法人カード おすすめ

事業で必要な買い物の決済に法人カードを利用することで、経費精算を一元化し楽に管理することができます。

将来の経費に関わる業務の効率化を図るために「法人カード」の発行を検討している方も、多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、おすすめの法人カード7枚を比較・解説します。また、ポイント還元率が高い順にランキング形式で紹介しています。

中小企業向けの法人カードを探している方にとっても役立つ内容です。ぜひ最後まで読んでみてください。
経費の精算をもっと楽に!

中小企業におすすめ
法人カード7選

中小企業におすすめの法人カード7選

中小企業におすすめの法人カードをピックアップし、概要や特徴などを解説します。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック(一般)カード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード

申し込み条件 満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)の方
年会費 1,375円(税込)
※インターネット入会で初年度無料
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa、MasterCard
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月15日締め翌月10日払い
  • 毎月月末締め翌月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:三井住友カード 法人カードのご案内

特徴(1)海外旅行傷害保険が付帯

飛行機

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック(一般)カードは、充実した内容の海外旅行傷害保険が付帯されています。

下記に保険内容・保険金額をまとめていますので、万が一の事態に備えられるよう確認しておきましょう。

傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療費用(1事故の限度額) 50万円
疾病治療費用(1疾病の限度額) 50万円
賠償責任(1事故の限度額) 2,000万円
携行品損害(自己負担:1事故3,000円)
※1旅行中かつ1年間の限度額
15万円
救援者費用(1年間の限度額) 100万円

特徴(2)ショッピング補償について

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック(一般)カードでは、年間100万円までのお買物安心保険が付帯されています。

 お買い物安心保険は、海外での利用に限り対象となるため把握しておきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド

申し込み条件 法人代表者または個人事業主
年会費 36,300円(税込)
ポイント メンバーシップ・リワード
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド アメリカンエキスプレス
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月20日前後締め翌月10日払い
  • 毎月1日前後締め同月21日払い
  • 毎月5日前後締め同月26日払い
キャッシング利用 可能

出典:アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード 公式サイト

特徴(1)クラウド会計ソフト”freee”へのデータ連携が可能

ビジネスカードの利用情報を、中小企業向けクラウド会計ソフト”freee”へ自動的に取り込めます。経理や決算などがはじめての人でも簡単に利用できるため、ぜひご活用ください。

安全にデータ連携ができるAPI連携を採用しているため、セキュリティ面でも安心です。

特徴(2)ビジネスカード限定のサービスが充実

ビジネスカード限定の、下記サービスが提供されています。

ビジネスカード限定サービス
  • シェアオフィスやコワーキングスペースの自由席が利用できるOFFICE PASS
  • クラウドソーシング仕事依頼サイト”Lancers”
  • フレキシブルオフィス”WeWork”
  • 名刺管理アプリ”Eight”
  • 社労士・会計士・税理士・弁護士・弁理士といったプロフェッショナル・サービス紹介
  • ビジネス情報サービス”ジー・サーチ”年会費無料
  • 福利厚生プログラム”クラブオフ”
  • ヘルスケア無料電話相談

 

利用料金の割引をはじめ、無料で問い合わせができるサービスを提供していますので、ぜひご活用ください。

JCB法人カード 一般

 

申し込み条件 18歳以上の法人または個人事業主
年会費 1,375円(税込)
※オンライン入会の場合は初年度無料
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.47%
国際ブランド JCB
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:JCB法人カード 公式サイト

最大30,000円分ギフトカードもらえる!

JCB法人カード
申込はこちら

特徴(1)会計ソフトの利用料が割引になる

JCB法人一般カードを所持することにより、『弥生会計オンライン』『クラウド会計ソフト”freee”』がお得に利用できます。キャンペーンの詳細は下記からご確認ください。

弥生会計オンライン
キャンペーン期間 2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木)
キャンペーン内容 該当プランを初年度0円で利用可能
キャンペーン対象プラン

ベーシックプラン・セルフプラン・青色申告オンライントータルプラン・ベーシックプラン・セルフプラン

クラウド会計ソフト「freee」
キャンペーン期間 2021年4月1日(木)~2022年3月31日(木)
キャンペーン内容 該当プランを初年度年会費15%オフで利用可能
キャンペーン対象プラン 法人ベーシックプラン・個人スタンダードプラン

最大30,000円分ギフトカードもらえる!

JCB法人カード
申込はこちら

特徴(2)経費の支払いでポイントが貯まる

計算

毎月の経費をカード決済にすることで、自然とポイントが貯められるのが通常です。ビジネスシーンでの主な経費は次のとおりです。
※必ずしも次の費目が全て経費として認められるとは限りません。

経費の例
  • 車移動費
  • 公共交通機関の交通費
  • 通信費
  • 光熱費
  • 事務所の固定費

 

現金のようにただ経費を払うだけでなく、ポイントを貯めて後に活用できれば結果的に経費軽減へと繋がります。
最大30,000円分ギフトカードもらえる!

JCB法人カード
申込はこちら

JCB CARD Biz一般カード

 

申し込み条件 20歳以上の法人代表者または個人事業主
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.47%
国際ブランド JCB
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:JCB CARD Biz 公式サイト

特徴(1)インターネット新規入会キャンペーンが魅力的

インターネット限定で、新規入会キャンペーンを実施しています。

キャンペーン期間 2021年4月1日(木)~2021年9月30日(木)
キャンペーン内容 20,000円分のAmazonギフト券をプレゼント
キャンペーン詳細
  • インターネット入会でAmazonギフト券3,000円分プレゼント
  • 10万円(税込)以上の利用でAmazonギフト券17,000円分プレゼント

申し込みを検討している人は、インターネットから手続きをしてギフト券を手に入れましょう。

特徴(2)充実した内容の旅行傷害保険が付帯

メガネと書類

JCB CARD Biz一般カードは、国内・海外旅行傷害保険などが付帯されています。なかでも、海外旅行傷害保険は大変充実した内容です。

下記に海外旅行傷害保険の保険内容と保険金額をまとめていますので、ぜひチェックしておいてください。

傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円
傷害治療費用 1回の事故につき100万円限度
疾病治療費用 1回の病気につき100万円限度
賠償責任 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 1旅行中20万円限度(保険期間中100万円限度)
救援者費用等 100万円限度

国内旅行傷害保険、海外ショッピングガード保険なども用意されているため、公式ホームページにて内容を確認しておきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカード

申し込み条件 個人事業主または経営者の方(学生・未成年を除く)
年会費 22,000円(税込)
ポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド アメリカンエキスプレス
付帯保険
  • 国内旅行傷害保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 毎月10日締め翌月4日払い
キャッシング利用 可能

出典:セゾンアメリカン・エキスプレス 公式サイト

特徴(1)年間200万円以上の利用で年会費が優遇される

年会費は通常22,000円(税込)ですが、次年度に年間200万円のショッピング利用があれば無料になります。

ビジネスシーンにおける経費等の支払いに活用することで、年会費を抑えて利用できます。

 キャッシング・年会費は利用分とカウントされないため理解しておきましょう。

特徴(2)空港ラウンジが利用可能

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを所持することで、次の国内主要空港ラウンジが利用できます。

北海道・東北 旭川空港・新千歳空港・函館空港・青森空港・秋田空港・仙台国際空港
関東 羽田空港第1ターミナル・羽田空港第2ターミナル・羽田空港第3ターミナル・成田国際空港第1ターミナル・成田国際空港第2ターミナル
中部・北陸 新潟空港・富山空港・中部国際空港・小松空港・富士山静岡空港
近畿 伊丹空港(大阪国際空港)・関西国際空港・神戸空港
中国・四国 岡山空港・広島空港・米子鬼太郎空港・出雲空港・山口宇部空港・高松空港・松山空港・徳島阿波おどり空港
九州・沖縄 北九州空港・福岡空港・佐賀空港・長崎空港・大分空港・熊本空港・宮崎ブーゲンビリア空港・鹿児島空港・那覇空港
海外 ハワイ・ダニエル・K・イノウエ国際空港

プライオリティ・パスに登録すると、148以上の国や地域・600以上の都市で1,300ヵ所以上の空港ラウンジが利用可能です。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト

申し込み条件 学生・未成年を除くご連絡が可能な方で、提携する金融機関に決済口座を持っている
年会費 無料
ポイント 永久不滅ポイント
ポイント還元率 0.5%
※1ポイント=5円相当と換算し、「何円分のポイントが還元されるか」を還元率として算出しております。
国際ブランド アメリカンエキスプレス
付帯保険 オンラインプロテクション
締め日・引き落とし日 毎月10日締めの翌月4日払い
キャッシング利用 可能

出典:セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード 公式サイト

特徴(1)本会員とほぼ同じ機能のカードを4枚まで追加可能

セゾンコバルト

社員が所持できる追加カードは、4枚まで無料で発行可能です。追加カードの主なメリットは次のとおりです。

追加カードのメリット
  • 利用分は本会員の利用分と合わせて一括での支払い
  • 明細には本会員と追加カードの利用分は区別されるため経費使用状況を的確に把握できる

 

社員による立替の手間がないため、精算業務が不要となります。

特徴(2)エックスサーバー、かんたんクラウドの優待が受けられる

エックスサーバーかんたんクラウド(MJS)を、お得に利用可能です。内容は下記になります。

エックスサーバー 法人向けプラン(B10・B20・B30)の初期設定費用16,500円(税込)が無料
かんたんクラウド(MJS) 月額利用料が3ヶ月無料

上記以外にも、ビジネスシーンで役立つサービスの優待プログラムがいくつか用意されているため、公式ホームページをチェックしてみてください。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

申し込み条件 20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)および個人事業者の方
年会費 2,200円(税込)
ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Visa
付帯保険 なし
締め日・引き落とし日 毎月月末締め翌月27日払い
キャッシング利用 不可

出典:楽天カード 公式サイト

ETCカードでもポイント貯まる!

楽天ビジネスカード
3,000ポイントプレゼント!

特徴(1)楽天市場での買い物でザクザクポイントが貯められる

楽天市場での買い物に利用するとポイントが5倍となるため、ザクザク貯められます。楽天市場ではビジネス関連の商品も多数扱っているため、必要なものをぜひ購入してください。

特徴(2)ETCカードを一度に9枚まで申し込み可能

楽天ビジネスETC

ETCカードを一度に9枚まで申し込みできます。車移動が多い場合は、各車両への設置手続きが可能です。ETC利用も100円につき1ポイント獲得可能です。

ETCカードの年会費は1枚無料、2枚目より1枚につき550円(税込)がかかります。
ETCカードでもポイント貯まる!

楽天ビジネスカード
3,000ポイントプレゼント!

法人カード還元率ランキング

上記で紹介したおすすめの法人カードのなかから、基本還元率の高いものを上位にランキングを発表します。なお、還元率が同じ場合は年会費が安いものを上位にしています。

貯めたポイントは現金のように活用できることもあるので、ぜひ法人カード選びの参考にしてみてください。

1楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカード

 

ポイント還元率 1.0%~
年会費 2,200円(税込)

楽天ビジネスカードは、基本還元率が1.0%です。楽天市場での還元率が高くなるため、効率良くポイントが貯められます。

2三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック(一般)カード

三井住友ビジネスカード for Owners クラシック(一般)カード

ポイント還元率 0.5%~
年会費 1,375円(税込)

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック(一般)カードは、基本還元率が0.5%です。使い道の多いVポイントが貯められるため、ぜひ積極的にご活用ください。

3セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンコバルト

ポイント還元率 0.5%~
年会費 無料

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、基本還元率が0.5%です。年会費が無料と、リーズナブルに所有できます。

法人カードを活用するメリット

パソコンを打つ人

法人カードを活用するメリットとして、主に次のものが挙げられます。

法人カードを活用するメリット
  • 経費の精算が楽になる
  • 経費の削減に繋がる
  • 支払いの猶予が生まれる
  • カードの付帯サービスが活用できる
  • 不必要な経費を軽減できる

経費の精算が楽になる

カード決済にまとめることで、出張費や移動費、接待費などがその場で支払えるため立替の手間がなくなる点はメリットです。

面倒な経費の計算の効率化が図れるうえ、明細として管理できるため、経費の計上漏れ防止にも繋がります。

経費の削減に繋がる

植物 お金

支払い口座を指定口座からまとめて引き落としにすることで、振込手数料等の削減に繋がります。

カード会社が提供する福利厚生サービスを活用することで、コストを抑えて充実した体制を整えることも可能です。

支払いの猶予が生まれる

引き落とし日が先に設定できるため、支払いに猶予が生まれます。また、毎月決まった日に引き落としされることで、お金の管理もしやすくなるでしょう。

カードの付帯サービスが活用できる

プリイペイドカード

クレジットカードは、決済手段としてだけでなくさまざまなサービスが付帯されています。主な付帯サービスは次のとおりです。

クレジットカードの主な付帯サービス
  • 空港ラウンジ利用
  • 旅行傷害保険
  • ショッピング保険
  • ビジネスサービスの優待価格利用
  • コンシェルジュサービス

 

カードのランクによっても受けられるサービスや保険内容は異なるため、事前にチェックしておきましょう。

不必要な経費を軽減できる

法人カードで支払うと、すべて利用履歴が残ります。誰が何にいくら使ったかが簡単に確認できるため、企業として無駄な出費も見つけやすいです。

不要なコストを発見し削減することで、経費の軽減に繋がります。

よくある質問【おすすめの法人カードは?】

おすすめの法人カードは?
おすすめの法人カードは、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」です。申し込み条件は法人代表者または、個人事業主が申し込めます。年会費は税込34,100円となっており、ポイント還元率は0.5%です。たまるポイントはメンバーシップ・リワードがたまります。
法人カードを活用するメリットは?
法人カードを活用するメリットとして、「経費精算が楽になる」「経費削減につながる」「支払いの猶予が生まれる」「カードの付帯サービスが活用できる」「不必要な経費を軽減できる」など、経費の精算が簡単になる点でしょう。
法人カードを活用するデメリットとは?
法人カードを活用するデメリットとして、年会費が一般カードと比べると高い点があげられるでしょう。
年会費が無料の法人カードはある?
年会費が無料の法人カードはあります。年会費の支払いがネックだと感じている人は、まずは年会費無料の法人カードから申し込んでみるといいのではないでしょうか。
法人カードの審査内容は?
法人カードの審査内容は、公開されていません。そのため、申し込み者が審査内容を知ることはできないのです。一般的にいわれているのは「信用情報」「過去の滞納」などです。
上手なポイントの貯め方は?
上手にポイントを貯めたいのであれば、できるだけ1枚の法人カードですべての支払いを済ませるようにしましょう。カードを分散してしまうと、ポイントも分散してしまいます。
ポイントを効率的にためる方法は?
お得なキャンペーンの利用がおすすめです。またモールサイトを利用してお買い物すると、通常よりもポイントアップするところは多いです。たまったポイントの有効期限にも気を付けるようにしましょう。

まとめ

この記事では、中小企業におすすめの法人カードについて解説しました。法人カードを所持することで、ビジネスに役立つサービスや付帯保険が活用できるため、より仕事がしやすくなるでしょう。

また、支払いをカードにすることでポイントが貯められるため、現金払いにはないメリットがあります。ここで紹介したランキングを参考にしつつ、自社に合った法人カードを見つけてみてください。

関連記事|クレジットカード

この記事もあわせて読む

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事