ファクトム(FCT)今後の見通しや将来性|購入可能な取引所

ファクトム(FCT)は分散管理型プラットフォームとして注目を浴びており、今後大きく上昇する期待がある仮想通貨として、世界中で大変話題となっています。

取引を検討している方は、将来性や今後の見通しなど気になる方もいるでしょう。

そこで本記事では、ファクトム(FCT)に投資を検討している方に向けて、今後の見通しや将来性、価格上昇ポイントやおすすめの取引所について解説します。

ファクトム(FCT)の価格予測を把握して適切なタイミングで投資を行いましょう。

ファクトム(FCT)とは

分散型プラットフォーム

ファクトム(FCT)とは

ファクトム(FCT)は仮想通貨の一種です。ビットコイン(BTC)をベースにして作られており、ブロックチェーン技術を用いてデータを保管・記録すること目的のプラットフォームです。

具体的な利用用途は、書類等の記録、保管、追跡、監査、分散をすることで第三者機関を通さず、企業取引での利用に使用されることが期待されております。

 例えば、行政サービスの市役所での個人情報、企業で取り扱う重要書類などの情報を記録して保管することなどが挙げられます。

また、プラットフォーム上では、Factoidとエントリークレジット(Entry Credit)と呼ばれる2つの仮想通貨が利用されています。

Factoidとは取引所で利用されるFactoidと表記されている仮想通貨です。エントリークレジット(Entry Credit)は取引所で取引されない仮想通貨のことです。

書類の管理や保管、記録などを効率的にしてくれるのがファクトム(FCT)のシステムです。

注目されているプロジェクト

ファクトム(FCT)とは

今現在注目されているファクトム(FCT)のプロジェクトは、「スマートロック」と「ファクトムハーモニー」この2つが世界中で注目されています。

 スマートロックは、QRコードを読み込むことで書類を管理できることです。ブロックチェーン上に重要処理データを保存することが可能です。

特に医療分野の電子カルテや行政の戸籍データなどで活躍が期待されているプロジェクトです。

これによりデータを安心・安全に管理することができます。

ファクトハーモニーは、土地や建物、住宅ローンや不動産に関する情報をブロックチェーン技術を用いてデータを保管・記録するプロジェクトです。

 これにより重要書類の改ざんを防ぎ、安心・安全に顧客の収入状況や審査情報を管理することが可能となります。

このようにファクトム(FCT)は、コストを最小限に抑えつつ強固なセキュリティと、管理体制の効率化と簡素化を実現しようとしています。

今後ファクトム(FCT)を導入する企業が増えれば、さらに価値が上昇していくでしょう。

ファクトム(FCT)の現在の価格動向

ファクトム(FCT)の現在の価格動向

ファクトム(FCT)は、2022年2月28日現在117.078円を推移しており、ここ一年は下降トレンドが形成されて右肩下がりに綺麗に下がっています。

2017〜2018年は仮想通貨ブームの影響もあり、大きく上昇しましたが、そこからは大きく下がり取引量が減少しています。

 しかし、ファクトム(FCT)は2021年に大きく値上がりしており、特に2月はレンジ相場から少し戻したような価格になっています。

ビットコイン(BTC)とファクトム(FCT)は連動する傾向が高いので、ビットコイン(BTC)が上がればファクトム(FCT)も上がり、下がれば一緒に下がる傾向が強いです。

ファクトム(FCT)は現在底値近辺でレンジ相場を形成しています。ビットコイン(BTC)が上昇してきたタイミングが買い時なので常にチェックしておきましょう。

ファクトム(FCT)の価格上昇のポイント

プロジェクトの進捗があること

ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性

ファクトム(FCT)が価格上昇するには、今現在進められているプロジェクトの進捗に大きな影響があると考えられます。

 先述でもお伝えしましたが、QRコードで書類管理ができる「スマートロック」と不動産の情報を管理できる「ファクトムハーモニー」これら2つの進捗に期待がかかっています。

実際にイーサリアム(ETH)はDeFi(分散型金融)の実現によってイーサリアム(ETH)の価格も上昇しているので、外的要因によって価格が上昇するならプロジェクトの進捗が一番大きいです。

2つのプロジェクトの進捗状況を考慮して投資するタイミングを見極めましょう。

大手企業との提携が発表される

ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性

実はファクトム(FCT)は過去に大手企業と提携したことで、大きく価格が上昇した時期がありました。

 2017年6月では、マイクロソフト創業者ビルゲイツの慈善団体である、ビル&メリンダ・ゲイツ財団とタッグを組み、米国の住宅ローンの管理計画を始めました。

2018年11月では、マイクロソフトと技術提携を行うことを表明し一時大きく上昇しました。

その他にも、アメリカ不動産ローン会社のEquator社が導入しています。このように大手企業と連携することで、期待感から価格が上昇することが分かっています。

今後のファクトム(FCT)と大手企業の提携ニュースは逐一チェックしておきましょう。

ファクトムの利用手段が増えること

ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性

ファクトム(FCT)の利用者や利用手段が増えることで、大きく価格上昇が見込まれると考えられます。

先述でお伝えしましたが、ファクトム(FCT)は重要書類データを管理・記録・分散・保管などができるので、ビジネスで重宝される可能性が高いです。

 つまり、今現在進行中のプロジェクトが多くの企業に導入され、そこから利用者が増えることによって価格上昇が期待できるということです。

正式にサービスがリリースされ顧客とのニーズにマッチすれば、利用者が増えることでファクトム(FCT)の価値が増え価格も上がっていく可能性が高いです。

知名度と共に利用者が増えれば、ファクトム(FCT)の価値は急上昇していきます。

ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性

ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性

ファクトム(FCT)の今後の見通しは、上記でもお伝えしたとおり、一番大きな影響を与えるのは「スマートロック」と「ファクトムハーモニー」のプロジェクトです。

 テクニカル分析とファンダメンタル分析の2つで考察すると、テクニカル面では現在下降トレンドを形成しており、ここ半年間は綺麗な右肩下がりにチャートが推移しています。

短期的にはレンジ相場が継続し市場の流動性が低下する確率が高いです。なので、短期トレードでの取引はおすすめですが、長期投資は先行き不透明なので難しい局面です。

下降トレンドが終わったタイミングでファクトム(FCT)を買うのが最善策と言えます。

一方でファンダメンタルズ分析では、ビットコイン(BTC)の値動きや先進国の金融政策、プロジェクトの進行具合や企業の導入数などを確認しましょう。

 特に最近では仮想通貨に対しての風当たりが強い傾向があるので、先進国の要人が発する仮想通貨に対する見解や政策などは毎日のように必ずチェックしておくことが大切です。

仮想通貨の相場は他の金融商品と比べて素直な動きをする傾向が高いため、良い材料があれば買い、悪い材料があるなら売るもしくは静観しておくことをおすすめします。

今現在の材料だけだと売買の判断が難しいので、もう少し値動きが大きくなってきたタイミングで売買判断を下すようにしましょう。

ファクトム(FCT)を購入する投資家が増えてきたタイミングで買っても遅くはないでしょう。

ファクトム(FCT)を購入できるおすすめ取引所

Coincheck

コインチェック

Coincheck(コインチェック)のおすすめポイント
  • アプリダウンロード数国内No.1
  • 安心・安全なセキュリティ対策
  • 取引所の取引手数料が無料
    ※公式サイトより

 

Coincheck(コインチェック)は、取り扱い通貨数が17種類と国内最多かつアプリダウンロード数No.1と、人気の仮想通貨取引所となっています。※公式サイトより

 初心者でも使いやすい、見やすい、分かりやすい設計になっており、投資初心者から経験者まで幅広いニーズに対応している日本トップの口座です。

運営元は東証一部上場企業のマネックスグループが運営しており、セキュリティ万全で安心して取引できるのでおすすめです。

仮想通貨投資を検討している方は、まずはコインチェックで手軽に取引を始め見ましょう。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱仮想通貨数
(暗号資産)

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
最小注文数量(BTC) 取引所:0.005BTC以上
かつ500円(相当額)以上
販売所:円建てで500円相当額
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料
(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円
(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円
(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:コインチェック公式

よくある質問

ファクトム(FCT)とは?
ファクトム(FCT)はビットコインをベースに作られた仮想通貨です。ブロックチェーン技術を用いて書類を記録•保管•管理•分散することが目的のプラットフォームです。
ファクトム(FCT)の現在の価格とは?
ファクトム(FCT)は2022年2月28日現在117.078円を推移しており、直近数年間では下降トレンドを形成しています。底値近辺でレンジ相場を形成しているので、上昇するタイミングで購入することをおすすめします。
ファクトム(FCT)を保有するメリットとは?
ファクトム(FCT)は将来的に有望であると大企業がバックに付いて大規模な投資を行っています。なので、今後上昇する確率が高いため、安い値段で購入しておけば大きく価格が上昇するかもしれません。
ファクトム(FCT)の価格上昇ポイントとは?
価格上昇するポイントは多くの企業でファクトム(FCT)が導入されるかどうか、利用者数や利用手段が増えるかどうか、知名度のある大手企業との連携があるかどうか、プロジェクトの進捗があるかどうかなどが挙げられます。
ファクトム(FCT)の今後の見通し・将来性とは?
今後の見通しはスマートロックとファクトムハーモニーのプロジェクト次第です。プロジェクトの進行具合が悪ければ買わない、良ければ買うという判断です。現状は判断材料が少ないため静観することをおすすめします。
ファクトム(FCT)を保有するデメリットとは?
ファクトム(FCT)は発行上限が決められていないため、無限に発行できます。ただ、何枚でも発行できるというのは希少価値がありません。1枚あたりの価値が低くなる可能性が高いのがデメリットです。
あファクトム(FCT)を購入できるおすすめの取引所とは?
ファクトム(FCT)を購入できる取引所は、アプリダウンロード数No.1の「コインチェック」です。

まとめ

ここまで本記事では、ファクトム(FCT)の特徴や現在・過去の価格動向、価格上昇のポイントや今後の見通し、おすすめの取引所について紹介しました。

ファクトム(FCT)は現在、分散型のプラットフォームを活かしたプロジェクトが進行しているので、企業が導入するケースが増えれば価格が上昇する可能性が高いです。

他の通貨に比べて価格は10分の1と過小評価されているため、今後何かしらのポジティブなニュースば出れば価格が急上昇し大きな利益を得ることができるかもしれません。

また、ファクトム(FCT)はビットコイン(BTC)をベースに作られている仮想通貨なので、ビットコインの値動きに連動する傾向があるので注視しておきましょう。

長期的な投資先として、ファクトム(FCT)の購入を検討してみてください。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事