仮想通貨の積立投資はどこがいい?おすすめと押さえておくべきリスク

できるだけリスクを抑えながら長期的に投資する『積立投資』をご存知でしょうか?仮想通貨の積立投資に興味があるけど、どの取引所を利用すればいいかお困りの方も多いと思います。

そこでこの記事では、積立投資に向いている取引所3選とメリット・デメリットを解説します。

最後に、積立投資をする手順も紹介しているのでぜひ参考にしてください。

自動積立が可能な仮想通貨取引所3選

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • 毎月一定額、自動で積み立てできる『Coincheckつみたて』
  • 積立可能な銘柄は15種類※2021年11月現在
  • 指定銀行口座から引き落としが可能

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

大手取引所のコインチェックには、毎月または毎日一定額を自動で積み立ててくれる『Coincheckつみたて』があります。

積み立て可能な銘柄数は国内最多の15銘柄で、月々1万円〜100万円の範囲で1,000円単位から可能です。

積み立て手数料は無料で、銀行口座から自動で毎月引き落としされるので手間は一切ありません。
積立仮想通貨数
(暗号資産)

15種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)

積立金額 月々1万円~100万円(1,000円単位)
積立手数料 無料
入金方法 指定の銀行口座から毎月引き落とし

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

出典:コインチェック公式サイト

bitFlyer

ビットフライヤー(bitFlyer)とは

bitFlyerのおすすめポイント
  • 毎月一定額、自動積立ができる『かんたん積立』
  • 積立可能な銘柄は12種類※2021年11月現在
  • 月々1円から積立ができる
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerには、自動で積み立てができる『かんたん積立』サービスがあり12銘柄が対象です。月々1円〜100万円まで積み立てができ、手数料は無料なので少額からはじめたい人に特におすすめのサービスです。

bitFlyerの積立投資はスマホアプリのみ対応なので、スマホから設定しましょう。
積立仮想通貨数
(暗号資産)

12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)

積立金額 月々1円~100万円
積立手数料 無料
入金方法 アカウントの日本円残高から引き落とし

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:ビットフライヤー公式

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 毎月一定額、自動で積み立てできる『つみたて暗号資産』
  • 積立可能な銘柄は14種類※2021年11月現在
  • 月々500円から積立ができる

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインでは『つみたて暗号資産』サービスが用意されています。ワンコインから積み立てが可能で、口座に残高があれば自動で積み立てが行われるので、手間がいりません。

取扱銘柄も14種類あり、DOTやATOMなどの人気アルトコインも積み立てができます。

積み立て日は「毎日プラン」「毎月プラン」の2種類から選択可能です。
積立仮想通貨数
(暗号資産)

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・エンジンコイン(ENJ)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・オーエムジー(OMG)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)

積立金額 月々500円~50,000円
積立手数料 無料
入金方法 GMOコイン口座から引き落とし

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン公式

仮想通貨の積立投資とは?

仮想通貨の積立投資とは?

投資信託の世界には、毎月一定額を購入して積み立てていく『積立投信』があるのをご存知でしょうか?仮想通貨の世界でも、特定の通貨を毎月一定額購入していく投資方法があり積立投資と呼びます。

トレードやFXは良いタイミングで購入できれば、大きく利益が出る反面、1つ間違えるだけで大きな損失がでるリスクを抱えています。

 しかし積立投資なら価格上昇や下降に一喜一憂することはありません。コツコツと積み上げていけるので、リスクが少ない投資法の1つとして利用されているのです。

将来的に価値がつくであろう前提の投資なので銘柄選びは重要ですが、損失リスクが低いので、最終的にはトレードをするより利益がでる可能性も多いです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

積立投資の5つのメリット

積立投資を行うメリットは以下の5つです。

積立投資のメリット
  • 価格変動の影響を受けにくい
  • ドルコスト平均法で下落リスクに強い
  • ワンコインから投資可能
  • 相場を追う必要がなくなる
  • 投資額・投資日時、投資頻度をすべて自由に決められる

価格変動の影響を受けにくい

積立投資の5つのメリット

積立投資の1つ目のメリットが、価格変動の影響を受けにくいことです。仮想通貨はボラティリティ(価格変動率)が大きいのが特徴。仮に高値掴みで全額投資してしまった場合、大きな損失が出てしまいます。

 しかし積立投資は資産を分散して少額投資していくので、損失リスクが抑えられるでしょう。

特にビットコインのような大きなアップダウンを繰り返し、最終的に価格上昇している商品にはうってつけの投資法です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ドルコスト平均法で下落リスクに強い

また積立投資の良いところは、現在の価格によって購入量が変えられることです。例えば、毎月1万円積立投資すると決めたとしましょう。

仮に今月が1BTC=100万円だったなら、0.01BTC購入することになります。来月が1BTC=200万円に上昇していたら0.005BTC購入、再来月が1BTC=50万円に下がったら0.02BTC購入です。

 このように価格が高いときは購入量をおさえ、価格が安いときは購入量を増やせるのが積立投資のメリットです。

普通の投資なら感情に左右されるので価格が下がったときに同じ額を購入できませんが、積立投資なら機械的に購入できるのです。

これは投資信託の世界で『ドルコスト平均法』と呼ばれる投資手法で、下落リスクに強いと言われています。

ワンコインから投資可能

積立投資の5つのメリット

積み立て投資のもう一つのメリットはワンコインから投資ができること。各取引所の積立投資の最少額と最大額が以下です。

取引所 積立額
コインチェック 1万円〜100万円
bitFlyer 1円〜100万円
GMOコイン 500円〜5万円

上記は自動積立をした場合の積立ルールですが、手動で毎月積立てていくのなら、取引所で設定されている購入最少額から投資できます。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

相場を追う必要がなくなる

相場を追う必要がなくなるのも積み立て投資のメリットでしょう。トレードをしていると、相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのかをチェックしたり銘柄の動向を追ったりと常にチェックが必要です。

 1日に何度もチャートを確認するのは、精神的にもかなりのストレスになるでしょう。

また 急激な価格変動が起こった場合、欲がでたり損切りがしたくなったりとどうしても感情に揺さぶられてしまいます。積み立て投資ならブレることなく機械的に投資できるのです。

投資額・投資日時、投資頻度をすべて自由に決められる

積立投資の5つのメリット

手動で積み立て投資をするなら、投資額・投資日時・投資頻度を全て自由に決められます。

コツコツ積み立てる安定した投資をしたいのなら「額を抑えた月1回」の積立を、できるだけ大きく利益をだしたいのなら「大きな額で月2回」の積立などです。

各取引所には積立投資のシュミレーションを用意しているので、将来的にどの程度増えてほしいのか、逆算して積み立て投資をするのも良いでしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

積立投資の3つのデメリット

積立投資を行うデメリットは以下の3つです。

積立投資のデメリット
  • 価格上昇が前提のため損をする可能性もある
  • 安定投資のため大きくは稼げない
  • 自動積立に対応していない取引所もある

価格上昇が前提のため損をする可能性もある

積立投資の3つのデメリット

一つ目は将来的に価格上昇しているであろう前提で成り立っている投資方法であることです。積み立てても将来的に仮想通貨の価値が大きく下がってしまった場合に元本割れしてしまうこともあります。

 ただし価格が大幅に下がってしまった場合、リスクを最低限に抑えられるのも積立投資のメリットです。

そのため銘柄選びが重要となります。将来的に価値の低い通貨に積み立て投資をするのではなく、今後世の中で必要とされるコインを見極め、積み立てていくのがポイントです。

安定投資のため大きくは稼げない

積み立て投資はコツコツと、できるだけリスクを抑えながら投資する方法です。そのためFXのように1夜で大きく稼ぐことはできないでしょう。

少しずつ減ったり増えたりを繰り返しながら、気がつけば利益が出ていたと気づくのが積み立て投資の魅力です。

とはいえ価格変動が大きい仮想通貨なので、半年や1年でも大きく利益がでることもあります。

自動積立に対応していない取引所もある

積立投資の3つのデメリット

取引所によっては自動積み立てに対応していないこともあります。大手取引所ではDMM Bitcoin・BITPOINT・bitbankなどは自動積立に対応していません。

もしそれらの取引所を利用しているのなら、別の取引所を利用するか自分で毎月積み立てていく必要があります。

積立投資の行うときの注意点

積立投資を行うときの注意点は以下の2つです。

積立投資の注意点
  • 銘柄選びを間違えない
  • 利益がでたタイミングで税金が発生する

銘柄選びを間違えない

積み立て投資で1番注意しなければいけないのが銘柄選びを間違えないことです。仮想通貨の世界では価値のないコインが大きく高騰することが多くあります。

2021年に入ってからもドージコインが上がったことにより、犬コインブームが起こり、柴犬コインや紀州犬コイン、秋田犬コインなどたくさんの犬通貨が高騰しました。

 中にはプロジェクトがしっかりしているコインもありますが、一過性のものもたくさんあります。

一過性のものに積立投資をしても、将来的には必ず価格が下がり元本割れしてしまうので注意しましょう。

利益がでたタイミングで税金が発生する

積立投資の行うときの注意点

仮想通貨で積み立て投資をしている場合、その通貨を持ち続けている限りは税金は発生しません。まだ利益が確定していないからです。

しかし積み上げをやめ日本円にした段階で利益が発生するので、20万円を超えると定申告が必要になります。(扶養されている方は33万円以上)

 仮想通貨の区分は雑所得に分類され、所得金額に応じて税率が上がる累進課税です。

申告漏れがないように注意しましょう。

仮想通貨の積立投資が向いている人

積立投資に向いているのは以下のようなタイプの人です。

積立投資が向いている人
  • 安定した投資を長期的にしたい人
  • 投資よりも生活を大事にしたい人
  • 感情的になりやすい人
  • 投資をはじめたばかりの人

積立投資は年数をかけた長期投資が基本です。短期で大きく稼ぐよりも、リスクを抑えながら長期目線で投資したい人に向いているでしょう。

また相場状況ですぐに考えが変わってしまう感情的なタイプの人にも積み立て投資はおすすめです。

 トレードで損をする大半の理由は、冷静な判断ができなくなっているときだからです。

テクニカル分析とかファンダメンタルズ分析とか難しいことは分からないけど、投資をしてみたいという初心者の方にも積立投資は向いているでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

積立投資のやり方を解説|Coincheckつみたて

ここでは積立投資のやり方をコインチェックを例に解説します。ぜひ参考にしてください。

口座の設定をする

・画面左側にある『Coincheckつみたて』を選択し、「口座の設定をする」をクリックしましょう。

積立投資のやり方を徹底解説

 

・金融機関の種類を選択しましょう。

積立投資のやり方を徹底解説

 

・「店番号・口座番号・口座名義人」などを入力してください。入力ができたら「金融機関へ」をクリックしましょう。

積立投資のやり方を徹底解説

 

・入力した金融機関の画面へ移動します。文章をしっかり読み同意するにチェックをしましょう。

積立投資のやり方を徹底解説

設定が終われば金融機関側での口座振替の設定は完了です。

積立内容を設定

・再びコインチェックの画面に戻り、積立内容を設定しましょう。「つみたてプラン」「積立を行う銘柄」「積立金額」を設定してください。

 コインチェックでは、月イチつみたてプランと毎日つみたてプランの2種類があります。

積立投資のやり方を徹底解説

 

・設定が完了したら、登録アドレスに通知メールが届きます。

積立投資のやり方を徹底解説

 

これで積立投資の設定が完了です。Coincheckつみたては、1万円から積み立て可能なため少額から活用したい方でも気軽に始めることができるでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

よくある質問

積立投資でおすすめの取引所を教えてください
コインチェック・bitFlyer・GMOコインなどは自動積立投資ができ、手数料が無理なのでおすすめです。コインチェックなら銀行引き落としも可能です。
コインチェックの積立投資の特徴を教えてください
15銘柄で積立投資が可能で、国内最多となっています。月々1万円〜100万円までの間で1,000円単位で額を自由に設定できます。※公式より
bitFlyerの積立投資の特徴を教えてください?
12銘柄で積立投資が可能で、月々1円〜100万円までの間で額を自由に設定できます。スマホアプリのみの対応なのでスマホから設定しましょう。
GMOコインの積立投資の特徴を教えてください?
14銘柄で積立投資が可能で、月々500円〜5万円までの間で額を自由に設定できます。DOTやATOMなど人気のアルトコインの積立も可能です。
積立投資のメリットは何ですか?
価格変動の影響を受けにくいこと、ワンコインから投資可能なこと、相場を追う必要がないこと、投資額・投資日時、投資頻度などを自由に決められることです。
積立投資のデメリットは何ですか?
元本割れする可能性もある、安定投資のため大きくは稼げないなどです。積立投資は長期投資が基本なので、すぐに結果がでないのもデメリットでしょう。
積立投資をするときの注意点を教えてください?
銘柄を誤らないことです。将来性の高い通貨で積立しましょう。また利益がでたタイミングで税金が発生するので忘れず確定申告をしましょう。

まとめ

仮想通貨で一気に稼ぎたい!と考える方も多いですが、コツコツと利益を増やす積立投資の方が最終的に利益が増えているかもしれません。

将来に向けて資産形成をしたけれど、かといって時間を割きたいわけではないという方は積立の方が合っているかもしれません。

正解・不正解はありませんが、自分に合った投資スタイルを選びましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事