仮想通貨の時価総額ランキング|将来値上がりが期待できる通貨は?

「仮想通貨の時価総額ランキングを教えて?」「仮想通貨の中で将来値上がりが期待できる通貨はどれ?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

仮想通貨に投資する際は、将来性を見込んで選ぶことが大切です。仮想通貨の市場が拡大している中で、どの銘柄に投資すればいいのか分からない方も多いと思います。

そこで本記事では、仮想通貨の時価総額や流通量、仮想通貨の時価総額ランキング、おすすめの仮想通貨取引所や取引所を選ぶポイントについて詳しく解説します。

仮想通貨に投資を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。
時価総額TOP5銘柄も取引可能!!

国内でおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!!

仮想通貨の時価総額と流通量

仮想通貨の時価総額

仮想通貨の時価総額と流通量

仮想通貨の時価総額とは、仮想通貨(暗号資産)1単位ごとの時価に流通量を乗じて発行され、価値を公平に判断することが可能です。

しかし、仮想通貨の発行量は開発グループ元や通貨の生みの親次第です。そのため、発行量に上限があるもの、上限がないもの2つの種類があります。

 つまり「発行量が多い」=「影響力がある」とは結び付かず、現在の市場の取引価格を含めて考えることが時価総額を把握する上で重要なポイントです。

例えば、ビットコインの場合、流通量は2100万(BTC)と発行量に上限があり、流通量の順位は50位以下と低い一方時価総額ランキングは第1位です。

現在の市場価格と発行数量は常に変化し、時価総額が高ければ高いほど信頼度も高まります。

また、流通量第1位のバイトコインは約1844億7000万(BCN)と発行量に上限はありませんが、仮想通貨の時価総額ランキングでは低い傾向にあります。

このように、「流通量」=「発行量」と必ずしも比例しているとは限りません。時価と発行数量のそれぞれに乗じ、考慮して判断する数値が時価総額です。

特に仮想通貨の価値を判断する上で、取引価格の差額が重要なポイントです。

仮想通貨の流通量

仮想通貨の時価総額と流通量

仮想通貨の流通量は、すでに通貨が発行されて市場に出回って取引されたり、投資家が保有しているなど世に出回っている仮想通貨の総量のことを指します。

 流通量はそれぞれの銘柄ごとに決まっており時価総額と同じで常に変化し、毎日のように増えたり減ったりしたりと増減を繰り返す特徴があります。

また、「流通量」と「発行量」は同じに見えて大きく異なります。流通量は全世界にどのくらいの仮想通貨が発行されたのか実際の数で示す数値です。

流通量は仮想通貨チャートのように、上がったり下がったりします。

発行量は全世界にどのくらいの仮想通貨が出回っているか示す数値です。つまり、「流通量」=「実際の数」、「発行量」=「仮想通貨の総量」となっています。

 中には発行されているにも関わらず使われていない仮想通貨もあります。それは、保有者に忘れられた、保有者が死亡された、秘密鍵の紛失などの場合が挙げられます。

仮想通貨は非中央集権型なので、せっかく仮想通貨を購入されたにも関わらず、保有者の保有状況により宝の持ち腐れ状態に陥っているケースも中にはあります。

発行枚数は出回っていない仮想通貨を含めているのに対して、流通量ではこれを含めません。

「発行量」は出回っていない仮想通貨も含めますが、「流通量」は含まれません。
時価総額TOP5銘柄も取引可能!!

国内でおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!!

【2022年2月】仮想通貨の時価総額ランキングTOP5

1位:ビットコイン(BTC)約79兆円

ビットコイン(BTC)約79兆円

ビットコイン(BTC)は2022年2月2日現在、約79兆円と世界第1位の時価総額となっております。

 発行量が上限2,100万と元々決まっているビットコインは、発行上限の90%である1,889マンビットコインが市場に供給されています。

2,100万の上限に到達するのは2140年頃の見込みです。あと118年以内には全てのビットコインが世界に解き放たれます。

一方でビットコイン保有者が死亡した、忘れられた、秘密鍵を紛失したなどが問題となっており、今まで370万ビットコインが失われました。

ビットコインの親であるサトシ・ナカモトが保有する100万ビットコインも手付かず状態です。

2位:イーサリアム(ETH)約33兆円

イーサリアム(ETH)約33兆円

イーサリアム(ETC)は2022年2月2日現在、約33兆円で世界第2位の時価総額となっています。取引量世界第2位、時価総額第2位とビットコイン(BTC)に次ぐ数値です。

イーサリアム(ETC)には発行上限枚数が存在していませんが、イーサリアムクラシックの場合は発行量が上限約2億1,000万枚〜約2億3,000万枚と予め決められています。

 発行上限枚数が決められていないイーサリアム(ETC)は価格が安定する傾向があり、今後もマイニングが続けられるたびに新規のイーサリアムが発行され供給量が増えます。

イーサリアム(ETC)はスマートコントラクトと言われる、契約や検証、実行や交渉を意図したブロックチェーンで管理できる仕組みが大きな特徴です。

今後ビジネスの世界でIotプラットフォームとして開発が期待されています。また、イーサリアム(ETC)はビットコイン(BTC)との連動性がある銘柄とも言われています。

イーサリアムは発行上限枚数は無く、半減期もありません。
時価総額TOP5銘柄も取引可能!!

国内でおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!!

3位:テザー(USDT)約8.9兆円

テザー(USDT)約8.9兆円

テザー(USDT)は2022年2月2日現在、約8.9兆円で世界第3位の時価総額となっています。

テザー(USDT)はTether Limited社が運営するペッグ通貨で、米ドルや円など他の通貨と連動させることを目的として作られた仮想通貨です。

 例えば、1ドルを担保に同額のテザー(USDT)を新規発行すると、「1ドル」=「1テザー(USDT)」となるように設計されたテーブルコインです。

価格があまり変動しにくく安定した値動きをしている銘柄をステーブルコインと言われ、他の通貨に比べて値上がりがあまり期待できないところが特徴です。

なぜなら、このテザー(USDT)の役割は、ビットコインやイーサリアムなどで利益が出た時に、利益確定をする際に使用する交換先通貨として利用される場合が多いからです。

時価総額は世界第3位ですが、資金の一時避難先や利益確定する際の交換先としての役割があるため、大きな特徴がないにも関わらず時価総額が高いのです。

他の仮想通貨に比べてリスクが低いので、初心者におすすめの銘柄です。

4位:バイナンスコイン(BNB)約7.1兆円

バイナンスコイン(BNB)

バイナンスコイン(BNB)は、2022年2月2日現在、約7兆1000億円で世界第4位の時価総額となっています。

このバイナンスコイン(BNB)は、マルタ島に本拠地がある世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが独自に発行した仮想通貨です。

 大きな特徴は「バイナンススマートチェーン(BSC)」と言われるスマートコントラクトを実装した、プラットフォームの性質を持つブロックチェーンだという点です。

このBSCはイーサリアム(ETC)が実装しているスマートコントラクトに比べ、ガス代(手数料)が低く、処理速度も高い特徴があります。

また、運営側が定期的に仮想通貨の一部を処分することで、希少価値を高め営業利益が増えるほど価値が高まっていく仕組みになっています。

取引手数料が0.1%と比較的割安で、バイナンスコインを利用して支払うとさらに割引されます。

5位:USD Coin(USDC)5.07兆円

カルダノ(ADA)

USD Coin(USDC)は、2022年2月2日現在、5.07兆円と世界第5位の時価総額となっています。

このUSD Coin(USDC)はイーサリアムベースのステーブルコインで、価格変動があまりなく安定した値動きが特徴です。

 仮想通貨の時価総額第3位のテザー(USDT)と同じく、「1ドル」=「1(USDC)」と1ドル前後を安定的に推移しています。

では、役割が同じテザー(USDT)とUSD Coin(USDC)の何が違うのか?それは、知名度の高さと発行元の違いです。

テザー(USDT)はTether Limited社が提供している仮想通貨なので人気があり、USD Coin(USDC)は二番煎じとなっています。

ただ、USD Coin(USDC)を運営するCircleは、かの有名なゴールドマンサックスや官公庁の厳しいチェックをクリアしているので安全性の高い銘柄です。

価格の変動がほとんどないので、米ドルの代替通貨として利用できます。

おすすめの仮想通貨取引所

※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください

Coincheck

コインチェック

Coincheckのおすすめポイント
  • アプリダウンロード数No.1
  • 取扱通貨数No.1
  • 取引所手数料0円
  • スマホで最短1日で取引開始
  • 500円からビットコインが貰える
    ※公式サイトより

 

Coincheck(コインチェック)は、アプリダウンロード数3年連続国内No.1を獲得した人気の高い仮想通貨取引所となっております。※公式サイトより

 取引画面の見やすさ、分かりやすさ、使いやすさの3拍子揃っており、操作性の高さと信頼度の高さに定評がある仮想通貨取引所です。

また、取り扱い通貨数が国内取引所内最多17種類とNo.1。サービスも多様でCoincheckつみたて、Coincheckでんき、Coincheck NFTなどがあります。

Coincheck(コインチェック)では取引最小単位は0.005通貨以上で、500円相当額以上で取引できるので初心者の方でも安心して始められます。

ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】
銀行振込(日本円):無料
※振込手数料はお客様負担
コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円

クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
日本円出金:407円

【販売所手数料】
取引手数料:無料
手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

キャンペーン

出典:Coincheck公式

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量6年連続No.1
  • 各種手数料が無料!
  • 7年以上ハッキング0とセキュリティー対策万全
  • 14種類の仮想通貨を1円から購入可能
  • 最短10分で口座開設完了
    ※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコイン取引量6年連続No.1の実績と信頼を誇る仮想通貨取引所です。※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 大きな特徴は、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュなど14種類の仮想通貨をたった1円から取引可能なところです。

申込みから最短10分で取引をスタートできるので、少額資金から仮想通貨へ投資をしたい方にピッタリの取引所と言えるでしょう。

また、bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインを含めた12種類の仮想通貨を取り扱っており、アルトコインも豊富に揃えています。

仮想通貨で積立投資もできるので、仕事が忙しい人にもおすすめです。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱数 14種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) アカウント作成手数料:無料
アカウント維持手数料:無料
販売所全通貨売買手数料:無料
ビットコインFX取引手数料:無料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%
キャンペーン

出典:bitFlyer公式

DMM Bitcoin

DMM bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 最短1時間で取引を開始できる
  • チャート画面は自由自在に操作可能
  • 取り扱い銘柄数15種類
  • スプレッドを気にせず仲直価格で取引可能
  • 各種手数料が0円!
    ※BitMatch取引手数料を除く

 

大手企業であるDMMグループが提供するDMM Bitcoinは、セキュリティ対策が充実しており安全性の高い仮想通貨取引所です。

 特に取引アプリが使いやすいと評判で、スマホからワンタッチで注文から決済ができたり、PC版に劣らないチャート分析機能を有しています。

また、スワイプ取引で投資初心者でも簡単に注文・取引可能で、シンプルなチャート画面で相場状況を瞬時に把握できるところもメリットです。

DMM Bitcoinは最小注文単位が「0,0001(BTC)」と約100円からビットコインを購入できるので、仮想通貨初心者からでもリスクを抑えて取引できます。

DMM Bitcoinは最大2倍のレバレッジ取引が可能です。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) クイック入金:無料
振込入金:無料
出金・出庫:無料
取引手数料:無料
※BitMatch取引手数料を除く

出典:DMM Bitcoin公式
※当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください

仮想通貨の時価総額よくある質問

仮想通貨とは?
仮想通貨はデジタル通貨の一種で、第三者を介さず財産的価値のやり取りが行える非中央集権型のモデルの通貨です。主にインターネット上の売買で利用されることが多いです。
仮想通貨の時価総額とは?
仮想通貨1単位ごとの時価に流通量を乗じて発行され、価値を公平に判断する数値が時価総額です。時価総額が高ければ高いほど市場で信頼度も高くなります。
仮想通貨の流通量とは?
流通量とは世の中に出回っている仮想通貨の総量を指し、毎日のように通貨量は時価総額と同じく変化します。中には発行されたにも関わらず使われていない通貨もあります。
仮想通貨の時価総額ランキングとは?
ビットコイン(BTC)約79兆円と第1位、イーサリアム(ETC)約33兆円で第2位、テザー(USDT)約8.9兆円で第3位、バイナンスコイン(BNB)約7.1兆円で第4位、USD Coin(USDC)約5.07兆円と第5位です。
仮想通貨取引所を選ぶポイントとは?
取引所を選ぶ重要なポイントは、取引手数料の有無、取引最小単位、ダウンロード数や知名度の高さ、操作性など総合的に判断し自分に最適化された取引所を選びましょう。
仮想通貨投資はいくらから始められる?
取引所によって仮想通貨投資を始められる額が異なります。約1円から取引できるところもあれば、約100円や約500円相当から取引をスタートできる仮想通貨取引所もあります。
おすすめの仮想通貨取引所とは?
アプリダウンロード&取扱い銘柄数No.1の「Coincheck」、ビットコイン取引量6年連続No.1の「bitFlyer」、大手企業のDMMグループが運営する「DMM Bitcoin」この3つの仮想通貨取引所がおすすめです。

まとめ

ここまで本記事では、仮想通貨の基本情報である時価総額や流通量、仮想通貨の時価総額ランキング、おすすめの取引所について詳しく解説してきました。

仮想通貨は今流行りの投資の一つであり、取引所によっては数千円という少額資金から投資をスタートできるため、今や大人気の投資先となっています。

特に「仮想通貨に興味はあったけど、今まで積極的に投資してこなかった人」は、この機会に仮想通貨投資を始めるきっかけにして頂ければ幸いです。

取引所の開設は無料なので、この機会に検討してみてください。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事