チェーンリンク/LINKとは?今後の見通しと将来の価格を予想

チェーンリンク(LINK)は、名前の通りブロックチェーンをリンクさせる機能を持つプラットフォーム・暗号資産です。

そのプラットフォームは外部ツール・システムと繋げたり、ブロックチェーン同士を繋げる役割を持ちます。

そのため、今後チェーンリンクが活用されるシーンは多岐にわたり、将来性が期待されています。そこで今回は、仮想通貨チェーンリンクについて解説します。

チェーンリンク購入できるおすすめ取引所3選も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

仮想通貨チェーンリンク/LINKとは?

仮想通貨チェーンリンク

チェーンリンクは2017年に取引を開始した比較的新しい通貨です。他の暗号資産と違った特徴を持ち、暗号資産市場との関連性・親和性が高いため、今後の活躍が期待されています。

暗号資産やブロックチェーン技術に関心がある人であれば、チェーンリンクの特徴を押さえておくのがおすすめです。

暗号資産名 チェーンリンク/Chainlink
通貨単位 LINK
発行数上限 1,000,000,000
公開・取引年 2017年
時価総額 899,767,413,101円
現在(2022年4月8日)の価格 1,928.49円
チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

出典:CoinMarketCap

外部ツールにブロックチェーン技術を活用できる

チェーンリンクは、暗号資産とは関係ない外部のツール・システムにブロックチェーン技術を活用できる機能があります。

一般的な暗号資産の場合、使用しているブロックチェーンの技術を活用するのは難しいです。

 チェーンリンクは「ミドルウェア」と呼ばれる中間処理を行う役割があり、外部ツールとブロックチェーンの間に入って仲介できます。

この技術を応用すれば、さまざまな分野でブロックチェーンが有効活用されると期待されています。

特にブロックチェーン技術で使われる「スマートコントラクト」を、一般的なツールで活用できるようになれば、業務効率を大幅に向上させることが可能です。

ブロックチェーン同士をリンク可能

ブロックチェーン同士をリンク

基本的に暗号資産はそれぞれのブロックチェーンを利用しており、独立しているため相互利用はできません。

そこにチェーンリンクのミドルウェアの役割を活用することで、ブロックチェーン同士をリンクできます。

この異なるブロックチェーン同士を繋げることは「クロスチェーン技術」と呼ばれており、暗号資産市場全体の価値を高める大きな要因になります。

それぞれの暗号資産を組み合わせることで、メリットを高めたりデメリットを補ったりと相乗効果が期待できるでしょう。
チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

オラクルにより外部データとブロックチェーンを繋げられる

オラクルとは、スマートコントラクトと外部のデータを紐づけるサードパーティサービスです。

チェーンリンクでは、このオラクルを活用することにより、外部データとブロックチェーンを繋げられます。

 ブロックチェーン技術を外部システムで活用できるだけでなく、外部データをブロックチェーンに繋げられるのも大きなメリットです。

また、チェーンリンクではハッキングに耐性がある分散型オラクルを使用しています。そのことにより、外部データを守ることに繋がり信頼性を高めています。

チェーンリンク/LINKの価格推移

チェーンリンク/LINKの価格推移

過去の高騰要因

チェーンリンクが取引を開始したのは2017年ですが、2020年中盤まではそこまで大きな変動がなく推移していました。

2020年後半以降から徐々に価格は上昇し始め、それまで100円前後で推移していた価格が1,000円以上まで上がります。

 2021年5月には最高金額である5,600円台を記録し、その後急落するも現在では1,000円から2,000円の間で推移しています。

このとき、大幅に価格が上昇した要因は、DeFi関連市場の盛り上がりです。チェーンリンクはDeFi関連と相性が良いため、DeFi関連市場に連動して価格が上がりやすいです。

チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

最新のチャート

2022年に入ったときの価格は約2,300円でしたが、その後の価格は1月中旬に3,200円前後まで上がります。

しかし、その後は大きく価格を落とし、1月末には1,700円と半分近くまで下がりました。2月は細かい上下があるものの、徐々に下降していき1,500円前後で落ち着きます。

3月以降から価格は緩やかに上がり始め、現在では2,000円前後の価格で推移しています。

チェーンリンク/LINK今後の価格予想

チェーンリンク/LINK今後の価格予想

チェーンリンクの機能自体は優れているものの、比較的新しい暗号資産ということもあり活用されている実績は少ないです。

実際に、チェーンリンクを活用した代表的な実績は、国際銀行間通信協会のSWIFTとの提携です。

 そのため、メジャーな暗号資産や大手企業と提携することで、価格は大きく上がると期待されています。また、チェーンリンクは「77のユースケース」の実現を掲げています。

このユースケースには「分散型金融」「外部への決済」「公益事業」などが含まれており、さまざまな分野で活用できるため今後の価格は伸びやすいです。

チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

チェーンリンク/LINKの将来性を決める要因とは

チェーンリンク/LINKの将来性

国内取引所への上場

チェーンリンクは国内の取引所でも取り扱いはありますが、ビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨と比較するとまだまだ少ないです。

そこで、国内取引所での取り扱いが開始されれば、その度に価格は上昇していくと考えられます。

チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

大手企業との提携

チェーンリンクのミドルウェアとしての機能は、多くの企業が活用できるものです。

 現在、チェーンリンクが提携している代表的な大手企業は「Google」「Oracle」「SWIFT」などです。

今後も、影響力の大きい企業との提携が期待されているため、活用されると分かったときは価格が大きく上昇するでしょう。

プラットフォーム開発の進捗

プラットフォーム開発の進捗

チェーンリンクのプラットフォームは優れていますが、さらに開発が進むことでより利便性が高くなると期待されています。

今よりも機能・性能が向上すれば、多くの企業などとの提携が進み、さらにニーズは高くなります。

DeFiへの採用状況

チェーンリンクはDeFi関連市場との相性が良く、DeFiサービスへ採用される可能性は高いです。

今までもDeFi関連銘柄の価格と連動して高騰しているため、チェーンリンクの技術が活用されれば、大きく値上がりすると見込まれています。

チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

チェーンリンク/LINKは購入すべき暗号資産?

購入すべき暗号資産

チェーンリンクは、他のブロックチェーンを繋げられるのが最大の特徴です。

つまり、他の暗号資産で何か新しい技術が開発されるなど、明るいニュースが出れば連動して価格は上がると考えられるでしょう。

 特に、暗号資産関連の中でもDeFi関連銘柄が注目されるようになると、価格は大きく上がりやすいです。

チェーンリンクは、十分に将来性がある暗号資産として期待されています。特徴や使われている技術に興味がある人は、チェーンリンクを購入するのがおすすめです。

チェーンリンクの購入なら!

おすすめ
仮想通貨取引所4選

チェーンリンク/LINKが購入できるおすすめ取引所4選

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料なので気軽に使える!
  • 業界の中でも強固なセキュリティ体制を実現している!
  • 暗号資産を1円から購入できる!
  • 最短10分で口座開設が可能!
  • ポイント投資や積立などサービスが充実!

bitFlyerは、株式会社bitFlyerが運営している暗号資産取引所です。取引の際に発生する各種手数料は無料なので、費用を抑えて利用できます。

 業界の中でもセキュリティ強度が高いため、安心して取引できるのも魅力です。

実際に、7年以上もハッキングの被害に遭っていません。暗号資産は1円から購入できるため、初心者でも気軽に始められます。

申し込みから最短10分で口座開設が可能なので、急いでいる人にもおすすめです。さらに、Tポイントを使ったポイント投資や自動積立サービスなど、展開しているサービスの幅も広いです。

自分のスタイルに合った暗号資産投資を行えます。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • XLM(ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
  • XTZ(テゾス)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料(住信SBIネット銀行から入金の場合)
出金手数料 3万円未満:税込220円(三井住友銀行から入金の場合)

 

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFlyer

BITPOINT

Bit Point

BITPOINTのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料で取引できる!
  • さまざまな投資方法に対応している!
  • 取引ツールが充実しており使いやすい!
  • 初心者でも簡単に始められる取引所!
  • スマホからでも簡単に取引を始められる!

BITPOINTは、株式会社ビットポイントジャパンが運営している暗号資産取引所です。取引にかかる手数料は無料であり、余計な費用はかかりません。

 信頼性の高い暗号資産投資ができ、さまざまな投資方法に対応しているため、自分のスタイルに合った資産運用が可能です。

投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実しており、快適に取引できます。

スマホからでも簡単に取引できるのもポイントです。
取引通貨数

12通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • TRX(トロン)
  • ADA(エイダ)
  • JMY(ジャスミー)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
  • DEP(ディープコイン)
レバレッジ 現在、新規口座開設一時受付停止
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

 

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 最短10分で口座開設できるので、素早く取引できる!
  • 信頼と実績のGMOグループが運営しているので安心!
  • 口座開設や入出金の手数料はかからないので便利!
  • 取引銘柄数は20種類以上と、国内取引所の中でも多い!
  • 充実した取引ツールを使えるので快適に売買できる!

GMOコインは、GMOインターネットグループが運営している暗号資産取引所です。

 インターネットや金融サービスの事業で培ったノウハウを活かしているため、セキュリティ強度が高く安心感があります。

申し込みから口座開設まで最短10分と早いので、素早く取引できます。各種手数料は無料なので、コストを抑えて売買可能です。

GMOコインでは販売所だけでなく、積立などさまざまなサービスを提供しています。

初心者から上級者まで使える取引ツールも用意されています。
取引通貨数

20通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • XLM(ステラルーメン)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • OMG(オーエムジー)
  • XTZ(テゾス)
  • QTUM(クアンタム)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • ATOM(コスモス)
  • ADA(カルダノ)
  • MKR(メイカー)
  • DAI(ダイ)
  • LINK(チェーンリンク)
  • XYM(シンボル)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 銀行振込:無料
※振込手数料の負担あり
即時入金:無料
出金手数料 無料

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

出典:GMOコイン

SBI VCトレード

SBI VCトレード

SBI VCトレードのおすすめポイント
  • 各種取引手数料が無料で利用できる!
  • 約100円からの少額からの取引も可能!
  • レバレッジ取引にも対応している!
  • SBIグループが運営しているのでセキュリティ強度が高い!
  • 貸暗号資産サービスも提供している!

SBI VCトレードはSBIグループが運営している暗号資産取引所です。各種手数料は無料で、取引時に発生するコストを抑えられます。

 レバレッジ取引にも対応しており、手元の資金以上の取引も可能です。

SBIグループは国内最大級のインターネット金融サービスを展開しており、堅牢なセキュリティ体制を実現しています。

取引所サービスだけでなく、貸暗号資産サービスなども提供しています。
取引通貨数

7通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
  • DOT(ポルカドット)
  • LINK(チェーンリンク)
レバレッジ
販売所手数料 無料(スプレッドはあり)
取引所手数料 Maker:無料
Taker:無料
入金手数料 無料
出金手数料 住信SBIネット銀行:0円
住信SBIネット銀行以外の金融機関:145円(税込)

出典:SBI VCトレード

今後チェーンリンク/LINKの上場が予想される取引所

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • マネックスグループが運営している暗号資産取引所!
  • 取り扱い銘柄数が豊富なので好きな通貨を売買できる!
  • 各種手数料は無料なので取引しやすい!
  • 500円の少額から取引を始められる!
  • スマホを使い簡単に口座開設できる!

Coincheckは、コインチェック株式会社が運営している暗号資産取引所です。取り扱っている暗号資産の種類は多く、好きな通貨を選び売買できます。

 現在では、コインチェック株式会社はマネックスグループの傘下であり、大きな企業の後ろ盾があるため信頼感があります。

また、各種手数料は無料でサービスを提供しているので利用しやすいです。500円と少額から取引できるため、初心者でも始めやすいでしょう。

口座開設は簡単でスマホを使って手続きできます。
取引通貨数

17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • LSK(リスク)
  • FCT(ファクトム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • MONA(モナコイン)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • IOST(アイオーエスティー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • OMG(オーエムジー)
  • PLT(パレットトークン)
レバレッジ
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 通常無料
出金手数料 一律407円

 

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • スマホ版の取引画面はスタイルに合わせて使い分けが可能!
  • レバレッジ取引に対応している取引所の中では、取り扱い銘柄数が多い!
  • 各種取引手数料は無料!
  • 365日対応のサポート体制が充実!
  • DMMグループで培われた安心・安全のセキュリティ!

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営している暗号資産取引所です。利用できる取引ツールは使いやすく、スマホ版は取引スタイルに合わせて使い分けが可能なので便利です。

 各種取引手数料は無料なので、支出を抑えて取引できます。

取り扱い銘柄数は豊富にあり、レバレッジ取引に対応している取引所の中では非常に多いです。サポート体制は365日対応であるため、分からないことがあっても安心して取引できます。

口座開設の方法は簡単で、最短1時間で取引を始められます。
取引通貨数

14通貨

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • XLM(ステラルーメン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XTZ(テゾス)
  • OMG(オーエムジー)
  • ENJ(エンジンコイン)
  • XEM(ネム)
  • QTUM(クアンタム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
  • MONA(モナコイン)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 現物取引:無料
レバレッジ取引:無料
※BitMatch取引手数料は2円〜
入金手数料 振込入金手数料:無料(銀行手数料はお客様負担)
クイック入金手数料:無料
出金手数料 出金手数料:無料

 

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

出典:DMM Bitcoin

まとめ

今回は、仮想通貨のチェーンリンクについて解説します。チェーンリンクはミドルウェアの役割を持ち、外部ツールや他のブロックチェーンを繋げる機能があります。

ブロックチェーン同士を紐づけることができるので、活用される可能性は無数に広がっています。

ブロックチェーン技術に関心がある人であれば、どのような通貨なのかぜひチェックしてみてください。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事