銀行カードローン

銀行カードローンは名前のとおり、銀行が提供している借入サービスです。安心感があるだけでなく、金利も低めに設定されていて少ない負担で融資を受けられます。

そのため消費者金融機関よりも、銀行カードローンを利用したいと思う方も多いのではないでしょうか。

とはいえ、カードローンを提供する銀行は全国に数多く存在するので、どの商品を選ぶべきか悩んでしまうのは当然です。

そこで本記事では、おすすめの銀行カードローン5選をご紹介します。あわせて銀行カードローンの審査基準や選び方についても紹介しているので、参考にしてください。

自分にぴったりのカードローンが見つかりますよ!

【2022年最新】おすすめの銀行カードローン

三菱UFJ銀行カードローン|バンクイック

バンクイック

バンクイックのおすすめポイント
  • 年利1.8%~年利14.6%と低い水準
  • 申し込みはWEBのみで完結
  • 提携コンビニ手数料が0円
  • 返済は月1,000円から

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンです。土日も含めた24時間申し込みでき、オンラインのみで手続きが完了します。三菱UFJ銀行の口座を利用しなくても、金利や利用可能金額に影響しません。

 三菱UFJ銀行の口座がある場合には、入力項目が減ったりカード受け取り前に借り入れできたりするメリットがあります。

契約後には、三菱UFJ銀行やコンビニATMから借入・返済ができ、ATM手数料は完全無料です。また、最小返済額は月1,000円からとなっているので、余裕を持った返済ができる点も強みでしょう。

返済3営業日にはEメール返済日の連絡が来るので、返済を忘れることがありません。

基本情報 

貸付可能額 10万円~500万円
金利(実質年率) 1.8%~14.6%
申し込み条件など 安定した年収があり、年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する方
WEB申込 可能
審査の目安 最短翌日以降
融資の目安 最短翌日以降
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

出典:バンクイック公式サイト

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • 限度額が最大800万円と高額
  • スマホのみで申し込みが完結
  • コンビニATMの利用手数料が無料

楽天銀行スーパーローンは、来店不要でスマホのみで申し込みが完了するカードローンです。楽天銀行以外の口座への振込も可能なので、楽天銀行の口座を持っていなくても問題ありません。

  契約後にはコンビニATMから、手数料無料で追加借り入れや返済を行えます。ほとんどのコンビ二ATMと提携しているので、近所のコンビニも利用できて利便性も高いでしょう。

契約後の返済は月々2,000円からとなっており、余裕を持ち計画的な返済が可能です。さらに、好きなタイミングで追加返済できるので、借り入れ残高を早く減らすこともできます。

楽天銀行スーパーローンは、楽天会員ランクに応じて審査の優遇があります。

基本情報

貸付可能額 10万円~800万円
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
WEB申込 可能
審査の目安 最短翌日
融資の目安 最短翌日

出典:楽天銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンのおすすめポイント
  • 契約はWEBのみで完結可能
  • いつでも何回でもATM利用手数料0円
    ※横浜銀行ATM、コンビニ等ATM以外の提携金融機関ATMでのお借り入れには、所定の利用手数料が必要となります。
  • 審査結果の連絡は最短翌日
  • 借入限度額が最大1,000万円

横浜銀行カードローンは、横浜銀行の口座が無くても申し込みができる銀行カードローンです。審査結果が最短翌日に分かるスピード感も、魅力のひとつです。

 また、自由なタイミングかつ手数料無料で、コンビニや駅のATMにて借入や返済を行えます。

月々の返済は最低2,000円からと少額になっているので、余裕を持った返済が可能になっています。また、借入限度額は最高1,000万円です。

まとまった金額を借り入れできるので、他社からの借り入れをまとめるのにも使いやすいです。

基本情報 

貸付可能額 10万円~1,000万円
金利(実質年率) 1.5%~14.6%
WEB申込 可能
審査の目安 最短翌日
融資の目安 最短翌日
提携ATM利用手数料いつでも0円

横浜銀行カードローン
お申し込みはこちら

出典:横浜銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • 来店・郵送不要で24時間申し込み可能
  • ATM手数料が完全無料
  • コンビニATMで利用可能
  • 住宅ローン利用者は金利マイナス0.5%で利用可能

みずほ銀行カードローンは、24時間申し込み可能な銀行カードローンです。WEBのみで申し込みが完結し、書類の郵送や窓口訪問の必要はありません。

 銀行口座を持っていない場合でも、カードローン申込と同時に口座開設すれば申し込みできます。

契約後には、コンビニやみずほ銀行のATMから、手数料無料で借入や返済を行えます。

またみずほ銀行で住宅ローン契約中の方は金利が0.5%安くなるので、カードローンの利用を考えている方は検討してみてください。

返済は口座引き落とし以外に、ATMやアプリから任意のタイミングで行えます。

基本情報

貸付可能額 10万円~800万円
金利(実質年率) 2.0%~14.0%
WEB申込 24時間お申込み可能
審査の目安 最短翌営業日以降
融資の目安 最短翌営業日以降

出典:みずほ銀行カードローン公式サイト

【金利を比較】おすすめの銀行カードローンランキング

上記で紹介した商品のなかから、金利の低い順にランキングで紹介します。なお初回利用時は上限金利で契約することが多いため、上限金利で比較しています。

1位:みずほ銀行カードローン|実質年利2.0%~14.0%

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント
  • 来店・郵送不要で24時間申し込み可能
  • ATM手数料が完全無料
  • コンビニATMで利用可能
  • 住宅ローン利用者は金利が-0.5%

2位:楽天銀行スーパーローン|実質年利 1.9%~14.5%

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント
  • 年会費や入会金は完全無料
  • 限度額が最大800万円
  • スマホのみで申し込みが完結
  • コンビニATMの利用手数料が無料

銀行カードローンの審査基準

銀行カードローンの審査は、消費者金融と比較して厳しいといわれています。理由は金利が低い点や銀行としての信用度が高いことが挙げられるでしょう。

ここでは、銀行カードローンの審査において重視される可能性の高い以下の3つのポイントについて紹介します。

銀行カードローンの審査基準
  • 本人の属性
  • 他社からの借り入れ状況
  • 信用情報

本人の属性

紙にペンで文字を書いている様子

銀行カードローンの審査では、必ず本人の属性が確認されます。属性とは、年収や年齢・職業・住居・保険証の種類・家族構成といった個人情報のことです。

カードローンに申し込むと属性情報が点数化され、その点数によって審査通過の可否や借入限度額が判断されます。

 一般的に年齢が若い人や勤務先が大企業の人は、点数が高くなる傾向に。

また非正規雇用よりも正社員の方が有利なことが多く、勤続年数も長い方がスコアを高く評価されています。

属性を点数化することで銀行が確認したいのは、返済能力の有無です。返済能力が無い人に融資すると貸し倒れのリスクがあるため、当然と言えるでしょう。収入については金額よりも、安定性の方が重視される傾向にあります。

毎月の収入にばらつきがある人より、年収が低めでも毎月安定している方が、高く評価される可能性が高いのです。
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

他社からの借り入れ状況

ATMの画像

他社からの借り入れ状況も、審査の際に必ず確認されます。すでに複数の借り入れがある場合、お金に困って新規でカードローンに申し込んだと判断され、審査通過率が低くなります。

他社からの借入の中には、銀行カードローンや消費者金融・クレジットカードのキャッシングなどが含まれます。借り入れが複数ある場合は、件数を減らしてから申し込んだ方がいいでしょう。

 他社からの借り入れ金額が多い場合にも、注意が必要です。
総量規制の対象となる年収の1/3を超える借り入れがあると、銀行カードローンの審査に通過するのは難しくなります。

銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、借り入れ総額が年収の1/3を超えると、審査通過しにくくなるようです。

信用情報

札束の枚数を数える女性

信用情報機関に記録されている信用情報は、カードローンの審査前にCICやJICCといった機関で必ず確認されます。

信用情報を見る時には、過去に延滞や債務整理・自己破産といった金融事故を起こしていないかが特に重視されています。

 金融事故履歴がある、いわゆる「ブラックリスト」に載っている状態では、審査に通過しません。

債務整理や延滞は解消後5年間、自己破産は10年間は履歴が消えないので、この期間はカードローンは利用できないでしょう。信用情報に不安がある場合は、信用情報機関に開示請求をしてみてください。

開示請求は税込1,000円で依頼できます。
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

出典:CIC
出典:JICC

銀行カードローンの選び方|3つのポイント

銀行カードローンを選ぶ際は、3つのポイントを重視してみてください。

3つのポイント
  • 金利
  • 融資スピード
  • 借入限度額

金利

お金を渡している様子

カードローンを選ぶ際に最も気になるのは金利でしょう。金利が高くなると、返済の負担が増えるのでなるべく低金利なカードローンを選びたいですよね。

カードローンの金利は、1.5%~15.0%などという具合に下限と上限にかなり差があり、実際の金利は利用者や契約時の利用可能額によって異なります。

 利用可能枠が多ければ金利は低く、利用可能枠が小さければ金利は高くなります。

年収がかなり高く安定しているなど、審査で属性を高く評価されれば、高い利用枠が設定され金利が低くなるというわけです。

しかし初回借り入れ時には上限金利が適用されるケースも多く、その場合は返済実績を積み重ねることで金利が下がっていきます。

そのため、カードローンを比較する際には、上限金利で比較してみてください。

融資スピード

書類をループで拡大して読む様子

銀行カードローンによって融資スピードは異なるので、どの程度の時間で融資を受けられるのかも確認しておきましょう。銀行カードローンは、審査に時間がかかるため、即日融資を受けるのは難しいといえます。

時間がかかるのは、基本的に銀行カードローンは審査の際に警視庁のデータベースを照会し反社チェックをしているからです。

 中には、借入できるまでに3週間以上かかるケースもあるので、ホームページで審査や借入までにかかる時間を確認しておきましょう。
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

借入限度額

札束と大学の帽子

借入限度額も、銀行カードローンを選ぶ際に見ておくといいでしょう。借り入れ限度額はカードローンによって上限額の設定があります。高額融資を検討している場合は、融資可能額が高い商品を選ぶ必要があります。

 特に複数社から借入している場合には、銀行カードローンをおまとめローンとして使うことも可能です。

上限金額が必要な金額に達しているかどうか、契約前にきちんと確認してみてください。

たとえば横浜銀行カードローンは、上限が1,000万円なので、まとまった金額を借り入れしたい場合にオススメです。

まとめ

この記事では、おすすめの銀行カードローン5選と、基準や選び方について解説しました。銀行カードローンは金利が低さが大きな魅力ですが、消費者金融と比較すると審査が厳しく、融資までに時間がかかるデメリットもあります。

優先したい項目を決め、それに合ったカードローンを選ぶことが大切です。

特に金利の低さを重視する場合には、銀行カードローンを検討してみてください。
来店不要・お申し込みまではWEB完結!

バンクイック
WEB申込はこちら

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事