仮想通貨(ビットコイン)の日本での使い方や使い道・活用方法を初心者向けに詳しく解説!

近年、需要が高まっている「仮想通貨」。その中でも特に知名度が高いのが、最初に生まれたビットコインです。

現代では、仮想通貨はさまざまな用途で使われており、身近な存在になってきています。送金手段や決済手段として使えるなど便利な存在です。

そこでこの記事では、仮想通貨(ビットコイン)の使い道・使い方について紹介します。

今後も使い道は増えていく見込みでありメリットも多いですが、いくつかデメリットもあるので注意しましょう。

仮想通貨とビットコインの違い

仮想通貨とは、現金と違い電子データのみで取引できる通貨のことで、デジタル通貨・暗号資産などとも呼ばれます。

法定通貨のように国家による法的な効力は持たず、インターネット上でのやり取りに使われます。

ビットコインは、2009年に運用を開始した最初に作られた仮想通貨のことです。仮想通貨の一種であり、ビットコイン以外の通貨を総称して「アルトコイン」とも呼びます。

主な仮想通貨の種類
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

仮想通貨は種類ごとに特徴が異なり、使用用途もその特性に合わせてさまざまです。例えば、送金・決済の速度が速いものや、ゲームなどの環境で使われるものなどがあります。

ブロックチェーン技術が使われている

仮想通貨には「ブロックチェーン」という技術が使われています。「ブロック」は取引データを記録する箱であり、ネットワークを通じてブロック同士をチェーンのように繋いでいます。

 このブロックのチェーンは、分散型台帳と呼ばれる仕組みであり、ネットワークの参加者が取引履歴を共有する仕組みです。

取引データはブロックチェーン内に分散されているため、改ざんすることは難しいです。

また、ブロックにはさまざまな暗号アルゴリズムが使われているため、改ざん耐性があり正確な取引データを保管できます。

このように、ブロックチェーン技術により高いセキュリティを担保でき、さまざまな用途で利用できるため今後も普及すると考えられています。

仮想通貨(ビットコイン)の使い道

ビットコインの使い道

現在では仮想通貨の用途は広がっており、利便性が高まっています。仮想通貨の主な使い道は次の8つです。

主な使い道
  • 送金手段
  • 決済手段
  • 公共料金の支払い
  • 寄付
  • プラットフォーム
  • 資金調達
  • 投資
  • 代替通貨
  • 現金化

送金手段

仮想通貨が世界中に広まった大きな要因は、送金手段として優れているからです。

 ビットコインの場合、送金先のアドレスを指定するだけで国内外問わず簡単に送金できます。

この送金手段の場合、金融機関を介せずに個人間での送金も行えます。また、金融機関を通した送金と比較すると、送金速度が速く、手続きが簡単で手数料が安いです。

例えば、銀行などの金融機関を使って国外に送金した場合だと、次のようになります。

国外に送金した場合
  • いくつかの銀行を経由するため、手続きが複雑になる
  • 入金までに数日~数週間かかる
  • 手数料が高額

それに対して仮想通貨(ビットコイン)を使った場合は、「アドレスを指定するだけなので手続きが簡単」「入金までにかかる時間は十分前後」「手数料は安価」といった点が特徴です。

仮想通貨の中には、ビットコインよりも処理速度が速く入金までに時間がかからないものもあります。

このように、送金する機会が多い人にとって仮想通貨はメリットを感じやすいです。

決済手段

仮想通貨で決済

仮想通貨は、買い物の決済手段としても使えるシーンが増えてきています。実際に、2017年4月に施行された改正資金決済法にて、仮想通貨が正式な決済手段として法的に認められました。

例えば、ビットコインの場合はビックカメラなどの大手家電量販店で支払いに利用できます。

 先程の通り、仮想通貨は現金と比較すると入金速度が速く手数料が安いです。

そのため、クレジットカードなどの決済よりもメリットが多いです。また、グローバル展開しているECサイトであれば、海外からの送金の時間を短縮できるでしょう。

このように、仮想通貨を使った決済手段はメリットが多いため、採用する店舗は増えると見込まれています。

他にも、NFTというデジタル資産を扱う「NFTマーケット」では、仮想通貨で支払いすることが多いです。

公共料金の支払い

仮想通貨の取り扱いを行う仮想通貨取引所の中には、公共料金の支払いサービスを提供しているものがあります。

国内の大手仮想通貨取引所である「コインチェック」では、電気料金の支払いに仮想通貨(ビットコイン)を使えるサービスを行っています。

 このサービスは「Coincheckでんき」というもので、ビットコインを使うことで電気代が割引されるのでお得です。

他にも、コインチェックでは「Coincheckガス」もあり、同様にガス料金をお得に支払いできます。

今後も、ビットコインを始めとする仮想通貨の普及により、公共料金の支払いで使えるサービスは増えていくでしょう。

寄付

仮想通貨には寄付に使うこともできます。ブロックチェーン技術によって誰が誰に寄付したかが明確であり、寄付の透明性が高いのが特徴です。

従来の寄付の場合、使い道が不透明だったり、必要な人に届いているかわからないことが課題です。

また、一般的な国外への寄付の場合、送金に時間がかかったり手数料が高かったりするでしょう。そのため、気軽に寄付できないことも大きな問題でした。

仮想通貨を使うことで、送金時間を短縮し手数料も安くなります。

プラットフォーム

プラットフォーム

仮想通貨の技術を使ってプラットフォームを構築しているものもあります。例えば、仮想通貨の1つであるイーサリアムは、その技術を使って「NFT」というデジタル資産を利用できます。

他にも、ゲームやアプリケーションなどを作成できる仮想通貨の種類も多いです。

 仮想通貨の種類である「エンジンコイン」では、「Enjinプラットフォーム」というものがありゲームを構築できます。

このEnjinプラットフォームを使っているゲーム同士では、ゲーム内で使えるアイテムを別のゲームで使うことができたり、NFTアイテムとして売買したりすることも可能です。

仮想通貨の種類によって、構築しているプラットフォームは異なり、それに伴って提供しているサービスや用途は変わります。

そのため、プラットフォームの内容によって需要は変わり価格の推移にも影響します。

資金調達

仮想通貨は資金調達の手段として使われることもあります。代表的な資金調達の方法であるICO(Initial Coin Offering)は、新規の仮想通貨を公開し、売却することで資金を調達します。

 資金調達するための新しいトークン(通貨)を発行し、投資家などに購入されることで、資金を集める方法です。

トークンを購入した投資家は、その企業が提供するサービスを受けられたり、売却することで利益を得られたりします。このICOを活用することで、企業は迅速に資金を調達できるでしょう。

投資

仮想通貨の投資

仮想通貨は投資対象でもあり、多くの個人投資家・機関投資家が投資しています。現在では、ビットコインを始めとする仮想通貨の需要は高まっており注目されています。

実際に、2017年には「仮想通貨バブル」と呼ばれる時期があり、複数の通貨の価格が急騰しました。

 取引を開始した当初の価格は低くても、社会情勢やその通貨のニーズが高まることで価格は上昇しやすいです。

このように、将来性がある仮想通貨を価格が低いときに購入し、価格が上昇したときに売却することで差分の利益が発生します。

仮想通貨は身近な存在になりつつあり、取引所によっては少額の取引も可能なので、気軽に投資できる対象として注目されています。

しかし、全ての仮想通貨の価格が将来的に高まるわけではないため、利益を得られない可能性も考えられるでしょう。

代替通貨

仮想通貨は国によっては法定通貨の代わり(代替通貨)として使われることがあります。

例えば、エルサルバドルではビットコインが法定通貨として採用されて話題になりました。

他にも、ベネズエラでは仮想通貨を政府主導で発行しています。このように、今まで使用していた法定通貨だけでなく、仮想通貨を法定通貨と同じように使うケースも増えています。

仮想通貨(ビットコイン)の使い方は簡単

仮想通貨の使い方

仮想通貨(ビットコイン)を使って決済するためには、口座を開設するなどの準備が必要です。下準備ができていれば、あとは店舗などで決済するだけなので簡単です。

まずは、仮想通貨取引所で口座を開設し、ビットコインなどの通貨を購入しましょう。

決済手順

店舗などでビットコインを使って決済するには、専用のウォレットが必要です。仮想通貨が取引所の口座にある状態では支払いに使えないので、口座にある通貨をウォレットに移動させます。

 取引所の口座だけでなく仮想通貨用のウォレットも作成しましょう。ウォレットのアドレス宛に取引所の口座から通貨を送金すれば完了です。

このように、ウォレットに通貨がある状態であれば、店舗の2次元コードを読み込むことで決済が完了します。

また、インターネットなどで買い物をするときは、決済画面にて送金先のアドレスを入力することで決済できます。

決済時の注意点

ビットコインなどの仮想通貨で決済したときは、場合によって「税金」が発生することがあるので注意が必要です。

仮想通貨は価格変動が激しいため、購入したときと支払いをしたときで価格は異なる場合があります。

 例えば、ビットコインの価格が安いときに購入し、価格が上がったときに買い物をすると、その差分が「利益」としてカウントされることが理由です。

1ビットコインを10万円で購入し、その後1ビットコインが50万円まで価格が上がったとします。そのときに、50万円の買い物をした場合、50万円の品物を10万円で購入したことになります。

つまり、50万円から10万円を差し引いた40万円が利益になり、この分が「所得金額」として課税対象になるため注意が必要です。

仮想通貨(ビットコイン)を使用するメリット・デメリット

仮想通貨のメリット・デメリット

メリット

仮想通貨(ビットコイン)の用途はさまざまですが、送金手段として利用できるため、普段から有効活用できます。

これから仮想通貨を始めてみようと考えている人であれば、どのようなメリットがあるのかを押さえておきましょう。

主なメリット
  • 個人間で直接送金ができる
  • 手数料が無料あるいは格安
  • 手続き・制限がない

個人間で直接送金ができる

仮想通貨の使い道は豊富であり、銀行などの金融機関を使わずに送金できます。国内外だけでなく、個人間で直接送金ができることも大きなメリットといえるでしょう。

また、ビットコインなどの仮想通貨であれば、インターネット環境があればいつでも・どこでもやり取りできます。

 例えば、家族や知人などに送金したい場合や、金融機関の営業時間以外に送金したい場合に便利です。

互いにビットコインを使っている状況であれば、時間を気にすることなく、緊急性が高い場合でも便利に使えます。

直接会ってお金を渡すのと同じように支払いができ、遠くにいる相手にもすぐに送金できるのも大きなメリットです。

手数料が無料あるいは格安

仮想通貨の取引手数料

仮想通貨の送金は、銀行などの金融機関を介した送金手段よりも格安です。利用する仮想通貨取引所にもよりますが、送金手数料が無料になる場合もあります。

送金・支払いをするときに、手数料が発生すると「もったいない」と感じてしまいやすいです。

普段から支払いなどで送金する機会が多い人であれば、手数料の支払いが高額になってしまいます。そこで、仮想通貨を利用すると手数料の問題を解決できるでしょう。

もし、支払いで仮想通貨に対応しているのであれば、積極的に使うのがおすすめです。

手続き・制限がない

銀行などの金融機関を使って送金する場合、手続きの手間が発生します。仮想通貨の場合であれば、送金先の口座やアドレスなどの情報を入力するだけなので、手間を大幅に省略できます。

 他にも、銀行を利用する場合には、送金金額に上限が設けられていることが多いです。

その点、仮想通貨であれば送金額の制限はないため、自分で設定した金額を相手に送ることができます。

デメリット

仮想通貨の活用にはさまざまなメリットがありますが、注意すべきデメリットもあります。安全に仮想通貨を使うためにも、どのような点に注意すべきなのか押さえておきましょう。

主なデメリット
  • 相場変動が大きい
  • サーバーダウンやシステムトラブルの可能性がある
  • 資産の盗難リスクがある

相場変動が大きい

仮想通貨はそのときの情勢により大きく価格が変動します。

例えば、ビットコインの価格は2017年始め、仮想通貨バブル前だと10万円前後でしたが、2017年12月には急騰し一時的に200万円を突破しました。

そこから価格は落ちましたが、2021年に再度高騰し700万円まで上昇しています。このように、それぞれの通貨のニーズの高まりに比例して価格も大幅に変動します。

 1年の中でも仮想通貨に関するニュースが報道されることで、価格は大きく変化することが多いです。

そのため、仮想通貨を得たときと使用するときの価格差により、大きく損してしまうことも考えられるでしょう。

価格が安定しないため大きな利益を得られる可能性がある分、損失が生まれる可能性もある点には注意しなければなりません。

サーバーダウンやシステムトラブルの可能性がある

サーバー

仮想通貨はデジタルデータであるため、インターネット環境などの影響を受けやすいです。

 例えば、普段仮想通貨を使用しているスマホやパソコン、インターネットが使えなくなってしまえば取引や決済はできません。

他にも、仮想通貨取引所のサーバーやシステムトラブルが発生した際にも、仮想通貨は使用できなくなってしまいます。現金と違いトラブルに弱い側面があるため注意が必要です。

資産の盗難リスクがある

仮想通貨はオンラインのネットワーク上で管理されているので、ハッキングなどにより資産が盗まれる可能性があります。

実際に、今までに仮想通貨取引所が攻撃を受けて多額の通貨が流出する事件が起きています。そのため、取引所の口座に仮想通貨を預けている場合、必ずしも安全とはいえません。

仮想通貨の口座を開設するときは、取引所が実施しているセキュリティ対策や保証などを確認することがおすすめです。

仮想通貨(ビットコイン)初心者におすすめの取引所

最後に、仮想通貨(ビットコイン)初心者におすすめの仮想通貨取引所をご紹介していきます。これから口座開設をする方はぜひ参考にしてみてくださいね。

当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。

Coincheck

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 親会社は大手マネックスグループなので信頼性がある
  • 取引アプリダウンロード数No.1
    ※対象期間 : 2021年1月~12月 データ協力 : AppTweak
  • 取り扱い通貨数は国内最大級の18種類
    ※2022年6月30日時点
  • 人気のビットコインが500円から買える

Coincheckは、マネックス証券を運営している大手金融企業の「マネックスグループ」が運営する仮想通貨取引所です。そのため、知名度や信頼性に関して安心感があります。

 初心者でも見やすい取引アプリに定評があり、アプリダウンロード数は440万を突破。App Storeでのレビューも4.3/5(9.2万件中)※2022年6月30日時点と高評価です。

500円からビットコインが購入できるため、最初はリスクを見ながら少額取引したいという方にもおすすめ。取扱いのある仮想通貨は18種類と国内取引所の中でも豊富です。

有名なビットコインやイーサリアムはもちろん、最近人気NFTゲーム「The Sandbox」で有名な仮想通貨「SAND」は2022年6月30日現在、国内大手取引所ではCoincheckでしか取り扱いがありません。

仮想通貨に興味がある初心者の方、マイナーコインやNFTにも挑戦したいという方は特にCoincheckがおすすめです。

ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱仮想通貨数
※2022年6月30日時点

【18種類】

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リスク(LSK)
  5. リップル(XRP)
  6. ネム(XEM)
  7. ライトコイン(LTC)
  8. ビットコインキャッシュ(BCH)
  9. モナコイン(MONA)
  10. ステラルーメン(XLM)
  11. クアンタム(QTUM)
  12. ベーシックアテンショントークン(BAT)
  13. アイオーエスティー(IOST)
  14. エンジンコイン(ENJ)
  15. オーエムジー(OMG)
  16. パレットトークン(PLT)
  17. サンド(SAND)
  18. シンボル(XYM)

手数料(税込)
2022年6月30日時点

【販売所手数料】

取引手数料:無料

【取引所手数料】

Taker手数料:0.000%
Maker手数料:0.000%

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料
    ※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

    レバレッジ取引

    -

    Coincheckのキャンペーン情報

    口座開設&入金で全員もらえる!】ビットコインあげちゃうキャンペーン
     
    期間中にCoincheckアプリにてかんたん本人確認で口座開設+口座開設してから72時間以内に入金完了 対象の方全員に1,500円相当のBTCをプレゼント!
    対象期間:2022年7月1日 00:00〜2022年9月30日 23:59

    ビットコインあげちゃうキャンペーン!

    Coincheck
    口座開設はこちら(無料)

    ※出典:Coincheck公式サイト

    DMM Bircoin

    DMM bitcoin

    DMM Bircoinのおすすめポイント
    • 大手DMMグループ運営の取引所なので安心
    • レバレッジ取引の取扱暗号資産銘柄国内No.1
      ※2022年7月時点
    • スマホ・PC共に利用しやすいツールが豊富
    • 取引手数料・入出金手数料など各種手数料が無料

     

    DMM Bitcoinは「株式会社DMM Bitcoin」によって運営されている仮想通貨取引所です。様々な事業を展開している「DMMグループ」の傘下に入っているので、知名度・信頼度・安全度が非常に高いと言えます。

     レバレッジ取引に特化した仮想通貨取引所で、19種類の仮想通貨をレバレッジ取引できます。レバレッジ取引の取扱暗号資産銘柄国内No.1です。※公式サイトより

    DMM Bitcoinでは初心者から上級者まで幅広いユーザーが利用しやすいように設計されているアプリをリリースしています。

    特にスマホ版はシンプルな「STモード」、PCツール並みの性能を備えている「EXモード」の2種類を利用することが可能です。

    レバレッジ取引にかかる手数料は無料となっていますので、ビットコインやイーサリアムなどのレバレッジ取引を行いたいという方にはおすすめの仮想通貨取引所となっています。

    BitMatch注文で手数料を抑えられる

    DMM Bitcoin
    口座開設はこちら(無料)

    取扱仮想通貨数
    ※2022年6月30日時点

     【19種類】

    1. ビットコイン(BTC)
    2. イーサリアム(ETH)
    3. リップル(XRP)
    4. トロン(TRON)
    5. ライトコイン(LTC)
    6. ビットコインキャッシュ(BCH)
    7. ステラ・ルーメン(XLM)
    8. イーサクラシック(ETC)
    9. オーエムジー(OMG)
    10. エンジンコイン(ENJ)
    11. ベーシックアテンショントークン(BAT)
    12. モナコイン(MONA)
    13. カルダノ(ADA)
    14. ポルカドット(DOT)
    15. アイオーエスティー(IOST)
    16. テゾス(XTZ)
    17. ネム(XEM)
    18. クアンタム(QTUM)
    19. シンボル(XYM)

    手数料(税込)
    2022年6月30日時点

    【販売所手数料】

    無料

    【取引所手数料】

    Taker手数料:0.000%
    Maker手数料:0.000%

    【入出金手数料】

    • 振込入金手数料:無料

    ※銀行手数料は利用者負担

    • クイック入金手数料:無料
    • 出金手数料:無料

    レバレッジ取引

    最大2倍

    DMM Bitcoinのキャンペーン情報

    新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント※1

    ハズレなし!最大3,000円がもらえる!はじめてのレバレッジ取引キャンペーン 2

    マーケットレポート連動企画!スプレッド縮小キャンペーン(第11弾)※3

    1 対象期間:2022年8月1日(月)7:00~2023年2月1日(月)6:59
    ※2 対象期間:
    2022年8月1日(月)7:00~2022年9月1日(木)6:59
    ※3 2022年8月1日(水)~2022年9月30日(金)土日祝日・メンテナンス時間を除く、マーケットレポート公開日の15時00分~21時00分(その日のマーケットレポートを公開後、15時00分から開始となります)

    BitMatch注文で手数料を抑えられる

    DMM Bitcoin
    口座開設はこちら(無料)

    出典:DMM Bitcoin公式サイト

    BITPOINT

    BITPOINT

    BITPOINTのおすすめポイント
    • 東証プライム市場上場企業が運営しているので信頼できる
    • DEP・JMYなど13種類の仮想通貨を取引可能
    • シンプルで初心者〜上級者まで利用しやすいアプリ
    • 取引手数料・入出金手数料など各種手数料が無料

     

    BITPOINTは「株式会社ビットポイントジャパン」によって運営されている仮想通貨取引所です。株式会社ビットポイントジャパンは東証プライム市場に上場している企業で、非常に信頼度は高いと言えるでしょう。

     BITPOINTではビットコインやイーサリアムなどのメジャー通貨はもちろん、ジャスミーやディープコインなどの他では中々見られない銘柄を取り扱っています。

    BITPOINTでは13種類の仮想通貨を「現物取引」「レンディング」「暗号資産の入出金」で取引することが可能です。

    レンディングは保有している仮想通貨を取引所に貸し出すことによって、賃借料を得られるサービス。

    価格変動に関係なく賃借料を得ることができますので、不安定な仮想通貨取引と異なり、安定的な収入を得ることができます。

    レンディングをリリースしている取引所は少ないので、仮想通貨で安定的な収入を得たい方にはおすすめです。

    手数料0円でマイナーコインが買える

    BITPOINT
    口座開設はこちら(無料)

    取扱仮想通貨数
    ※2022年6月30日時点

    【13種類】

    1. ビットコイン(BTC)
    2. ビットコインキャッシュ(BCH)
    3. イーサリアム(ETH)
    4. ライトコイン(LTC)
    5. リップル(XRP)
    6. ベーシックアテンショントークン(BAT)
    7. トロン(TRX)
    8. エイダ(ADA)
    9. ジャスミー(JMY)
    10. ポルカドット(DOT)
    11. チェーンリンク(LNK)
    12. ディープコイン(DEP)
    13. アイオーエスティー(IOST)

    手数料(税込)
    2022年6月30日時点

    【販売所手数料】

    無料

    【取引所手数料】

    Taker手数料:0.000%

    Maker手数料:0.000%

    【入出金手数料】

    • 即時入金手数料:無料
    • 入金手数料:無料

    ※銀行手数料は利用者負担

    • 出金手数料:無料

    ※銀行手数料は利用者負担

    レバレッジ取引

    -

    手数料0円でマイナーコインが買える

    BITPOINT
    口座開設はこちら(無料)

    出典:BITPOINT公式サイト

    bitFlyer

    bitflyer

    bitFlyerのおすすめポイント
    • 7年間ハッキング0の強固なセキュリティ
    • ビットコイン取引量6年連続No.1

    ※国内暗号資産交換業者における2016年〜2021年の年間出来高

    • 「bitFlyer Lightning」は多彩なテクニカル指標を搭載
    • メジャー通貨の販売所・取引所手数料は無料

     

    bitFlyerは「株式会社bitFlyer」が運営している仮想通貨取引所です。 セキュリティ体制に定評があり、7年間ハッキング件数0と非常に優秀。

    他社よりもいち早く最新のセキュリティシステムを導入するなど、セキュリティに対し積極的な姿勢を見せています。。

     bitFlyerはビットコインの取引量がとにかく多く、取引量では2016年〜2021年の6年間連続No.1を獲得しています。※公式サイトより

    bitFlyerでは上級者向け取引ツール「bitFlyer Lightning」をリリースしています。bitFlyer Lightningには多彩なテクニカル指標が搭載されているので、上級者でも満足できるでしょう。

    またbitFlyerでは、ビットコインをはじめとする15種類の仮想通貨を1円から取引することが可能です。いきなり大金をつぎ込むのが怖いという方は、少額投資を行えるbitFlyerがおすすめです。

    業界最長7年ハッキングゼロ!

    bitFlyer
    口座開設はこちら(無料)

    取扱仮想通貨数
    ※2022年6月30日時点

    【15種類】

    1. ビットコイン(BTC)
    2. イーサリアム(ETH)
    3. イーサリアムクラシック(ETC)
    4. ライトコイン(LTC)
    5. ビットコインキャッシュ(BCH)
    6. モナコイン(MONA)
    7. リスク(LSK)
    8. リップル(XRP)
    9. ベーシックアテンショントークン(BAT)
    10. ステラルーメン(XLM)
    11. ネム(XEM)
    12. リスク(LISK)
    13. テゾス(XTZ)
    14. チェーンリンク(LINK)
    15. ポルカドット(DOT)

    手数料(税込)
    2022年6月30日時点

    【販売所手数料】

    無料

    【取引所手数料】

    0.01〜0.15%

    【入出金手数料】

    • 入金手数料:

    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行の場合):無料

    クイック入金手数料(住信SBIネット銀行以外の場合):330円(税込)

    • 出金手数料

    三井住友銀行の場合

    3万円未満:220円(税込)

    3万円以上:440円(税込)

    三井住友銀行以外の場合

    3万円未満:550円(税込)

    3万円以上:770円(税込)

    レバレッジ取引

    最大2倍

    bitFlyerのキャンペーン情報

    毎日最大 10 名様に 1,000 円が当たる!アプリ限定ログインボーナスプログラム

    仮想通貨取引経験があり、スマホアプリ「bitFlyer ウォレット」からログインされた方を対象に、毎日抽選で最大 10 名様に 1,000 円相当、 最大 3,000 名様に 5 円相当のビットコインをプレゼント

    対象期間:2020 年 7 月 1 日(水)午前 00 時 00 分~終了期間未定

    業界最長7年ハッキングゼロ!

    bitFlyer
    口座開設はこちら(無料)

    出典:bitFlyer公式サイト

    GMOコイン

    GMOコイン

    GMOコインのおすすめポイント
    • 東証プライム上場の「GMOインターネット」運営で安心
    • 取扱銘柄数国内No.1!
      ※JVCEA「取扱暗号資産及び暗号資産概要説明書」をもとに算出
    • 現物からレバレッジまで行えるアプリをリリース
    • 入出金手数料など各種手数料が無料

     

    GMOコインは東証プライム上場企業「株式会社GMOコイン」によって運営されている仮想通貨取引所です。

    株式会社GMOコインは「GMOインターネット」の傘下であり、グループで培われた金融業界ノウハウを利用しているため、安心・信頼して利用することが可能です。

    即時入金手数料・日本円出金手数料などの各種手数料が無料に設定されているので、取引コストを少しでも下げたいという方には最適でしょう。

     GMOコインで取り扱っている仮想通貨銘柄は全部で22種類。メジャー通貨はもちろん、FCRコイン・メイカーなどのマイナー通貨も取り扱っています。

    GMOコインではインターネットと切り離して保有通貨の管理を行う「コールドウォレット」を採用しているので、ハッキングのリスクは非常に低いです。

    またアプリの使いやすさにも定評があり、現物取引からレバレッジまでスマホ上で行えるアプリがリリースされています。

    とにかくセキュリティ性能が高い仮想通貨取引所を利用したいという方にはおすすめです。

    金融業界大手GMOグループが運営

    GMOコイン
    口座開設はこちら(無料)

    取扱仮想通貨数
    ※2022年6月30日時点

     【22種類】

    1. ビットコイン(BTC)
    2. イーサリアム(ETH)
    3. ビットコインキャッシュ(BCH)
    4. ライトコイン(LTC)
    5. リップル(XRP)
    6. ネム(XEM)
    7. ステラルーメン(XLM)
    8. ベーシックアテンショントークン(BAT)
    9. オーエムジー(OMG)
    10. テゾス(XTZ)
    11. クアンタム(QTUM)
    12. エンジンコイン(ENJ)
    13. ポルカドット(DOT)
    14. コスモス(ATOM)
    15. シンボル(XYM)
    16. モナコイン(MONA)
    17. カルダノ(ADA)
    18. メイカー(MKR)
    19. ダイ(DAI)
    20. チェーンリンク(LINK)
    21. FCRコイン(FCR)

    手数料(税込)
    2022年6月30日時点

    【販売所手数料】

    無料

    【取引所手数料】

    Maker:-0.01%

    Taker:0.05%

    Maker:-0.03%

    Taker:0.09%

    【入出金手数料】

    • 即時入金手数料:無料(銀行手数料は利用者負担)
    • 出金手数料

    通常:無料

    大口:400円

    レバレッジ取引

    最大2倍

    GMOコインのキャンペーン情報

    暗号資産を購入すると現金1,000円が当たる!(毎日10人)
    対象者:販売所または、つみたて暗号資産において、暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方

    暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる
    対象者:600万円以上の新規取引をした方対象
    2022年7月5日実施確認。終了日未定

    金融業界大手GMOグループが運営

    GMOコイン
    口座開設はこちら(無料)

    出典:GMOコイン公式サイト

    まとめ

    この記事では、仮想通貨(ビットコイン)の使い道・使い方について解説しました。仮想通貨の使い道は徐々に増えてきており、今後もさまざまな分野で活用されることが期待されています。

    インターネット環境があれば24時間いつでも送金できたり、決済手段として利用できたりするためメリットは多く便利です。

    しかし、セキュリティリスクや価格が大きく変動する可能性などデメリットもあるので注意してください。

    仮想通貨に興味がある人は、使い道だけでなくメリットとデメリットも押さえておきましょう。
    ビットコインあげちゃうキャンペーン!

    Coincheck
    口座開設はこちら(無料)

    関連記事|仮想通貨(暗号資産)

    この記事もあわせて読む
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事