ビットコインFX(暗号資産FX)とは|儲かる?仕組みや税金も解説!

「ビットコインFXって儲かるのかな?」と思っていませんか?ビットコインFXに興味はあるものの、リスクが高いイメージもあり、躊躇している方もいることでしょう。

そこでこの記事では、ビットコインFX(暗号資産FX)の仕組みや、メリット・デメリットオススメの取引所3選について解説していきます。

ビットコインFXが気になっている方にオススメの内容です。ぜひ参考にしてください。
ビットコインFXが可能!!

おすすめの
仮想通貨取引所はこちら!!

仮想通貨FX/ビットコインFXとは?仕組みを解説

仮想通貨/ビットコインFXとは?仕組みを解説

ビットコインFXとは、手持ちの資金を担保にして、保有資金より多くのビットコインを売買できる取引手法です。現在日本国内では、仮想通貨取引のレバレッジは最大2倍に設定されています。

 つまり、10万円の資金で最大20万円の取引が可能ということになりますね。

このように、保有資金を超えた金額でのトレードを行えるのがビットコインFX。資金効率を上げ、効率よく稼ぐことが可能になっています。

現物取引のときと同じトレードで、利益を2倍にできる取引手法なのです。
ビットコインFXが可能!!

おすすめの
仮想通貨取引所はこちら!!

ビットコインFXは差金決済

仮想通貨/ビットコインFXとは?仕組みを解説

ビットコインFXは仮想通貨の現物とは違い、差金決済という仕組みで成り立っています。差金決済とは、取引が終わった際の損益で決済すること。

現物を購入した場合、購入した分の仮想通貨が手に入ります。しかし、ビットコインFXではポジションを持っても、その分の仮想通貨が手に入るわけではありません。

 ビットコインFXでは、ポジションを持っても、実際には仮想通貨を所有しているわけではないのです。

ビットコインFXでは、ポジションを清算し最終的に利益もしくは損失が決定します。その際に初めて、損益が確定し支払いがなされます。

この仕組みにより、現物取引ではできないトレードも可能になっています。売りから入る取引により、下落相場でもトレードチャンスが生まれるのです。

ビットコインFXではポジションを決済するまでは、実際には仮想通貨のやり取りは生まれません。そのため、売りから入る取引が可能です。

仮想通貨/ビットコインFXのメリットとは?

ビットコインFX/暗号資産FX

ビットコインFXの仕組みがわかったところで、投資方法としてのメリットについても知っておきましょう。

仮想通貨でFX取引をする主なメリットとして以下の4つが挙げられます。

仮想通貨/ビットコインFXのメリット
  • 少額の資金で大きな利益を狙える
  • 少ない資金で始められる
  • 下落相場でも利益を出せる
  • 24時間365日取引可能

では詳しく解説していきます。

少額の資金で大きな利益を狙える

仮想通貨/ビットコインFXのメリットとは?

少額の資金でも、利益を上げやすいのもメリットと言えるでしょう。レバレッジとは、もともと「てこの原理」という意味。少ない力で重いものを持ち上げることを意味しています。

 投資の世界では、少ない資金で大きなお金を動かすことを、レバレッジと呼ぶようになりました。

例えば100万円の資金であれば、本来は言うまでも無く100万円分の取引しかできません。

しかし、レバレッジ取引をすれば2倍の200万円の取引が可能です。取引が成功すれば同じトレードで2倍の利益を出すこともでき、取引の効率が上昇します。

少額資金でも大きな利益を出すチャンスがあるのですね。

ビットコインFXが可能!!

おすすめの
仮想通貨取引所はこちら!!

下落相場でも利益を出せる

仮想通貨/ビットコインFXのメリットとは?

現物での取引の場合、仮想通貨の価格があがったときのみ利益が出ます。そのため、トレードチャンスは多いとは言えません。

 場合によっては購入までに数か月待たなければならないこともあるでしょう。

一方、ビットコインFXであれば、売りから入る取引も可能です。価格が下落に向かっている局面でも利益が出せるため、取引チャンスが大幅に増えます。

ビットコインFXなら、仮想通貨が暴落しているときを、チャンスとしてとらえることも可能です。
ビットコインFXが可能!!

おすすめの
仮想通貨取引所はこちら!!

24時間365日取引可能

仮想通貨/ビットコインFXのメリットとは?

FXや株式の取引では、取引可能時間は限られています。FXは土日は相場が動かないため取引できず、株も時間に制限があります。

 FXは平日のみ、日本国内の株は9:00~15:00のみと取引可能時間が限られています。

その点、ビットコインFXであれば、時間に関係なく取引できます。時間の都合で、FXや株取引が思うようにできなくとも、ビットコインFXなら利益を上げられます。

サラリーマンや主婦の方のように、取引可能時間が限られている人でも、ビットコインFXなら取引チャンスがあります。

ビットコインFXができるおすすめ取引所3選

暗号資産/ビットコインFXにおすすめの取引所3選
口座開設完了で2,000円もらえる!

bitFlyer口座開設完了で2,500円相当のビットコインもらえる!

GMOコイン暗号資産FXで1万円が当たるチャンス!

ビットコインFXの手数料比較【一覧】

DMM Bitcoin (DMMビットコイン) ・取引手数料:無料(スプレッドのみ発生)
・レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% / 日
bitFlyer(ビットフライヤー) ・Lightning FX/Futuresの取引手数料:無料
・レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% / 日
GMOコイン ・取引手数料:無料
・レバレッジ手数料:ポジション金額の0.04% / 日

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMMビットコインのここがオススメ
  • 新規口座開設でもれなく全員2,000円がもらえる!※1
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1※2
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能
  • 最短1時間以内に取引スタート!※3

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMMビットコインは、レバレッジ取引可能な銘柄数が19種類国内№1※2を誇る取引所です。

チャート分析ツールが高機能な点も特徴的。インジケーターを用いた相場分析や、OCOなどの特殊注文が利用できます。

 DMMビットコインのスマートフォン版取引システムアプリはダウンロード数100万を突破し、チャート分析や特殊注文が出来る優れもの!

初心者は「STモード」、より高度な取引がしたい上級者は「EXモード」と、トレーダーに合わせてモードの使い分けが可能です。

DMM Bitcoin アプリ

また、様々な手数料が完全無料な点も魅力的です。入出金手数料や取引手数料など、複数のコストがかからなくなっています。

サポートも充実しており、365日問い合わせフォームや、LINEから問い合わせを受け付けています。

口座開設もスピーディーで、スマホで申し込めば最短1時間後※3に取引開始可能です。

取扱い通貨数

12種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

無料

仮想通貨の送金手数料

無料

入金手数料

クイック入金:無料

振込入金:無料(銀行手数料は利用客負担)

出金手数料

無料

社名

株式会社DMM Bitcoin

出典:「取引概要」-DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

bit Flyer(ビットフライヤー)

Bit Flyer(ビットフライヤー)

Bit Flyerのここがオススメ
  • 口座開設完了で2,500円相当のビットコインをプレゼント!※1
  • BTCの取引量が国内№1※2
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • 13種類の仮想通貨を100円から売買可能
  • Tポイントをビットコインに交換できるめずらしいサービスも提供
  • 最短10分で口座開設可能※3思い立ったその日に取引が始められる!※4

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerビットコインの取引量が国内№1の仮想通貨取引所。最大2倍のレバレッジを掛けた状態でトレードが可能です。

 bitFlyer lightningでは、FX取引が可能。下げ相場でも利益を狙えます。

bitFlyer linghtningでは、2倍のレバレッジを掛け、板情報を確認しながら取引できます。OCO、指値・逆指値、トレイルなどの特殊注文も利用可能です。

さらに、スマホアプリでもレバレッジ取引は可能。PC版に負けず劣らずの高機能ツールで、トレードができます。

bitFlyer lightningでも、売買手数料は完全無料ですよ。
bitFlyerでは人気アルトコインのリップルやイーサリアムなどを、100円、1,000円程度で少額購入できるので、少ない資金でも始められます。
キャンペーンを開催している今、bitFlyerで口座開設してみてはいかがでしょうか。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

取扱い通貨数

13種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

0.01%~0.20%

仮想通貨の送金手数料

通貨により異なる

入金手数料

  • 銀行振込手数料 : 各銀行所定
  • クイック入金手数料
    • 住信SBIネット銀行から:無料
    • 住信SBIネット銀行以外から:330円(税込)

出金手数料

220円~770円(税込)

社名

株式会社 bitFlyer

出典:「手数料一覧・税」-bitFlyer

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerの特徴・口コミ評判を詳しく解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と口コミ・評判|手数料やメリット

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのここがオススメ
  • 暗号資産FXで毎日1人に現金10,000円が当たるキャンペーン開催中!※1
  • オリコン顧客満足度№1※2
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多※3
  • APIでの自動売買も可能
  • 販売所、レバレッジ(取引所・暗号資産FX)・つみたてなど豊富なサービスを用意!自分の取引スタイルに合わせられる

 

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコイン人気10銘柄でレバレッジ取引が可能な仮想通貨取引所。ビットコインを始め、イーサリアム、リップルなどのアルトコインもレバレッジ取引可能です。

取引コストが安いこともGMOコインの特徴と言えます。レバレッジ取引の注文・約定手数料、ロスカット手数料が無料です。

 様々な手数料が完全無料で取引可能なのは、うれしいポイントですね。

口座開設の速さも魅力的。申し込みから最短10分程度でビットコインの取引が開始できます。

また、チャート分析ソフトにtradingviewを採用しているのも特徴と言えます。

Trading view

TradingViewとは?
快適な使用感が魅力の新世代チャート。世界中のトレーダーに愛用されている分析プラットフォームの1つです。

様々なインジケーター・描画ツールを利用可能できます。自分好みのチャートを簡単に作成できるのが嬉しいポイントです。

スマホアプリも高機能で、テクニカル分析や特殊注文を自由自在に使うことができますよ。
取扱い通貨数 12種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

取引所手数料:Maker(受け取り)-0.01%

Taker(支払い)0.05%

仮想通貨の送金手数料

無料

入金手数料

無料

※銀行振込手数料のみ自己負担

出金手数料

出金手数料:無料

社名

GMOコイン株式会社

出典:GMOコイン 公式サイト

GMOコインのキャンペーン情報

暗号資産を購入すると現金1,000円が当たる!(毎日10人)
※対象者:販売所または、つみたて暗号資産において、暗号資産(仮想通貨)を1回以上購入した方

暗号資産FXで毎日1人に10,000円が当たる
※対象者:600万円以上の新規取引をした方対象
終了期間未定

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインの口コミ評判はこちら

GMOコインの良い評判・悪い口コミ|登録前に知っておくべきこと

仮想通貨/ビットコインFXのデメリットとは?

ビットコインFXのメリットについては前述しましたが、デメリットはあるのでしょうか?

考えられるデメリットとして以下の4つがあります。

ビットコインFX デメリット

ではそれぞれ詳しく見ていきましょう。

ビットコインFXのデメリット
  • 損した際のマイナスも2倍になる
  • レバレッジ手数料が発生する
  • ロスカットされる可能性がある
  • 長期保有すると手数料が高くなる

損した際のマイナスも2倍になる

仮想通貨/ビットコインFXのデメリットとは?

仮想通貨のレバレッジ取引では、証拠金の2倍まで資金を動かすことができます。そのため、現物取引に比べ2倍の利益を出せる可能性があります。

しかし、リターンが大きくなるということは、リスクも大きくなるということ。あらかじめ予測した方向とは反対に相場が動けば、損失も2倍になってしまいます。

 リスクが大きくなるデメリットも存在するということを理解し、レバレッジ取引を利用するようにしましょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ手数料が発生する

仮想通貨/ビットコインFXのデメリットとは?

レバレッジ取引では、日をまたいでポジション所有した際に、手数料が発生する点にも注意が必要です。

 利確や損切などの操作を一切していなくても、ポジションを保有するだけで必ず手数料が発生します。

レバレッジ手数料は、ポジションを保有している間、永続的に発生します。レバレッジ取引の際には、可能であればその日のうちに決済し取引を終了させることをオススメします。

レバレッジ取引においては、数か月単位でポジションを所有するような、長期的な取引は避けた方がいいでしょう。

ロスカットされる可能性がある

仮想通貨/ビットコインFXのデメリットとは?

ロスカットとは、含み損が膨らみ一定水準に達すると、強制決済される仕組みのこと。仮想通貨FXではレバレッジをかけて証拠金以上の資金運用ができるため、証拠金を超えるマイナスを出す可能性があります。

そのため取引所では、証拠金維持率が一定割合を下回ると強制ロスカットを行います。トレーダーが所持金以上の損失を被らないよう、守る仕組みになっているのです。

 証拠金以上のマイナスを被ると、追証と言って取引所から追加での支払いを請求されてしまいます。そうならないよう、ロスカットの仕組みが存在しているのです。

強制ロスカットの仕組みにより、利用者は借金状態に陥らずに済みます。しかし、強制決済されてしまうと、その時点で損失が確定してしまうのも事実。

ロスカットになる証拠金維持率は、取引所によって違います。ビットコインFXを行う前に、ロスカットになる水準の確認をしておいた方がいいでしょう。

できるだけロスカットの水準にならないことが最善です。予想が外れたときには早めに損切りし、マイナスを最小限に食い止めましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

長期保有すると手数料が高くなる

仮想通貨/ビットコインFXのデメリットとは?

レバレッジを掛けて行う取引では、レバレッジ手数料と呼ばれるコストが存在します。レバレッジ手数料はポジションを持った瞬間に発生するものではなく、ポジションを持ったまま日を跨ぐと発生する手数料です。

 レバレッジ手数料は多くの取引所で0.04%/日程度に設定されていることが多いです。

レバレッジ手数料はそれほど金額が大きくないため、基本的には存在を気にする必要は無いでしょう。

しかし、長期間ポジションを保有する場合は話が別です。1日では0.04%でも時間の経過と共に、そのコストは膨れ上がっていきます。

仮に数週間~数か月単位での長期保有をした場合、レバレッジ手数料は無視できない金額になるでしょう。
そのため、レバレッジ取引においてはポジションの長期保有はおすすめできません。できれば当日中に決済するのが望ましく、長くても数日以内には、ポジションを手仕舞うことをおすすめします。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨FX/ビットコインFXを始める流れ

仮想通貨FX/ビットコインFXを始める流れ

仮想通貨FX/ビットコインFXを始める流れ
  • 仮想通貨FXを取り扱う取引所の口座を作る
  • 資金を入金する
  • 取引口座に資金を移動する
  • 取引開始

仮想通貨/ビットコインFXは儲かる?

ビットコインFXは儲かるのでしょうか?結論から言えば、儲かる可能性は十分にあります

仮想通貨/ビットコインFXが儲かる理由
  • ボラティリティが大きい
  • 特殊注文でリスクをコントロールできる
  • 相場分析で投資戦略を建てられる

ボラティリティが大きい

仮想通貨/ビットコインFXは儲かる?

仮想通貨はボラティリティが大きく、稼げるチャンスがたくさんあります。

たった1日の間でも、為替相場ではありえないぐらいの値動きがあるため、毎日でも取引のチャンスがあると言えます。

 いつの時間帯でも大きな値動きがあるのが、ビットコインの魅力です。

もちろん、思惑と反対の方向に相場が動けば、損失を出すこともあるでしょう。しかし、予想した方向に相場が向かったときに出せる利益は、非常に大きなものになります。

レバレッジ取引はリスクが大きくなりますが、その分稼げるチャンスも大きくなるのですね。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

特殊注文でリスクをコントロールできる

仮想通貨/ビットコインFXは儲かる?

仮想通貨FXでは特殊注文を利用することで、ポジションを持つタイミングや、利確・損切するタイミングをあらかじめ設定できます。

 ICO注文、IFO注文などの、特殊注文方法を利用可能な取引所も祖存在します。

特殊注文を利用すると、感情に左右されない、ルールに基づいた機械的なトレードがを行えるようになります。そのため「儲けるときは大きく、損するときは小さく」を実現した確実なトレードが可能と言えるのです。

戦略に基づいた取引により、確実に資産を増やせるのですね。

相場分析で投資戦略を建てられる

仮想通貨/ビットコインFXは儲かる?

チャート分析を行うことで、相場の流れを予測できるのも、ビットコインFXの特徴です。過去チャートで値動きを確認したり、インジケーターでの分析を行えます。

そのため、今後の値動きを根拠を持った予測をしたうえで、根拠を持った売買を行うことが可能です。

 そのため、ビットコインFXはただのギャンブルとは違うのです。

相場を分析し、予想通りにチャートが動けば利益を伸ばす。反対方向に動いた場合、損切しえ損失を小さく抑えることが可能です。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

仮想通貨/ビットコインFXの税金はどうなる?

仮想通貨/ビットコインFXの税金は分離課税

仮想通貨/ビットコインFXの税金はどうなる?

仮想通貨/ビットコインFXの税金は雑所得に分類されます。株式や国内FXは分離課税で税率は一律で20%程度ですが、仮想通貨取引の税金は累進課税です。

 利益が大きくなればなるほど、税金が大きくなるということですね。

具体的な税率は以下のようになります。

195万円以下 5%(控除額:0円)
195~330万円 10%(控除額: 97,500円)
330~695万円 20%(控除額: 427,500円)
695~900万円 23%(控除額:636,000円)
900~1800万円 33%(控除額:1,536,000円)
1800~4000万円 40%(控除額:2,796,000円)
4000万円以上 45%(控除額: 4,796,000円)

※参照:国税庁

一例を挙げると、ビットコイントレードで、200万円の利益を得たとします。すると、以下のように税金がかかります。

200万円×税率10%ー控除額97,500円=10,2500円

上記はあくまで基礎控除のみを考慮し、単純計算した数値です。実際には、医療費控除や住宅ローン控除など、様々な控除が存在します。

税率の詳細を計算する際には、税理士や税務署に相談するといいでしょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

ビットコインFXとFXの違い

ビットコインfxとfxの違い

投資がはじめての方は、『暗号資産FX』と『FX』の違いが分からない方も多いでしょう。この2つは別物なので注意しましょう。

暗号資産FXは、ビットコインやイーサリアム・ライトコインなどの暗号資産にレバレッジをかけて証拠金取引を行うもの。その中でもビットコインの証拠金取引をビットコインFXと呼びます。

 一方FXは、日本円やドルなど法定通貨にレバレッジをかけて取引を行うもので「外国為替証拠金取引」を指しています。

仮想通貨のレバレッジは最大2倍までに設定されていますが、FXは最大25倍まで可能です。

為替と暗号資産どちらも取り扱っている取引所もありますが、暗号資産(仮想通貨)取引所では基本的に暗号資産のみの取扱いとなっています。

参考:ビットコイン(暗号資産)FXとは?レバレッジ取引との違い-DMM Bitcoin

ビットコインFXのやり方

ここからはビットコインFXのやり方をbitFlyerの画面を例に解説していきます。取引所によって画面や名称は異なりますが、大きな差はありませんので是非参考にしてください。

bitFlyerにログインしたら画面左側にある「bitFlyer Lightning」をクリックしましょう。

bitFlyer Lightning(取引所)でのXRP購入方法

「bitFlyer Lightning」の画面が表示されます。

はじめにレバレッジを変更するために画面左の「ハンバーガーメニュー」をクリックしましょう。

ビットコインfxのやり方

次に「設定」をクリックしてください。

ビットコインfxのやり方

レバレッジ設定画面が表示されます。通常は1倍になっています。

レバレッジをかけて購入する場合は、2倍に変更しましょう。日本国内の仮想通貨取引所ではレバレッジ設定が2倍までと定められています。

ビットコインfxのやり方

レバレッジ設定が終わったら、はじめの画面に戻り、上部にある「FX」をクリックしましょう。

ビットコインfxのやり方

FX選択画面が表示されるので、「BTC-FX/JPY」を選択しましょう。

「BTC-FX/JPY」は通貨ペアのことを指しており、JPY(日本円)建てでBTC(ビットコイン)を売買するという意味になります。bitFlyerのFX通貨ペアは1種類のみとなっています。

ビットコインfxのやり方

「BTC-FX/JPY」を選んだら、次に注文方法を選択しましょう。

bitFlyerでは「指値」「成行」「特殊」の3つの注文方法から選択可能です。

ビットコインfxのやり方

特殊注文は6つに分類されます。

以下にそれぞれの注文方法の特徴をまとめていますので、参考にしてください。

指値注文 希望する売買価格を指定して注文する方法です。指定した金額より良い条件の金額になれば約定します。
成行注文 売買価格を指定せずに注文する方法です。買いなら、そのとき一番安く売り注文をしている人と、売りなら、そのとき一番高く買い注文している人と売買成立します。
ストップ注文(逆指値注文) トリガー価格を設定し、その価格を超えたら注文をだす方法です。現在価格より不利な金額を指定して注文する方法です。損切りのときや、上昇トレンドに乗っかるために使用します。トリガー価格を超えたら成行注文が行われます。
ストップリミット注文 トリガー価格を設定し、その価格を超えたら注文をだす方法です。ストップ注文とは違い、トリガー価格を超えたら指値注文が行われます。
トレーリング注文 はじめに逆指値注文の設定を行い、相場が有利に動いた場合トリガー価格を自動修正する注文方法です。
IFD 新規注文と、その新規注文が通った際の決済注文を同時に出す注文方法です。イフダン注文と呼びます。
OCO 同時に2つの注文を出し、一方が約定したら、もう一方をキャンセルする注文方法です。プラスで終わる利確と損切りを同時に注文しておく使い方があります。
IFDOCO IFDとOCOを合わせた注文方法です。IFDが約定したらOCOの注文が行われます。

一度に覚えるのは難しいと思うので、初心者のうちは指値注文成行注文からはじめるとよいでしょう。

逆指値注文やOCO注文を覚えれば、相場を追う必要がなくなるので精神的にも楽です。

参考:ご利用ガイド-bitFlyer Lightning

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

指値注文

では指値注文のやり方を見ていきましょう。

ビットコインfxのやり方

左側は取引板と呼ばれるもので、現在出されている注文が表示されています。

上がAskでビットコインを売りたい人の注文が表示、下がBidでビットコインを買いたい人の注文が表示されています。

 中心の7,136,786円が売り手と買い手がマッチングした現在の価格、最終取引価格となっています。

つまり入力する価格は、最終取引価格に近いほど約定が早くなります

数量と価格を入力すると予想価格が表示されます。1BTC=7,136,849円とした場合、0.01BTCの数量なら71,368円が必要になります。

ビットコインfxのやり方

購入したい価格と数量を入力し、「買い」をクリックしましょう。

ビットコインfxのやり方

指値なのですぐには約定せず、板に自分が出した注文が表示されます。売り手と価格が合えば指値注文が出されます。

なおレバレッジ2倍で取引を行う場合は、上部の証拠金維持率が2倍になっているか確認しましょう。

ビットコインfxのやり方

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

チャート機能を利用してテクニカル分析を行う

FXでは価格予想をして利益を出していきますが、その時に使用するのが「テクニカル分析」「ファンダメンタルズ分析」です。

チャート機能を利用して価格予想するのが「テクニカル分析」、企業の経済状況やニュース、イベントから価格予想をするのが「ファンダメンタルズ分析」です。

ビットコインfxのやり方

bitFlyerではテクニカル分析を行うための、さまざまなチャート機能が搭載されています。

チャート機能の例
  • SMA(単純移動平均線)
  • EMA(指数移動平均線)
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • パラボリックSAR
  • シャンデリアエグジット
  • RSI
  • MACD
  • ADX

チャートはあくまで指標であり、必ず教科書通りに動くものではありませんが、テクニカル分析を行うことで勝率を上げることはできます。

いろんなインジゲーターを触ってみるとよいでしょう。

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

ビットコインFXの勝ち方
  • 仮想通貨取引所の操作方法を覚える
  • 少額から徐々に慣らしていく
  • ルールを構築し守る
  • 損切の練習をする
  • 毎回勝つことにこだわらない
  • テクニカル分析を行う
  • チャートを観察する時間を多くとる
  • 分からないときは手を出さない
  • 余裕資金のみで取引を行う
  • 負けた場合には振り返りをする

仮想通貨取引所の操作方法を覚える

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

まずは、仮想通貨取引所の操作方法を把握し覚える必要があります。仮想通貨(ビットコイン)は非常に値動きが激しいため、実際の取引の際には、スムーズに注文を行う必要があります。

もし、いざというときに操作方法が分からず、注文方法を調べたりしていると、その間に大きく価格が動き損失につながる恐れもあります。

 レバレッジ取引をしている場合には特に、少しの動きが大きな損失につながることもあり、軽視できません。

そのため、まずは取引所のホームページを確認し操作方法を覚えることから始めましょう。購入・売却時の操作方法はもちろん、特殊注文のやり方も確認しておくと取引時に役立つでしょう。

また、取引所にどのような機能があるのかを知るのも重要です。取引所によっては、様々な特殊注文を利用できることもあり、有効活用すれば利益を大きくし損失を減らせる可能性があります。

逆指値注文などを有効活用すれば、損切の予約注文ができ、大きな損失を防げるようになります。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

少額から徐々に慣らしていく

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

ビットコインFXを行う場合には、少額から徐々に慣らしていくことをおすすめします。仮想通貨の取引所ではデモ取引を行うことができません。

そのため、無料で取引の練習を行うことは残念ながら不可能です。だからこそ、大きな金額を投入し取引するのはおすすめできません。

 取引に慣れていない状態で大きな金額を動かそうとすると、冷静な思考力を失う危険が高まってしまいます。

そのため、まずはできるだけ小さい金額から取引をスタートすることをおすすめします。仮想通貨の取引所では1,000円以下の資金からでもトレードを行えます。

まずは、数百円程度の資金で取引画面を実際に触りながら徐々に場慣れしていくのが良いでしょう。

少額の取引をする中で、資金を増やせる確信ができたら、徐々に金額を増やしていくといいですね。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

ルールを構築し守る

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

トレードで勝っている人は、必ずと言っていいほど取引のルールを持っています。取引スタートのタイミング・終了のタイミングをあらかじめ決めているのです。

そのため、感情に左右されにくい取引が可能になり、トータルで利益を出せる確率が高まっています。

 ルールとして、資金に対する投資金額の割合や、利確・損切のラインを決めるといいでしょう。

ポジションを持つ前からこういったことを決め取引スタートすれば、相場がどのように動いたとしても、冷静な判断ができます。

そのため、感情を動かされてパニックになったり、大きく損をしたりする可能性を、減らすことができるのです。

適切なルールを作り守りさえすれば、長い目で見ればプラスにできるはず。まずはルール作りを徹底しましょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

損切の練習をする

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

損切の時には「損失を確定したくない」という気持ちがどうしても出てきます。そのため、事前に決めたルール通りに損切することは、想像以上に難しいのです。

そのため、少額で取引の練習をしながら、損切についても訓練すことをおすすめします。

 「少額の取引だから」と適当に行うのではなく、金額が大きくなったときを想定し、ルールを守り取引していきましょう。

少額で損切のルールをきちんと守る習慣をつけておけば、運用資金が増えたときにも、ルール通りの損切を行いやすくなります。

損切は一種のスキルです。意識して練習しなければ、身につかないと考えるべきでしょう。

毎回勝つことにこだわらない

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

仮想通貨FXでは、毎回取引で勝つ必要は全くありません。そもそも、どんなに勉強しても、相場がどちらに動くかを100%読むことは無理なため、毎回取引に勝つことなど不可能です。

そのため、利益を上げている人でも、取引するたびにプラスになっているわけではありません。勝ち負けを繰り返しながら、トータルで利益を出しているのです。

 利益を上げている人でも、勝率は60%以下のこともあります。

そのため、勝ちにこだわりすぎることなくルールを徹底して守ることが大切。損切すべきタイミングが来たら躊躇なくマイナスを確定させるようにしましょう。

一度の取引で負けたとしても、長い目で見てプラスになっていれば、それでいいのです。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

テクニカル分析を行う

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

ビットコインFXで利益を出すのであれば、テクニカル分析は必須と言えます。テクニカル分析とは、チャートの動きを解読し今後の動きを予測する方法です。

チャート分析には様々な手法があり、ローソク足の形、インジケーター、描画ツールなどを利用して、解析していきます。

 有名な分析ツールとしては、ストキャスティクスやMACD、RSIなどが挙げられます。

テクニカル分析を行うことで今後の動きを予想しやすくなります。レバレッジ取引で本格的にトレードで利益を出していくのであれば必須とも言えるでしょう。

テクニカル分析が100%当たるとは限りません。ただ、行うことで勝つ確率は上がりますし、予想が外れた際の戦略も建てやすくなります。

チャートを観察する時間を多くとる

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

仮想通貨のチャートを多く見て、どのような動きをしているか確認することも大切です。チャートをしょっちゅう見ていると、ビットコインがどのように値動きしているかが分かります。

すると、実際の取引の際にも、目の前の値動きに翻弄されることなく、今後の動きを予想する力をつけることができるでしょう。

 慣れていない人は、価格が大きく動くと慌ててしまいます。しかし、あらかじめ慣れていれば、仮想通貨の急な値動きは日常茶飯事だと理解できます。

そのため、過去チャートを観察し値動きの傾向を掴むとともに毎日取引所にログインしビットコインの値動きの激しさを肌で感じるといいでしょう。

毎日の観察により、どのようなタイミングで仮想通貨を購入すれば利益に繋がりやすいのかヒントを掴める可能性もあります。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

分からないときは手を出さない

仮想通貨FX(ビットコインFX)で利益を出すためには、分からない時には手を出さないことも非常に大切です。チャートの動きが読みやすいタイミングというのは、実は非常に限られているもの。

そのため、どれだけ学んでも「このあとどちらに動くかよくわからない」と感じることが多々あるでしょう。

 そのような状況で資金を投入してしまうと、投資ではなくただのギャンブルになってしまいます。

そのため、利益を出せる確率が高いと確信できるタイミングでのみ取引を行うことをおすすめします。

投資の格言に「待つのも相場」という言葉があります。勝てるかどうかわからないタイミングでは下手に手を出さず、チャンスをじっと待つのも重要ということです。

勝っているトレーダーほど取引回数が少ない傾向があります。先の読めないタイミングでは手出ししないことも、重要なのです。

余裕資金のみで取引を行う

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

取引を余裕資金のみで行うのも非常に重要です。仮想通貨FX(ビットコインFX)で利益を上げるためには、冷静に状況を判断し利確・損切を行う必要があります。

にもかかわらず、失った場合に人生に大きな悪影響がある金額を投入すると、冷静な判断を行うことが不可能になってしまいます。

 仮想通貨FXで深刻なダメージを負う人は、失ってはまずい金額を、投資している傾向が非常に強いです。

そのため、投資に利用するのは失っても大丈夫な資金のみにしておきましょう。全て無くなっても仕方ないと思える金額であれば含み損を抱えても冷静な判断がしやすいです。

大きな利益を上げようと思うと、ついつい余裕資金を超えた範囲の金額を投入してしまいがち。しかし、その行為こそが、身を滅ぼす原因となってしまう可能性があるのです。

心に余裕を持てる金額だからこそ、冷静沈着な取引ができるのです。投資は余裕資金で行いましょう。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

負けた場合には振り返りをする

ビットコインFXの勝ち方は?トレードのコツを紹介

ここまでにお伝えしたことを心がければ、利益を上げられる可能性は非常に高いと言えます。しかし、知ることと実際にそれを行うのは難易度が全く違います。

どれだけチャート分析を行い、ルール通りの取引を心がけても慣れないうちは失敗することもあるでしょう。

 「損切しなければ」と頭で分かっていても、実際にその通りに行動するのは非常に難しいものです。

そのため、もしも事前に思い描いていたのとは違う行動を取ってしまい取引で失敗した場合には自分のトレードを振り返るのが大切です。

そして、どうすれば今後の取引で同じ失敗を繰り返さないようになるのか、検討してみることをおすすめします。

失敗した理由や、今後の対策をノートにつけるのもいい方法です。今後取引する際の貴重な材料になるでしょう。

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

暗号資産(仮想通貨)に関する独自アンケート調査

ここでは、仮想通貨(暗号資産)に関する独自アンケート調査の結果を紹介します。

アンケート調査の結果を知ることで、注目を集める仮想通貨や運用のメインの目的、損益などがわかります。ビットコインFXを始めるうえで、事前に知っておくことは大切です。

以下は、アンケートの調査項目です。

それぞれの内容について、見ていきましょう。

アンケート調査結果のサマリー

  • 将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨は、47.5%がビットコインを選択。アルトコインは10%未満。
  • 仮想通貨運用のメインの目的は、81.3%が投資目的。決済手段はわずか8.2%。
  • 仮想通貨取引で69.8%の人が利益を出している。中でも100万円以上利益が出ているのは11.4%。

Q.今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)

今後の将来性が期待できる仮想通貨銘柄ランキング

アンケートの回答結果(内訳)
将来性有望な仮想通貨銘柄
銘柄 割合
BTC(ビットコイン) 47.5%
ETH(イーサリアム) 8.7%
ETC(イーサリアムクラシック) 6.4%
XRP(リップル) 5.0%
LSK(リスク) 2.3%
XEM(ネム) 1.8%
BCH(ビットコインキャッシュ) 1.8%
FCT(ファクト) 0.9%
LTC(ライトコイン) 0.9%
MONA(モナコイン) 0.5%
XLM(ステラルーメン) 0.5%
ENJ(エンジンコイン) 0.5%
OMG(オーエムジー) 0.5%
LNK(リンク) 0.5%
その他 0.9%
わからない 21.5%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨」で最も多く選ばれたのはビットコインです。

ビットコインだけで47.5%あり、およそ2人に1人が選んでいることがわかります。

人気のアルトコインであるイーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックなどを将来性(価格上昇)が期待できる通貨として1番に選んだ方は、あまり多くありません。

ネムやビットコインキャッシュは2%未満、ライトコインやモナコインに関しては1%にも満たない結果です。

ビットコインの時価総額は、全仮想通貨トップとなる約96兆円(2022年2月10日時点)です。

2位のイーサリアムの時価総額は約44兆円であり、ビットコインの半分以下となります。また、ビットコインの時価総額は仮想通貨全体の時価総額の1/3以上あります。

アメリカの電気自動車メーカーテスラが一時的にビットコイン決済を導入するなど、多くの企業が注目する仮想通貨です。2021年10月には、ビットコイン(先物)連動型のETFがアメリカで上場しています。

 ビットコイン/円は、この1年の値動きは320万〜760万円と乱高下していますが、長期的に見ると価格は上昇しています。2019年1月には40万円程度でしたが、現在は約510万円です。

今後の価格上昇が期待できるだけでなく、ボラティリティも大きいため、ビットコインFXで短期〜長期まで利益を狙うことが可能です。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Q.仮想通貨(暗号資産)運用のメインの目的はなんですか?

仮想通貨取引 メインの目的

アンケートの回答結果(内訳)
仮想通貨(暗号資産)運用の目的 割合
投資目的(長期) 54.4%
投資目的(短期) 26.9%
決済手段 8.2%
資金調達 1.8%
送金手段 0.0%
その他 8.7%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「仮想通貨運用のメインの目的」で最も多いのが、「投資目的(長期)」で54.4%です。回答者の2人に1人以上が選択したことになります。

 「投資目的(短期)」と合わせると81.3%となり、決済や資金調達、送金手段としてではなく、投資目的で仮想通貨を運用する方が大半なことがわかります。

ビットコインFXは24時間取引ができ、将来性が期待できる仮想通貨も多いため、短期〜長期の投資方法で利益を狙うことが可能です。

ビットコインはボラティリティが大きいため、上昇局面・下落局面どちらの場合でも多額の利益を得るチャンスがあります。

また、ビックカメラなどビットコインを使って決済できる店舗・施設もありますが、まだまだ少ない印象です。

今後、ビットコインを利用できる店舗・施設が増えてくれば、決済手段をメインの目的とする方の割合も多くなるでしょう。

現時点では、ビットコインFXをはじめとした投資目的で仮想通貨を運用する方が大半です。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?(取引開始時から現在までの損益をお選びください)

仮想通貨 儲かるか アンケート

アンケートの回答結果(内訳)
Q.仮想通貨(暗号資産)運用における損益はどのくらいですか?※2人未回答
+100万円以上 25人 11.4%
+50万円〜100万円未満 28人 12.8%
+10万円〜50万円未満 36人 16.4%
+1万円〜10万円未満 35人 16.0%
+1万円未満 29人 13.2%
0円 20人 9.1%
−1万円未満 7人 3.2%
−1万円〜10万円未満 10人 4.6%
−10万円〜50万円未満 1人 0.5%
−50万円〜100万円未満 0人 0.0%
−100万円以上 6人 2.7%
覚えていない 22人 10.0%

アンケート調査結果の概要はこちら

上記のとおり、「仮想通貨運用の損益」で利益が「100万円以上」の割合が11.4%、「50万円〜100万円未満」が12.8%です。「仮想通貨は儲かる」と思った方も多いのではないでしょうか。

 利益が出ている人の割合は69.8%です。およそ10人に7人が仮想通貨で稼いでいることがわかります。

損失が出ていると答えた方は、全体の11%です。100万円以上の損失が出ている方も2.7%います。

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨投資はボラティリティが大きいため、ハイリスク・ハイリターンです。そのため、100万円以上儲かる方もいれば、100万円以上損失が出る方もいます。

ビットコインFXに限ったことではありませんが、投資をする際は、リスク管理や資金管理が重要です。

アンケート調査結果では多くの方が利益を出していますが、損失リスクがあることも認識することが大切でしょう。

2,500円相当のビットコインが貰える!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

ビットコインFX・暗号資産FXに関してよくある質問

ビットコインFXにオススメの仮想通貨取引所はどこですか?
DMM BitcoinGMOコインbit Flyerの3つが非常にオススメです。3か所とも取引ツールが高性能です。
ビットコインFXとは何ですか?仕組みを教えてください。
手持ち資金を担保にして、保有資金以上の取引ができるトレード手法です。レバレッジを利用することで最大2倍の取引が可能です。
ビットコインFXのメリットを教えてください
「少額資金で大きな利益を狙える」「下落相場でも利益を出せる」「24時間365日取引可能」といった点がメリットと言えます。
ビットコインFXにはデメリットはありますか?
「マイナスになる際の損失も大きくなる」「レバレッジ手数料が発生する可能性」「強制ロスカットになることがある」といった点が挙げられます。
ビットコインFXをすると儲かるのでしょうか?
ビットコインFXは上手に運用すれば儲かります。ボラティリティが大きく値幅が取れますし、特殊注文で計画的な運用が可能だからです。
ビットコインFXの税金はどうなっていますか?
仮想通貨取引の税金は総合課税になっています。雑所得として扱われ、利益が大きくなるほど税率は高くなります。
ビットコインFXで損する可能性は?
投資なので、当然損をする可能性もあります。特殊注文を利用するなどして、リスクを適切にコントロールする必要があるでしょう。
ビットコインFXは土日もできる?
FXは為替市場が休場に入るので土日は取引できませんが、ビットコインFXなら24時間365日取引が可能です。

まとめ

今回の記事では、ビットコインFXについて解説しました。ビットコインFXは少ない資金でもスタートでき、大きな利益を得られるチャンスがあります。

少額から始められるので、この機会に試してみるのもおすすめです。

まずは口座開設するのがスタートです。この機会に気になった取引所の口座を開設するのもオススメです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事