最強候補のカードとは?

「クレジットカードは結局どれを選べば良いの?」と、疑問を持つ人もいるでしょう。世の中には多数のクレジットカードが発行されているため、選択に迷ってしまいますよね。

クレジットカードを2枚、3枚と複数保有している人も多く、組み合わせ方でもカードの利便性は変わってきます。

そこで本記事では、最強候補のおすすめクレジットカードを比較。メイン・サブカードの選び方についても解説しています。クレジットカード選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

おすすめカードの還元率ランキングも掲載しているので、選ぶ際の参考にしてみてください。

メインカードにおすすめ!最強候補クレジットカード5選

さっそく、メインカードにおすすめのクレジットカードを5枚紹介します。

JCB CARD W

jcb card w

おすすめポイント
  • 基本還元率1.0%のJCBプロパーカード
    ※公式サイトによる
  • 優待店やお得なキャンペーンが多数
  • JCBの誇る高いセキュリティ
  • 年会費永年無料

JCB CARD WはJCBが発行するプロパーカード(カード会社が発行するクレジットカード)の1つで、基本ポイント還元率が1.0%と高いのが特徴です。

他JCBプロパーカードの2倍の還元率となっており、効率的にポイントを貯められます。

 JCB優待店での利用時には還元率がアップし、例としてスターバックスコーヒーの利用では5.5%還元を受けられます。

不正検知システムや本人認証サービスなど、JCBの高いセキュリティで守られるので安心してカードを使える点もメリットです。カード年会費は永年無料で、維持費がかからない点も魅力的といえます。

海外旅行保険とショッピング保険も付帯しており、年会費無料とは思えないほどバランスの取れたカードです。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 1.0%
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
ショッピング保険(年間上限100万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド JCB
申し込み条件 18〜39歳(高校生を除く)
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

参照:JCB公式サイト

三菱UFJカード VIASOカード

VIASOカード

おすすめポイント
  • ポイント自動キャッシュバックで無駄がない
  • 携帯電話・インターネット・ETC利用でポイント2倍
    ※公式サイトによる
  • 年会費永年無料

三菱UFJカード VIASOカードは、ポイントの自動キャッシュバックが魅力的なカードです。貯めたポイントを無駄なく利用できるので、還元分の恩恵を受けやすいといえます。

 携帯電話・インターネット・ETC利用時は、ポイント還元が2倍にアップ。利用頻度の高いサービスで高い還元率を受けられる点は大きなメリットです。
※VIASOカードの指定するサービス利用時

カードの付帯保険は最高2,000万円の海外旅行傷害保険・年間上限100万円のショッピング保険と手厚く、年会費永年無料カードとしてはスペックの高いカードといえるでしょう。

会員専用のポイントサイトを経由すれば、ポイント最大25倍で買い物できますよ。
最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード
申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 0.5%(自動キャッシュバック)
ポイントプログラム VIASOポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
ショッピング保険(年間上限100万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド Mastercard
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード
申込はこちら

参照:三菱UFJニコス公式サイト

三井住友カード(NL)

三井住友カード(NL)

おすすめポイント
  • ナンバーレスで高いセキュリティ性
  • コンビニ2社・マクドナルドなどで最大10%還元
    ※公式サイトによる
  • 年会費永年無料

三井住友カード(NL)は、券面にカード番号と有効期限の記載がないナンバーレスカードとして注目を集めるカードです。カード盗み見を防止できるため、買い物にも安心して利用できます。

 カード情報は会員専用アプリからしか確認できない仕組みになっていて安全性も高めです。

カード特典も多数のメリットがありますが、特にコンビニ2社・マクドナルドなどの利用時に最大10%還元となる点が嬉しいポイント。対象店舗の利用頻度が多い人なら、ポイントがどんどん貯まっていくでしょう。

三井住友カードでは珍しい年会費永年無料も嬉しいですね。
最大8,000円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 永年無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Vポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド Mastercard®・Visa
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
最大8,000円相当プレゼント!

三井住友カード(NL)
申込はこちら

参照:三井住友カード公式サイト

三井住友カード(一般)

三井住友カード

おすすめポイント
  • 三井住友カードのスタンダードカード
  • 付帯保険が選べる
  • 利用実績に応じて上位カードの招待が届く

三井住友カードのスタンダードカードも、使い勝手の高いカードです。特に付帯保険に関してはナンバーレスカードよりも手厚いため、保険を充実させたい人におすすめできます。

 ショッピング保険に加えて保険を1つ選べるので、生活スタイルに合わせて必要な保険を組み合わせられるのが特徴です。
個人賠償責任保険・入院保険・携行品損害保険・海外/国内旅行傷害保険

スタンダードカードのため、利用実績に応じて上位カードのインビテーション(招待)が届くのもメリット。将来的にゴールドカード・プラチナカードを狙う人には発行価値の高いカードです。

通常1,375円(税込)の年会費もWeb明細やリボ払いを駆使することで、無料にすることも可能ですよ。
最大8,000円相当プレゼント!

三井住友カード
申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 1,375円
※インターネット入会で初年度無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム Vポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円)※選択時
ショッピング保険(年間上限100万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド Mastercard®・Visa
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
最大8,000円相当プレゼント!

三井住友カード
申込はこちら

参照:三井住友カード公式サイト

ライフカード

ライフカード

おすすめポイント
  • 誕生月ポイント3倍
    ※公式サイトによる
  • 最大10,000円相当の新規入会特典
    ※公式サイトによる
  • 年会費永年無料

ライフカードは、ポイント還元率がお得になる年会費無料カードです。基本還元率は0.5%とやや低めですが、入会後1年間は1.5倍(0.75%還元)、誕生月は3倍(1.5%)の還元を受けられます。

 年間利用額に応じて翌年度の還元率がアップするプログラムもあり、基本還元率最大2倍(1.0%)も可能です。

常設の入会特典も豪華で、最大10,000円相当のポイントを受け取れます。貯めたポイントは各種ギフトカードや他社ポイントへの交換など、使い道も豊富です。

ポイント有効期限は最大5年間まで延長できるので、失効する心配が少ない点もメリットです。
年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム LIFEサンクスポイント
付帯保険 なし
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド VISA
Mastercard
JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

参照:ライフカード公式サイト

ANA・JALマイルが貯まる最強候補クレジットカード

ここからは、マイルを貯めたい人向けの最強候補クレジットカードを2枚紹介します。

ソラチカ一般カード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

ソラチカカード

おすすめポイント
  • ANAマイル/メトロポイント/Oki Dokiポイントが貯まる
  • カード継続で毎年ANAマイルをもらえる
  • PASMO一体型でオートチャージ機能が搭載

ソラチカカードは、交通系ICカードのPASMOが一体になったANAカードです。1枚でANAマイル・メトロポイント・Oki Dokiポイントの3つのポイントが貯まるのが特徴です。

 Oki Dokiポイント・メトロポイントはともにANAマイルへ移行できるので、ポイントをANAマイルに集約することもできます。

カード年会費は2,200円(税込)ですが、入会時・カード継続時に1,000マイルがプレゼントされます。1マイル=2.2円以上で換算すると、実質年会費無料とも言えるでしょう。

PASMOのオートチャージ機能がついており、交通系ICとしても便利に使えますよ。
ANAのマイルが貯まる

ソラチカカード
WEB申込はこちら

基本情報

年会費(税込) 2,200円
※初年度無料
基本ポイント還元率 0.5%
ポイントプログラム メトロポイント
Oki Dokiポイント
ANAマイル
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高1,000万円)
国内航空傷害保険(最高1,000万円)
ショッピング保険(年間上限100万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド JCB
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)
ANAのマイルが貯まる

ソラチカカード
WEB申込はこちら

参照:ソラチカ一般カード(ANA To Me CARD PASMO JCB)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

おすすめポイント
  • アメックスプロパーのゴールドカード
  • ポイントはANA・JALなど多数の航空会社マイルに移行できる
  • 年会費に見合う豪華な特典

高いステータス性で有名なアメックスプロパーのゴールドカード。直接マイルは貯まりませんが、カード利用で貯めたポイントを16の航空会社マイルへ移行できる点がメリットです。

 ANA・JALの国内大手2社に対応しているため、どちらのマイルも貯めやすいと言えるでしょう。

カードの年会費は31,900円(税込)と高額ですが、年会費に見合うだけの特典を受けられるのが特徴。手厚い付帯保険やプライオリティ・パス、ダイニング特典など、他社プラチナカード級の豪華さです。

家族カードは1枚目無料なので、家族カードを発行して1人あたりの年会費を軽減させることもできます。

基本情報

年会費(税込) 31,900円
基本ポイント還元率 0.4%
※JALマイル交換時の還元率(メンバーシップ・リワード・プラス登録時)
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード ポイント
付帯保険 海外旅行傷害保険(最高1億円)
国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
ショッピング保険(年間上限500万円)
追加カード 家族カード
ETCカード
国際ブランド AMERICAN EXPRESS
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

参照:アメリカン・エキスプレス公式サイト

【還元率比較】最強のクレジットカードおすすめランキング

記事内で紹介したおすすめクレジットカードの中で、基本ポイント還元率が高い順に3枚改めて紹介します。

※基本ポイント還元率が同じカードは最大還元率が高いものを上位表示

1位:JCB CARD W|基本還元率1.0%

jcb card w

おすすめポイント
  • 基本還元率1.0%のJCBプロパーカード※公式サイトによる
  • 優待店やお得なキャンペーンが多数
  • JCBの誇る高いセキュリティ
  • 年会費永年無料
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

2位:三菱UFJカード VIASOカード|基本還元率0.5%(最大還元率12.5%)

VIASOカード

おすすめポイント
  • ポイント自動キャッシュバックで無駄がない
  • 携帯電話・インターネット・ETC利用でポイント2倍※公式サイトによる
  • 年会費永年無料
最大10,000円キャッシュバック!

三菱UFJカード VIASOカード
申込はこちら

2位:ライフカード|基本還元率0.5%(最大還元率12.5%)

ライフカード

おすすめポイント
  • 誕生月ポイント3倍※公式サイトによる
  • 最大10,000円相当の新規入会特典※公式サイトによる
  • 年会費永年無料
年会費永年無料!

ライフカード
申込はこちら

最強候補のメインカードの選び方

ここからは、最強候補カードを選ぶポイントについて解説します。

年会費が割安

お金

当然ですが、年会費は安い方が望ましいです。ただし必ずしも無料が良いわけではなく、カードが持つ特典とのバランスで割安になるかで判断しましょう。

 年会費を上回る特典を受けられるなら、有料でも結果としてお得になります。

具体例を挙げると、海外の空港ラウンジ利用が多い人がプライオリティ・パス無料付帯のカードを発行することです。別途プライオリティ・パスを発行する場合より、お得になるケースがほとんどでしょう。

高級レストラン利用が多い人が、ダイニング特典付きのカードを発行するなども同様です。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

ポイント還元率が高い

メインで利用するカードなので、利用金額も多くなることが予測されます。ポイント還元率が高いカードであれば、より多くのポイント還元を受けられてお得になります。

具体的には還元率0.5%以上のカードであれば、高還元率と言えるでしょう。なお、特定店舗で還元率が上がるカードよりも、基本還元率が高いカードの方が恩恵を受けやすいです。

ただし特定店舗での利用が大半を占める人なら、該当店舗で高還元率を誇るカードの方がお得に利用できます。

付帯特典がお得

空港ラウンジ

カードに付帯する特典の使い勝手も比較しましょう。クレジットカードの代表的な付帯特典としては、以下が挙げられます。

クレジットカードの代表的な付帯特典
  • 付帯保険(旅行傷害保険・ショッピング保険など)
  • 提携店舗での優待(割引など)
  • 追加カード(家族カード・ETCカード)
  • トラベル特典(主に空港ラウンジなどの空港内サービス)

なお、重要なことはご自身にとっての利用価値です。一般的に豪華と言われる特典でも、利用しない特典であればメリットは薄いでしょう。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

セキュリティが優れている

クレジットカード

メインカードは頻繁に使うため、セキュリティ性も重要なポイントです。セキュリティが高ければ不正利用されにくいため、カード利用に対する不安が軽減されるでしょう。

セキュリティ対策が施されているカードの特徴
  • 3Dセキュアによる本人認証
  • カード番号が券面に記載なし or 裏面に記載
  • 顔写真付き

不正利用された場合の対応にも注目しましょう。補償期間が長いカードであれば、より安心して利用できます。

不正利用の疑いがある場合には、決済を一旦止めてくれるカードもありますよ。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

【サブカード】2枚持ち・3枚持ちで組み合わせる最強候補カードの選び方

クレジットカードを複数枚所有して使い分けたいという方も多いのではないでしょうか?サブカードをメインカードとうまく組み合わせてお得に利用するには、いくつかポイントがあります。

年会費無料

サブカードは利用頻度が限られるため、カード年会費は無料のものを選びましょう。特にメインカードが有料の場合は、二重で年会費が発生するのを防げます。

年会費無料を謳っているカードの中にも、条件付き無料無条件無料があります。無条件無料のカードであれば、年会費がかかる心配が一切ないので安心です。

条件付き無料 年会費無料になるには、規定の回数・金額を利用など条件達成が必須
無条件無料 カード利用なしでも年会費が発生しない

メインカードとは異なる国際ブランド

クレジットカード

クレジットカードは、国際ブランドの加盟店でなければ利用できません。したがってサブカードの国際ブランドはメインカードと異なるものにすると、カード決済できる店舗が増えるのでおすすめです。

少なくとも1枚は、加盟店が多いVISAもしくはMastercardを選ぶと良いでしょう。
いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

メインカードにはない特典がある

メインカードの弱点を補えるカードであるかも重要なポイントです。メインカードと似た性質のカードを複数枚発行してもメリットが薄いため、メインカードにはない特徴を持っているカードを選びましょう。

 特定店舗での割引・還元率アップや付帯保険が手厚いなど、メインカードより優れている特定条件があることが大事です。

まとめ

本記事では、最強候補のおすすめクレジットカードや還元率ランキング、メイン・サブカードの選び方について解説してきました。

どのクレジットカードが最強なのかは、人それぞれで異なります。年会費やポイント還元率、付帯する特典などを比較して、ご自身にとっての最強候補となるクレジットカードの組み合わせを見つけてみてください。

いつでもポイント2倍で高還元!

JCB CARD W
申込はこちら

関連記事|クレジットカード

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事