クレジットカード 何枚

クレジットカードは、今や生活に欠かせない決済手段のひとつです。クレジットカードによってサービス内容が違うため、2枚・3枚と持っていても無駄ではありません。

本記事では、クレジットカードは何枚持ちがベストか使い分けにおすすめの組み合わせなど解説します。メインカードとしておすすめの5枚も厳選して紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

これからのキャッシュレス社会に対応していけるようぜひ本記事をチェックしてくださいね。
メイン使いに最適!

おすすめの
クレジットカード5選

メイン使いにおすすめのクレジットカード一覧!

JCB CARD W
三井住友カード(NL)
三菱UFJカード
VIASOカード
エポスカード
ライフカード
JCBカードW
三井住友カード(NL)
三菱UFJカード VIASOカード
エポスカード
ライフカード
年会費
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
永年無料
還元率
1.0~10.0%
0.5~5.0%
0.5~1.5%
0.5%
0.5~1.5%
発行
最短3営業日
最短5分

最短翌営業日
最短即日
最短3営業日
国際ブランド
JCB
VISA
Mastercard
Mastercard
VISA
Mastercard
JCB
VISA
特典
キャンペーン

Amazon利用で
最大10,000円プレゼント

新規入会&利用で
最大6,500円相当進呈

最大10,000円
キャッシュバック
2,000円分
ポイント進呈
最大10,000円相当プレゼント
申込対象
18~39歳
18歳以上(高校生除く)
満18歳以上(高校生除く)
18歳以上(高校生除く)
18歳以上(高校生を除く)

メイン使いにおすすめのクレジットカード5選!

メインカードとは、生活費や光熱費の支払いをまとめて行うカードのことを指します。メインカードにふさわしいクレジットカードの特徴は、下記のとおりです。

メインカードにふさわしいカードの特徴
  • 還元率が高い

  • 特典が充実している

ここでは、上記2点に着目して、特におすすめできるカードを5枚厳選して紹介します。

JCB カード W

JCBカードW

年会費無料で所持できる、WEB入会限定の一枚です。還元率1.0%となるため、日々の買い物で使うとザクザクポイントを貯められます。

申し込み条件

18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。

または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。

年会費 無料
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:JCB CARD W 公式サイト

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

JCBオリジナルシリーズパートナーの利用で還元率アップ

JCB カード W

「JCBオリジナルシリーズパートナー」という優待店で決済に使うと、通常より還元率がアップします。主な優待店とアップ率は下記の通りです。

主な優待店
  • セブンイレブン:3倍
  • モスバーガー:2倍
  • スターバックス:10倍
  • ビックカメラ:2倍
  • シェルSS:2倍
  • 三井のリパーク:2倍
  • Amazon:4倍

実店舗だけでなく、ネットショップでの利用でも還元率がアップするため、ポイントを獲得しやすいです。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

旅行傷害保険付帯

年会費永年無料のカードでありながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険を付帯しています。内容は以下の通りです。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき100万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 1旅行中20万円限度・保険期間中100万円限度
救援者費用等 100万円限度

利用付帯という条件があるため、旅行に関する費用を支払わなければ適用されません。その点は要注意です。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

ナンバーレスなため券面にカード番号や名前がなく、安心・安全に使用できます。年会費も無条件で一切かからないため、お得に使い続けられる一枚です。

※最短5分発行受付時間:9:00~19:30
※ご入会には、ご連絡が可能な電話番号をご用意ください。

対象店舗でポイント最大5%還元

下記店舗で決済に使うと、最大5%還元が狙えます。下記店舗で決済に使うと、通常の還元率0.5%に2%が加算され2.5%になります。

還元率アップ店舗
  • セブン-イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

さらに、上記店舗でVisaのタッチ決済、またはMastercard®コンタクトレスを使って支払うと、2.5%がプラス還元され、トータル5%還元となるのです。

最大6,500円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

一部ポイント加算対象とならない店舗および指定のポイント還元率にならない場合があります。ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合がございます。
一部Visaのタッチ決済・Mastercard®コンタクトレスがご利用いただけない店舗がございます。また、一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、+2.5%のタッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。

選んだ3店でいつでも0.5%プラス還元も受けられる

三井住友カード(NL)

上記とは別で、対象店舗を最大3つまで登録すると通常還元率に0.5%が加算されます。なお、主な対象店舗は下記の通りです。

主な対象店舗
  • ライフ
  • すき家
  • デイリーヤマザキ
  • ドトールコーヒー
  • マツモトキヨシ

上記以外にも多くの対象店舗があるため、ぜひ公式ホームページでチェックしておいてください。

最大6,500円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

スマートフォンでスマートに支払いができる

電子マネー「iD」が搭載されているため、スマートフォンに登録すればわざわざカードを出さずに決済ができます

全国各地にiDの加盟店があり、身近なコンビニやスーパーはもちろん、飲食店でも決済に使用できます。

Apple Pay・Google Payに登録しておけば、スマホ1つでコンビニやスーパーで買い物できますね。
申込条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費 永年無料
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5~5.0%
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 15日締め翌月10日払い
  • 末日締め翌月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:三井住友カード 公式サイト

最大6,500円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

VIASOカード

年会費無料で所持でき、申し込みから最短翌営業日発行となるためすぐ手元にカードが届きます。新規入会特典として、一定条件を満たすと最大10,000円がキャッシュバックされるため、大変お得です。

ポイントは自動で還元される

VIASOカード

VIASOカード最大の特徴であり、貯めたポイントはオートキャッシュバック機能により手続きなしで自動還元されます。1ポイント1円でキャッシュバックされるため、無駄なく使えて大変便利です。

交換が面倒でそのままにしておき、有効期限切れでポイントが失効してしまったという事態を防げます。

海外旅行傷害保険を付帯

最高2,000万円の海外旅行傷害保険を付帯しています。保険の補償内容と金額は以下になります。

保険の種類 保険金金額
傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用限度額 100万円
疾病治療費用限度額 100万円
賠償責任限度額 2,000万円
携行品損害限度額(自己負担額:1事故につき3,000円・保険期間中100万円限度) 1旅行につき20万円
救援者費用限度額 100万円

適用するうえで面倒な手続きはなく、旅行代金をVIASOカードで支払うだけです。

年会費 無料
申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
ポイント VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%~
国際ブランド Mastercard
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
締め日・引き落とし日 5日締め当月27日払い
キャッシング 可能

出典:VIASOカード 公式サイト

エポスカード

エポスカード

縦型に文字が入り、見た目もシンプルでスタイリッシュなデザインの一枚です。入会金・年会費は一切かからないため、所持するうえでコストはかかりません。

また、タッチ決済に対応しておりレジでの支払いもスムーズです。決済にかかる時間を大幅に短縮できるでしょう。

全国に約10,000店舗もの優待店がある

エポスカード

居酒屋やカフェなど全国に約10,000店舗もの優待店があり、お得に買い物ができたりポイントアップを受けられたりします。

主な優待店
  • 魚民
  • APA HOTELS&RESORTS
  • ビッグエコー
  • HIS
  • Times

また、マルイのネット通販・店舗では年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」にて期間中何度でも10%オフで買い物を楽しめます。

さまざまなジャンルの店舗があるため、ぜひ公式サイト等で検索してみてくださいね。
2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

海外旅行傷害保険は自動付帯

エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯となるため、利用付帯と違い、条件なしで補償が受けられます。補償内容は以下の通りです。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

また、不明点等があればエポスカード海外旅行保険事故受付センターに電話連絡をしましょう。

24時間いつでも日本語で対応してくれるため、急なトラブルでも安心です。
2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

申し込み条件 満18歳以上(高校生を除く)で日本国内に居住している方
年会費 永年無料
ポイント エポスポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 27日締めの翌月27日払い
  • 4日締めの翌月4日払い
キャッシング利用 可能

出典:エポスカード 公式サイト

2,000円分ポイントプレゼント

エポスカード
WEB申込はこちら

ライフカード

ライフカード-Master青

年会費が一切かからず、発行まで最短3営業日というスピーディーな対応が特徴です。新規入会で最大10,000円相当にあたるポイントを獲得できるため、この機会に入会を検討してみてはいかがでしょうか。

魅力的なポイントプログラムを提供

ライフカードでは、魅力的な下記ポイントプログラムを用意しています。

ポイントプログラム
  • 初年度:通常の1.5倍
  • 誕生日月:通常の3倍
  • L-Mallでの決済利用:通常の最大25倍
  • 1年間の利用金額50万円以上:300ptプレゼント

また、決済に使えば使うほどステージが上がり、最大で通常の2倍となるポイントを獲得可能です。

ステージ名 必要な利用額 獲得率
スペシャルステージ 50万円以上 通常の1.5倍
ロイヤルステージ 100万円以上 通常の1.8倍
プレミアムステージ 200万円以上 通常の2.0倍

ステージを上げるためにも、日頃から積極的にライフカードで支払いをしていきましょう。

モバイル決済に対応

ライフカード

Apple PayやGoogle Payなどのモバイル決済が使えるため、お店にてスマートフォンでスムーズに決済できます。

全国のiDマークがあるお店で決済可能で、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど使えるジャンルも幅広いです。

わざわざカードを出して暗証番号・サインをする必要がなく手間も軽減されます。
申し込み条件 日本国内にお住いの18歳以上(高校生を除く)で電話連絡が可能な方
年会費

無料※次年度以降1,375円(税込)となる種類も選択可能

ポイント LIFEサンクスポイント
ポイント還元率 0.3%
国際ブランド Visa・Mastercard・JCB
付帯保険
  • 国内/海外旅行傷害保険(年会費有料の場合)
  • シートベルト傷害保険(年会費有料の場合)
締め日・引き落とし日 5日締め当月27日または翌月3日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.lifecard.co.jp/

【2枚使い分け】クレジットカードの組み合わせを紹介!

【2枚使い分け】クレジットカードの組み合わせを紹介!

クレジットカードを2枚使い分けるときにおすすめの組み合わせを、2パターン紹介します。

JCB カード W&三井住友カード(NL)

JCBカードW 三井住友カード(NL)

JCBカードW

JCB カード Wと三井住友カード(NL)の組み合わせがおすすめの理由として、以下の3つが挙げられます。

おすすめの理由
  • 大手コンビニにて還元率アップを網羅できる
  • JCBとVisaブランドがあれば多くの店舗で決済に使える
  • それぞれ年会費が永年無料

JCB カード Wはセブンイレブンで利用すると還元率はアップしますが、ファミリーマートとローソンは優待店ではないため対象外です。

 三井住友カード(NL)は、タッチ決済を使うとファミリーマート・ローソンで最大5%還元が狙えます。

また、JCBとVisaブランドが揃えば、日本国内はもちろん海外でも決済に使えます。カード決済において困ることはほぼないでしょう。

身近なコンビニでの支払いがお得になるため、2枚使いで効率良くポイントを獲得できるのです。

JCB カード W&エポスカード

JCBカードW エポスカード

JCBカードW

エポスカード

JCB カード Wとエポスカードを所持するメリットとして、海外旅行傷害保険の期間を引き延ばせることが挙げられます。

 JCB カード Wの利用付帯と組み合わせると、本来90日間という補償期間が180日間に延ばせます。

自動付帯分を先に適用し、91日目以降は利用付帯分で補償するという方法です。

海外旅行に出かけることが多い、あるいは今後出かけることが想定される場合は、ぜひチェックしておいてくださいね。

【3枚使い分け】クレジットカードの組み合わせを紹介!

【3枚使い分け】クレジットカードの組み合わせを紹介!

3枚のクレジットカードを使い分ける場合、以下の組み合わせがおすすめです。

3枚使い分けにおすすめのカード
  • JCB カード W
  • 三井住友カード(NL)
  • 楽天カード

上述したJCB カード Wと三井住友カード(NL)で大手コンビニでの還元率アップを網羅できるだけでなく、ネット通販でも高還元率を狙えるからです。

JCB カード WはAmazonでの買い物で還元率がアップします。

さらに、楽天カードを使えば楽天市場での買い物で還元率アップとなるため、実店舗とネット通販のどちらでも効率良くポイントを獲得できるのです。

Visa・Mastercard・JCBという3大国際ブランドを揃えられる点も、それぞれを一緒に所持するメリットと言えるでしょう。

楽天カードの概要を一覧表にまとめていますので、ぜひチェックしておいてください。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

クレジットカードは何枚まで持てる?最適な枚数も紹介!

クレジットカードを所持する最適な枚数は?何枚まで持てる

クレジットカードの発行枚数に制限はありません。そのため審査に通過すれば、理論上何枚でも発行することができます。

ただし、同一人物が同一カードを2枚以上発行することはできません。その点だけはしっかりと確認しておきましょう。

クレカ複数枚持ちの最適な枚数とは?

人によりライフスタイルは異なるため一概には言えませんが、2枚もしくは3枚持ちが理想的です。

すべての特典を補えるカードはないため、それぞれのデメリットを補完できる点が使い分ける利点だと言えます。

複数枚使い分ける理由
  • 各カードの特典を生活に取り入れることができる
  • 付帯保険を併用できる
  • 優待サービスをショッピングに合わせて使い分けられる
  • ポイントを効率良く貯められる
  • それぞれのショッピング枠をバランス良く使い分けられる

実際、クレジットカードを2枚以上使い分けている人は多いと言われています。

現在所持しているカードに不満がある場合は、それを補えるカードを探してみることをおすすめします。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

よくある質問

クレジットカードは何枚使い分けることが理想?
人により生活スタイルが異なるため一概には言えませんが、やはり1枚〜3枚持ちが理想と考えられます。それぞれのカードに付帯された特典や優待などを使い分けるれば、日々がより豊かで充実したものになるかもしれません。
メイン使いにおすすめのカードは?
JCB カード Wが、還元率1.0%・年会費無料・優待店の多さなどから、バランスが良くおすすめと考えられます。メイン使いのクレジットカードを選ぶ際には、いかにコストを抑えて、魅力あるサービスが受けられるかがポイントです。
2枚使い分けるならどのカード?
JCB カード Wと三井住友カード(NL)です。Visa・JCBという国際ブランドを押さえられるだけでなく、大手コンビニ3社にて還元率アップが狙えるます。併用すれば日常生活で不自由なく使用できるのが理由になります。
3枚使い分けるならどのカードがおすすめ?
JCB カード Wと三井住友カード(NL)に、楽天カードをあわせて所持すると、ネット通販でもお得に決済できます。JCB カード WはAmazon、楽天カードは楽天市場で還元率アップが狙えるため、実店舗とネットを網羅できます。

クレジットカードを使い分けるメリットは?
それぞれのカードの強みである、還元率アップ割引を受けられる点が挙げられます。また、旅行保険の利用付帯と自動付帯を使い分けることで、期間を延ばせるというメリットも見逃せません。
クレジットカードを使い分ける際の注意点は?
それぞれのカードで決済に使用した分の明細は分かれるため、管理が若干面倒になります。また、年会費のかかるカードを所持している場合は1枚持ちよりも出費が多くなってしまいます。
クレジットカードは所持できる枚数に制限がある?
所持する枚数に制限はないため、審査に通過さえすれば何枚でも所持できます。ただし、同じ人が同じカードを2枚所持はできません。

まとめ

今回は、クレジットカードを使い分ける組み合わせや何枚持ちが良いのかについて解説しました。

この記事のポイント
  • メインカードにふさわしいのは「還元率が高い」「特典が充実している」クレジットカード
  • 複数枚持ちなら、2〜3枚がおすすめ

  • 複数枚のクレジットカードを持つ場合は、年会費がかからないものがおすすめ

  • 各カードの持つ特徴を活かせば生活が豊かになる可能性大!

  • 審査に通ればクレジットカードは何枚でも所持可能

また、申し込むカードを選ぶ際は、身近なお店や普段から使用するサービスでお得になるかをチェックしましょう。

クレジットカードをお得に使いこなして、生活をより豊かにしましょう。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

関連記事|クレジットカード

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事