低金利カードローン

お金はなるべく低金利で借りたいものです。上限金利や下限金利が低ければ低いほど、利息分の返済を軽減できるので、負担を少なく利用できます。

この記事を読んでいる方の中には「低金利で利用できる商品が知りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、低金利のおすすめカードローンを紹介します。銀行が提供する商品や即日可能なものまで幅広くピックアップしています。

さらに、各社の金利を比較して金利が安いのがどこか検証しています。低金利で借入したい場合に、ぜひ活用してください。

気になる商品の選び方や、金利0円で利用する方法も解説していきます。

おすすめ低金利カードローン12選

プロミス

プロミス

プロミスは、テレビCMでもお馴染みの大手消費者金融です。上限金利は17.8%となっています。はじめてなら最大30日間利息0円、WEB契約なら即日融資可能と充実した内容です。

 プロミスは2020年2021年と2年連続でオリコン顧客満足度ランキングノンバンクカードローン1位を獲得しました。

また、プロミスは女性専用の「レディースキャッシング」を用意しています。主婦や学生でも申し込みが可能で、対応するのはすべて女性オペレーターであるのが特徴です。

女性の方は、ぜひチェックしてみてください。
※https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/
金利 年4.5%~17.8%
融資限度額 500万円まで
申し込み対象 年齢18歳~69歳のご本人に安定した収入のある人
即日融資
資金使途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限る
担保・保証人 不要

お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

出典:プロミス 公式サイト

24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットではWEB完結申込が可能です。上限金利は18.0%となっています。

SMBCモビットの特徴は、WEB完結申込を選択した場合、電話連絡がない点です。郵送物もないため、家族や職場の人にバレたくないという方も、安心して利用できるでしょう。

WEB完結なら電話連絡なし・郵送物なし・カードレスで、わずらわしさがありません。

また、公式ホームページでは10秒簡易審査を提供しています。10秒で簡易的に審査結果を出してくれるので、本審査に通るか不安…という方は試してみるのがおすすめです。

※あくまで目安です。借入をするためには、本審査を受ける必要があります。

金利 年3.0%~18.0%
融資限度額 800万円まで
申し込み対象 満20歳以上69歳以下の安定収入がある方
即日融資
申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:SMBCモビット 公式サイト

WEB完結なら電話連絡なし!

SMBCモビット
WEB完結申込はこちら

アコム

アコム

アコムの金利はいたって平均的ですが、はじめて契約した人に限り最大30日間金利がかからないため、うまく活用することでリスクなくご利用いただけます。

 契約の翌日から30日間となり、融資を受けた日からではないのでご注意ください。

申し込みは、インターネット・店頭窓口・自動契約機・電話・郵送から選択可能です。

即日融資を希望する人は、インターネットか電話で申し込み、店頭もしくは自動契約機で手続きをすると、比較的早く利用できます。
契約までネット完結!

アコム
WEB完結申込はこちら

在籍確認が行われる場合がございます。

金利 年3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象

20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

最短即日融資 可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:アコム 公式サイト

契約までネット完結!

アコム
WEB完結申込はこちら

在籍確認が行われる場合がございます。

アイフル

アイフルは女将さんのCMがお馴染みの、大手消費者金融です。

 最短25分で審査結果が出ますので、急ぎでお金を手配したいときに活用できます。

※WEB申込の場合

なお、はじめて契約する人に限り、最大30日間は利息0円です。24時間365日振り込みによる借入が可能という新サービスもはじまり、さらに使い勝手が向上しています。

提携ATMも全国におよそ70,000台ありますので、身近な場所で借入・返済が可能です。
最短25分で融資可能!

アイフル
WEB申込はこちら

金利 年3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象 満20歳以上69歳までの方で定期的な収入と返済能力を有する方
即日融資
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.aiful.co.jp/
※お申込の状況によってはご希望に添えない場合があります。

最短25分で融資可能!

アイフル
WEB申込はこちら

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

三菱UFJ銀行バンクイックは、下限金利が1.8%です。口座がなくても申し込みが可能で、お申し込みまでは来店する必要もないため手軽に利用できます。

 申し込みはWEB・電話から選択可能です。

借入・返済も、全国にあるセブン銀行やローソン銀行などの、提携ATMが利用できます。

サポート体制も手厚く、返済期日の3営業日前になるとメールで知らせてくれるため、返済遅延や滞納などの防止に繋がります。
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

金利 年1.8%~14.6%
融資限度額 10万円~500万円
申し込み対象 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人で原則安定した収入がある人。
即日融資 ×
資金使途 原則自由※事業性資金を除く
担保・保証人 不要

出典:三菱UFJ銀行カードローン 公式サイト

来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは、年1.9%から14.5%という設定です。また、楽天銀行の口座がなくても利用可能で、借入・返済ともに普段の口座を選択できます。

コンビニATMの手数料が0円なので、気軽に利用できる点も魅力です。
金利 年1.9%~14.5%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 申し込み時に満20歳以上満62歳以下で、日本国内に居住しており安定した定期収入がある人。保証会社の保証を受けられる人。
即日融資 ×
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:楽天銀行カードローン 公式サイト

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、郵送不要・口座不要のカードローンです。イオン銀行普通預金口座を持っている方であれば、振り込み融資可能※1です。

毎月の返済・借入れは1,000円からに設定されています。たとえば、前月末の借入残高が3万円以下の場合、約定返済額は1,000円のみです。

申し込みから最短5日程度※2でカードが届きますよ。
※1審査完了からローンカードを受け取り前の、新規申し込みの1回に限ります
※2上記期間は最短での日数となります。状況によっては受取りまでお日にちがかかる場合があります。
金利 年3.8%~13.8%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満の方。
  • ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
  • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。
即日融資 ×
資金使途 原則自由(事業性資金にはご利用いただけません
担保・保証人 不要

出典:イオン銀行カードローン 公式サイト

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、金利年2.0%から14.0%に設定されています。

銀行ならではの金利に加え、最大30日間利息キャッシュバックなどの魅力的なキャンペーンを開催していることから注目です。

キャンペーンは期間が限定されているので、注意しましょう。
※キャンペーン期間:2021年2月3日〜2021年4月30日
金利 年2.0%~14.0%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 契約時に満20歳以上満66歳未満で、継続して安定した収入を得られることが見込める人。かつ、保証会社の保証を受けられる人。
即日融資 ×
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:みずほ銀行カードローン 公式サイト

りそな銀行カードローン

りそな銀行

りそな銀行カードローンは、上限金利が年13.5%です。

 年齢などの申込条件を満たしていれば、パート・自営業・フリーターでも利用可能です。

使い道についても、事業性資金以外は自由なので、便利に活用できます。

審査にもよりますが、限度額に対しての適用金利が公式ホームページに公開されていますので、チェックしておきましょう。
金利 年3.5%~13.5%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 日本国内にお住まいで申込時の年齢が満20歳以上満66歳未満の方。継続安定した収入のある方。
即日融資 ×
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:りそな銀行カードローン 公式

住信SBIネット銀行 カードローン

住信SBIネット銀行は、2021年1月4日に株式会社oricon MEが発表した「2021年オリコン顧客満足度ランキング銀行カードローン」において、全国184金融機関の中で2年連続総合評価1位※1を獲得しました。

ネットバンクならではの金利水準※2が魅力的です。「SBI証券口座」保有登録で、基準金利から年0.5%の金利優遇があります。

契約完了後は、住信SBIネット銀行のキャッシュカードにローン機能が付帯されるため、ローン専用カードの発行はありません。
※1参照https://www.netbk.co.jp/contents/company/press/2021/corp_news_20210104.html
※2公式サイトの文言によります
金利 年1.59%~14.79%※3
融資限度額 10万円~1200万円
申し込み対象 申し込み年齢が満20歳以上満65歳以下の方。かつ安定継続した収入がある方。
即日融資 ×
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:住信SBIネット銀行カードローン 公式
※3各ご利用限度額において、スタンダードコースか、スタンダードコースよりも基準金利が低いプレミアムコースのいずれかのコースが適用されます。適用コースは審査により決定され、ご自身で選択することはできません。

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)

auじぶん銀行カードローン

auじぶん銀行カードローンの特徴は、au限定割が用意されていることです。

 au IDをお持ちの方なら最大年0.5%金利が優遇されます。

また、HDI Japan主催の銀行業界「問い合わせ」部門で2年連続最高ランクの三つ星を獲得しています。サポート体制も整っているので、初めて利用する方でも安心です。

借り換えにも対応しているので、見直しを検討している方にもおすすめです。
出典https://www.jibunbank.co.jp/pc/ld/au_loan21/
\手続きはスマホ完結!/

auじぶん銀行カードローン
WEB申込はこちら

金利 1.48%~17.5%※通常
融資限度額

通常:10万円~800万円

<au限定割>
誰でもコース:10万円~800万円
借り換えコース:100万円〜800万円

申し込み対象
  • ご契約時の年齢が満20歳以上70歳未満のお客さま
  • 安定継続した収入のあるお客さま(自営、パート、アルバイトを含みます)
  • 保証会社であるアコム(株)の保証を受けられるお客さま
即日融資 ×
資金使途 原則自由(事業性資金は除きます)
担保・保証人 不要

出典:auじぶん銀行カードローン 公式

\手続きはスマホ完結!/

auじぶん銀行カードローン
WEB申込はこちら

※下記のコースは金利が異なります。
au限定割 誰でもコース(1.38%~17.4%)au限定割 借り換えコース(0.98%~12.5%)

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは、消費者金融と比較すると上限金利が比較的低めです。

口座がなくてもすぐに申し込みができ、申し込みに必要な書類は、WEBからアップロードして提出できるので来店不要です。

なお、三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちの方であれば、申込から契約まで24時間WEB完結による申し込みができます。

 金利は上限が年14.5%で、契約限度額も10~800万円までと銀行ならではです。

全国にある三井住友銀行ATM・ゆうちょATM・イーネット・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMにて、借入も返済も可能です。

利用手数料も提携ATMでは無料なので、無駄な出費もありません。
金利 年1.5%~14.5%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 申し込み時に満20歳以上満69歳以下で、原則安定した収入がある人。かつ、保証会社の保証を受けられる人。
即日融資 最短翌営業日
資金使途 原則自由
※ただし、事業性資金にはご利用いただけません
担保・保証人 不要

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合がございます。
出典:三井住友銀行カードローン 公式サイト

金利が安いのはどこ?カードローン金利比較一覧表

今回紹介した商品の金利を以下、一覧表にまとめています。比較用として参考にしてみてください。

プロミス 年4.5%~17.8%
アコム  年3.0%~18.0%
アイフル 年3.0%~18.0%
SMBCモビット 年3.0%~18.0%
レイクALSA 年4.5%~18.0%
三菱UFJ銀行 年1.8%~14.6%
三井住友銀行 年1.5%~14.5%
みずほ銀行 年2.0%~14.0%
イオン銀行 3.8%~13.8%
楽天銀行 年1.9%~14.5%
住信SBIネット銀行 1.59%~14.79%
りそな銀行 3.5%~13.5%
auじぶん銀行 1.48%~17.5%

ここで紹介した各社の上限金利をみていくと、消費者金融よりも銀行の方が低く設定されていることがわかります。

なお、審査や借入をする限度額によって適用される金利は変わってきますので、その点も考慮しておきましょう。

※下記のコースは金利が異なります。
au限定割 誰でもコース(1.38%~17.4%)au限定割 借り換えコース(0.98%~12.5%)

金利を低く抑える方法は?

お金を借りる際の金利を低く抑える方法として、下記が挙げられます。

金利を抑えるコツ
  • 銀行からの融資を検討する
  • ろうきんも視野にいれる
  • 消費者金融から借りて短期間で返済する

銀行から借りる

銀行から借りる

銀行カードローンの金利は、上限でおよそ年14.5%前後です。消費者金融のカードローンよりも上限金利が低く設定されていることが一般的です。

ただし、消費者金融と違い基本的に即日融資は受けられないこと、金利がかからない0円期間がないことなどがデメリットとして挙げられます。

長期間に渡って融資を受ける場合は、銀行の方が上限金利が低めなので適しているといえるでしょう。

ろうきんから借りる

円ろうきんとは、労働組合がメインとなり組織されている福祉金融機関で、融資も提供しています。下記表に、主なろうきんの金利をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

中央労働金庫 年3.875%~8.475%
近畿労働金庫 年7.900%
東北労働金庫 年6.00%~6.40%
九州労働金庫 年3.900%~11.000%
北海道労働金庫 年3.8%~9.8%

実質年率3.8%〜11.00%程度で利用できますが、利用するための条件が細かく設定されているため、契約しづらいというデメリットがあります。

消費者金融から借りて短期間で返済する

カゴから溢れるお金一部の消費者金融では、はじめて契約する人に限り一定期間金利が0円で借りられるサービスが用意されています。

 会社によって無利息期間は異なりますが、借入から最大30日間に設定されているのが一般的です。

つまり、金利0円で利用できる期間内に完済できる目処が立っているのであれば、無駄に利息をかけることなく融資を受けられます。

契約した日、もしくは融資を受けた日など金利0円期間の数え方は各社で違いますので、借りる際にはきちんと確認しておきましょう。
おすすめの消費者金融カードローンはこちら

低金利で利用したい方は借り換えも検討

借り換えとは、現在使っているカードローンよりも金利が低いものへ乗り換えることです。

利用しているカードローンの金利が高く、返済が厳しい場合は借り換えを検討してみてください。借り換えの流れは、以下の3ステップです。

借り換えの流れ
  1. 新たな契約先からお金を借りる
  2. 新たに借りた分で借り換え前に契約していた会社への借入を完済する
  3. 借り換え先の会社で完済を目指す

借り換えは利息を減らせるため、月々の返済を楽にできる可能性がある便利な方法です。しかし、借り換えをするには審査を受ける必要があるため、必ず利用できるとは限りません。

借り換えの際は、月々の返済額を減らしたいのか、返済総額を減らしたいのかも頭に入れて、申し込み先を選びましょう。

カードローンに関するQ&A

ここでは、カードローンについてよくある質問を紹介しています。疑問を解消するためにも、ぜひ参考にしてください。

おすすめの低金利カードローンはどこ?
本記事では、プロミスをおすすめしています。初めてのご利用なら最大30日間利息0円、WEB契約で最短即日融資可能なカードローンです。
最大の特徴は、「レディースキャッシング」という女性専用サービスがある点です。女性のオペレーターが対応してくれます。
最短即日融資が可能なカードローンを知りたい。
本記事で紹介しているカードローンの中では、「プロミス」、「アコム」、「アイフル」、「レイクALSA」の4つで最短即日融資が可能です。
ただし、申込状況や営業時間などの関係で、即日融資ができない場合もあります。申込前に即日融資の条件や営業時間などを調べておくことをおすすめします。
金利を低く抑える方法は?
本記事では、金利を低く抑える方法として次の3つを紹介しています。
・銀行からの融資を検討する
・ろうきんも視野に入れる
・消費者金融から借りて短期間で返済する
詳細はこちらでチェックできます。
今利用しているカードローンより低金利にする方法は?
より金利の低いカードローンに借り換えをすることで、低金利にすることが可能です。
ただし、審査を受ける必要があるため、必ず利用できるわけではありません。
また、借り換えの際は、月々の返済額を減らしたいのか・返済総額を減らしたいのかを頭に入れて、借り換え先を選びましょう。
利息0円期間があるカードローンを知りたい。
本記事で紹介しているカードローンのうち、「プロミス」、「アコム」、「アイフル」、「レイクALSA」で利息0円期間があります。
ただし、初めて利用する方のみが対象です。各社、利息が無料になる期間が異なるため、申し込む前に確認しましょう。
カードローンの審査内容は?
カードローンの審査内容は、公表されていません。そのため、どんな審査内容かを知ることはできないのです。一般的に言われているのは、「信用情報」「過去の滞納」「返済能力」の3つです。
申し込み方法は?
カードローンの申し込み方法には「電話」「WEB」「郵送」「店頭」「自動契約機」などのさまざまな方法があります。自分の申し込みやすい方法を見つけましょう。

まとめ

この記事では、低金利のおすすめカードローンについて解説しました。今回紹介したカードローンに限れば、上限金利・下限金利ともに銀行の方が低い傾向にあります。

しかし、消費者金融の中には、契約から一定期間の金利がかからないサービスがあります。金利ゼロの期間をうまく利用すれば返済額を抑えられるので、すぐに返済できるメドが立っている方にはおすすめです。

なお、今の金利が高いという方は、低金利のカードローンへの借り換えも良い手段です。出来る限り利息を抑えて利用できるよう、今回の内容を参考に知識をつけておきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事