ライトコイン(LTC)の将来性|今後の見通し価格を予想!

「ライトコイン(LTC)は一体どんな特徴があるの?」「ライトコイン(LTC)の今後の将来性を詳しく知りたい」このように思われている方は多いのではないでしょうか。

ライトコイン(LTC)はビットコインの課題を補うためにを開発された暗号資産(仮想通貨)なので、今後マーケットが拡大するにつれて需要も増えてくると期待されています。

そこで本記事では、ライトコイン(LTC)の基本情報や特徴、2017〜2021年までの価格推移や今後の価格予想、おすすめの仮想通貨取引所について詳しく紹介します。

今後の投資判断の材料にして頂ければと思います。

ライトコイン(LTC)とは?

ライトコイン(LTC)

ライトコイン(LTC)は、2011年10月元Googleエンジニアであってチャーリー・リー氏によって開発された暗号資産(仮想通貨)です。

ビットコイン(BTC)の欠点である処理速度の遅延を補うために開発された経緯があり、マーケットの拡大を促すことでライトコイン(LTC)も恩恵を受けられるという発想がありました。

 ビットコイン(BTC)は1つのブロックを約10分程度で生成しますが、ライトコイン(LTC)は1つのブロックを約2分30秒程度で生成します。

その差は4倍です。また、発行数量はビットコイン(BTC)の上限は2.100万枚ですが、ライトコイン(BTC)は8,400万枚と4倍の発行数量上限となっています。

ライトコイン(LTC)は処理速度が速く手数料が低いため、クレジットカードと連携した決済用通貨としての利用や、ビットコイン(BTC)の有事の際の避難先になる可能性が考えられます。

現在時価総額ランキングでは現在20位ですが、将来的には多くの企業や加盟店との連携が予測されており、決済時にライトコイン(LTC)利用される機会が増えると期待されています。

ビットコイン(BTC)に連動して値が動くことも多いので常にチェックしましょう。
出典:仮想通貨時価総額上位100 – CoinMarketCap

ライトコイン(LTC)の特徴

Segwitによるブロックサイズの圧縮を実現

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)は、Segwit(セグウィット)が導入されているところが大きな特徴です。

Segwit(セグウィット)の概要は、トランザクション(取引履歴)を整理し、より多くのデータをブロックに入れられるようにする技術のことです。

 この技術を使えば、1つのブロックに入れる取引データ量を増やせたり、取引データの処理速度が上がることで手数料を抑えられます。

他のアルトコインに先駆けてSegwit(セグウィット)を導入したことは高く評価されており、将来性が見込まれる有望な暗号資産(仮想通貨)とされています。

ビットコイン(BTC)の課題である承認作業の遅延をSegwit(セグウィット)で補うことが可能です。
出典:Segwit -DMM Bitcoin

Script方式の暗号化技術を採用している

ライトコイン(LTC)の特徴

Script(スクリプト)とは、データを交換して偉られる固定長データの計算式のことです。ビットコイン(BTC)のアルゴリズムは、「SHA-256(シャーニーゴーロク)」を採用しています。

 ライトコイン(LTC)ではScript(スクリプト)と言われるアルゴリズムを採用しており、暗号化方式がビットコイン(BTC)と異なります。

ライトコイン(LTC)はScript方式の暗号化技術を採用しているため、取引データの処理速度が格段に速い特徴があります。

また、処理速度が速いことで手数料も安くなるため、個人で使用するパソコンからでもマイニングがでるところがメリットです。

マイニングとは暗号資産取引の承認・検証作業を行うことを言います。

発行枚数上限が8,600万枚

ライトコイン(LTC)の特徴

ビットコイン(BTC)の発行枚数上限が2,100万枚に対し、ライトコイン(LTC)の発行枚数上限は8,600万枚となっています。

 約4倍の差がありますが、発行枚数が多ければ良いというものではないのではありませんが、ライトコイン(LTC)の方が今後もまだまだ発行されます。

なぜなら、ライトコイン(LTC)は発行枚数が約80%と分母となる発行枚数が多いため今後も発行される余地があるからです。一方でビットコイン(BTC)は発行上限が90%を切り残り残りが210万枚となっております。

多くの仮想通貨は発行枚数の上限を設けており、それぞれ枚数は異なります。

ライトコイン(LTC)は半減期が設けられている

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)には、どちらの暗号資産(仮想通貨)にも「半減期」が設定されています。この「半減期」は過度なインフレーションを防ぐ役割があり、通貨の価値を安定的に保つ目的があります。

 特に暗号資産(仮想通貨)をマイニングをしている人に大きな影響を与えるため、半減期の時期には注意を払う必要があります。

半減期は4年に1度訪れます。ライトコイン(LTC)は2011年に開発され、それから2015年、2019年、2023年、2027年、2031年というスケジュールで半減期があります。

半減期が訪れると急にチャートが暴騰したり暴落したりと大きく価格が変動するので半減期には注意しましょう。

具体的な半減期の時期は7月〜8月の間とされています。

普段利用の決済に特化した暗号資産(仮想通貨)

ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)は取引データの承認速度が速く手数料も安いため、日常の便利な決済手段として大きく期待されています。

実際に世界大手企業の決済サービスであるPayPalなどの企業も導入しています。

 特に注目すべき点は、ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)の課題である取引速度を補うために開発されたため、利用者の利便性の向上が期待されています。

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)の約4倍の速度でデータ処理が可能です。例えば、10分かかっていたところ2分半でデータ処理できます。

ライトコイン(LTC)は高速決済が可能な通貨なので、今後は普段利用の決済に使われることが増えるでしょう。

ライトコイン(LTC)の今までの価格推移

2017年〜2018年 急上昇から急降下

ライトコイン(LTC)の今までの価格推移

2017年暗号資産のマーケットが急拡大し、それと同時にライトコイン(LTC)の価格も急上昇しました。

 2017年の12月18日には「4万円」を超え高値をつけましたが、2018年の12月16日には「3千円」に急落し、40分の1の価値になりました。

最高値と最安値を味わったのが「2017年12月18日〜2018年12月16日」間の1年間です。

2019年 約5倍の上昇を記録

ライトコイン(LTC)の今までの価格推移

ライトコイン(LTC)は2019年前半に半減期が訪れると言われ、購入者が増え価格が上昇しました。

「3千円/LTC」から「1万6千円」へと躍進し約5倍の上昇率を記録したものの、2019年12月半ばには4千円へ下落しました。

2020年 約4倍の上昇を記録

ライトコイン(LTC)の今までの価格推移

2020年3月は「3千円」で、2020年11月まで「3千円」〜「6千円」とあまり変わらない値動きをしていました。

 ただ、2020年12月16日から急激に上昇し始め、1万3千円台へと上昇しました。2020年11月と比べてたった1ヶ月で4倍の上昇を記録。

勢いそのままにして2021年を迎えました。大きな原因は世界大手企業の決済サービスであるPayPalが仮想通貨マーケットに参入してきたことが理由です。

2021〜2022年 急落からのレンジ相場

ライトコイン(LTC)の今までの価格推移

2021年に入るとその勢いそのままに、2021年2月には「2万円」、2021年4月に「3万円」、2021年5月には「4万円」になりました。

 一時は2017年の12月18日に記録した「4万円」と並びましたが、その勢いが途絶え、たった1ヶ月で「1万5千円」と急落しました。

今現在も下降トレンドとなっており、2022年2月現在は「1万2千円」を推移しておりレンジ相場になっています。

ライトコイン(LTC)の将来性や今後の予想・価格予想

決済手段として利用される

ライトコイン(LTC)の将来性や今後の予想・価格予想

ライトコイン(LTC)は取引データの承認速度が速い特徴があるため、今後は決済手段として利用されることが予想されます。

なぜなら、ビットコイン(BTC)約4倍の速さがあり、ビットコイン(BTC)の課題であるデータ処理の遅延の課題を補っているからです。

 さらに世界大手企業である決済サービスのPayPalがライトコイン(LTC)の導入を決めているので、他のカード会社の参入も期待できます。

今後はライトコイン(LTC)の決済手段を導入した企業が増えてくると予測できるため、予めライトコイン(LTC)を買っておくのもいいかもしれません。

決済手段として世界中に広がるのは時間の問題でしょう。

ライトニングネットワークが導入されるかもしれない

ライトコイン(LTC)の将来性や今後の予想・価格予想

ライトニングネットワークとは、取引をブロックチェーン外に移動させることで、より速く安く仮想通貨の出入庫ができる仕組みです。

 ライトニングネットワークの運用実験は2018年にすでに成功しており、今後本格的に導入される確率が高いと言われています。

導入されればブロックチェーンシステムの負荷を減らしたり、取引を瞬時に実行できたりと、今以上に便利になると期待されています。

ライトニングネットワークが広がれば、多くの課題を解決できます。

ライトコイン(LTC)のおすすめ取引所3選

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • アプリダウンロード数No.1
  • スマホで申込みでき最短1日で取引可能
  • 取り扱い通貨数も17種類とNo.1

 

Coincheck(コインチェック)アプリダウンロード数No.1と、累計467万ダウンロードを達成した初心者におすすめの仮想通貨取引所です。

 特に取引ツールが魅力で、投資初心者でも分かりやすい操作性とシンプルなデザインを備えており、誰でも手軽に投資を始められます。

また、Coincheck(コインチェック)を運営するマネックスグループは東証一部上場企業であり、関東財務局登録済みの暗号資産交換業者なので安心して取引できます。

Coincheck(コインチェック)はレバレッジ取引には対応していません。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】
銀行振込(日本円):無料
※振込手数料はお客様負担
コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円

クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
日本円出金:407円

【販売所手数料】
取引手数料:無料
手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

キャンペーン

出典:Coincheck公式
※公式サイトより

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyerのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料!
  • ビットコイン取引量6年連続No.1達成
  • 業界最長7年間1度もハッキング被害無し
    ※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量が6年連続No.1を獲得した、実績と信頼のある仮想通貨取引所です。

 ビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨から、ライトコインなどのマイナー通貨まで全14種類の通貨を取引できます。

また、手数料が0円で1円から仮想通貨を購入できるので、少額資金から投資をスタートされたい方にピッタリの取引所です。

申込みから最短10分で口座開設ができます。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱数 14種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) アカウント作成手数料:無料
アカウント維持手数料:無料
販売所全通貨売買手数料:無料
ビットコインFX取引手数料:無料
住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%
キャンペーン

出典:bitFlyer公式

DMM Bitcoin

DMM bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 暗号資産の取り扱いが15種類
  • 各種取引手数料が全て無料!
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 大手DMMグループで安心・安全

 

DMM Bitcoin大手企業DMMグループが提供する仮想通貨取引所なので、手数料無料で安心・安全に取引できるサービスです。

 特に暗号資産の取り扱いはビットコインやライトコイン含め15種類あり、豊富な暗号資産に投資ができます。

また、土日や祝日を含め365日、手軽にLINEにてお問い合わせできるところも、初心者にとっては嬉しいポイントです。

DMM Bitcoinは最大レバレッジ2倍まで設定できます。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込) クイック入金:無料
振込入金:無料
出金・出庫:無料
取引手数料:無料 ※BitMatch取引手数料を除く
キャンペーン 新規口座開設完了で全員にもれなく2,000円をプレゼント!
期間:2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

出典:DMM Bitcoin公式

ライトコイン(LTC)のよくある質問

ライトコイン(LTC)とは?
ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)の欠点である処理速度を補うために開発されました。処理速度はビットコイン(BTC)の4倍で発行数量上限も8,400万枚と4倍です。
ライトコイン(LTC)の特徴とは?
Segwit(セグウィット)が導入されており取引データの承認速度が速く手数料が安い。また、Script(スクリプト)の処理速度はビットコイン(BTC)よりも優れている。
ライトコイン(LTC)の今までの価格推移とは?
2017年に暗号資産の市場が拡大した際4万円台にいきましたが大きく下落し2018年2019年は停滞、その後2020年にPayPalがライトコインを導入したことで再び4万円台に上昇しました。今現在は下降トレンドとなっています。
ライトコイン(LTC)の将来性とは?
決済手段として利用されることが期待されているので、今後仮想通貨市場が全世界に拡大していけば、色々な企業がライトコイン(LTC)を導入されるでしょう。
ライトコイン(LTC)の今後の予想とは?
今後の予想はライトニングネットワークが導入されることで、ブロックチェーンの負荷が軽減されたり、より安く速く仮想通貨の出入庫が可能になるでしょう。
ライトコイン(LTC)のおすすめ取引所とは?
ライトコイン(LTC)を取引する際におすすめの仮想通貨取引所は、取り扱い通貨数No.1のコインチェック、取引高6年連続No.1のbitFlyer、大手企業が運営するDMM Bitcoinがおすすめです。 
※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
ライトコイン(LTC)に投資する際の注意点とは?
ビットコイン(BTC)の価格に影響されやすいライトコイン(LTC)は相関性が高いため、値が上昇すれば上昇し、値が下がれば同じく下がるので、ビットコイン(BTC)の価格には注意しましょう。

まとめ

ここまで本記事では、ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)の違いや特徴、今までの価格推移や今後の予想、おすすめの取引所について紹介しました。

ライトコイン(LTC)は取引データの承認速度が非常に速く、今後決済システムなどに導入されることが期待されており、仮想通貨市場の拡大で更なる需要が増えると予測されています。

2020年には大手企業であるPayPalが導入を決めたことを発端に、これから多くの企業が導入していく可能性が高いため予め投資をしておくことをおすすめします。

ライトコイン(LTC)に投資するには、コインチェックのような大手仮想通貨取引所を利用しましょう。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事