ビットコイン3つの換金方法|仮想通貨を現金化する時の注意点

ビットコインを日本円に変換するとき3つの方法があるのをご存知でしょうか?「ビットコインからどうやって現金化していいかわからない」「換金すべきタイミングがわからない」とお悩みの方も多いと思います。

この記事ではビットコインを現金化する方法やベターなタイミングについて解説いたします。

この記事を読みながらぜひ出金をしてみて下さい。

ビットコインの3つの換金方法

仮想通貨 換金・現金化の方法

ビットコインを現金化したいとき、換金方法は大きく分けて以下の3つがあります。

ビットコインの3つの換金方法
  • 取引所での換金
  • 販売所での換金
  • ビットコインATMでの換金

取引所での換金

1番ポピュラーな換金方法が、取引所での換金です。取引所で指値注文で売却するのが、最も損がない換金方法でしょう。

指値注文とは?
売買価格を指定して注文する方法です。「いくらでもいいのですぐに売買」するのを成行注文と言います。

取引所はユーザー同士で売買するので、手数料が少額です。また指値注文なら、自分の指定した額で売買できるので、できるだけ高く売ることができます。

 取引所は購入したい人がいなければ売れません。

ビットコインのような流動性の高いコインであれば、そのような心配はほぼありませんが、マイナーコインであれば売る相手がいないことも起こりえます。

そんな時は販売所で換金しましょう。

販売所での換金

ビットコインの3つの換金方法

2つ目の換金方法が販売所です。販売所は仮想通貨の業者相手に売買をするところです。

手軽に売買できる反面、販売所はスプレッドが広く設定されているので、実際の価格よりも安く売ることになり損をしてしまいます。基本的には取引所で換金する方が良いでしょう。

 ただし取引所で売る相手がいなかった時に販売所は活躍します。

例えばビットコインの量が多すぎて売りきれない時に使用できます。

スプレッドとしてかなりの手数料はとられてしまいますが、必ず購入してくれるので応急処置として利用するとよいでしょう。
スプレッドが狭い取引所はこちら!

スプレッドが狭い・安い仮想通貨取引所6選を紹介!

ビットコインATMで換金

ビットコインの3つの換金方法

3つ目の換金方法がビットコインATMを利用することです。日本では馴染みがありませんが、世界中にはたくさんのビットコインATMが存在しておりBTCの購入・売却・取引・出金などが可能です。

 ビットコインATMは、「換金時間が制限されないこと」と、「設置している国の法定通貨を受け取れる」のがメリットです。

銀行送金は時間や曜日が限定されてしまいますが、ビットコインATMなら24時間365日お金の換金が可能です。またビットコインATMを使うと、売却した国の法定通貨を受け取れるので両替の必要がありません。

例えばアメリカに設置されたビットコインATMを使用すれば、ビットコインから米ドルで出金可能です。

 デメリットは「取引所の手数料より高くなってしまうこと」で3%〜10%ほどかかります。

また本人確認作業が必要なので設定に少し時間がかかるのがデメリットです。

ATMでの換金方法流れ
・STEP1:本人確認を行う
・STEP2:売却するビットコインの数量を入力
・STEP3:ウォレットアドレスをQRコードで読み込む
・STEP4:売却処理を行う

ビットコインATMでの換金方法は上記のようになっています。なお、ビットコインATMの設置場所は『Coin ATM Radar』のサイトから確認可能です。

2021年9月現在、国内では東京新宿の一箇所しかありません。過去には大阪や福岡など主要都市に設置されていましたが、今は撤去されております。

ビットコインのまま決済も可能!

ビットコインの3つの換金方法

特殊な方法として換金せずにビットコインのまま決済をする方法もあります。最近ではビックカメラやコジマ・ソフマップ・ヤマダ電機など一部の家電量販店ではビットコイン決済を導入しました。

 またビットコインデビットカードを利用する方法もあります。

通常ビットコイン決済ができない店でも、ビットコインデビットカードなら、ビットコインを法定通貨に換算して決済可能です。ウォレット型とプリペイド型の2種類があり、プリベイト型はカードにチャージして決済を行います。

出典:Zaif「ビットコイン(bitcoin)のデビットカードとは?」

取引所でビットコインから円に換金する方法

1番オーソドックスな仮想通貨取引所での換金方法を紹介します。まずは保有しているビットコインを円に換金しましょう。そのあと円を銀行口座に送金してください。

ここでは取引所ビットフライヤーの画面を例に解説していきます。

BTC/JPYペアで換金する(販売所を利用した場合)

取引所でビットコインから円に換金する方法

「販売所」で換金する場合は、左の『販売所』を選択しましょう。

 

取引所でビットコインから円に換金する方法

上部から「BTC/JPY」を選択しましょう。そのあと「売る」をクリックします。

 

取引所でビットコインから円に換金する方法

ビットコインを売る数字を入力して、最後に「売り注文に進む」をクリックしましょう。これで日本円に換金完了です。

BTC/JPYペアで換金する(取引所を利用した場合)

取引所でビットコインから円に換金する方法

取引所を利用して換金する場合は、『bitFlyer Lightning』をクリックしましょう。

 

取引所でビットコインから円に換金する方法

画面の赤枠部分をクリックして、「BTC/JPY」を選択しましょう。

 

取引所でビットコインから円に換金する方法

換金したいビットコインの「数量」と「価格」を入力しましょう。上記画像だと「1BTC=478,767円」の時に「0.01BTC」を売ります。予想価格が「47,858円」で、手数料に「0.000015BTC」かかります。

数量と価格を入力したら「売り」をクリックしましょう。これで注文完了です。約定されれば円に換金されます。

ただし仮想通貨取扱い業者の大半は、取引所でのマイナーコイン売買ができないようになっています。

日本円を銀行口座へ送金して現金化する

日本円に換金したら、次は銀行口座へ送金して現金化しましょう。

 

入出金をする

 

「入出金」を選択してください。

 

出金

画面左から「日本円」を選択したあと、赤枠の「出金」を選びましょう。

登録した銀行口座を選択してください。

 

出金額

 

出金額を入力して「出金」すれば完了です。14時30分より前に出金申請をした場合、当日または翌営業日中に手続きが行われます。(bitFlyerの場合。時間は取引所により異なります。)14時30分以降の申請は翌々営業日になります。

以上でビットコインから日本円の換金、実際に行う際はそれぞれ取引所の公式で確認しましょう。

ビットコイン換金時の注意点

ここではビットコイン換金時に気をつけるべきポイントを2つ紹介します。

ビットコインの換金時に気をつけるべきこと
  • ビットコインの出金手数料
  • 換金時の税金について

ビットコインの出金手数料

ビットコイン換金時の注意点

販売所や取引所ではスプレッドや手数料が必要でしたが、出金時にも手数料は必要です。

以下は各取引所の出金手数料です。登録する際に参考にしてみてください。

取引所 出金手数料
Coincheck 407円〜
DMMビットコイン 0円
bitFlyer 220円〜
GMOコイン 510円〜
BitPoint 0円
bitbank 550円/770円(3万円以上)

換金時の税金について

ビットコイン換金時の注意点

ビットコインから円に換金して利益がある場合、税金が発生します。

 出金時ではなく、利確時点で税金が発生するので注意しましょう。ポジション保有中は税金はかかりません。

円にした段階で税金が発生すると勘違いしがちですが、他のコインに換金した場合でも利益が出ていれば税金がかかります。例えばビットコインからリップルに換金した時に利益が出ている場合などです。

税金が発生したら必ず確定申告を行いましょう。会社員は20万円以上の利益が出た場合、扶養に入っている人は33万円以上の利益が出た場合、フリーランス・個人事業主は利益の額に関わらず確定申告が必要になります。

 仮想通貨は雑所得扱いです。

雑所得は総合課税で給料や他の収入と合わせて税率が決定します。

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

出典:国税庁「No.2260 所得税の税率」

ちなみにマイニングで仮想通貨を取得した場合にも税金がかかります。

マイニングとは?
ビットコインはブロックチェーン上での「お金の取引データ」が承認されて初めて送金が完了する仕組みです。この承認作業がマイニングです。

仮想通貨誕生前は銀行や国がお金の管理をし、承認してお金の取引が行われていましたが、仮想通貨はユーザー同士で分散して管理し承認作業をしています。

マイニングの作業はPCで行い参加することで報酬としてビットコインが受け取れます

マイニングで使用したPC代や電気代は経費として申告可能です。

換金のベターなタイミング

ビットコインから円に換金するタイミングはいつが良いでしょうか?ベストは一番価格が高い時ですが、今の価格が一番高いかどうかは誰にも分かりません。

そこで換金するのに比較的良いタイミングであるベターなタイミングを解説します。

仮想通貨の換金タイミング

ビットコイン換金のベターなタイミング
  • ビットコインに関するニュースや動向があった時
  • トレンド分析して下降トレンドの前に売る
  • 購入時点で売却タイミングを決めておく

ビットコインに関するニュースや動向があった時

仮想通貨は「ニュースや政治経済」「コインのアップデート」「イベント」「インフルエンサーの発言」などが価格に反映しやすい性質を持っています。

最近では2021年の6月にエルサルバドルでビットコインを法定通貨にする案が可決されました。これにより相場は一気に上昇しています。ビットコインからビットコインキャッシュが誕生したときも上昇しました。

 ビットコインに関わるニュースがあると価格変動が起こりやすいです。

投資の世界ではファンダメンタル分析という分析方法があり、よく使用されます。

ファンダメンタル分析とは?
企業の業績や活動内容、ニュースなどから将来の価格を予想することです。

仮想通貨でもファンダメンタル分析は有効です。これらのニュースを見逃さないようにアンテナを張っておき価格が下がる前に換金しましょう。

トレンド分析して下降トレンドの前に売る

換金のベターなタイミング

相場は上昇トレンド・レンジ・下降トレンドと大きく分けて3つの動きがあります。テクニカル分析をして相場の動きを読み、下降トレンドになる前に換金するのもおすすめです。

移動平均線やMACD、ボリンジャーバンドなどを利用して自分の勝ちパターンを見つけて売却しましょう。
テクニカル分析も可能!使いやすいアプリはこちら

仮想通貨(暗号資産)おすすめアプリランキング|初心者向け

購入時点で売却タイミングを決めておく

3つ目は購入時点で売却タイミングを決めておくことです。前述したようにビットコインが高騰して最高値の価格で売買できればそれがベストタイミングですが、相場状況を完璧に読むのは困難です。

 「もう少し上がるかもしれない」と欲がでて待っていたら下がってしまうのは珍しくありません。逆に早めに利確をしたら、そのあと上昇が止まらずATHしたなんてこともよくあります。

なので最も良い方法は購入の注文段階で売却地点を決めておくことです。そうすればベストとまではいかなくとも、毎回ベターな換金が可能です。

たまたまベストなタイミングで売却できることはありますが、偶然に近いもので再現性はありません。

 それなら毎回安定してベターを選ぶ方が長期的に見て得策なのです。

「○○%上昇したら利確する」「○○日経ったら利確する」など自分なりのルールを設定するとよいでしょう。

購入と同時に売りの指値注文をしておくのもオススメです。

おすすめの仮想通貨取引所6選

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
bitFlyer
GMOコイン
BITPOINT
ビットポイント
bitbank
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
bitflyer
GMOコイン
BITPOINT
bitbank
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料

Maker:-0.02%
Taker:0.12%
(一部銘柄を除く)

販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
2倍
なし
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

500円〜
0.00000001BTC~

0.0001BTC~
取引通貨数
17種類
15種類
15種類
20種類
11種類
13種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント
-

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 取引所の取引手数料0円で低コスト
  • 取り扱い通貨数は国内最多の17種類※公式より
  • 人気のビットコインが500円から買える
  • 最短1日で取引スタート
  • 積立や貸仮想通貨サービスなど取引方法が豊富

Coincheckは、500円からビットコインが購入できる、仮想通貨初心者でも取引しやすい取引所です。

 取り扱いのある仮想通貨の種類が17種類と国内取引所の中でも豊富です。

初心者のうちはビットコインで取引をし、慣れてきたら他の通貨にチャレンジもできるので、長く利用しても物足りなさを感じにくいでしょう。

また、月々1万円からつみたてが利用でき、取引のタイミングがいまいち分からないという初心者でも安心です。

取引はまだ怖いという人でも、仮想通貨で安定して利益を得られる「貸仮想通貨サービス」というサービスもあります。
取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

【販売所手数料】

  • 取引手数料:無料
  • 手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

※出典:公式サイト

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら口座開設完了で全員即時2,000円プレゼント
    ※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 取引手数料や暗号資産送付手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 口座開設は最短1時間以内に完了
  • 決めた瞬間ワンタッチでスピード注文可能

DMM Bitcoinは、取引手数料や暗号資産送付手数料が無料で、コストをなるべくかけずに取引できる取引所です。
※BitMatch取引手数料を除く

 口座開設は最短1時間以内で、取引開始までが大変スピーディーに行えます。

取引ツールは使いやすく、特にスマホアプリはパソコンとほぼ同等の機能が搭載されています。

仮想通貨取引で利益を出すためには迅速な対応が求められる場面があるので、スマホアプリが充実しているのは大きなメリットです。

サポートも土日を含めた365日対応しているので、万が一のトラブルにも安心です。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料
    ※BitMatch取引手数料を除く

※出典:公式サイト

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 口座開設と1万円以上の入金で、3,000円相当のJMYがもらえる
  • 各種手数料が完全無料
  • エイダ(ADA)・トロン(TRON/TRX)・ジャスミー(JASMY/JMY)を国内で唯一取扱い※1
  • シンプルで使いやすいスマホアプリ
  • 500円から購入でき初心者にやさしい

 

ビットポイントは、PCブラウザ・アプリともにインターフェイスがシンプルで、初心者でも使いやすい取引所です。

取引手数料・即時入金手数料・暗号通貨の入出金手数料などが全て無料。そのため、余計なコストを省いた仮想通貨取引が可能になっています。

 また、トロンやジャスミーなど、ほかでの取り扱いが無い通貨を、売買できるメリットもあります。

そのため、これらの仮想通貨を購入するために、口座開設する価値があるでしょう。さらに、初心者に使いやすい点もビットポイントの特徴と言えます。口座開設が非常に簡単な上に、500円から仮想通貨を購入可能です。

取扱数 12種類
口座開設スピード 最短翌日
手数料(税込) 取引手数料:無料
入金手数料:無料
出金手数料:無料
入出庫手数料:無料

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT公式
※1 2022年4月時点

BITPOINTの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 国内最大級の仮想通貨(暗号資産)取引所※1
  • 100円からの少額取引が可能
  • 最短即日で口座開設&取引スタート可能※2
  • T-POINTをビットコインに交換できる

bitFlyerはアカウント作成や維持など、さまざまな手数料が無料で利用できる取引所です。

 T-POINTをビットコインに交換できるサービスを提供しているのが大きな特徴です。

日頃からT-POINTを貯めている人に特におすすめの取引所と言えるでしょう。100円という少額から取引を始められるので、仮想通貨に興味はあるけれど余裕資金が少ないという人でも安心して利用できます。

アプリもシンプルで使いやすいため、初心者でも続けやすいでしょう。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • アカウント作成手数料:無料
  • アカウント維持手数料:無料
  • 販売所全通貨売買手数料:無料
    ※別途スプレッドがあります。
  • ビットコインFX取引手数料:無料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
  • ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典
bitFlyer公式サイト
さまざまな手数料が無料

※1~3
※1 公式サイトの文言より。Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 クイック本人確認を利用した場合(審査状況によっては時間を要する場合があります)。

 

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 各種手数料が無料
  • 東証一部上場GMOインターネットグループが運営
  • 安心して取引できる堅牢なセキュリティ
  • 取引スタイルに合わせて選べるサービス
  • 最短10分で取引可能

GMOコインは、即時入金手数料や出金手数料、取引手数料(販売所)などの各種手数料が無料です。

東証一部に上場するGMOインターネットグループが運営しており、コールドウォレット管理やマルチシグ対応、サイバー攻撃対策など堅牢なセキュリティ・管理体制となっています。

ビットコインイーサリアムはもちろんのこと、ステラルーメンやオーエムジー、エンジンコインポルカドットなど17種類の仮想通貨を取り扱うため、幅広い取引が可能です。

 販売所・取引所・仮想通貨FXの3つの取引スタイルから選択できます。

最短10分で口座開設・取引開始できるため、急いでいる方でも安心です。

取引スタイルに合わせてサービスを選びたい方におすすめです。
取扱数 17種類
口座開設スピード 最短10分
手数料(税込)
  • 即時入金手数料:無料
  • 暗号資産送付手数料:無料
  • 出金手数料:無料
  • 取引手数料(販売所):無料
  • 取引手数料(取引所:現物):Maker-0.01%、Taker0.05%
  • 暗号資産FX(取引手数料、ロスカット手数料):無料
  • 暗号資産FX(レバレッジ手数料):建玉ごとに0.04%/日

出典:https://coin.z.com/jp/

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • 即時入金手数料が無料
  • 仮想通貨の入出金手数料が無料
  • 人気のアルトコインを取り扱う
  • スマホアプリ・PCツールが使いやすい
  • 最短即日で口座開設完了

BITPOINTは、ベーシックアテンショントークントロンジャスミー、チェーンリンク、ディープコイン、エイダなど、ビットコインはもちろんのこと注目を集めるアルトコインでも取引ができます。

現物取引や仮想通貨の貸し出し、仮想通貨による入出金が可能です。

 現物取引の取引手数料や日本円の即時入金、仮想通貨の預入・送付手数料は無料です。

BITPOINTのスマホアプリは、シンプルで使い勝手が良いため仮想通貨投資初心者でも安心して利用できます。

PCツールは、TrdingViewを利用して高度な分析ができます。

最短即日で口座開設ができるため、すぐに取引を始めたい場合でも安心です。

BITPOINTは、人気のアルトコインで取引をしたい方におすすめです。
取扱数 12種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • 取引手数料:無料
  • 即時入金手数料:無料
  • 仮想通貨入金手数料:無料
  • 仮想通貨送付手数料:無料
  • 日本円入金手数料:実費分負担
  • 日本円出金手数料:実費分負担

出典:https://www.bitpoint.co.jp/

bitbank

bitbankのおすすめポイント
  • 日本円・仮想通貨入金手数料が無料
  • 安心・安全のセキュリティ
  • 人気のアルトコインなど13種類取り扱う
  • ワンタップで購入可能
  • 高機能取引ツールが使える

bitbankは、日本円と仮想通貨の入金手数料が無料です。平日・土日24時間リアルタイムで日本円の入金ができるため、急いで口座に入金したい場合も安心です。

 オフラインのコールドウォレット管理やマルチシグ対応など、第三者機関に国内No.1()と認められたセキュリティで利用者の資産を守ります。

チェーンリンクやステラルーメン、クアンタム、ベーシックアテンショントークン、モナコインシンボルなど人気のアルトコインを含む全13種類の仮想通貨で取引が可能です。

スマホアプリはワンタップで仮想通貨を購入でき、PCツールは60種類以上のテクニカル指標を搭載していて、高度な相場分析ができます。

bitbankには販売所と取引所があり、販売所のスプレッドは業界最狭水準です。

セキュリティを重要視したい方におすすめです。

公式サイトより

取扱数 13種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)
  • 日本円入金手数料:無料
  • 仮想通貨入金手数料:無料
  • 日本円出金手数料:550円/770円(3万円以上の場合)
  • ビットコイン出金手数料:0.0006BTC

出典:https://bitbank.cc/

仮想通貨(暗号資産)に関する独自アンケート調査

ここでは、仮想通貨(暗号資産)に関する独自アンケート調査の結果について紹介します。

アンケートの調査項目は、次の2点です。

アンケート調査項目
  • 開設した国内仮想通貨取引所の口座数は何社ですか?
  • メインで利用している国内仮想通貨取引所はどれですか?

調査結果を知ることで、口座開設の傾向や人気の仮想通貨取引所がわかります。それぞれの調査結果について詳しく見ていきましょう。

アンケート調査結果のサマリー

  • 口座開設数は54.3%が1社、45.6%が複数社
  • 複数口座を開設すると各取引所の強みに合わせて使い分けができる
  • メイン利用の取引所はbitFlyerとコインチェックがそれぞれ20%超

Q.開設した国内仮想通貨取引所の口座数は何社ですか?

仮想通貨(暗号資産)取引所 口座開設数

アンケートの回答結果(内訳)
口座開設した仮想通貨取引所の数 割合
1社 54.3%
2社 26.9%
3社 11.0%
5社以上 5.0%
4社 2.7%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「開設した国内仮想通貨取引所の口座数」は、回答者の54.3%が1社と答えています。一方、複数社と答えた回答者は45.6%です。5.0%の方は5社以上開設しています。

アンケート結果を見て「仮想通貨取引所の口座は1人1つではないの?」「なぜ複数の取引所で口座開設をするの?」など疑問をもった方も多いのではないでしょうか。

まず、仮想通貨取引所の口座は「1人◯口座まで」といった決まりはありません

そのため、「コインチェックとGMOコイン」「コインチェックとDMM Bitcoin、bitFlyer」など、複数社の口座を開設できます。

 多くの方が複数口座を開設するのは、「各仮想通貨取引所の強みを使い分けて取引ができる」からです。

たとえば、コインチェックとGMOコイン、bitFlyerの3社で口座開設をした場合、それぞれ以下の特徴を活かして使い分けができます。

コインチェック
  • 取引所の取引手数料が無料
  • 500円からビットコインを購入できる
  • 取引ツールが使いやすい
  • 積立投資ができる
GMOコイン
  • 取扱銘柄は全17種類
  • 販売所・取引所・FXの取引が可能
  • 最短10分で取引を開始できる
  • 堅牢なセキュリティ
bitFlyer
  • 1円から取引が可能
  • 最短10分で口座開設
  • Tポイントをビットコインに交換可
  • 各種手数料が無料

各仮想通貨取引所の手数料や価格、キャンペーンなどをその都度比較し、有利な条件を選んで取引ができます。

また、各取引所が提供する情報をチェックできるため、多角的な視点で相場分析が可能です。

このように、各取引所の強みを使い分けて取引ができるのが複数口座開設の魅力です。

現在は「1社」と答えた方も、数カ月して2社3社と口座を増やす可能性があります。

Q.メインで利用している国内仮想通貨取引所はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)また、過去に取引を行っていた方は当時メインで利用していたものをお選びください。

仮想通貨(暗号資産)取引所 メイン

アンケートの回答結果(内訳)
メインで利用中/利用していた取引所 割合
bitFlyer 26.9%
コインチェック(Coincheck) 21.0%
GMOコイン 17.4%
DMM Bitcoin 11.9%
BITPoint 3.7%
楽天ウォレット 3.7%
bitbank 3.2%
SBI VC トレード 3.2%
LINE BITMAX 0.9%
Zaif 0.9%
その他 7.3%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「メインで利用している仮想通貨取引所」は、bitFlyerとコインチェックが20%を超えています。

bitFlyerは回答者のおよそ4人に1人、コインチェックはおよそ5人に1人がメイン口座として利用しています。

bitFlyerって?

 

bitFlyerは、ビットコインやイーサリアム、リップルなど15種類の仮想通貨を1円から取引ができます。

販売所の売買手数料やビットコインFXの取引手数料などは無料です。

優れたセキュリティ体制で業界最長となる7年以上ハッキング0)の実績があり、安心して利用できる取引所ではないでしょうか。

 Tポイントをビットコインに交換したり、ビットコインがキャッシュバックされるクレジットカードが発行できるなど、他にはないサービスを提供しているのが特徴です。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyer 公式サイトより

コインチェックって?

コインチェック

コインチェックは、ビットコインを始め、クアンタムやリップル、エンジン、ネム、オーエムジー、モナコインなどのアルトコインで取引が可能です。

 全17種類の仮想通貨を取り扱っており、国内No.1です。

取引所の取引手数料は無料です。電気料金やガス料金の支払いにビットコインが使えるサービスや月々1万円から積立投資もできます。

このような特徴から、bitFlyerやコインチェックをメインで利用する方が多いことが考えられます。

利用する仮想通貨取引所が決まっていない方は、bitFlyerとビットコインの2社で口座開設をしてみても良いでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

コインチェック 公式サイト

ビットコインの換金・現金化に関してよくある質問

ビットコインはどのような換金方法がありますか?
仮想通貨取引所での換金、販売所での換金、ビットコインATMでの換金などがあります。取引所で指値注文での売却が最も利益がでる換金方法です。
ビットコインはお店で使用できますか?
ビックカメラ・コジマ・ソフマップ・ヤマダ電機な一部の家電量販店はビットコイン決済を導入しています。またビットコインデビットカードもあります。
仮想通貨を換金するときの注意点を教えてください
出金手数料が必要なこと、利益には税金がかかることです。仮想通貨で利益を得た場合は、必ず確定申告を行うようにしましょう。コインの交換にも税金がかかります。
ビットコインを購入するときの注意点はありますか?
「入出金や購入手数料がかかること」「売却時には税金がかかること」です。他に「ハイレバをしない」「必ず余剰資金で購入する」ようにしましょう。
仮想通貨の税金の分類は?
仮想通貨は雑所得に分類されます。総合課税で給料やその他副業衆院などと合算して税率が決定します。10%の住民税を含めると最大55%になります。
ビットコインを換金するのに良いタイミングは?
ビットコインに関するニュースや動向があった時、テクニカル分析で下降トレンドに入る前などが良いでしょう。自分なりのルールを作っておきましょう。
取引所でアルトコインから円に換金できますか?
仮想通貨取扱業者によって様々です。通常取引所で売買できるコインは少数です。それ以外のアルトコインは販売所で換金をしましょう。

まとめ

ビットコインから円に換金する時はできるだけ取引所を利用して手数料を抑えましょう。出金手数料はDMMビットコイン・BitPointなら無料です。

換金のタイミングは一朝一夕には身につきませんが、自分なりのルールを徹底して勝ちパターンを増やしていきましょう。

この記事を読みながらぜひ出金をしてみて下さい。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事