仮想通貨のエアドロップとは?2021年開催予定一覧と受け取り方を解説

仮想通貨ではトレード以外に「エアドロップ」で利益を得られるのをご存知でしょうか?「エアドロップに参加してみたいけどやり方がわからない」「一切デメリットはないの?」とお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、エアドロップの特徴やメリット・デメリット、実際に仮想通貨をもらう方法など解説します。BITPONTでは、次回のエアドロップを2022年6月10日に行います。詳細はこちら

この記事を読めば、エアドロップの全貌が分かるようになります。ぜひエアドロップに参加して無料で仮想通貨を受け取ってくださいね。
エアドロップ開催中!

おすすめの仮想通貨取引所ランキングBITPoint

BITPointでは、2022年4月10日から2023年6月10日までの毎月10日にスナップショット(日本時間21時)を実施
エアドロップに参加したい方はBITPointへの無料口座開設をお忘れなく!
 
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)


詳細はこちら

仮想通貨のエアドロップって何?仕組みを解説

仮想通貨のエアドロップって何?仕組みを解説

エアドロップとは、 特定の通貨を一定期間保有した人に対して無料で仮想通貨が配布されるイベントのことです。取引所が主体のエアドロップや、仮想通貨を発行している企業が実施するエアドロップなどがあります。

エアドロップ配布の条件例
  • 対象通貨を一定期間(スナップショット時に)保有していること
  • テンプレートに沿ってSNSで投稿する

 

エアドロップがもらえる条件はさまざまですが、主に上記の2つが多いです。

スナップショットとは?
特定の日時のデータを切り取り、まるごと保存すること。

スナップショットとは要するに、指定された通貨を保有しているか証拠を撮影しておくイメージです。

 スナップショットの時間が決められているので、そのタイミングで指定の通貨を保有しておけば、エアドロップが受け取れます。

企業側がエアドロップを行うメリットは「新規プロジェクトの知名度の向上」です。通貨を一時的に保有してもらうことで価格が上昇し話題になります。

Twitterと連動してテンプレートが用意されてるものもあります。その通り投稿することで宣伝効果を促進させています。
エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

日本の取引所ではエアドロップの実施が少ない

仮想通貨のエアドロップって何?仕組みを解説

日本の取引所でエアドロップが実施されたケースは少ないです。それはエアドロップを行う対象通貨がマイナーなものが多いため、そもそも国内取引所で扱っていないからです。

 また保有対象の通貨を取り扱っているのでエアドロップ配布予定だが、配布トークンが上場しない場合、付与を取り消すこともあります。

ただし今まで国内でも配布された例はたくさんあります。2021年に入ってからも国内取引所では、NEMIOSTなどのエアドロップが配布予定とされています。

日本の取引所では配布回数が少ないので情報を逃さないようにしましょう。
エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

2022年開催中の仮想通貨エアドロップ

ここでは、2022年開催中の主な仮想通貨エアドロップを紹介します。

2022年開催中の主な仮想通貨エアドロップ
  • TRON
  • Flag Network
  • LEGION NETWORK

参加者全員がもらえるエアドロップもあります。エアドロップで仮想通貨獲得を考えている方は、参考にしてみてください。

TRON

TRON(TRX)は、創業者ジャスティン・サンが立ち上げたTRON Foundationで発行される仮想通貨です。2017年にリリースされました。

発行当初は、イーサリアムのネットワーク上で動いていましたが、現在はTRON独自のネットワークに移行しています。

2021年3月より、国内仮想通貨取引所で初めてBITPOINTがTRONの取り扱いを開始しています。

TRONのエアドロップは、2021年6月からスタートしています。TRONの仮想通貨保有者へ、NFTが配布されるものです。エアドロップは2023年6月まで行われる予定で、毎月10日にスナップショットを実施しています。

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

LEGION NETWORK

LEGION NETWORKは、ドバイ発のブロックチェーンエコシステムです。

LEGION NETWORKのアプリ1つで、WalletやDeFi、NFTsなど、さまざまなことができます。

エアドロップにより、トークンLGXがもらえます。LGXがあれば、LEGION NETWORKでゲームやタスク、動画視聴などができ、LGXを稼ぐことも可能です。

エアドロップは参加者全員が対象となります。

エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

過去に開催されたエアドロップ

ここでは、過去に国内で開催されたエアドロップを、参考として紹介しています。

2022年終了開催のエアドロップ
  • Flag Network

Flag Network

Flag Networkは、オープンソースプロジェクトで、イーサリアムの課題(ガス代や通信速度)を解決することを目的にスタートしました。

アメリカのコインベースに上場し、PancakeSwapでも取引が可能です。Flag Networkのパートナー企業には、バイナンスコインマーケットなどがあります。

Flag Networkのエアドロップは参加者全員がもらえました。

2021年開催のエアドロップ
  • OMGのエアドロップ『BOBAトークン』
  • NEM(XEM)のエアドロップ『Symbol(XYM)』
  • IOSTのエアドロップ『DON』

OMGのエアドロップ『BOBAトークン』

OMGのエアドロップ『BOBAトークン』

OMGを保有していたユーザーを対象にBOBAトークンが無料配布されることが発表されました。

BOBAトークンは「BOBA DAO」のガバナンストークンで、BOBAネットワークでステーキングを行い報酬を得ることも可能です。

 スナップショット時点の2021年11月12日にOMGを保有していた方が対象で、保有数量に対し1対1の割合で配布されます。

国内取引所では「コインチェック」「GMOコイン」がBOBAトークンを配布すると発表していましたが、GMOコインは「BOBAトークンの扱いが国内で承認されれば付与、承認されなければ付与しない」と発表していました。

エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

NEM(XEM)のエアドロップ『Symbol(XYM)』

NEM(XEM)のエアドロップ『Symbol(XYM)』

2021年に入ってNEMを保有していたユーザーを対象にXYMトークンが無料配布されました。NEMの大型アップグレードによりプラットフォームSymbolが誕生しました。XYMはそのSymbolで利用される通貨です。

 スナップショット時点の2021年3月12日にXEMを保有していたユーザーにXYMが無料配布されました。

IOSTのエアドロップ『DON』

IOSTを保有していたユーザーを対象にDONトークンが無料配布されることが発表されました。DONトークンは「Donnie Finance」のガバナンストークンです。

 2021年9月30日のスナップショット時点でIOSTを保有していた方が対象となっていました。

国内取引所ではコインチェックがIOSTを取り扱っていますがDONエアドロップに対応しないと発表しています。DONの流動性や技術的安全性等がコインチェックの定める基準に満たしていないためだそうです。

エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

エアドロップの受け取り方・もらい方を解説

エアドロップの受け取り方・もらい方を解説

エアドロップの受け取り方・もらい方は大きく2つの方法があります。

エアドロップのもらい方
  • 専用フォームやテレグラムから参加してもらう
  • 取引所から参加してもらう

専用フォームやテレグラムから参加してもらう

1つ目の方法が、運営の専用フォームやテレグラムから参加する方法です。運営によってエアドロップの参加方法は異なりますが、専用フォームやテレグラムなどで参加申請できるケースが多いでしょう。

この際、申請するための「SNSアカウント or メールアドレス」と、保有通貨を購入したりトークンを配布するための「ウォレット」が必要になるので準備しておきましょう。

 イーサリアムのブロックチェーン上のトークンが多いので「Metamask」ウォレットを使用するのが一般的です。他にSolana系の「Phantom」ウォレットなどもあります。
エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

取引所から参加してもらう

エアドロップの受け取り方・もらい方を解説

2つ目の方法が、取引所から参加してもらう方法です。

現物でコインを購入するように、取引所で対象条件の通貨を保有すれば、トークンを受け取ることができます。面倒な手続きもなく、期日になれば自動付与されるので簡単でしょう。

 ただし取引所によってはエアドロップを実施しない場合があるので注意しましょう。

エアドロップを実施するか否かは取引所が発表するので、情報をチェックしておく必要があります。また日本のトークン配布は海外より遅れることも多いです。

2021年3月にXEM保有者に対して、XYMを配布するエアドロップが海外取引所でありましたがbitFlyerは2022年3月に予定されています。

エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

エアドロップの情報収集の方法は?

エアドロップの情報収集

最新のエアドロップを知るためには情報収集が欠かせません。できるだけいろんな媒体に登録しておきましょう。主に以下の3つで情報収集が可能です。

エアドロップの情報
  • Twitter
  • Telegram・discord
  • CoinMarketCap

Twitter

しっかりしたプロジェクトであればTwitterの公式アカウントがあります。いち早くエアドロップの情報を発信しているのでチェックしましょう。

また最新のエアドロップをまとめているユーザーもたくさんいるので、そういった方をフォローしておけば情報を逃さずにいられます。

エアドロップに参加するなら

国内でおすすめの
仮想通貨取引所をチェック

Telegramやdiscord(メッセージツール)

エアドロップの情報収集

Telegramやdiscordには仮想通貨関連の情報交換をしているグループがたくさんあります。

エアドロップ専門のグループもあり分かりやすくまとめられているので情報を取りこぼすことはないでしょう。エアドロップを配布する運営のdiscordやTelegramも多いので参加してみましょう。

CoinMarketCap

CoinMarketCapは世界中の投資家が利用しいる仮想通貨の価格推移が一覧で分かるサイトです。数千種類以上の仮想通貨やトークンなどの価格・出来高・過去の価格などを見ることができます。

Coinmarketcapでは限定エアドロップの情報がカレンダーとなっているので、参考にするとよいでしょう。

エアドロップに参加するなら!おすすめの取引所

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 各種手数料が完全無料
  • エイダ(ADA)・トロン(TRON/TRX)・ジャスミー(JASMY/JMY)を国内で唯一取扱い※1
  • シンプルで使いやすいスマホアプリ
  • 500円から購入でき初心者にやさしい

ビットポイントは、PCブラウザ・アプリともにインターフェイスがシンプルで、初心者でも使いやすい取引所です。

取引手数料・即時入金手数料・暗号通貨の入出金手数料などが全て無料。そのため、余計なコストを省いた仮想通貨取引が可能になっています。

 また、トロンやジャスミーなど、ほかでの取り扱いが無い通貨を、売買できるメリットもあります。

そのため、これらの仮想通貨を購入するために、口座開設する価値があるでしょう。

さらに、初心者に使いやすい点もビットポイントの特徴と言えます。口座開設が非常に簡単な上に、500円から仮想通貨を購入可能です。

取扱数 12種類
口座開設スピード 最短翌日
手数料(税込) 取引手数料:無料
入金手数料:無料
出金手数料:無料
入出庫手数料:無料

BITPOINTのキャンペーン情報

新規口座開設で1,000相当分の仮想通貨DEPをプレゼント
さらに20,000円相当のDEP購入で2,000円相当のDEPプレゼント
キャンペーン期間:2022年5月31日〜2022年6月30日16時

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT公式
※1 2022年4月時点

BITPOINTの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

エアドロップのメリットとデメリット

エアドロップのメリット

エアドロップ メリット

エアドロップには大きく3つのメリットがあります。

エアドロップの3つのメリット
  • 配布されるトークンは無料
  • 配布されたトークンがのちに価格上昇する可能性がある
  • 保有通貨も価格上昇する可能性がある

配布されるトークンは無料

エアドロップのメリット

1つ目のメリットが無料でトークンをもらえることです。通常取引所で購入しなければいけない仮想通貨を無料でもらえるのですから、それだけで大きなメリットといえますよね。

 特定の通貨を保有した量によって、配られる量が決まるトークンが多いです。はじめに多く保有しておけば得をする可能性も高まるでしょう。

無償でもらえるトークンの中には将来期待できないものも多くありますが、数年後に大きく話題になる通貨もたくさんあります。

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

配布されたトークンがのちに価格上昇する可能性がある

無償でもらったトークンが、のちに価格上昇する可能性があるのもメリットでしょう。特に、無償で配られたトークンが取引所に上場した際に大きく高騰するケースが多いです。

上場後に一瞬だけ上昇し、そのあと大きく下がることもあるので、タイミングによっては大きく利益を得ることができるでしょう。

保有通貨も価格上昇する可能性がある

エアドロップのメリット

また保有対象の通貨も価格上昇する可能性があります。無償トークンはみんなが欲しがるため、無料配布される期日までに対象通貨自体が大きく価格上昇する可能性が高いです。

 例えば2020年12月にXRPが高騰していますが、これはXRP保有者に対して「Sparkトークン」が配布予定だったのが要因と言われています。

このように保有条件の通貨自体が価格上昇するのもメリットの1つです。

ただしトークン配布後に暴落する可能性もあるので注意しましょう。
手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

エアドロップのデメリット

ただしエアドロップで注意すべきデメリットもあります。

エアドロップのデメリット
  • プロジェクトが詐欺の可能性
  • 個人情報を悪用されるリスクも
  • 税金が発生する可能性

詐欺の可能性

エアドロップのデメリット

1つ目のデメリットは、プロジェクトが詐欺の可能性があることです。

マイナーな運営者の中には、宣伝目的のためだけにエアドロップを発表し無料配布しないものや、個人情報収集が目的であるもの、またウォレットのパスワードが目的のものもあります。

 特に「トークンを配布するので、ウォレットのパスワードを教えてほしい」と言われた場合は注意です。絶対に教えてはいけません。

まともな運営者がパスワードを聞いてくることはないでしょう。その時点で詐欺と疑った方が賢明です。仮想通貨業界は大きくお金が動く場所なので、詐欺や悪用をして一般人を騙す人も多いので注意が必要です。

個人情報を悪用されるリスクも

仮想通貨のエアドロップにより、個人情報を悪用されるリスクがあるため注意が必要です。前述のとおり、エアドロップを利用して詐欺などをする人も0とはいえません。

エアドロップは、仮想通貨の流通量や認知度を拡大する目的で、発行元が条件を付けて無料配布することが多いです。

そのため、「Twitterのフォロー&リツイート」や「LINEアカウントのフォロー」「メールアドレスの登録」などを求められることがあります。

秘密鍵やウォレットのパスワードを聞かれても教えないのはもちろんのこと、メールアドレス登録の際もメインのアドレスは教えないようにしましょう。

 メールアドレスを悪用されて、大量の広告メールが送られてきたり、パスワードを突き止めてさまざまなサービスで不正利用される可能性があります。

また、メールアドレスを他社に渡し、知らない企業や個人から連絡が入るかもしれません。メールアドレスを教える際は、メインのアドレスとは別にサブのアドレスを作って、そちらを教えるようにしましょう。

名前や携帯電話番号、住所などを聞かれた場合は教えないようにしてください。

一部の悪質な業者がエアドロップで個人情報を取得し、悪用するリスクがあるので十分に気をつけましょう。

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

税金が発生する可能性

エアドロップのデメリット

仮想通貨は利確した段階で税金がかかります。しかしトークンは無償で配布されており、配られた時点では価値がありません。

国税庁にはエアドロップに関する税金の記載がないため、正確性には欠けるものの、エアドロップの性質から考えて税金は発生しない可能性が高いでしょう。

 ただし、トークンを保有し取引所に上場したあと、価値がついて売却したものに関しては、売却額の全額を利益として計上するのが有効とされています。

エアドロップに関しての税金は今後変わる可能性があるかもしれないので確定申告の際は注意しましょう。

仮想通貨のエアドロップに関するよくある質問

エアドロップとは何ですか?
特定の通貨をスナップショット時に保有しておくことで無償でトークンがもらえるイベントのことを指します。ほぼリスクなく利益が得られます。
スナップショットとは何ですか?
特定の日時のデータを切り取り、まるごとデータを保存することです。指定された通貨を保有しているか証拠を撮影しておくイメージです。
エアドロップの受け取り方を教えてください
エアドロップを実施する運営の専用フォームやテレグラムから参加しましょう。また対象の取引所であれば保有しているだけで自動付与されます。
エアドロップのメリットは何ですか?
無料でトークンがもられること、無料でもらったトークンが価格上昇する可能性があること、保有対象通貨も価格上昇の可能性があることです。
エアドロップのデメリットを教えてください
マイナーなプロジェクトの場合、詐欺の可能性があることです。また無料トークンが上場し価格上昇すれば利益がでます。その際は、税金が発生するので注意しましょう。
2021年以降に予定されているエアドロップは何ですか?
OMGのエアドロップ『BOBAトークン』・NEM(XEM)のエアドロップ『Symbol(XYM)』・IOSTのエアドロップ『DON』などがあります。
エアドロップの情報はどこで収集できますか?
Twitterの公式アカウント、Telegramやdiscordのエアドロップグループ、CoinMarketCapなどから収集できます。まとめている方も多いのでチェックしましょう。

まとめ

この記事では仮想通貨のエアドロップのメリット・デメリットともらい方について解説しました。トークン配布後の暴落に対処しておけば、エアドロップはほぼリスクなく利益が得られる方法です。

スナップショットの前日や当日でも間に合うので、名の知れたエアドロップには参加し確実にトークンをもらいましょう。

余裕をもってスナップショット日時の前日くらいから保有しておくとよいでしょう。
2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

・暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じるリスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事