/JPY」を選びましょう。

DOT/Polkadotの買い方を解説

 

・「DOT/JPY」を選んだら「買う」をクリックしましょう。

 

DOT/Polkadotの買い方を解説

 

・買い注文の画面が表示されます。購入する金額を入力し、「買い注文に進む」をクリックしましょう。

 

「DOT/JPY」を選びましょう。

これでDOTの購入完了です。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

よくある質問

Polkadotの特徴を教えてください
トランザクションの高速処理が可能、セキュリティが高く、異なるブロックチェーンを同期してつなげられるプラットフォームです。WEB3.0を目指しています。
WEB3.0とは何ですか?
中央管理者をなくし、みんなで管理する分散型のインターネットのことを指します。中央依存がなくなるため、透明性が生まれセキュリティも向上します。
Polkadotの2021年のニュースは何ですか?
11月に過去最高値を更新しました。また11月11日よりパラチェーンオークションが開始されます。9月・10月にはSBI VCトレード・BitPointに上場しています。
DOTを購入できる取引所はどこですか?
bitFlyer・GMOコイン・BitPoint・SBI VCトレードなどで購入可能です。bitFlyerやGMOコインは取扱い通貨数も多く初心者に使いやすいのでおすすめです。
DOTの過去最高値はいくらですか?
2021年11月14日が過去最高値で6,146円です。DOT2020年の5月に発行されたばかりで8月までは300円前後を推移していました。1年2ヶ月で20倍にまで高騰しています。
DOTに将来性はありますか?
将来性は高いでしょう。時価総額も高く現在も上昇しています。またさまざまなプロジェクトが進行中なので、これからもシェアを拡大していくでしょう。
ポルカドットで進行中のプロジェクトには何がありますか?
NFTに特化したブロックチェーン『Efinity』の開発を行っています。またビットコインをトークン化した『PolkaBTC』のプロジェクトも進んでいます。

まとめ

この記事ではDOT/Polkadotの特徴や将来性について解説しました。WEB3.0を目標に掲げたポルカドットは、これからのインターネットやブロックチェーンの時代に合ったプラットフォームで、将来性に期待できるものです。

ポルカドットのシェアが広がることで、DOTの価値も高まり価格は上昇していくでしょう。

DOTを購入するために、まずはbitFlyerやGMOコインに登録しましょう。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事