bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と口コミ・評判|手数料やメリット

仮想通貨(暗号資産)投資に興味はあっても、どの取引所を利用していいか分からないと悩んではいませんか?そんな初心者の方におすすめなのが『bitFlyer(ビットフライヤー)』です。

この記事でわかること
  • ビットフライヤー(bitFlyer)の手数料や取扱通貨の種類などの基本情報
  • ビットフライヤー(bitFlyer)の口コミや評判
  • ビットフライヤー(bitFlyer)のメリット・デメリット

「ビットフライヤーってやばい?」といった不安がある方やまだ口座開設するか悩んでいる方は、ぜひ一度この記事に目を通してみて下さい。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤー(bitFlyer)とは?

ビットフライヤー

bitFlyerのおすすめポイント
  • 世界的にセキュリティレベルが高い
  • ビットコイン取引量国内No.1※1
  • 100円からスタートできるため初心者におすすめ
  • ビットコイン売買手数料が無料※2

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)」
※2 ビットコイン販売所にて。また、購入価格と売却価格の差であるスプレッドはお客様負担

 

ビットフライヤー『株式会社bitFlyer』が運営する国内最大級の暗号資産取引所です。ビットコイン取引量は国内No.1の実績を持っています。

 2014年からサービスを提供しており、コインチェックと並んで業界をけん引してきた取引所です。

SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタル、GMOベンチャーパートナーズなど大手企業やメガバンクが出資をしており、信頼性が高い取引所と言えます。

さらに、ビットフライヤーはセキュリティ対策にも力を入れており、これまでハッキング被害がありません

ビットフライヤーは日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパでもライセンスを取得している取引所です。

ビットフライヤーでは仮想通貨の購入・売買・送金などの取引を行うことができます。

その他にも、毎月で自動で積立を行ってくれる『かんたん積立』や、Tポイントをビットコインに交換できるなど多様なサービスを提供しています。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取引通貨数 15通貨
レバレッジ 最大2倍
販売所手数料 無料(スプレッド負担あり)
取引所手数料 0.01 ~ 0.15%
送金手数料 BTC : 0.0004BTC
ETH : 0.005ETH
MONA :無料
XRP : 無料
入金手数料 ・銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
・クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
・クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)
アプリ あり

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典:bitFlyer公式

ビットフライヤーの入金・出金手数料

入金手数料

ビットフライヤーの入金・出金手数料

bitFlyerで日本円を入出金するときは、手数料が発生します。

入金方法
  • 銀行振込
  • インターネットバンキングで入金
  • コンビニ入金

上記3つの入金方法があり、銀行振込は金融機関の振込手数料の分コンビニ入金が330円

インターネットバンキングが、住信SBIネット銀行なら無料住信SBIネット銀行以外からは330円となっています。

 なおインターネットバンキング、コンビニからの入金は、「クイック入金」と呼ばれ、口座に即時反映されます。

ただし住信SBIネット銀行以外のクイック入金を行った場合、資産の移転が7日間制限されるので注意しましょう。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出金手数料

ビットフライヤーの入金・出金手数料

出金手数料は出金額と金融機関によって異なります。

220円〜770円かかるので、出金前に把握しておくといいでしょう。

3 万円未満の出金 3 万円以上の出金
三井住友銀行の場合 220円(税込) 440円(税込)
三井住友銀行以外の場合 550円(税込) 770円(税込)

初心者のうちは少額から始めることが多く、取引所に資産がなくなるたびに入金を繰り返すことが多いです。

手数料で損をしてしまうので、できるだけまとめた金額を入出金するのが良いでしょう。

ビットフライヤーの手数料を抑える方法3つ

ビットフライヤーの手数料を抑える方法3つ

bitFlyerで手数料を抑えるには、以下の方法がおすすめです。

手数料を抑える方法3つ
  • 銀行を三井住友銀行・住信SBIネット銀行にする
  • トレード回数を減らす
  • 取引所を使用する

銀行を三井住友銀行・住信SBIネット銀行にする

bitFlyerで手数料を抑える1つ目のコツは、入出金時の銀行を「三井住友銀行・住信SBIネット銀行」にすることです。

前述したように、bitFlyerに入金するとき住信SBIネット銀行では手数料がかかりません。

 出金手数料も三井住友銀行にすることで、3万円未満の出金なら220円、3万円以上の出金なら440円と、300円お得になります。

住信SBIネット銀行によるクイック入金なら、資産の移動制限もないので重宝します。

また何度も入出金するとその分手数料がかかってしまうので、できるだけ回数を減らすのも手数料を抑えるコツです。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

トレード回数を減らす

ビットフライヤーの手数料を抑える方法3つ

トレード回数を減らすのも手数料を抑えるコツです。デイトレードやスキャルピングなど短期でトレードすると、手数料で損をすることになります。

長期投資に変えて、無駄な手数料を支払わないようにするのが仮想通貨投資で利益を出すコツと言えます。

取引所を使用する

仮想通貨の取引業者では「販売所形式」と「取引所形式」があります。「販売所形式」は手数料を無料にしている業者が多いですが、その分スプレッドがかかります。

たとえば2021年11月執筆時での、1BTCの売買価格は以下のような形になっています。

Ask(買値) 6,874,835円
Bid(売値) 6,473,937円

約40万円の価格差があるので、1BTCを購入したら、最低でも40万円以上価格上昇しなければ利益になりません。

スプレッドは日時によって変動があるので、いつも広いわけではないですが、販売所形式は損をしやすいです。

できるだけ取引所で売買をし、取引所にない銘柄のみ販売所で売買するといいでしょう。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーの取扱銘柄・通貨

ビットフライヤー(bitFlyer)の取扱銘柄・取扱通貨

取扱仮想通貨
(暗号資産)数

▼ビットコイン(BTC)

▼イーサリアム(ETH)

▼イーサリアムクラシック(ETC)

▼ライトコイン(LTC)

▼ビットコインキャッシュ(BCH)

▼モナコイン(MONA)

▼リスク(LSK)

▼リップル(XRP)

▼ベーシックアテンショントークン(BAT)

▼ステラルーメン(XLM)

▼ネム(XEM)

▼テゾス(XTZ)

▼ポルカドット(DOT)

▼チェーンリンク(LINK)

▼シンボル(XYM)

全15種の通貨を取り扱っており、他の取引所と比べると比較的多いです。※2022年4月5日時点

ビットコインはもちろん人気のアルトコインも購入できるため、初心者が最初に使う取引所としておすすめです。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーの取引ツール・アプリ

ビットフライヤー(bitFlyer)の取引ツール・アプリ

仮想通貨の取引業者では『販売所』と『取引所』の2種類に分かれていることが多いです。販売所は業者を相手にコイン売買を行い、取引所は他のユーザーを相手に売買を行います。

 ビットフライヤー(bitFlyer)では『販売所』と『bitFlyer Lightning(プロ向け取引所)』の他に、『取引所(簡単取引所)』も用意されています。

簡単取引所があるので、初心者でも簡単にユーザー同士の取引ができるようになっています。 (ただし、簡単取引所での売買はビットコインのみです。)

とはいえ通常は『bitFlyer Lightning』の売買板と呼ばれる画面(取引ツール)で取引を行うことが多くなるでしょう。

bitFlyer Lightningとは?
ユーザー同士の売買ができる仮想通貨取引ツール。現物・FX・先物取引などの取引が可能で、さまざまな注文方法に対応しています。

『bitFlyer Lightning』では、ビットコイン・イーサリアム・リップル・モナコイン・ステラルーメン・ビットコインキャッシュの現物取引が可能で、FXと先物取引はビットコインのみとなっています。

上記以外のコインをビットフライヤーで売買したい方は、販売所で取引を行いましょう。

現物取引

7種類
・ビットコイン/円(BTC/JPY)
・イーサリアム/円(ETH/JPY)
・モナコイン//円(MONA/JPY)
・リップル/円(XRP/JPY)
・ステラルーメン/円(XLM/JPY)
・イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
・ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

FX,先物取引

1種類
・ビットコイン/円(BTC/JPY)

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

また「bitFlyer Lightning」では利用者に合わせて3つのチャートが用意してあります。

「初心者向けのライトチャート」「詳細に分析したい人用のクリプトウォッチ」「ビットフライヤー専用のオリジナル」の3つで、それぞれ様々なインディケーターを使用できます。

初心者向けのライトチャートでも『SMA』『EMA』『ボリンジャーバンド』『パラボリックSAR』などが使用可能です。

ビットフライヤー(bitFlyer)のスマホアプリ

bitFlyer アプリ

ビットフライヤーではiPhone・Androidともにアプリがあり、無料でダウンロードが可能です。

入金・出金・送金・取引・販売所取引所の使用などスマホ1台で全て利用可能です。高機能のツールもPCと同じ要領で使用できるので、外出先でも困りません。

 ビットフライヤーのスマホアプリはUIが整っていて、初心者でも使いやすいです。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーの良い口コミ・評判

ビットフライヤー(bitFlyer)の良い口コミ・評判

ビットフライヤーの良い口コミ・評判
  • bitFlyer Lightningが使いやすく初心者にも分かりやすい
  • 問い合わせが丁寧で分かりやすい
  • 大手なので安心感がある

ビットフライヤー利用者の口コミでは「ツールが初心者にも使いやすくて分かりやすい」「問い合わせをした時にとても丁寧に対応してもらった」と挙げる方がいました。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーのイマイチな口コミ・評判

ビットフライヤー(bitFlyer)のイマイチな口コミ・評判

ビットフライヤーのイマイチな口コミ・評判
  • 販売所のスプレッドが広い
  • たまにサーバーダウンする時がある
  • 本人確認が通らない

ビットフライヤーのイマイチな口コミとしては「販売所でのスプレッドが広い」「たまにサーバーダウン」があるなどの意見が見られました。

 仮想通貨全体で大暴落が起こっているタイミングでサーバーダウンすると、損切りができなくなるので注意しましょう。国内の取引所では時々見られる現象です。

また本人確認がなかなか通らないという意見もありました。仮想通貨のクイック本人確認ではよくあることで、何度か送ると申請が通ることも多いです。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーのメリット

ビットフライヤーを利用するメリットは、大きく分けると以下の5つがあります。

ビットフライヤーのメリット
  • 大手企業が出資している信頼感がある
  • セキュリティ技術が高い
  • アルトコインの取扱が多い
  • レバレッジ取引が可能である
  • Tポイントをビットコインに交換することができる

大手企業が出資している信頼感がある

冒頭で紹介したように、ビットフライヤーは大手企業や3大メガバンクが出資しているので、信頼感が高いと言えます。

 SMBCベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、第一生命保険、三菱UFJキャピタル、三井住友海上キャピタル株式会社、GMOペイメントゲートウェイなど様々な企業が株主として出資しています。

仮想通貨取引所としては国内で最も資本金が大きく、世界でも2番目に大きい企業となっています。

※公式サイト文言より

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

セキュリティ技術が高い

セキュリティ技術が高い

ビットフライヤーは、これまでハッキング被害にあったことがなく、セキュリティ技術に信頼があります。

Webアプリケーション向けのセキュリティプラットフォーム「Sqreen」が世界にある140の仮想通貨取引所を対象に行ったセキュリティ対策調査では、世界トップに輝いた実績もあります。

 とは言えセキュリティには必ず抜け目がつきもの。個人でできるだけの対策は必ず行いましょう。

個人でできる不正ログインの対策としては、『二段階認証設定』『定期的なパスワードの変更』『パスワードを複雑にする』等があります。

またセキュリティソフトを入れたりアプリケーションは最新にしておくと、より安心です。

ビットフライヤーではログインをメールで通知する機能などがあります。

※ Sqreen 社調べ。2018年1月発表、世界140の仮想通貨取引所を対象に調査。

アルトコインの取扱が多い

ビットフライヤーは取扱通貨の数が多く、全部で15銘柄あります。ポルカドット(DOT)やベーシックアテンショントークン(BAT)、テゾス(XTZ)などは国内取引所での扱いが珍しい通貨です。

 少しマイナーなアルトコインは変動が激しいですが、うまく乗ることが出来れば大きく稼げるというメリットがあります。

取扱通貨の数自体はコインチェックの方が多いですが、コインチェックの取引所はビットコインしか売買できません。

ビットフライヤーでは6種類の通貨が扱えるので、スプレッドを抑えたお得な取引が可能です。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

将来有望!今後が期待できるアルトコインを紹介

将来有望なアルトコインおすすめ銘柄5選|時価総額ランキングも紹介

レバレッジ取引が可能

レバレッジ取引が可能

bitFlyer LightningのFXでは、レバレッジ取引が可能です。最大2倍まで効かせられるので、少額の資金から増やしていきたいという方におすすめです。

 金融庁が仮想通貨のレバレッジの上限を2倍までにしています。そのため日本国内では2倍が最大レバレッジとなっています。

またbitFlyer LightningFXで証拠金取引ができるので「売り」からもポジションを持つことが可能です。

現物のみだと「買い」に絞られますが、「ロング」からも「ショート」からも入れるのは大きな魅力ですね。
レバレッジ取引の詳細はこちら

レバレッジ取引対応のおすすめ仮想通貨(暗号資産)取引所3選!

Tポイントをビットコインに交換できる

ビットフライヤーでは日本で初となるTポイントをビットコインに交換できるサービスがあります。

100ポイントからビットコインに交換可能です。また対象加盟店にて『bitFlyerウォレット』でビットコイン決済をすると、500円毎に1ポイントが貯まります。

 現在交換可能な通貨はビットコインだけとなっているので注意しましょう。

簡単操作で交換できるので、お金を入金する前に簡易的に投資を試したい方にもおすすめです。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーのデメリット

ビットフライヤーのデメリット

ビットフライヤーのデメリット
  • 販売所でしか取扱のないコインがある
  • 手数料が高い

販売所でしか取扱のないコインがある

取扱通貨が多く、少しマイナーなコインも取り扱っているビットフライヤーですが、大半の通貨は販売所でしか売買できません。DOT・BAT・XTZなどの取引は販売所を利用する必要があります。

 販売所での売買にはスプレッド(見えない手数料)がかかります。ビットフライヤーのスプレッドは少々広めに設定されているので取引する時は注意しましょう。

他の会社には上場していないコインも多いので、状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

ビットフライヤーの手数料は高すぎる?

ビットフライヤーの手数料は高すぎる?

ビットフライヤーで仮想通貨を取引する際、手数料がかかります。以下はビットフライヤーの手数料一覧です。

簡単取引所,Lightning現物

約定数量 × 0.01 ~ 0.2%(各コインで異なります)

Lightning FX/Futures

無料

販売所 無料
銀行振込(日本円) 各銀行所定額
コンビニ入金 330円
クイック入金

・(住信SBIネット銀行からご入金の場合)無料

・(住信SBIネット銀行以外からご入金の場合)330 円(税込)/件

日本円出金

・三井住友銀行の場合:(3万円未満)220円、(3万円以上)440円

・三井住友銀行以外の場合:(3万円未満)550円、(3万円以上)770円

出典:https://bitflyer.com/ja-jp/commission

販売所、Lightning FX/Futuresどちらも取引手数料は無料となっています。

 ただし販売所のスプレッドは多少高めに設定されているので取引所を使う方がよいでしょう。

入金手数料は少し高いですが、住信SBIネット銀行を利用すれば無料になるので、これからどんどん使い倒したい方は開設しておくのも良いですね。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーの口座開設方法

ビットフライヤーの口座開設方法

bitFlyerで取引をするために、まず口座開設をしていきましょう。

以下の順に進めていきます。

口座開設の手順
  1. メールアドレスの入力
  2. パスワードの設定
  3. 基本情報の入力
  4. 2段階認証の設定
  5. 本人確認
  6. 銀行口座の登録

アカウント登録

公式サイトでメールアドレスを入力します。入力したメールアドレス宛てにキーワードが記載されたメールが届くので、キーワードを入力していきます。

次にパスワードの設定をして基本情報を入力しましょう。

 次に2段階認証の設定を行います。不正アクセス・ハッキングから資金を守るために重要なので、必ず設定しておきましょう。

本人確認

ビットフライヤーの口座開設方法

個人情報の入力を終えたら本人確認を行います。bitFlyerでは『クイック本人確認』『対面での本人確認』の2種類方法があります。

クイック本人確認は確認用書類と自身の顔を撮影するだけで本人確認ができる方法です。

 簡単にでき、早ければ即日で審査が完了するので、スマホを持っている方はクイック本人確認を選択しましょう。

対面で本人確認は、申請してから数日後に佐川急便から手紙が届くので、配送員に本人確認書類を提示しましょう。

入力した本人情報と照合し、内容が一致していれば本人確認完了です。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットフライヤーに関するよくある質問

ビットフライヤーに関するよくある質問

ビットフライヤーの入金手数料、出金手数料ってなに?
入金手数料とは、ビットフライヤーの口座へ日本円を入金する時にかかる手数料のことで、出金手数料は、取引所から日本円を出金する時にかかる手数料です。使いかたを工夫すれば手数料は安く抑えることができます。
ビットフライヤーの送金手数料ってなに?高い?
送金手数料とは、ビットフライヤーから別の取引所に仮想通貨を送金する時にかかる手数料のことです。金額は銘柄によって異なり、中には無料のものもあります。
ビットフライヤーの評判って?やばいって聞くけど…
仮想通貨のイメージで評判を決められることも多いですが、ビットフライヤーは国内最大級の仮想通貨取引所となっており、初心者にもわかりやすくなっています。
ビットフライヤーの取扱銘柄は何がありますか?
2022年4月現在、銘柄は全部で15種類となっています。ビットコイン、イーサリアム、ネム、リップル、ライトコイン、モナコインなどのメジャーなコインは全て扱っています。
ビットフライヤーのセキュリティに今まで問題はありませんか?

ハッキング被害にあったことはなく「Sqreen」が行った仮想通貨取引所のセキュリティ対策調査にて、世界トップに輝いた実績を持っています。

ビットフライヤー利用のメリットはなに?
大手の企業が出資しており、セキュリティが強固なので信頼性が高いです。また、取扱通貨も多く、アルトコインをたくさん扱っている部分も長所でしょう。Tポイントとビットコインを連携できるのも魅力と言えます。
ビットフライヤーでレバレッジ取引は可能ですか?
『bitFlyer Lightning』にて最大2倍までレバレッジ取引をすることが可能です。証拠金取引では空売り(ショート)からポジションを持つことも可能です。
かんたん積立は解除できますか?
可能です。アプリでログイン後「かんたん積立」に進み、解除したい通貨を選択しましょう。「削除する」をタップすれば解除完了です。
ビットフライヤーの専用アプリはありますか?
iPhoneとAndroid、それぞれにアプリがあります。仮想通貨の売買・チャート確認・送金・入出金など必要なことは全てアプリで完結できます。
入金が反映されません。
最長翌営業日までにアカウント残高へ反映されます。土日祝日の時は月曜日に反映されます。それでも反映しない場合は、問い合わせフォームより連絡しましょう。
ビットフライヤーで得た利益は確定申告が必要?
個人で取引をしている場合、暗号資産(仮想通貨)の売買で得た利益は原則日本の所得税の課税対象となっているため、一定の金額を超えた際は規定に基づいて確定申告をする必要があります。
ビットフライヤーを名乗った迷惑メールがあるって本当?
本当です。ビットフライヤーを装って、本人認証などを要求してくるメールはあるようです。
身に覚えのないメールの場合すぐに個人情報を入力するのは危険です。本当のメールかどうか確認してから対応するようにしましょう。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

まとめ

 

ビットフライヤーは通貨取扱数がとても多く、セキュリティ技術も高いので初心者におすすめの取引所です。

はじめて仮想通貨を売買する方や、大きいリスクは避けたいけれど、レバレッジの取引をしてみたい方の利用も多いようです。

まずはアカウントの開設をして売買してみましょう。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

暗号資産(仮想通貨)取引は、元本を保証するものでなく、価格変動により損失が生じる リスクがあります。お取引される際には、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってく ださい。

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事