カードローン 借り換え

カードローンを利用するにあたり、金利は重要なチェック項目です。金利は利息に大きく影響するものなので、少しでも金利が低い方が返済は楽になります。

金利が高いと悩んでいる人に検討してほしいのが、カードローンの借り換えです。借り換えで高額融資を受けられれば、今抱えている借金を1つにまとめられます。

150万円、300万円といった高額融資が受けられる可能性があります。

本記事では借り換えにおすすめのカードローンを8つ紹介します。借り換えに興味がある方はぜひチェックしてみてください。

リボ払いも借り換えすべきなのか?といった疑問も解消できますよ。
低金利なカードローンも!

借り換えにおすすめ
カードローン8選

借り換えにおすすめのカードローン8選!

借り換えを検討する場合、できるだけ金利が低いものに乗り換えるのがおすすめです。借り換えにおすすめのカードローンを8つピックアップして紹介します。

どのカードローンに借り換えをしようか迷っている方は必見です!

プロミス

プロミス

プロミスは、実質年率4.5%から17.8%という金利設定です。

 スマートフォンからの申込みで最短15秒事前審査、最短30分で融資が可能なスピード融資が特徴です。
※事前審査確認後本審査が必要となり、新規契約時点の融資額上限は50万円までです。

返済額は最終借入後の借入残高に応じて変動する「残高スライド元利定額返済方式」を採用しています。

借入後残高 返金金額 返済回数
30万円以下 お借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ) 〜36回
30万超過〜100万円以下 お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ) 〜60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ) 〜80回

例えば借入後残高が5万の場合、月々2,000円からの返済となります。

24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

またプロミス最大の特徴として、はじめての方に「借入日の翌日から30日間は無利息サービス」があります。

 他社にも「30日間無利息サービス」はありますが、「契約日の翌日」からであって、「借入日の翌日から」はほとんどありません。

少額を借りたい人にとっても、長期間借りたい人にとっても30日間無利息はとてもありがたいサービスです。

24時間365日最短10秒で振り込まれる「瞬フリ」もプロミスならではのサービスです。
金利 実質年率4.5%~17.8%
融資限度額 最高500万円
申し込み対象 原則毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満18歳以上69歳未満の方。
即日融資
資金使途 生計費に限る
担保・保証人 不要
出典

プロミス
お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは、実質年率3.0%から18.0%という金利設定です。

 三井住友銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行の口座を持っている方なら、申し込みから契約まですべてWEBで完結させられるのが特徴です。

お勤め先確認の電話などもありませんし郵送物もありません。審査で問題が発生しない限りは、メールのみで完結します。

誰にもバレずに申し込みが可能です。

WEB完結なら電話連絡なし!

SMBCモビット
WEB完結申込はこちら

SMBCグループである三井住友銀行のATMなら無料で利用できるのもありがたいメリットの1つです。

またTポイントサービスと提携しているので、「返済額のうちの利息分200円」を返済するごとにTポイントが1ポイント貯まります。

Tポイントは返済にも使用できますよ。
金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 最高800万円
申し込み対象 原則毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が20歳以上69歳以下の方。
即日融資
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要

WEB完結なら電話連絡なし!

SMBCモビット
WEB完結申込はこちら

出典
SMBCモビット「貸付条件等」
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

アイフル

アイフル

アイフルは、実質年率3.0%から18.0%という金利設定で、消費者金融系のカードローンでは利用者がトップクラスに多いです。

CM・広告で目にしているので安心というのが理由でもありますが、審査から融資まで最短1時間以内で終わるため、使いやすいのも大きな理由です。

 アイフルでは、はじめての方限定で「最大30日間の無利息サービス」を行っています。借り換え時に30日間無利息で利用できるのはとてもありがたいサービスです。

最短25分で融資可能!

アイフル
WEB申込はこちら

アイフルの特徴は『おまとめMAX・かりかえMAX』という借り換え用のサービスがある点です。

おまとめMAX・かりかえMAXとは
複数社からの借り入れをアイフル1社にまとめることで金利が低くなるプラン。月々のご返済負担を減らしたい方に向けたプランのこと

アイフルは店舗以外にもコンビニで利用可能で、スマホアプリを入れておけばカードも必要ありません。セブン銀行やローソン銀行からカードなしで借入・返済ができるので手軽に利用できます。

またアイフルのWEBサイトでは融資可能かを1秒で診断できる「1秒診断」も実施しています。

一瞬で診断できるので、審査に通るか心配な方は一度利用してみましょう。
金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 最高800万円
申し込み対象 原則定期的な収入と返済能力を有する方で、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方。
即日融資
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要

※出典:https://www.aiful.co.jp/owp/10090/

最短25分で融資可能!

アイフル
WEB申込はこちら

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは、実質年率1.5%から14.6%低めの金利設定です。横浜銀行の口座がなくても申し込みができ、借入できる限度額は最大1,000万円と高めなのが特徴です。

申し込みできる人は住居と勤務地が制限されています。そのため借り換えできる人の幅は狭いといえるでしょう。

以下の表の「申し込み対象」の欄に記している地域にお住まい・勤務している場合は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。
提携ATM利用手数料いつでも0円

横浜銀行カードローン
お申し込みはこちら

金利 実質年率1.5%~14.6%
融資限度額 最高1,000万円
申し込み対象

ご契約時満20歳以上69歳以下で安定した収入のある方およびその配偶者の方(学生不可)。

神奈川県内全地域・東京都内全地域・群馬県前橋市、高崎市、桐生市にお住まいまたはお勤めの方。

保証会社の保証を受けられる方。

即日融資 ×
資金使途 原則自由(事業資金以外)
担保・保証人 不要

出典:https://www.boy.co.jp/kojin/card-loan/yokohama/index.html

提携ATM利用手数料いつでも0円

横浜銀行カードローン
お申し込みはこちら

オリックスVIPローン

オリックスVIPローン

オリックスVIPローンは、実質年率3.0%から14.5%という金利設定で、審査は最短60分、WEBで完結、即日融資可能と、かなり利用しやすいカードローンです。

 3.0%から14.5%と上限の金利が低いので、借り換え先として利用する方も多いです。

提携CD・ATMは約173,000台あるので、どこでもすぐに利用できます。

 ただじ申し込み対象の条件が年収400万円以上のため、利用者は限定されます。

他の特徴としてオリックスVIPローンには会員限定のサービスがたくさん用意されています。

VIPローンカードならオリックスグループが展開するレンタカーやホテルが優待価格で利用できます。
金利 実質年率3.0%~14.5%
融資限度額 最高800万円
申し込み対象 日本国内に居住し、お申し込み時20歳以上65歳未満で年収400万円以上の方
即日融資
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要

※出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vipfree/

楽天銀行 スーパーローン

楽天銀行スーパーローンLP

 

楽天銀行カードローンの金利は、実質年率1.9%から14.5%です。楽天銀行の口座がなくても利用可能で、借入・返済ともに普段の口座を選択できます。

 提携するコンビニATMの手数料が0円なので、気軽に利用できる点も特徴です。
※一部利用できない時間帯・利用手数料が発生する場合がございます。

楽天銀行スーパーローンでは、期間限定で金利割引などのキャンペーンを実施している場合があります。借り換えを検討する場合には公式ページをチェックしてみて下さい。

金利 実質年率1.9%~14.5%
融資限度額 10万円〜800万円
申し込み対象 申し込み時に満20歳以上満62歳以下で、日本国内に居住しており安定した定期収入がある方(外国籍の方は永住権または特別永住権をお持ちの方)。保証会社の保証を受けられる方。
即日融資 ×
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要

※出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは、実質年率1.7%から17.8%という金利設定です。利用できるATMは全国に10万台以上ありますので、使い勝手も良いです。

 返済額は月々3,000円からとなっており、少ない負担で返済できます。

オリックス銀行カードローンの大きな特徴といえるのが、カードローンに保険を付帯していることです。

ガン保障特約付きプランでは、死亡・高度障害、またはガンと診断された場合は借入残高が0円になります。

体調を崩してしまった場合も安心して利用していきたい人は、ぜひ借り換えを検討してみてください。
金利 実質年率1.7%~17.8%
融資限度額 最高800万円
申し込み対象 原則毎月安定した収入のある方で、申込時の年齢が満20歳以上69歳未満の方、かつ日本国内にご在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)。
即日融資 ×
資金使途 原則自由(事業性資金を除く)
担保・保証人 不要

※出典:https://www.orixbank.co.jp/personal/cardloan/

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、実質年率2.0%〜14.0%と銀行ならではの金利設定が特徴です。

 メガバンクが提供するものだけに信頼性も高く、かつ低金利のため借り換えには適しています。

みずほ銀行キャッシュカードを既に持っている方は、キャッシュカードにローンカード機能を付け加えられます。カードが増えることもないため、財布の中身もすっきりさせられます。

金利 実質年率2.0%~14.0%
融資限度額 10万円~800万円
申し込み対象 契約時に満20歳以上満66歳未満で、継続して安定した収入が見込める人。かつ、保証会社の保証を受けられる人。
即日融資 ×
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/retail/products/loan/card/index.html

おすすめ人気カードローンの審査・融資スピード比較ランキング

今まで挙げてきたカードローン8社の中から、審査・融資のスピードが早いランキングをご紹介します。

1SMBCモビット

SMBCモビット

審査・融資スピード
  • 審査最短30分※1
  • 融資まで最短3分※2

※1公式サイトの文言より。
※2公式サイトの文言より。

WEB完結なら電話連絡なし!

SMBCモビット
WEB完結申込はこちら

2アイフル

アイフル

審査・融資スピード
  • 審査最短25分
  • 融資最短25分

最短25分で融資可能!

アイフル
WEB申込はこちら

3プロミス

プロミス

審査・融資スピード
  • 審査最短30分
  • 融資最短30分

消費者金融系のカードローンは自社のみで審査を行って融資ができるので、早い傾向があります。

 審査から融資まで最短30分も珍しくありません。

銀行系のカードローンは信用保証会社の審査も必要なため時間がかかります。基本的には翌日以降と考えておくとよいでしょう。

24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

速さだけで選ぶなら消費者金融系のカードローンになります。

借り換えの基本情報!リボ払いも借り換えすべき?

借り換えの基本情報!リボ払いも借り換えすべき?

借り換えとは、現在使っているカードローンよりも低金利のものへ乗り換えることを一般的に指します。

 金利が高くて、返済が苦しい場合に活用できるサービスのひとつです。

借り換えをする際、次の流れで進みます。

借り換えの基本的な流れ
  • 新たにお金を借りる
  • 新たに借りた分で借り換え前に契約していた借入れを完済する
  • 借換え先で完済を目指す

借り換えの仕組みは、非常にシンプルです。新たに借りたお金を使って現在契約中のカードローンを完済し、借り換え先でお金を返済していきます。

複数のローンを借り入れているときに一本化するおまとめローンも借り換えのひとつです。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

リボ払いも借り換えすべき?

クレジットカードのリボ払いも借り換えの対象です。少額である場合は問題ないですが、複数のカードでリボ払いを利用している場合は借り換えがおすすめです。

リボ払いで100万円の負債があるケースでは、多くの場合、100万円に実質年率18.0%の利息が発生します。これを銀行カードローンなどで借り換えれば、実質年率15.0%以下になり利息を抑えられることが望めます。

上記のように、今よりも利息を抑えられるのであればリボ払いでも借り換えを実践すべきだといえるでしょう。

借り換えのメリットを3つ紹介!

借り換えをする主なメリットに、次の3つが挙げられます。

借り換えのメリット
  • 金利を下げられる
  • より使い勝手の良いものを利用できる
  • 現在よりも利用できる金額を上げられることも望める

金利を下げられる

借り換えのメリットを3つ紹介!

借り換えをする大きなメリットといえるのが、現在よりも金利を下げられることです。金利が低くなると利息が少なくなるため返済が楽になります。

金利による利息分は返済額に加算されるので、積み重なると結構な金額になってしまいます。

利息が下がると毎月の返済が楽になりますので、より完済への道が開けるでしょう。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

より使い勝手の良いものを利用できる

各カードローン商品で、使い勝手は異なります。

ローンによって内容が異なる主な項目
  • 借入方法
  • 返済方法
  • 公式アプリの有無

借入・返済方法については、インターネットや提携ATM、口座振込などが一般的です。

 各社で提携ATMには違いがありますので、身近にあるものに対応していればより楽に利用できます。

最近では公式アプリをリリースしているものも少なくありません。利用予定のカードローンにアプリがあるかどうか確認してみましょう。

公式アプリでは利用状況の確認や返済日の通知、カードレスでのATM利用などが可能ですよ。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

現在よりも利用できる金額を上げられる

借り換えのメリットを3つ紹介!

現在150万円の借り入れをしている方が、借り換えで200万円の融資を受けられる可能性も考えられます。もちろん審査に通過する必要はありますが、借入額よりも多く借り換えできればマネーフローに余裕ができます。

借り換えで返済の負担が増えないかしっかりと確認を行い計画的に借り換えを進めましょう。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

借り換えにデメリットはある?

借り換えにはメリットだけでなくデメリットもあります。借り換えの主なデメリットは、次の2つです。

借り換えの主なデメリット
  • 再審査を受ける必要がある
  • 使い勝手が変わるため戸惑うケースもある

再審査を受ける必要がある

再審査を受ける必要がある

借り換えをするには、もう一度審査を受けて通過しなければいけません。借り換えの審査も通常の申し込みと特に変わらず、次の4つがチェック項目として考えられます。

主なチェック項目
  • 信用情報
  • 返済能力
  • 他社からの借入状況
  • 本人の属性

契約を結ぶにあたり、貸す側は貸し倒れのリスクを懸念すると考えられます。

安定した収入が継続していることや、過去に金融事故を起こしていないかなどが重要な審査項目になると予想できます。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

使い勝手が変わるため戸惑うケースもある

借り換えにデメリットはある?

きちんと借り換え先を調べたうえで利用しないと、逆に使い勝手が今よりも悪くなり、戸惑うケースもあります。

 使い勝手が悪く、返済が滞ってしまっては借り換えした意味がありません。

借り換え先のカードローンの公式ホームページなどで、提携ATMなどを含めた返済方法を調べてから、借り換えを検討すると良いでしょう。

借入や返済方法など、自分のライフスタイルに合っているか否かは重要なチェック項目です。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

借り換えの審査は甘い?審査に通るコツは?

借り換えをするには再び審査を受けなければいけません。属性によっては借り換えの審査に通らないこともあるでしょう。

審査内容については公表されていないため、はっきりとしたことはいえません。ここでは、審査に通過するために大切だといわれているポイントを3つ紹介します。

借り換えの審査に通過するためのポイント
  • 延滞せずにきちんとルールを守る
  • 勤続年数は長い方がベター
  • 総量規制に引っかからないかを確認する

延滞せずにきちんとルールを守る

借り換えの審査は甘い?審査に通るコツは?

今までの利用履歴は、審査において重視されるといわれています。きちんと返済期日を守り、ルールに従って利用し続けられる人は、カードローン会社にとってもそれだけ信用できる人だと考えられます。

信用できる人物であると証明するためにも、返済は滞りなく行うように意識しましょう。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

勤続年数は長い方がベター

借り換えの審査は甘い?審査に通るコツは?

審査において勤続年数は重要なチェック項目だといわれています。長く勤務していることは、その人の人間性は真面目であると判断してもらえる要素となり得るからです。

勤務期間が長いと収入が安定している傾向があり、さらに信用にも良い影響を与えることが予想できます。

勤続年数がどれくらいあれば適切かなどは決められていませんが、ひとつの基準として1年以上であれば好ましいと考えられます。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

総量規制に引っかからないかを確認する

借り換えの審査は甘い?審査に通るコツは?

総量規制とは、基本的に年収の3分の1を超えては借り入れできないという貸金業法で定められている規制です。総量規制は法律で決まっていることなので、違反していれば審査以前の問題となります。

総量規制は貸金業者が対象なので銀行カードローンは関係ありませんが、銀行でも同じようなルールで審査を行っているともいわれており、総量規制ギリギリだと審査で不利にはたらく可能性はゼロとはいえないでしょう。

ご自身の借入額の年収に対する割合は常に把握しておくようにしましょう。

24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

借り換えを利用すべき人としない方が良い人の違いは?

借り換えは、カードローンを組んでいる全ての人におすすめできるわけではありません。ここでは、借り換えすべき人とすべきでない人の主な特徴について、それぞれ解説していきます。

借り換えすべき人の3つの特徴

借り換えを利用すべき人としない方が良い人の違いは?

借り換えすべき人とそうでない人の主な特徴は次の3つです。

借り換えを検討すべき人
  • 今使っているローンの金利が高いと感じている
  • サービス内容に不満を抱えている
  • 利用限度額が少なくて悩んでいる

今契約しているカードローンの金利が高いと考えている人や、サービスに不満があったり使い勝手が悪いと感じていたりする人は、新たに審査を受けて借り換えを検討すべきです。

利用限度額が少なくて悩んでいる場合にも、利用限度額が多いカードローンに借り換えを検討すると良いでしょう。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

借換すべきでない人の2つの特徴

借り換えを利用すべき人としない方が良い人の違いは?

次の2つの特徴にあてはまるなら、借り換えをするのは控えた方が良いでしょう。

借り換えをするべきでない人の特徴
  • キャンペーンや特典目的
  • 利用履歴が悪い

カードローン各社では、お得なキャンペーンを開催している場合があります。

 消費者金融などで行われていることの多い一定期間の無利息キャンペーンは魅力的に思えますが、キャンペーン期間を過ぎれば通常の金利に戻ります。

今まで契約していたカードローンの方が低金利だった、ということにもなりかねないので注意しましょう。

また、延滞の履歴があるなど利用履歴が悪ければ、審査に通らない確率が高くなるといわれています。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

まとめ

この記事では、カードローンの借り換えについて、方法や借り換えにおすすめのカードローンを含めて解説しました。

借り換えの方法はとてもシンプルです。新たに低金利のカードローンでお金を借り、そのお金で今まで契約していたカードローンを完済するだけです。

借り換えをすると、現在利用している適用金利よりも低くでき、毎月の返済が楽になります。しかし借り換えは新たに契約を結ぶ仕組みであるため、再審査を受けなければいけません。

借り換えのメリットや注意点をしっかり理解して、月々の返済を楽にしましょう。
24時間いつでも振込可能!

プロミスの申込はこちら
WEBで完結

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事