ビットコイン(BTC)の買い方|購入におすすめ仮想通貨取引所3選

ビットコインを購入できる国内取引所は15社以上あることをご存知ですか?ビットコイン投資を始めたいけど、「どの取引所を選んでいいか分からない」とお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、ビットコインの取引所の選び方から、おすすめ取引所、購入方法までを初心者向けに解説します。

ビットコインは簡単に購入できる!
  • 仮想通貨を始めるにはまずは口座開設しよう!
  • 口座開設後に入金&購入で簡単に仮想通貨を始められる!
  • 仮想通貨は取引所で1,000円以下から購入可能
  • 初心者が使いやすいのはアプリダウンロード数№1のコインチェック
  • スマホアプリが非常に使いやすく、はじめての方でも感覚で操作できる

コインチェック アプリダウンロード数No.1

→コインチェックはこちら

 

ビットコイン購入におすすめな仮想通貨取引所

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 取引所の取引手数料0円で低コスト
  • 取り扱い通貨数は国内最多の17種類※公式より
  • 人気のビットコインが500円から買える
  • 最短1日で取引スタート
  • 積立や貸仮想通貨サービスなど取引方法が豊富

Coincheckは、500円からビットコインが購入できる、仮想通貨初心者でも取引しやすい取引所です。

 取り扱いのある仮想通貨の種類が17種類と国内取引所の中でも豊富です。

初心者のうちはビットコインで取引をし、慣れてきたら他の通貨にチャレンジもできるので、長く利用しても物足りなさを感じにくいでしょう。

また、月々1万円からつみたてが利用でき、取引のタイミングがいまいち分からないという初心者でも安心です。

取引はまだ怖いという人でも、仮想通貨で安定して利益を得られる「貸仮想通貨サービス」というサービスもあります。
取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

【販売所手数料】

  • 取引手数料:無料
  • 手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

※出典:公式サイト

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら口座開設完了で全員即時2,000円プレゼント
    ※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 取引手数料や暗号資産送付手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 口座開設は最短1時間以内に完了
  • 決めた瞬間ワンタッチでスピード注文可能

DMM Bitcoinは、取引手数料や暗号資産送付手数料が無料で、コストをなるべくかけずに取引できる取引所です。
※BitMatch取引手数料を除く

 口座開設は最短1時間以内で、取引開始までが大変スピーディーに行えます。

取引ツールは使いやすく、特にスマホアプリはパソコンとほぼ同等の機能が搭載されています。

仮想通貨取引で利益を出すためには迅速な対応が求められる場面があるので、スマホアプリが充実しているのは大きなメリットです。

サポートも土日を含めた365日対応しているので、万が一のトラブルにも安心です。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料
    ※BitMatch取引手数料を除く

※出典:公式サイト

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 口座開設と1万円以上の入金で、3,000円相当のJMYがもらえる
  • 各種手数料が完全無料
  • エイダ(ADA)・トロン(TRON/TRX)・ジャスミー(JASMY/JMY)を国内で唯一取扱い※1
  • シンプルで使いやすいスマホアプリ
  • 500円から購入でき初心者にやさしい

 

ビットポイントは、PCブラウザ・アプリともにインターフェイスがシンプルで、初心者でも使いやすい取引所です。

取引手数料・即時入金手数料・暗号通貨の入出金手数料などが全て無料。そのため、余計なコストを省いた仮想通貨取引が可能になっています。

 また、トロンやジャスミーなど、ほかでの取り扱いが無い通貨を、売買できるメリットもあります。

そのため、これらの仮想通貨を購入するために、口座開設する価値があるでしょう。さらに、初心者に使いやすい点もビットポイントの特徴と言えます。口座開設が非常に簡単な上に、500円から仮想通貨を購入可能です。

取扱数 12種類
口座開設スピード 最短翌日
手数料(税込) 取引手数料:無料
入金手数料:無料
出金手数料:無料
入出庫手数料:無料

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT公式
※1 2022年4月時点

BITPOINTの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 国内最大級の仮想通貨(暗号資産)取引所※1
  • 100円からの少額取引が可能
  • 最短即日で口座開設&取引スタート可能※2
  • T-POINTをビットコインに交換できる

bitFlyerはアカウント作成や維持など、さまざまな手数料が無料で利用できる取引所です。

 T-POINTをビットコインに交換できるサービスを提供しているのが大きな特徴です。

日頃からT-POINTを貯めている人に特におすすめの取引所と言えるでしょう。100円という少額から取引を始められるので、仮想通貨に興味はあるけれど余裕資金が少ないという人でも安心して利用できます。

アプリもシンプルで使いやすいため、初心者でも続けやすいでしょう。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • アカウント作成手数料:無料
  • アカウント維持手数料:無料
  • 販売所全通貨売買手数料:無料
    ※別途スプレッドがあります。
  • ビットコインFX取引手数料:無料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
  • ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典
bitFlyer公式サイト
さまざまな手数料が無料

※1~3
※1 公式サイトの文言より。Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 クイック本人確認を利用した場合(審査状況によっては時間を要する場合があります)。

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • オリコン満足度№1の取引所※公式より
  • 最短10分でビットコインを購入できる
  • 様々な手数料が完全無料で利用可能
  • 内部不正対策の整備した堅牢なセキュリティ
  • 24時間365日レバレッジ取引できる

 

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインはGMOグループの仮想通貨取引所。大手企業なのでセキュリティのノウハウがあり、取引所にも活かされています。

様々な手数料が0円に設定されているのも、GMOコインの特徴です。即時入金手数料・日本円の出金手数料などが完全無料になっています。

 さらに、口座開設手数料、仮想通貨の入出庫手数料も完全無料です。

また、GMOコインはアプリにも魅力があります。初心者モードと上級者モードの切り替えができ、初めての方も取引に慣れた方も満足して利用できるようになっています。

さらに、自動積立が少額で行えるところもGMOコインの特徴と言えるでしょう。最小500円から全自動で積立投資ができます。

レバレッジ取引も扱っており、資金効率を上げて仮想通貨を購入することも可能になっています。
取扱数 16種類
口座開設スピード 最短10分間
手数料(税込)

日本円の入出金手数料:無料
暗号資産の入出金手数料:無料
販売所の取引手数料:無料
取引所の取引手数料
・Maker:-0.01%
・aker:0.05%

出典:GMOコイン公式
※BitMatch取引手数料を除く

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

ビットコインを購入する仮想通貨取引所の選び方

ビットコイン(BTC)を購入する仮想通貨取引所の選び方

仮想通貨の取引所の選び方は大きく分けて以下の6つがあります。

仮想通貨取引所の選び方
  • 『取引所』が設置されている会社を選ぶ
  • 流動性が高い会社を選ぶ
  • 使いやすさで選ぶ
  • セキュリティーの高さで選ぶ
  • 補償内容で選ぶ
  • 手数料の安さやスプレッドの狭さで選ぶ

『取引所』が設置されている会社を選ぶ

仮想通貨を取り扱っている取引所には『販売所形式』と『取引所形式(板)』の2つがあります。

販売所形式は取扱業者相手に仮想通貨の売買を行うところ。取引所形式は、自分たちと同じようなユーザを相手にビットコインの売買をするところです。

 販売所形式の良い所は、画面が分かりやすく初心者でも使いやすい点です。反面、スプレッドと言う「見えない手数料」が発生します。

実質、このスプレッドは販売所への手数料のようなものです。

販売所形式の場合、1BTC=400万円の時に購入をしても、スプレッドが発生して403万円で購入しなければなりません。またすぐに売却しても、通常400万円で売れるはずが売却価格は397万円になってしまいます。

 差額は例えですが、この6万円の差がスプレッドです。スプレッドがあることにより仮想通貨は儲けにくいイメージがあります。

ですので、ビットコインの売買をするなら取引所形式がある業者を選ぶようにしましょう。

取引所ならスプレッドはほぼない、または全くなく手数料のみです。手数料もスプレッドに比べたら10の1以下の価格なので儲けをだしやすくなります。

一見複雑に見える取引所の板ですが、それほど難しいものではありません。初心者の方でも1日操作をすればなれるので気負いせずに利用しましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

流動性が高い会社を選ぶ

ビットコインを購入する仮想通貨取引所の選び方

2つ目が「流動性が高い業者」を選ぶことです。

流動性とは?
取引所に取引を行いたい投資家が常にいるか。滞りなく売買ができるかを指しています。

取引所内で通貨のやりとりが少ないと、自分が売買したいタイミングで売買できないデメリットがあります。例えばビットコインが暴落した場合、これ以上の損をしないため全て売ろうとします。

 しかし流動性が低い業者を選んでしまうと、誰もそれを買ってくれる人がいないので売れずに損をしてしまうのです。

いつでも注文が約定できる取引所が良いでしょう。

使いやすさで選ぶ

3つ目が「使いやすさ」で選ぶことです。

取引板の使いやすさ・チャートの見やすさ・アプリの操作感など使いやすいかを確認してみてください。これらのツールとは、これから毎日のお付き合いになります。

 ストレスを抱えながら使いにくいツールを使用するのではなく、自分が快適に利用できるものを選びましょう。

例えばコインチェックはアプリダウンロードNo.1と言う実績もあり、多くのユーザが利用しているので一般的には使いやすいです。

ただし使いやすさは人それぞれ。色んな業者のアプリを一度触れてみるとよいでしょう。世界中のユーザが利用している「Tradingview(トレーディングビュー)」を採用している取引板もあります(例:GMOコインなど)。

そのような板を選べば様々なテクニカル分析ができるので、売買を有利に進めていくことが可能です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

セキュリティーの高さで選ぶ

ビットコインを購入する仮想通貨取引所の選び方

セキュリティー技術で選ぶのも1つのポイントです。

仮想通貨取扱業者は、各社色んな方法でセキュリティーを強化しています。コインチェックは2018年に流出事件を起こしたことをきっかけに、セキュリティーの全面的な見直しが行われました。

 2018年の4月にマネックスグループからの買収を受け入れ、子会社化しました。

マネックスグループは「マネックス証券」や「マネックスFX」など金融業に長年携わってきた会社なので、セキュリティーに対してのノウハウは明るく、より強固なものとなりました。

またビットフライヤーではビットコインテクノロジーである『マルチシグ』を他社に先駆けて導入しています。

マルチシグとは?
通常のアドレスとは異なり複数の署名が必要なアドレス。そのためセキュリティーの高いウォレットができます。

このようにセキュリティーを重視している会社を選ぶようにしましょう。

補償内容で選ぶ

ビットコインを購入する仮想通貨取引所の選び方

ハッキング被害があった時に、補償してくれる取引所を選ぶのも重要なポイントです。

ビットフライヤーは「メールアドレス・パスワード等の盗取による不正な日本円出金に伴う補償※2021年6月で終了しています」として以下のような補償を行っていました。

内容 補償上限金額
預かり資産の合計が円換算にて100万円を超える二段階認証登録ユーザー 500万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー 10万円

2021年9月現在補償してくれる取引所はほとんどありませんが、まだ発展途上であり、今後健全性が高まっていく可能性は高いです

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

「暗号資産(仮想通貨)の補償制度とは?日本の法的整備の現状」-Coincheck

手数料の安さやスプレッドの狭さで選ぶ

取引所によって手数料の価格・スプレッドの狭さが違います。手数料が高い業者やスプレッドが広い業者を選んでしまうと、儲けからは遠のいてしまいます。

手数料やスプレッドを比較して、損をしないユーザーファーストの会社を選ぶようにしましょう。

 ただしスプレッドに関してはその日の相場状況によって変動します。

今日はA社がスプレッドが狭かったのに、次の日にはB社の方が狭いこともあります。

比較するときは同じタイミングで行いましょう。

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

仮想通貨(ビットコイン)の手数料
  • 口座開設手数料
  • 口座維持手数料
  • 日本円の入出金手数料
  • 仮想通貨の入出庫手数料
  • 取引手数料
  • レバレッジ手数料

 

仮想通貨取引でかかる手数料>>

口座開設手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

一般的に金融機関の口座を作る際には、口座開設手数料がかかることがあります。ただ、現在のところ仮想通貨取引所の口座開設手数料は、多くの場合無料に設定されています。

 取引所の口座を作るだけなら費用が掛からないことがほとんどです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

口座維持手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

海外の銀行などでは、口座を所有していると、維持手数料として定期的に費用が発生することが一般的です。ただ、現在のところ国内の仮想通貨取引所では口座維持手数料は存在しません

これから暗号資産取引を始めようと思っている方でも、ハードルは低いかもしれませんね。

日本円の入出金手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

日本円の入出金の際にも手数料がかかります。まず入金ですが、銀行振り込みやコンビニ払いの際に手数料が発生します。

この際には、多くの場合銀行やコンビニなどの支払いに利用した機関でかかる手数料と、取引所に支払う手数料が二重に掛かります。

 仮に、コンビニ手数料が500円、取引所の入金手数料が500円だとすると、入金時のコストは1,000円ということになります。

このようにコストがかかるのが一般的ですが、ネットバンキングでの入金なら、手数料が無料に設定されている取引所も存在します。

そのため、コストを抑えるには、オンラインバンキングでの無料入金に対応した取引所を、選択するのもいいでしょう。

bitFlyerやGMOコインは、オンラインバンキングでの即時入金手数料が無料です。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨の入出庫手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

仮想通貨の入出庫の際にも手数料がかかることがあります。多くの仮想通貨取引所では、仮想通貨の入庫手数料は無料に設定されています。

一方、仮想通貨の出庫の際には多くの場合手数料がかかります。この手数料は仮想通貨の種類によって異なります。

 仮想通貨の種類によっては、送金時に数千円程度の手数料がかかることが多いです。

具体的には、最も手数料が高いのは、ビットコインやイーサリアムといった有名通貨です。

特にビットコインはの送金手数料は0.0005 BTC程度に設定されていることが多く、日本円に換算すると2,000円以上になります。

過去には送金手数料が数十円の時代もありましたが、ビットコインの価格が上がりすぎて、現在は2000円以上になってしまっています。

そのため、ビットコインを送付する際には送料がかからないよう対策をする方がいいでしょう。

 GMOコインやDMM Bitcoinは仮想通貨の送金手数料が無料なので、外部に送金する時には適していると言えます。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取引手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

仮想通貨を売買できる場所としては、販売所と取引所が存在します。取引所はユーザー同士で仮想通貨を売買するところで、その際には取引手数料が発生します。

一方で、販売所では取引手数料は無料に設定されている業者がほとんど。しかし、その代わりスプレッドが存在し、実質的な手数料として機能しています。

 取引所の取引手数料と比べ、販売所のスプレッドは圧倒的にコストが大きい傾向にあります。

販売所はデザインが初心者向けで直感的に仮想通貨を購入できるので使いやすく感じるでしょう。しかし取引するたびスプレッドにより、高額な取引コストが発生するという大きなデメリットが存在します。

そのため、販売所よりもできるだけ取引所を使うことをオススメします。取引コストを抑えるのが、お金の運用を上手にするコツですよ。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ手数料

仮想通貨(ビットコイン)の手数料はなにがある?

レバレッジ取引ができる取引所では、レバレッジ手数料が存在します。この手数料はポジションを持った時点で発生するものではありません。

ポジションを持ったまま、日を跨ぐことで初めて発生する手数料です。レバレッジ手数料は取引所によって異なるものの、0.05%程度であることが多いです。

 このように安価な手数料なので、基本的にはそれほど存在を気にする必要はありません。

ただし、ポジションを長期保有する場合には要注意。1日単位ではわずかな金額でも、積み重なれば大きくなってしまいます。そのため、レバレッジ取引をする際にはできれば短時間で取引を終わらせるのがよさそうです。

例えば1か月間ポジションを持ったままだと、手数料は1.5%と無視できない水準になります。やはり長期保有は避けるのが無難でしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコインはいくらから始められる?

ビットコインはいくらから始められる?

ビットコインはいくらから始められる?
  • ビットコインは1BTCよりも少ない単位から購入できる
  • 取引所によっては1000円以下で購入できることも

ビットコインは1BTCよりも少ない単位から購入できる

ビットコインはいくらから始められる?

ビットコインは1BTC=500万円以上の価格で取引されています。そのため、500万円以上の資金が無いと購入できないと思ってしまいがち。

しかし、実際はそのようなことはありません。ビットコインは0.1BTCのように、1BTC以下の単位でも購入できるのです。

 取引所によって最小取引単位が定められています。その設定によって、最小購入金額が決まってきます。

ちなみに、ビットコインの最小の通貨単位は0.00000001 BTC。日本円に換算すると、0.056円です。そのため、計算上では、最小で1円からビットコインを購入できることになります。

ちなみに「0.00000001 BTC=1satoshi」という単位が存在します。開発者のサトシ・ナカモト氏の名前が由来になっています。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取引所によっては1000円以下で購入できることも

ビットコインはいくらから始められる?

具体的に、取引所ではいったい何円からビットコインを購入できるかですが、これは取引所によってバラバラです。

ただ、多くの取引所では1BTC以下から仮想通貨を購入でき、初心者でも仮想通貨を気軽に購入できるように設定されています。

 1000円程度の資金があれば、仮想通貨を購入できると考えて大丈夫です。

このように少額から取引可能なため、仮想通貨投資は初心者でも始めやすいと言えるのです。

ただ、現実的には大きな利益を狙うには500円や1000円の投資金額では難しいです。あくまで取引所の慣れるために少額取引すると捉えた方がいいでしょう。

少額で仮想通貨の扱いに慣れたら、投資金額を増やしてみるのもオススメです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

初心者向け|仮想通貨を購入するまでの流れ

仮想通貨取引を今から始める初心者の場合、「まず仮想通貨の買い方が分からない…」という方も多いでしょう。実は難しいことはなく、簡単4ステップで購入することができます。

仮想通貨の買い方【4ステップ】
  1. まずは仮想通貨取引所を選ぶ
  2. 仮想通貨取引所で口座開設
  3. 開設した口座に日本円を入金
  4. 取引所で仮想通貨の銘柄を選んで購入

口座開設は最短即日もしくは2〜3日で完了するのが一般的です。開設後はコンビニや銀行、各取引所アプリの指定振込先に購入資金を入金します。

もちろん口座開設にお金がかかることはありません。

購入する銘柄は、今後の将来性が期待できるものを選びましょう。

 おすすめはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)リップル(XRP)エイダ(ADA)、ライトコイン(LTC)などです。

本記事で紹介している取引所では上記以外の銘柄も豊富に取り揃えています。セキュリティ面も日々強化されているため、購入した仮想通貨はしっかり守れます!

まずは取引所を選んでみましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコインの購入方法

ビットコインの購入方法
  • 販売所で購入する方法
  • 取引所で購入する方法

販売所で購入する方法

ビットコインの購入方法

販売所に入る

ビットコインの購入方法Coincheck(コインチェック)にログイン後、「販売所」をクリックします。すると、仮想通貨販売所に入ることができます。

仮想通貨を選択する

ビットコインの購入方法

販売所に入ったら、取り扱い仮想通貨の一覧が表示されます。この中から、購入したい仮想通貨を選択しましょう。

仮想通貨を注文する

ビットコインの購入方法

続いて注文する数量を入力後「購入する」を押せば注文完了です。

販売所ではコインチェックと仮想通貨の取引をするため、すぐに取引成立し欲しい通貨が手に入ります。

取引所で購入する方法

ビットコインの購入方法

通貨選択し注文量を入力し注文する

ビットコインの購入方法

取引所で仮想通貨を購入する場合には、まず、上記画面で購入するレートを入力します。続いて注文量を指定し、「注文する」を押せば購入手続き完了です。

ただ、取引所では注文する際のレートによっては、購入者が現れず注文がなかなか成立しないケースも考えられます。

そのため、すぐに仮想通貨を購入したい場合には、売り板から価格を選択しましょう。

ビットコインの買い時は?

ビットコインの買い時は?

ビットコインの買い時は?
  • 半減期が訪れる前
  • 実用化が進んだタイミング
  • 暴落した後
  • その他の理由でも暴落した後

半減期が訪れる前

ビットコインの買い時は?

ビットコインのマイニング報酬が半減する、半減期前後は価格が上昇しやすいタイミングです。半減期は4年に一度訪れ、そのたびに新規供給されるビットコインの量が減っていきます。

実際に、過去複数回のビットコインの半減期では、ビットコインが上がる傾向が多くみられました。

 過去の半減期は2012年、2016年、2020年の3回。特に2016年には半減期前後に価格が上昇する動きが見られました。

このように、半減期に必ず価格が上昇すると断言はできないものの、実際に価値上昇したこともあります。そのため、今後の半減期でもあらかじめ仕込んでおくと利益を得られるかもしれません。

もちろん必ず価格が上昇するとは言えませんが、半減期前は投資時期を判断する一つの材料にはなりそうです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

実用化が進んだタイミング

ビットコインの買い時は?

ビットコインの実用化が進んでくるタイミングも買い時と言えるでしょう。現在ビットコインは国内の一部店舗で決済手段として利用でき、一部の国では法定通貨として認められています。

具体的には、以下のような店舗・国家で決済手段として利用可能です。

ビットコイン決済ができるお店
  • DMM.com
  • ビットコインモール
  • ビッグカメラ
  • ソフマップ
  • 湘南美容クリニック

 

このように、ビットコインは様々な企業で決済手段として採用されています。また、2021年にはビットコインの利用を決定した国家もあります。

 2021年には、エルサルバドルで法定通貨に採用されたことで、話題になりました。

ここまで紹介した通り、ビットコインは色々な局面ですでに実用化が進んでいます。

今後さらに実用化が進めば決済のためにビットコインを購入する人が増え、価格が上昇する可能性が高いことが予想できます。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ネガティブなニュースが出たとき

ビットコインの買い時は?

ネガティブなニュースが出たときも、ビットコインを購入するチャンスと言えるでしょう。ネガティブなニュースには以下のようなものがあります。

ネガティブなニュースの例
  • 各国による仮想通貨の規制
  • 仮想通貨取引所でのハッキング
  • 量子コンピュータの出現でビットコインのセキュリティが危うくなる

過去には、上記のようなニュースが発表されると、ビットコインの価格は大きな下落を見せてきました。今後も、同様のニュースが流れれば、ビットコインの価格は大きく下落することがあるでしょう。

 場合によっては30%程度のかなり大幅な下落を見せる可能性もあります。

こういったときは大きなチャンスとして捉えましょう。ビットコインを非常に安い金額で購入できるからです。暴落後には購入者が増え価格が上昇するので、短期的な利益も狙えます。

投資に不慣れな方は、値段が上昇しているときに購入し、暴落時に手放し損をする傾向があります。その逆をやれば利益を出せる可能性が高まるのです。

仮想通貨に限らず損する人の割合の方が多いのが投資です。そのため、彼らとはあえて違う行動を取ることをオススメします。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

その他の理由でも暴落した後

ビットコインの買い時は?

ネガティブなニュースが出た後以外にも、ビットコインの価格が暴落することはあります。例えば、影響力のある有名人の発言や、大口投資家が大量にビットコインを売却した際です。

 2021年にはイーロン・マスク氏の発言が原因で仮想通貨価格が暴落する事象が見られました。

また、大口投資家がビットコインを売るタイミングには特にネガティブなニュース等は出ませんので、なんの前触れもなく突如価格が暴落します。

こういったときは、理由が不明でも暴落している事実を受け止めればいいでしょう。チャートをよく観察し、価格が下げ止まり値動きが横ばいになってきたら、購入してもいいタイミングでしょう。

ビットコインは暴落後に、価格が上昇する傾向があります。そのため、どんな理由であれ、暴落後は安く投資できるチャンスと言えます。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコイン購入後の流れ

ビットコイン購入後の流れ(売却について解説)

ビットコイン購入後の流れ
  • ビットコインを売却する
  • 日本円を引き出す

ビットコインを売却する

ビットコイン購入後の流れ

ビットコインの売却場所
  • 販売所
  • 取引所

販売所

ビットコイン購入後の流れ

販売所とは仮想通貨交換業者を相手に、仮想通貨の売買を行える場所です。操作方法が簡単で、初心者でも迷うことなく、仮想通貨を現金化できるのが大きな特徴です。

 売却したい仮想通貨の種類を選択し、数量を入力後「売却」を押すだけです。

そのため、仮想通貨取引が初めての初心者の方は、まずは販売所を利用しビットコインを売却してみるといいでしょう。

販売所ならアプリでもかんたんに操作できます。説明が無くても、一目で操作方法が分かるでしょう。

ただし、販売所はスプレッドが発生するため取引コストが大きくなるデメリットが存在します。そのため、よりコストを抑えて仮想通貨を売却する場合には、これから紹介する取引所を利用するといいでしょう。

 はじめは販売所で仮想通貨の取引に慣れていき、徐々に取引所をメインにしていくのが理想的です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取引所

ビットコイン購入後の流れ

取引所ではユーザー同士が仮想通貨の売買を行う場所です。注文情報の一覧を書いた板が存在し、それを見ながら取引することになります。

販売所とは違い、売却金額を現在価格以外に設定することもでき、販売所よりも自由度の高い取引を行えます。

 「指値注文」を利用すれば購入価格を指定でき、仮想通貨の価格が上がった際に自動的に売却することも可能です。

取引所にはこのように便利な機能があるだけでなく、取引コストが安いというメリットもあります。取引所での売買の際には、販売所のように広いスプレッドは存在せず0.05%程度の安い手数料のみで売買できるからです。

特に、Coincheckでは取引所の売買手数料は完全無料。ゼロ円に設定されています。
そのため、画面が多少複雑ではあるものの、販売所と比較し様々なメリットがあるのが取引所と言えるでしょう。
 慣れてきたら徐々に取引所をメインに使っていけると、取引コストを最小限に抑えることができます。

ただ、販売所とは違い取引所では、取引する相手は業者では無くユーザーである点には注意が必要です。そのため、希望した価格によってはなかなか購入する人が現れずに現金化に時間がかかる可能性もあります。

取引所ですぐに仮想通貨を現金化したい場合には「成行注文」を利用すれば、即座に取引成立させられます。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

日本円を引き出す

ビットコイン購入後の流れ

販売所もしくは取引所で仮想通貨を現金化したら、日本円を出金していきましょう。取引所によって、詳しい操作方法は多少異なるものの、おおむね以下の手順で出金申請を行えます。

日本円を引き出す手順
  • 出金先の銀行口座を登録する
  • 出金金額を入力し「出金」のボタンを押す
  • 数日以内に銀行に振込される

出金先の銀行口座を登録する

ビットコイン購入後の流れ

まずは銀行口座情報を登録することが必要です。そのため、まずは口座情報登録ページから、口座番号や名義などの情報を登録しましょう。

この際、取引所によっては、特定の銀行の口座を利用すると出金手数料が安くなることもあります。

 そのため、取引所の出金手数料を確認し、手数料が安くなる銀行の口座があればその銀行を利用しましょう。

出金金額を入力し「出金」のボタンを押す

ビットコイン購入後の流れ

口座情報を登録したら、出金申請の画面から出金希望金額を入力後に、「出金する」のボタンをタップします。2段階認証が設定されている場合には、番号を入力するよう求められる可能性があります。

2段階認証用のコードを入力したら、出金申請が完了します。

ちなみに、もしも出金時にエラーメッセージが出てしまう場合には、何か手続きがうまくいっていないことが考えられます。

可能性の一つとして考えられるのは、手数料のことを考慮せずに出金金額を入力しているというケースです。

 出金の際には出金手数料を引いた金額にしないと、エラーになることがあります。エラー表示が出てしまう場合には確認しましょう。

また、手数料を考慮した金額を入力してもエラーになる場合にはその理由が分からない可能性もあるでしょう。そういったときには、取引所に問い合わせることで解決する可能性が非常に高いです。

問い合わせフォームや電話で聞いてみることをオススメします。

数日以内に銀行に振込される

ビットコイン購入後の流れ

出金申請が完了したら、あとは行うべき手順はありません。取引所が出金金額の承認作業を行った後に、銀行口座にお金が振り込まれます。

振込に掛かる時間は取引所によって異なりますが、多くの場合には2~3営業日以内には着金することが多いです。

もし、しばらく待っても振り込まれない場合には、取引所に状況を問い合わせてみましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

仮想通貨の取引スタイルを紹介
  • 現物取引
  • レバレッジ取引
  • 積み立て投資
  • 貸仮想通貨サービス
  • ステーキング
  • アービトラージ

現物取引

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

現物取引は主に中長期での取引と、短期取引に分けることができます。

現物取引の種類
  • 短期保有
  • 中長期保有

短期保有

短期取引は、数時間~数日間程度の短いスパンで、売買を繰り返す投資方法です。

短期的なチャートの動きを予測し、仮想通貨の価格が上がる前に購入します。予想が的中し購入後に価格が上昇すれば、売却することで利益を出すせます。

 短期投資のメリットは、短い時間で利益を出せる可能性がある点ですね。

一方で、短期取引にはチャートの分析知識や、損切や利益確定などの技術が求められ、難易度が高いのがデメリットとなります。

初心者の方が短期取引をすると、損失を出す可能性も高いのが現実です。そのため、中上級者向けの取引手法と言えるでしょう。

株やFXでの取引経験があれば短期取引を行うのもいいですが、そうでない場合はやめた方がいいかもしれません。
特に取引経験が浅く、チャートの見方が全くわからない場合は短期取引はオススメできません。その場合には、無理をせずこれから紹介する中長期取引などで時間をかけて利益を得る方法を強くオススメします。
 仮想通貨で損する人は、不慣れにもかかわらず短期取引を行い、短い期間で利益を出そうとする傾向があります。

中長期保有

中長期保有は一度購入した仮想通貨を数か月~年単位で持ち続け、利益を狙う取引手法です。一般的に「ガチホ」と呼ばれることもあります。

仮想通貨は短期的には激しい上下動作を繰り返しますが、長い目線で見れば価格が上昇する傾向があります。

 そのため、長期保有することで、高い確率で利益を出すことができるのです。

また、チャート分析や細かい値動きの確認も不要のため手間がかからない点も中長期投資のメリットでしょう。初心者の方は特に、短期的に利益を出そうとせず中長期投資に取り組むことをオススメします。

中長期保有なら、特別な知識が無くとも利益を出せる可能性が高いです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ取引

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

レバレッジ取引は、口座資金を担保にすることで、所有資金以上の金額を運用できる取引手法です。

日本国内では2倍までのレバレッジが認められているため、取引に成功すれば通常の2倍の利益を狙えるメリットがあります。

 また、レバレッジ取引では売りから入る取引ができるのも特徴です。

そのため、下落相場でも利益を出せる可能性があり、魅力を感じる方も多いでしょう。

しかし、レバレッジ取引は成功した時の利益が倍になる一方で予想が外れたときには損失も2倍になるデメリットも存在します。

経験の浅いうちはレバレッジ取引はオススメできません。取引に慣れてからにしましょう。

ちなみに、レバレッジ取引には「レバレッジ手数料」が存在することも、頭に入れておく必要があります。

レバレッジ手数料は、レバレッジを掛けたポジションを所有したまま日を跨ぐと、発生するもの。割合としては、0.04%程度であることが多いです。

 レバレッジ手数料は少額なので、短い期間の取引であれば、あまり存在を気にする必要は無いでしょう。

しかし、ポジションを長期保有する場合は話が変わってきます。1日0.04%の手数料が積み重なり、金額が大きくなってしまうからです。

例えば、半年間(180日)ポジションを保有し続けた場合、レバレッジ手数料は7.2%という非常に大きな割合になるのです。

レバレッジ取引は短時間で終わらせるのが一番です。できればその日のうちに決済するのがベストでしょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

積み立て投資

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

積み立て投資は、仮想通貨を毎月一回や一日一回などのペースで、決まった金額を積立投資する投資手法です。

積立投資には購入価格を平均化できるメリットがあり、値動きが激しい傾向の強い仮想通貨投資には非常に向いています。

 積立投資は「ドルコスト平均法」と呼ばれることもあり、長期投資の際には非常に優れた投資方法と言えます。

積立投資なら仮想通貨の価格が長期的に上がりさえすれば、仮想通貨取引の経験・知識に関係なく利益を出せます。そのため、初心者にもオススメできる投資方法の一つと言えます。

長期保有と同様に、積立投資も初心者の方でも高確率で利益を出せるでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

貸仮想通貨サービス

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

貸し仮想通貨は別名「レンディング」とも呼ばれます。保有中の仮想通貨を取引所に貸し出すことで、利息をもらえる投資方法です。

取引所によって契約期間が異なり、期間が満了すると、利息分の仮想通貨が増えた状態で手元に戻ってくるのです。

 貸し仮想通貨は、仮想通貨の数量を減らす心配が無く、安全に増やせる堅実な投資手法になっています。

そのため、長期保有中の仮想通貨があれば、レンディングを利用することで、安全に仮想通貨の保有数量を増やすのもオススメです。

レンディングの利率や取扱い仮想通貨は様々です。そのため、取引所を比較し、効率よく仮想通貨を増やせる業者を選ぶようにしましょう。

例えばCoincheckでは、最大年率5%でレンディングの申し込みを受け付けています。

ただ、レンディングにも全くリスクが存在しないというわけではありません。

仮想通貨取引所そのものがハッキング被害などにあえば、資金を失うリスクもあるからです。そのため、セキュリティがしっかりした取引所で申し込む必要があります。

 仮想通貨取引所にはハッキングリスクがつきものなので、セキュリティを高める努力をしている業者を使うようにしましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ステーキング

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

ステーキングとは、仮想通貨の保有により、報酬として仮想通貨をもらえる仕組みのこと。ステーキングは承認方式としてPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を採用している仮想通貨で行えます。

 PoSを採用しているのは、エイダ(ADA)、テゾス(XTZ)、コスモス(ATOM)などが挙げられます。

また、時価総額ランキング2位の仮想通貨「イーサリアム」も、2022年前半のPoSへの移行を目指しています。※出典:coinpost

そのため、イーサリアムも所有しているだけで、報酬をもらえるようになるかもしれません。

ただ、ステーキング報酬を得る方法が通貨により異なる点は、注意が必要です。
例えば、GMOコインで扱っているテゾス(XTZ)は、購入後、GMOコインに仮想通貨を置いておけば、自動的にステーキング報酬が付与されます。
一方で、ビットポイントで買えるエイダコインの場合、専用のウォレットに仮想通貨を移動させた後に、ステーキングに申し込む必要があります。
 このように、仮想通貨によってステーキングのやり方は異なる可能性があります。
したがってステーキング報酬が目的の場合には、報酬をもらう方法を調べてから、仮想通貨を選び購入するようにしましょう。

ただ仮想通貨を所有しているだけだと、報酬をもらい損ねる可能性もあります。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

アービトラージ

ビットコインを購入後必見!主な取引スタイルを紹介

アービトラージとは、仮想通貨取引所間の価格差を利用し、利益を出す取引方法です。仮想通貨の価格は、取引所によって多少の差があります。

その差を利用し、安く購入できる取引所で仮想通貨を購入し、高く売れる取引所で売却することで利益を出すのです。

 アービトラージは価格差さえあれば、かなり高い確率で利益を出せる手法と言えます。

そのため、確実な利益を期待したい場合にはオススメできる取引方法の一つです。ただ、アービトラージにはデメリットも存在します。

取引所間の価格差がアービトラージを行えるほどに開く機会が少なく、待ち時間が長くなる点です。

アービトラージで利益を出すには、チャートを長時間監視し、価格差が生じるタイミングを探す必要があります。
こうした理由から、時間に余裕がある人でないと、アービトラージを行うのは難しい可能性が高いです。
また、運用できる金額がわずかだと得られる利益は少額のため、労力や時間をかける価値が無い可能性もあります。
 そのため、まとまった金額を運用でき、チャートを監視する時間がある場合に、アービトラージはオススメと言えます。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(ビットコイン)購入時の注意点

ビットコインを購入時は以下に注意しましょう。

仮想通貨購入時の注意点
  • クレジットカード不可
  • 手数料がかかる
  • ハイレバレッジで注文しない
  • 余剰資金で購入する
  • 2段階認証をする
  • 売却時に税金がかかる
  • サーバーダウンの可能性

クレジットカード不可

仮想通貨(ビットコイン)購入時の注意点

2021年9月時点では、ビットコインの購入はクレジットカードでできません

「銀行振り込み・コンビニ入金・インターネットバンキング」などで取引所のウォレットに入金をして、ウォレットから売買を行う方法になっています。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

手数料がかかる

ビットコインを購入するときに手数料がかかるのは前述しましたが、入金や出金時にも手数料がかかります。入金手数料や取引手数料が無料でも、出金手数料はほとんどの会社が必要なので注意しましょう。※無料の会社もあり

ハイレバレッジで注文しない

ビットコインを売買するときにレバレッジをかけれる会社もあります。

レバレッジとは?
担保となる保証金以上の金額を取引できるようになる仕組みのことです。

レバレッジは資金以上の額を動かせるので、大きく稼げるメリットがありますが、損をした場合、レバレッジをかけすぎていると損失も大きくなります。

幸い日本の取引所では、金融庁の定めで「レバレッジ最大2倍まで」となっています。

余剰資金で購入する

仮想通貨(ビットコイン)購入時の注意点

仮想通貨は余剰資金で売買するようにしましょう。

 特に損失が出ている時は冷静な判断ができなくなっているので注意は必要です。

今までの損を取り返そうとして、レバレッジをかけ貯金を叩いてしまう人は多いです。必ず余剰資金で投資しましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

2段階認証をする

はじめに取引所を登録するときに『2段階認証』も一緒に行いましょう。

2段階認証とは?
スマホアプリに表示されたセキュリティコードを入力することで、ログインできるようにする仕組みです。

2段階認証を設定しておくことで、不正ログインや盗難のリスクが下がります。

売却時に税金がかかる

仮想通貨(ビットコイン)購入時の注意点

ビットコインの売買には税金が発生します。

 お金が儲かったタイミングで税金がかかると勘違いしがちですが、利確したタイミングでかかるので注意してください。

例えばビットコインからイーサリアムにコインを変えた段階でも税金は発生します。ビットコインを売却したことになるからです。仮想通貨で得た税金は雑所得に扱われます。

会社員は利益が20万円を超えた場合、主婦や学生など扶養されている方は33万円以上を超えた場合に確定申告が必要です。

※出典:国税庁「暗号資産に関する税務上の取扱いについて(情報)」

サーバーダウンの可能性

仮想通貨の相場が大きく変動すると、取引所に多くの人がアクセスします。それによりサーバーがダウンすることも珍しくありません。

 サーバーダウンすると売りたくても売れない。つまり損切りできなくなるデメリットがあります

前もって複数の取引所を利用しておき、リスクを分散させるのも1つの方法です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(ビットコイン)投資のメリット

仮想通貨(ビットコイン)投資のメリット

ビットコイン投資のメリットは大きく分けて以下の3つがあります。

ビットコイン投資のメリット
  • ワンコインからでも購入可能
  • 変動が激しいので儲けやすい
  • 決済通貨として利用できる

ワンコインからでも購入可能

ワンコインからでも購入できるのが仮想通貨のメリットです。株式なら100単位から、FXなら1,000や10,000単位など、他の投資の最低単位は大きく設定されています。

 仮想通貨の最低取引料は低く、ワンコインからでも投資可能。

取引業者によってはTポイントを変換して仮想通貨を買うこともできます。0円からでも始められるのが仮想通貨投資の魅力です。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

変動が激しいので儲けやすい

仮想通貨は相場変動が激しいのが特徴です。1日で数十%の変動は当たり前。1週間で約2倍になることもあります。ボラリティが大きく稼ぎやすいのがメリットです。

ただし変動が激しいのはリスクにもなるので注意しましょう。

決済通貨として利用できる

仮想通貨(ビットコイン)投資のメリット

ビットコインは決済通貨として利用できるのもメリット1つです。

 ビックカメラ・ヤマダ電機・コジマ・ソフマップの一部の家電量販店ではビットコイン決済を導入しています。

また最近ではオンライン決済システム『PayPal』がビットコインに対応しました。ビットコイン以外の通貨も店で使用できることが多くなってきたので、今後に期待できるでしょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨(ビットコイン)投資のデメリット・リスク

仮想通貨投資のデメリットは大きく3つあります。

ビットコイン投資のデメリット
  • 国による価値の担保がない
  • 仮想通貨の規制強化
  • ハッキングの可能性がある

国による価値の担保がない

仮想通貨(ビットコイン)投資のデメリット・リスク

仮想通貨は円やドルなど法定通貨とは違って、国による価値の担保がありません

仮想通貨は世界中のユーザたちの信頼のみで成り立っています。世界中で否定的な流れになれば一気に価値がなくなる可能性は0ではありません。

それがデジタル通貨の怖さでもあると言えるでしょう。

仮想通貨の規制強化

2021年9月21日に米証券取引委員会(SEC)の委員長が、「ほとんどの仮想通貨は証券の性質を持っているので米国証券取引委員会に登録しないといけない」と発言しています。

ほとんどのコインは有価証券に該当するという意味で、これにより法改正が行われれば大半のコインは消えてしまう可能性があります。

※出典:ヤフーニュース公式

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ハッキングの可能性がある

仮想通貨(ビットコイン)投資のデメリット・リスク

仮想通貨の取引所では、たびたびハッキング被害が起こっています。ハッキングにより、今まで貯めた資金がゼロになる可能性も。

2段階認証の設定をしたり、独自ウォレットに保管したりなど個人でもしっかり対策をとるようにしましょう。

ビットコイン・仮想通貨の購入に関するよくある質問

ビットコインが購入できるおすすめの取引所はどこですか?
コインチェック、DMMビットコイン、ビットフライヤーなどがおすすめです。この3社はビットコイン以外のコインも多く扱っており初心者向けです。
仮想通貨取引所を選ぶときの注意点はありますか?
「取引所形式の業者を選ぶ」「流動性が高い業者を選ぶ」「使いやすさで選ぶ」「手数料の安さやスプレッドの狭さで選ぶ」などに注目してください。
販売所と取引所の違いは何ですか?
販売所は仮想通貨取扱業者相手にコインの売買をするところ。取引所は板を使用してユーザー同士で取引を行うところです。取引所の利用がおすすめです。
ビットコインを購入するときの注意点はありますか?
「入出金や購入手数料がかかること」「売却時には税金がかかること」です。他に「ハイレバをしない」「必ず余剰資金で購入する」ようにしましょう。
ビットコインに税金は発生しますか?
税金が発生します。儲かったタイミングではなく売却タイミングでかかります。コインを交換した時にも税金がかかるので注意しましょう。
ビットコイン投資のメリットは何ですか?
少額でも購入ができ、ボラリティが激しいので儲けやすいことです。最近では色んな店で利用できるようになり決済通貨としても注目されています。
ビットコイン投資のデメリットは何ですか?
国による価値の担保がないので無価値になる可能性が0ではないことです。中国のようにマイニングが全面禁止され規制の動きもあります。

ビットコインの購入方法について【まとめ】

本記事を通して読んでみると、意外とビットコインの購入方法は難しくないことが分かったと思います。

これからビットコインを買う方は、「手数料が安く」「操作しやすい」仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶようにしましょう。

コインチェック・DMMビットコイン・ビットフライヤーなどは多くの人が利用している大手なのでおすすめです。

口座開設をするのに数日かかる取引所も多いです。まずは登録だけでも始めておきましょう。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事