ビットコインキャッシュ(BCH)とは?将来性・今後の価格を徹底予想!

現在様々な国内取引所で取扱いされている、仮想通貨のビットコインキャッシュ。

すでに所有している方も、購入を考えている方も、今後の価格がどうなるのか気になっているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、ビットコインキャッシュの特徴・将来性や、おすすめ取扱い取引所4選について紹介しています。

ビットコインキャッシュが気になっている方にとって、ピッタリの内容です。ぜひ参考にしてください。
ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

ビットコインキャッシュとは?

仮想通貨名 Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)
通貨単位 BCH
時価総額 18位coinmarketcap公式より
発行開始 2017年8月

ビットコインキャッシュは、2017年8月に誕生した仮想通貨です。当時、ビットコインは取引量の急増により、送金の遅延や手数料高騰などの問題が発生していました

 ビットコインキャッシュは、ビットコインの問題の解決のために生み出された仮想通貨です。

この遅延や手数料高騰が問題視され、ビットコインの仕様変更によって新たな通貨ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生しました。

※参照 コインチェック公式
※参照 bitFlyer公式

ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴

ビットコインキャッシュの特徴

ビットコインキャッシュの特徴
  • トランザクションの処理が「オンチェーン」で行われる
  • ブロックサイズをビットコインよりも大幅に増大

トランザクションの処理が「オンチェーン」で行われる

ビットコインキャッシュは、全ての取引をオンチェーンで行うという思想を持ってます。オンチェーンとオフチェーンの違いは、簡単にまとめると以下のようになります。

オンチェーン
  • ブロックチェーン上に取引データを記録
  • 送金・取引の途中経過が全てチェーン上に記録されるため、セキュリティ面では優位性がある
オフチェーン
  • 取引データをまとめ、直前と直後のデータのみチェーン上に記載
  • 処理が早くなるが、取引内容がチェーンに残らない分、セキュリティは弱くなる

ビットコインがオンチェーンでの処理である一方、ビットコインキャッシュはオフチェーンです。このことにより、処理速度を高める狙いがあります。

もともと、ビットコインの処理速度の問題を解決するために作られているので、オンチェーンになったのですね。

※参照 DMM Bitcoin公式

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ブロックサイズをビットコインよりも大幅に増大

ビットコインキャッシュの特徴

ブロックサイズがビットコインに比べ大幅に大きくなっているのが、ビットコインキャッシュの特徴です。ビットコインはブロックサイズが1MBしか存在せず、すぐにブロックが一杯になり送金速度の遅延が発生していました。

 2017年ごろビットコインは送金速度が遅く、着金まで数日かかることも珍しくありませんでした。

この問題の解決のため、ビットコインキャッシュはブロックサイズを8MBまで大幅に拡張されました。これにより新たなビットコインとして市民権を得ることになりました。

ちなみに2018年にはビットコインキャッシュのブロックサイズは、32MBに増やされました。これにより、さらなる送金速度の向上や、手数料の低下につながったと言えるでしょう。

ちなみに2021年現在、ビットコインはデータを圧縮して送金する「segwit」という仕組みを導入し、送金速度が改善しています。
※参照 bitFlyer公式
ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ビットコインキャッシュの今後の価格・将来性を予想

ビットコインキャッシュの今後の価格を徹底予想!

ビットコインキャッシュの今後の価格はどうなっていくのでしょうか?

もちろん、未来のことですから、正確な価格動向は誰にも分かりません。しかし、以下のような要因で価格が上がっていくことは、十分に予想できます。

ビットコインキャッシュが今後有望な理由
  • 決済サービスで利用されている
  • ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所の存在

決済サービスで利用されている

ビットコインキャッシュの今後の価格を徹底予想!

ビットコインキャッシュは、以下のような企業で、すでに決済サービスで利用され始まっています。

決済手段として採用している企業
  • ペイパル
  • 株式会社ダナルジャパン
  • ALLEX社

このように決済手段として、ビットコインキャッシュが使われる機会が増えれば、実用性の高い仮想通貨として知名度が上がるでしょう。

そうなれば、ビットコインキャッシュが買われる量が増え、価格が上がると考えられます。

「Bitpoint」の決済アプリ「BItPointPay」では、ビットコインキャッシュでお買い物ができます。

※参照 BITPoint公式
※参照 PRTIMES

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所の存在

ビットコインキャッシュの今後の価格を徹底予想!

ビットコインキャッシュが基軸通貨になっている取引所が存在するのも、価格上昇の要因に成りうるでしょう。

以下のような海外取引所が、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しています。

基軸通貨にしている取引所
  • OKEx
  • KuCoin
  • BitPay

今後も、ビットコインキャッシュを基軸通貨にする取引所が出てくる可能性は、十分にあります。

そうなれば、ビットコインキャッシュが多く買われるようになり、価格が上がる可能性はあるでしょう。

基軸通貨として扱う取引所が存在するということは、それだけ信頼できる通貨だということも言えますね。
ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

仮想通貨のハードフォークとは?

ビットコインキャッシュのハードフォークとは?

ハードフォークとは、一言でいうと仕様変更のことです。ハードフォークが行われると、もともとの仮想通貨とは違う、全く新しい仮想通貨が生まれることになります。

ビットコインキャッシュはもともと、ビットコインのハードフォークで生まれています。さらに、現在も定期的にハードフォークすることで、性能が向上しています。

 ビットコインキャッシュは年2回ハードフォークすることが決まっています。

毎年5月と11月にハードフォークするため、公式サイトでは「定期プロトコルアップデート」と呼んでいます。

ハードフォークをすると、以前には存在しなかった新たな機能が追加されることが一般的です。そのため、ハードフォーク前には価格が上昇しやすい傾向があります。

今後もハードフォークすることで機能が向上し、利便性も上がっていくでしょう。

※参照 DMM Bitcoin公式

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

ビットコインキャッシュの価格が上がらない理由

ビットコインキャッシュの価格が上がらない理由は何?

仮想通貨市場全体の低迷

2021年現在、仮想通貨市場は盛り上がりを見せておりビットコインキャッシュの価格はこれからも期待できると予測されています。

しかし、2020年までは仮想通貨全体の価格が低迷しており、それに伴いビットコインキャッシュの価格も落ち込んでいました。

 仮想通貨全体が全体的に盛り上がらない状況だと、どうしてもその影響を受けてしまいます

しかし、2021年に入ってからはビットコインは過去最高の価格に達しました。それに伴い、アルトコインの価格も全体的に上昇傾向にあります。

そのため、仮想通貨全体の低迷というのはもはや過去のことであり、今後はビットコインキャッシュの値段も上がっていくことが予想できるでしょう。

ビットコインキャッシュ(BCH)が購入可能!!

おすすめな
仮想通貨取引所はこちら!!

半減期によるマイナーの減少

ビットコインキャッシュの価格が上がらない理由は何?

半減期とは、マイニングで採れる仮想通貨の量が半減することを指します。ビットコインキャッシュにもその時期がありました。

半減期は、仮想通貨の希少価値を保つために存在します。しかし、マイニング報酬が下がるためマイナーが離脱するというデメリットもあります。

 マイニング報酬が下がると、ビットコインキャッシュの価格は下がってしまうかもしれません。

もっとも、ビットコインキャッシュの過去の半減期の際には、価格に悪影響は出ていません。

2020年4月にビットコインキャッシュは初めての半減期を迎えました。その際には、特に価格に大きな影響が出た様子はなく、ほぼ横ばいといった印象でした。

次回の半減期は2024年ですが、その際にビットコインキャッシュの価格はどうなるのか。注目したいところですね。

※参照 DMM Bitcoin公式

ビットコインキャッシュ購入におすすめ取引所4選

コインチェック(Coincheck)

コインチェック(Coincheck)

コインチェックのココがオススメ
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨
  • 販売所・取引所手数料が無料
  • 使いやすいスマホアプリ

ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

取扱い仮想通貨数、アプリのダウンロード数が№1の仮想通貨取引所。ビットコインキャッシュを含め17種類の仮想通貨を取扱いしています。※公式より

アプリ、PCともに取引ツールが使いやすく、簡単な操作感で仮想通貨を購入可能です。

 最低取引金額が500円なので、初心者の方でも気軽に仮想通貨を購入できますよ。

口座開設のスピードの速さにも特徴があります。スマホアプリをダウンロードしてから、最短1日で仮想通貨を購入できます。

次の日から仮想通貨を購入できるスピード感が魅力ですね。

取扱い通貨数

17種類

レバレッジ

無し

販売所手数料

無料

取引所手数料

無料

仮想通貨の送金手数料

通貨によって変わる

入金手数料

コンビニ入金:770円から(税込み)

クイック入金:770円から(税込み)

出金手数料

出金手数料:407円(税込み)

社名

コインチェック株式会社

※参照 https://coincheck.com/ja/

ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのオススメポイント
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能

※公式より

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

レバレッジ取引できる通貨の豊富さが魅力の取引所。ビットコインキャッシュについても、レバレッジを掛けた取引が可能です。

取引ツールも非常に高機能で。PC・スマホいずれでもチャート分析を行い、取引戦略を建てることができます。

 スマホアプリでもインジケーターや、描画ツールを利用可能です。

入出金手数料、取引手数料は完全無料。余計なコストを抑え取引することができます。口座開設は最短5分で終了可能。最短で1時間後にはビットコインキャッシュを取引スタート可能です。

さらに、サポート体制も充実しており、土日も含めた365日質問を受け付けています。

問い合わせフォームもしくは、LINEから毎日問い合わせが可能です。
※BitMatch取引手数料を除く。

取扱い通貨数

12種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

無料

仮想通貨の送金手数料

無料

入金手数料

クイック入金:無料

振込入金:無料(銀行手数料は利用客負担)

出金手数料

無料

社名

株式会社DMM Bitcoin

※参照 https://bitcoin.dmm.com/

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのココがオススメ
  • オリコン顧客満足度№1※
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多※
  • APIでの自動売買も可能
    ※公式より

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

2021年度のオリコン満足度が№1の取引所。即時入金手数料・出金手数料など、様々な手数料が無料に設定されてます。

レバレッジを掛けたFX取引ができるので、下落局面でも資金効率を上げ利益を出すことが可能です。

 積み立て投資は500円から。少額から気軽に積み立て投資ができます。

GMOコインでは、ステーキング報酬を受け取ることもできます。特に手続きは不要で、GMOコインのアカウントに仮想通貨を保有しておくだけで報酬がもらえます。

また、口座開設のスピード感にも特徴があります。スマホからの本人確認なら、最短10分で取引開始可能です。

取扱い通貨数

12種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

取引所手数料:Maker(受け取り)-0.01%

Taker(支払い)0.05%

仮想通貨の送金手数料

無料

入金手数料

無料

※銀行振込手数料のみ自己負担

出金手数料

出金手数料:無料

社名

GMOコイン株式会社

※参照 https://coin.z.com/jp/

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyerのココがオススメ
  • BTCの取引量が国内№1
  • 取引手数料など様々な手数料が完全無料
  • 15種類の仮想通貨を100円から売買可能

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

ビットコインの取引量が国内№1の取引所。創業から現在に至るまで一度もハッキングされていない、強固なセキュリティを誇ります。

2014年の創業から現在まで、一度もハッキング被害に遭っていません。
15種類の仮想通貨を100円から購入でき、投資初心者でも気軽に仮想通貨取引を試すことができます。
 ビットコインキャッシュを投資をワンコインでスタート可能ですよ。
取引ツールの使いやすさも大きな魅力。PC・スマホいずれからでもシンプルな操作間で仮想通貨の売買ができます。

取扱い通貨数

15種類

レバレッジ

2倍

販売所手数料

無料

取引所手数料

0.01%~0.20%

仮想通貨の送金手数料

通貨により異なる

入金手数料

  • 銀行振込手数料 : 各銀行所定
  • クイック入金手数料
    • 住信SBIネット銀行から:無料
    • 住信SBIネット銀行以外から:330円(税込)

出金手数料

220円~770円(税込)

社名

株式会社 bitFlyer

※参照 https://bitflyer.com/ja-jp/

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

よくある質問

ビットコインキャッシュの購入にオススメの取引所はどこですか?
コインチェック(Coin check)、DMM Bitcoin、GMOコイン、bit Flyerの4つの取引所がオススメです。セキュリティが強固で、取引ツールも使いやすいです。
ビットコインキャッシュはどんな仮想通貨ですか?
ビットコインのハードフォークにより生まれた仮想通貨です。ビットコインの送金遅延などの問題に対処するために、2017年に開発されました。
ビットコインキャッシュの特徴を教えてください
ブロックサイズがビットコインよりも大きい点、トランザクションの処理がオンチェーンである点などが挙げられます。
ビットコインキャッシュの価格は今後あがりますか?
正確なことは不明ですが、上昇する可能性は十分にあるでしょう。決済手段として利用されていることや、取引所で基軸通貨とされている点が理由です。
ビットコインキャッシュのハードフォークとはいったいなんですか?
仮想通貨の仕様変更と考えれば分かりやすいでしょう。ビットコインキャッシュは定期的なハードフォークで、性能アップし続けています。
ビットコインキャッシュの価格が上がらない理由は何でしょうか?
2020年までの価格の低迷は、仮想通貨全体のものです。2021年からは仮想通貨全体が値上がりしており、ビットコインキャッシュの価格は上昇してきています。
ビットコインキャッシュの次回の半減期はいつですか?
前回の半減期は2020年4月でした。基本的にはビットコインキャッシュの半減期は4年に1度なので、2024年4月までに行われると考えられます。

まとめ

この記事では、ビットコインキャッシュについて解説しました。ビットコインキャッシュはビットコインの機能を向上させたもので、決済手段としてすでに実用化され始まっています。
今後、利用される機会が多ければ、注目度も上がり価格が上昇する可能性が十分にあるでしょう。
気になる場合は、この機会に取引所の口座を開設し、少額から購入してみるのもオススメです。

まずはビットコインキャッシュを購入できる取引所の口座を、作るところから始めましょう。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事