アルトコインおすすめ銘柄5選|時価総額ランキングと将来性を解説

アルトコインは現在2,000種類以上あると言われており、今もなお増え続けています。これだけアルトコインがあると、どれを選べばいいかわからないでしょう。

そこでこの記事では、アルトコインの種類選び方・おすすめ銘柄を紹介いたします。また、アルトコイン購入におすすめの仮想通貨取引所5選も紹介します。

おすすめアルトコインの時価総額も掲載しているのでぜひ参考にしてください。

この記事を参考に、今後伸びる可能性のある将来有望なアルトコインを選びましょう。
将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!

そもそもアルトコインとは?わかりやすく解説

アルトコインとは?

アルトコインとは「Alternative coin(代替コイン)」を略した言葉。ビットコイン以外の仮想通貨を総称して呼んでいます。そのため5,000種類以上もの数が存在しています。

ビットコインとアルトコインの違いは?

ビットコインとアルトコインの違いは「ブロックチェーンの仕組み」と「開発目的」にあります。

ビットコインはもともと中央集権(中央銀行や国家)の管理を持たずに、ブロックチェーン上でユーザ同士が通貨のやり取りをできるように作られました。

 ビットコインは「決済・送金」目的で開発されたもので、ブロックチェーン上の台帳にお金のやりとりが記載できる仕組みとなっています。

しかしアルトコインは決済・送金だけにとどまりません。

ブロックチェーン上に自動契約・自動売買のアプリケーションが組み込まれているものや、ゲームコインとして使用するもの、スポーツクラブの応援コインとして使用するものなど用途は様々です。

アルトコインにはコインの数だけ個性があります。
将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!

今後上がる!?将来性が期待できる有望なアルトコインの特徴

今後上がる!?将来性のあるアルトコインの特徴

では「今後価値が上がる、将来性のあるアルトコイン」をどのようにして見分ければよいのでしょうか?ここからは今後が期待できる将来有望なアルトコインの特徴をいくつかご紹介します。

将来性有望なアルトコインの特徴
  • 開発目的がしっかりしている
  • プロジェクトがしっかり動いている
  • 流動性が高い
  • 企業が関わっている
  • コインの機能が注目されている
  • コミュニティがあり活動的である
  • 取引高が多い

開発目的がしっかりしている

仮想通貨にはそれぞれ開発目的があります。まずはその開発目的が「時代に合っているのか」「本当に世の中に必要なものか」などに注目してみましょう。

 今価値が高いアルトコインは開発目的がしっかりしているものばかりです。

それら開発目的は『ホワイトペーパー』で閲覧可能です。

ホワイトペーパーとは?
仮想通貨を発行する際に示された企画書のようなものです。プロジェクトに関しての詳しい説明が記載されています。

例えばコイン発行の当事者が、ICOで資金調達する時に「このコインをどういう目的で作ったのか」「どういう技術を組み込んでいるのか」を記載します。

ホワイトペーパーにプロジェクトの内容を事細かに記入し紹介することで投資家にアピールをするのです。

 ビットコインにもホワイトペーパーがあります。9ページの短い論文なので興味のある方は目を通してみるとよいでしょう。

ホワイトペーパーは有料のものもありますが、資金調達のため公開しているものも多いです。

英語で書かれているので読み込むのは大変ですが、日本語で解説しているサイトもあるので気になったら確認してみましょう。
将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!

プロジェクトがしっかり動いている

プロジェクトがしっかり動いている

将来性を見極める上で、「プロジェクトが動いているか」も確認すべきポイントです。

開発目的がしっかりしていても、一切進行しておらずプロジェクトごと消え去ることもあります。過去には資金調達だけする詐欺コインまでありました。

 プロジェクトの進捗は公式サイトや開発者のTwitterで情報発信していることが多いです

情報をキャッチして、プロジェクトに滞りがないかを確認しましょう。

流動性が高い

そもそも流動性とは
簡潔にいうと、安定した換金が望める度合い=取引所での出来高の量のことです。
例を挙げると、ビットコインは相対的に流動性が高く、安定して日本円に換金できるため、トレードするに値すると判断できます。

将来性のあるコインは現時点でもそこそこの価値がついており、流動性が高いです。

 いくら理念がしっかりしていてプロジェクトが進行していても、誰も購入していないコインが今後伸びる可能性は低いです。

流動性が高ければ自分の好きなタイミングでコインの売買ができますが、流動性が低いと売りたいタイミングで売れません

間近で最低限の取引がされているか確認してから購入しましょう。
将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!

企業が関わっている

企業が関わっている

アルトコインの中には大手企業が出資していたり、プラットフォーム技術を大手企業が採用していることも多いです。

 アルトコインの代表格『イーサリアム』の企業連合には、三菱東京UFJ銀行、トヨタ、KDDIなどが加盟しています。『エンジンコイン』はマイクロソフトやサムスンが支援しています。

企業が関わっているアルトコインは将来有望と言えるでしょう。

コインの機能が注目されている

今後上がる!?将来性が期待できる有望なアルトコインの特徴に追加

その仮想通貨に他とは違う機能があり、注目されているかどうかは、最初に見るべき点と言えます。

アルトコインには、様々な機能を持ったものが出てきており、特にスマートコントラクトの機能を持った仮想通貨は、実用性の面で注目されています。

ブロックチェーン上で自動で契約を実行する仕組みのこと。自動販売機をイメージすると分かりやすいでしょう。硬貨を投入し、飲み物のボタンを押した瞬間に売買契約が成立するという仕組みに似ています。
 スマートコントラクトを持った通貨の代表がイーサリアム。実際に価格が上り続け、常に時価総額上位の仮想通貨になっています。

他にも、VergeやIost、シンボルといった仮想通貨もスマートコントラクトを持っており、やはり価格が大きく上昇した過去を持っています。

このように性能面が優れた仮想通貨は、将来性の高さを見込まれ、価格が上昇する傾向があるのです。

現在時価総額ランキングの上位の仮想通貨のほとんどは、機能性が高く、今後の広い実用化を期待されている通貨です。

コミュニティがあり活動的である

今後上がる!?将来性が期待できる有望なアルトコインの特徴に追加

仮想通貨を選ぶ際には、活動的なコミュニティが存在しているかどうかも、チェックすべきポイントです。コミュニティが存在する通貨の場合、discordなどで、その通貨に関するやり取りが日々行われています。

 コミュニティ内では、情報交換・開発情報の進捗確認などが行われていることが多いです。

コミュニティが存在し、活発にやり取りがされていればその仮想通貨の注目度・期待値は高いと言えるでしょう。

また、通貨の疑問点についてもコミュニティメンバーに聞くことができるので投資する前の不安点を解消することもできます。

コミュニティに実際に参加してみるのもオススメ。その通貨の情報が手に入り、投資するべきかどうかの判断を行いやすくなるでしょう。

取引高が多い

今後上がる!?将来性が期待できる有望なアルトコインの特徴に追加

その仮想通貨の引高も確認したほうがいいでしょう。将来性が高く開発が進んでいる通貨は、頻繁に取引され取引高も高い傾向があります。

反対に取引高が極端に少ない通貨の場合は要注意。プロジェクト内容が魅力的だとしても、投資対象としてふさわしくない可能性も高いです。

 「誰も発見していない有望通貨」の可能性もゼロではありませんが、大きな欠陥を持つ通貨の確率のほうが圧倒的に高いです。

具体的には、こうした通貨は開発がストップしており、開発者からも投資家からも、見放されているケースが少なくありません。そのため、取引量については十分に確認し活発な売買があるかを確認すべきでしょう。

一見期待できそうな仮想通貨であるにもかかわらず、取引量が極端に少ない場合には、違和感を持つべきでしょう。
将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所はこちら!

将来有望なアルトコインおすすめ10選

※このランキングは2021年9月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※このランキングは本記事で紹介した銘柄の時価総額を比較し作成しています。

1イーサリアム

イーサリアム(ETH)

イーサリアムの特徴
  • アルトコインの代表格
  • スマートコントラクト使用のプラットフォーム
  • 分散型アプリケーション(sApps)を構築するための開発環境を提供している
  • 発行上限と半減期がない

イーサリアムとはプラットフォームのことを指し、イーサリアムのプラットフォームで使用される通貨をイーサと言います。

イーサリアムの大きな特徴はスマートコントラクトを使用している点です。

スマートコントラクトとは?
先にも触れましたが、ブロックチェーン上にプログラムを記録し、自動契約や自動実行が行える機能のことを指します。

スマートコントラクトを利用すれば、契約や支払いなどの事務作業を自動化できるようになります。今までかけていた時間や人件費を軽減できるため色んな業界から期待されています。

また他のイーサリアムの特徴に、分散型アプリケーション(dApps)を構築するための開発環境を提供している点があります。

 dAppsは中央管理者なしで動くアプリケーション。今まで企業や国に頼っていたデータ管理をユーザー同士で分散して管理できるようになります。

このようにイーサリアムは実生活にも密接に関わっているのです。

現在時価総額は2位で、アルトコインの中ではトップです。
通貨名 イーサリアム
通貨単位 ETH
時価総額 ¥42,590,352,808,107
時価総額ランキング 2位
発行上限枚数 なし
現在の値段 ¥362,944.36
売買可能国内取引所 コインチェックDMMビットコインビットフライヤーなど
関連記事 イーサリアム(ETH)とは|2021年今後の価格予想!将来性や見通し

出典:CoinMarcketCap

2リップル

リップル(XRP)

リップルの特徴
  • 中央集権的な通貨
  • 既に上限枚数を発行済み、少しずつ数を減らしている
  • 送金が数秒でできる
  • 手数料が安い

リップルが他の仮想通貨と大きく違う点はブロックチェーン技術未使用なことです。

 リップル専用の分散型台帳管理システムを使っており、リップル社が管理しています。つまり従来の中央集権的な法定通貨と似た仕組みのコインとなっています。

またリップルは上限枚数をすでに全て発行しており、少しずつ枚数を減らしています。これによりコインに希少価値が生まれ価格が上昇傾向に。

現在は時価総額7位となっています。

送金が数秒で手数料も少額のため、海外送金するときに「円→リップル→ドル」のような使い方をされています。
通貨名 リップル
通貨単位 XRP
時価総額 ¥5,459,953,908,648
時価総額ランキング 7位
発行上限枚数  1,000億枚
現在の値段 ¥117.92
売買可能国内取引所 コインチェックDMMビットコインビットフライヤーなど 
関連記事 リップル(XRP,ripple)の今後を予想|最新ニュースから価格や将来性を予測!

出典:CoinMarcketCap

3ポルカドット

ポルカドット

ポルカドットの特徴
  • WEB3.0を目標に掲げているプロジェクト
  • 異なるブロックチェーンの同期に役立つ
  • セキュリティーのレベルが高い
  • 並列型ブロックチェーンを使用しているのでトランザクションの処理が早い
ポルカドットWEB3.0実現を目標に掲げているプロジェクトです。
WEB1.0

WEB閲覧をしていた一方向の時代

WEB2.0

ユーザーがブログやSNSで発信するようになった双方向の時代

WEB3.0 非中央集権型の分散型の時代
WEB3.0になることで、今まで中央で管理していた企業に頼る必要がなくなります。
ユーザ同士が分散して情報を管理できるようになり、不正アクセスや個人情報流出などの被害もなくなっていくと言われています。
 その他に、ポルカドットは特徴が異なるブロックチェーンをつないで同期させることが可能です。
今までは別のプラットフォーム上のものは互換性がないため変換の作業が必要となっていました。
しかしポルカドットを利用すれば、それら異なるブロックチェーンを繋ぎ合わせることができるようになります。

ポルカドットは私たちを新しい未来に導いてくれる可能性を秘めているものです。

WEB3.0について「仮想通貨の今後の将来性は?」でも解説しています
通貨名 ポルカドット
通貨単位 DOT
時価総額 ¥3,774,371,753,638
時価総額ランキング

8位

発行上限枚数 10億7,000万枚
現在の値段 ¥3,925.97
売買可能国内取引所 ビットフライヤーGMOコインなど
関連記事 仮想通貨DOT/Polkadotの特徴と将来性|今後の価格予想と買い方を解説

出典:CoinMarcketCap

4ライトコイン

ライトコイン

ライトコインの特徴
  • ビットコインの欠点を補うために誕生
  • ビットコインより多くのトランザクションを処理できる
  • PayPalから決済手段として認められている

ライトコインはもともとビットコインの欠点を補うために生まれたコインです。

ビットコインはブロックの生成時間に約10分かかりますが、ライトコインは4分の1の2分30秒で生成可能です。

 ビットコインの発行上限枚数は2,100万枚ですが、ライトコインは4倍の8,400万枚となっています。

また2020年にはオンライン決済システムの『PayPal』が仮想通貨市場へ参入を発表。

使用通貨としてビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュと共にライトコインの名も挙げています。

PayPakの発表後からライトコインの価格も上昇しました。
通貨名 ライトコイン
通貨単位 LTC
時価総額 ¥1,316,315,458,115
時価総額ランキング 15位
発行上限枚数  8,400万枚
現在の値段 ¥19,533.66
売買可能国内取引所 コインチェックDMMビットコインビットフライヤーなど

出典:CoinMarcketCap

5ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュの特徴
  • ビットコインから派生したコイン
  • ビットコインよりブロックサイズが拡大されている
  • スマートコントラクト機能を備えている

 

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨です。

ビットコインはトランザクションの処理が遅い問題を抱えていました。

トランザクションとは?
仮想通貨の取引の記録のことです。

そこでブロック1つあたりのサイズを大きくする「Big Block」派。

ブロック上に記載している1部を別の領域で格納し、たくさんのデータを詰め込めるようにする「Segwit」派。

 これからのビットコインはどのように処理するか、上記2種類の方法が提案されました。

しかし「Segwit」の派閥も「Big Block」の派閥も譲らず、結局2つに分かれ、ビットコインとビットコインキャッシュが誕生したのです。

もともと同じコインなので基本仕様は変わりません

「Big Block」仕様のビットコインキャッシュは、ブロックサイズの処理能力が1MBから32MBにパワーアップしています。

通貨名 ビットコインキャッシュ
通貨単位 BCH
時価総額 ¥1,269,635,803,529
時価総額ランキング 17位
発行上限枚数 2,100万枚
現在の値段 ¥67,732.87
売買可能国内取引所 コインチェック、DMMビットコイン、ビットフライヤーなど
関連記事 ビットコインキャッシュ(BCH)とは?将来性・今後の価格を徹底予想!

出典:CoinMarcketCap

6ネム(XEM/NEM)

ネム(XEM/NEM)

ネムの特徴
  • 処理速度が高速
  • 上限枚数がすでに発行済みである
  • 独自トークンの発行ができる
  • 取引承認の仕組みが独自

 

ネム(XEM)は「New Economy Movement」の略です。ブロックチェーンを利用し、過去には無かった新しい経済の仕組みを作り出すことを目標にしています。

ネムの大きな特徴の一つとして、処理速度の速さが挙げられます。ビットコイン(BTC)が10分で1ブロック生成されるのに対し、ネム(XEM)は約1分でブロックの生成が可能です。

 要するに約10倍の速度で、送金などの処理を行えるということになりますね。

また、2021年にはネムのブロックチェーンから、新たにシンボル(Symbol/XYM)という仮想通貨が誕生し話題になっています。

シンボルは、ネムよりもかんたんに独自トークンを作ることができ、アプリ開発の分野などで実用化が期待されています。

モザイクは与沢翼氏が投資し、応援していることでも知られています。
通貨名 ネム(NEM)
通貨単位 XEN
時価総額 128,443,451,045円
時価総額ランキング 83位
発行上限枚数 8,999,999,999枚
現在の値段 14.37円
売買可能国内取引所 CoincheckbitFlyerDMM Bitcoinなど
関連記事 ネム(NEM/XEM)の今後・将来性を予想|シンボル(XYM)関連も解説

出典:CoinMarcketCap
※参照:BITTIMES

7ジャスミー(JMY)

ジャスミー(JMY)

ジャスミー(JMY)の特徴
  • 日本産の仮想通貨でソニーの元代表取締役が創設者
  • 個人情報の所有権を、本人が取り戻すのが目的
  • Iot化の世の中にマッチしたプロジェクト
  • SG・SGKの2つのメインサービスを展開

 

ジャスミー(JMY)は、情報の民主化を目指し作られた仮想通貨です。IOTとブロックチェーン技術を利用することで、個人情報を所有者自身が管理できるようになることを目指しています。

現在、インターネットの世界ではGoogleやAmazonなどの世界的大企業が、人々の個人情報を保有し管理しています。

 そのため、情報漏洩などが社会問題化しており、大企業に個人情報の管理を任せていいのか、疑問を感じる人も少なくありません。

こうした状況の解決のため、ジャスミー(JMY)はブロックチェーンで個人情報を扱うことで、それぞれの個人が自分の情報を管理できる世の中を目指しているのです。

Jasmyの事業内容は、今後のIoT化の世の中にマッチしていると言えます。そのため、期待の仮想通貨の一つとの見方ができるでしょう。

Jasmyは現在1JMY=14.37円ですが、2021年2月には400円を超えた過去があります。今後また、価格高騰の機会もあるかもしれません。
通貨名 ジャスミー(JasmyCoin)
通貨単位 JMY
時価総額 40,565,977,065円
時価総額ランキング 250位
発行上限枚数 50,000,000,000JMY
現在の値段 8.45円
売買可能国内取引所 Bitpoint(ビットポイント)のみ※2022年1月時点
関連記事 仮想通貨JASMY(ジャスミー)の今後を予想|将来性と特徴を解説

出典:coinmarketcap

8コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)

コスモス(ATOM)のココがオススメ
  • ブロックチェーンの相互運用を目指すプロジェクト
  • コスモスSDKでは開発者はブロックチェーンを構築できる
  • ステーキングで所有枚数を増やすことができる
  • すでにアプリが実用化されている

 

仮想通貨コスモス(ATOM)は、異なるブロックチェーン同士に互換性を持たせることを目指し作り出されました。

別々のブロックチェーン同士をつなげることで、中央集権型の社会から脱却し分散型社会を実現する狙いがあります。

 ちなみに、コスモスというのはプラットフォームの名前で、その中で使われる仮想通貨がATOMと名付けられているのです。

また、コスモス(ATOM)が提供する「Cosmos SDK」では、Javaなどのプログラミング言語を使いブロックチェーンを開発できます。

そのため、今後さまざまな分野でコスモス(ATOM)が利用される可能性があり、将来性が期待できるかもしれません。

すでにコスモスを利用したアプリも240種類以上誕生しており、今後の広まりが期待されます。
通貨名 コスモス(ATOM)
通貨単位 ATOM
時価総額 549,226,649,051円
時価総額ランキング 35位
発行上限枚数 無し
現在の値段 2,429円
売買可能国内取引所 GMOコイン
関連記事 仮想通貨ATOM(コスモス)は今後どうなる?特徴と将来性を徹底解説

出典:coinmarketcap

9アイオーエスティー(IOST)

アイオーエスティー(IOST)

アイオーエスティー(IOST)のおすすめポイント
  • 独自の承認システムPoBが特徴的
  • EDS(分散型シャーディング)でスケーラビリティを解決
  • スマートコントラクトをjavaScriptで開発できる
  • Dapps開発が可能

 

アイオーエスティー(IOST)は、Internet of Services Token(インターネット・オブ・サービス・トークン)の略。ブロックチェーンが様々な分野で利用されることを目指し、作られた仮想通貨です。

 IOSTはスマートコントラクトの機能を持ち、過去に存在した仮想通貨の機能をアップさせたような印象の仮想通貨です。

IOSTはEDS(分散型シャーディング)の機能により、送金遅延や手数料高騰の問題を解決しております。

また、スマートコントラクトがJavascriptで開発でき、Dapps制作できることから今後様々な分野での実用化が期待できます。

2021年8月には総合格闘技のRIZINが、IOSTブロックチェーンを利用し、NFTマーケットプレイスを作ることでも話題になりました。
通貨名 アイオーエスティー(IOST)
通貨単位 IOST
時価総額 59,602,746,025円
時価総額ランキング 130位
発行上限枚数 90,000,000,000枚
現在の値段 3.29円
売買可能国内取引所 Coincheck(コインチェック)

出典:Coinmarketcap

10エイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)のおすすめポイント
  • イーサリアムの開発者がエイダコイン(ADA)を開発
  • スマートコントラクトの実装
  • 大型アップデート「ウロボロス」への期待
  • ダイダロスとヨロイの2大専用ウォレット

 

エイダコイン(ADA)は、カルダノプラットフォームで利用される仮想通貨です。カルダノは、イーサリアムの開発者としても有名なチャールズ・ホスキンソン氏により作られました。

スマートコントラクトを実装しており、Plutus(プルータス)と呼ばれる独自の技術が使われています。

 Plutusにより、よりセキュリティが高まっており、今後の実用化が期待されています。

また、ウロボロスというアップデートが予定されており、承認方式がPoWからPoSに変更される見込みになっています。このことで、マイニングの公平性が高まる計画になっています。

さらに専用のウォレットが用意されており、ステーキングによりエイダコインの所有数を増やせる点も、エイダのメリットと言えます。

補足情報として、カルダノはエチオピア政府と提携しておりブロックチェーンを使った教育システムの構築が計画されています。
ちなみに2022年1月20日時点で、エイダコイン(ADA)が買える国内取引所はBITPOINTのみです。
BITPOINTなら、他の取引所での取り扱いがない通貨も購入できる可能性があるため(例:JMYなど)、この機会に詳細をチェックしておきましょう。
口座開設はこちら
通貨名 Cardano
通貨単位 ADA
時価総額 4,795,664,235,261円
時価総額ランキング 6位
発行上限枚数 45,000,000,000枚
現在の値段 140円
売買可能国内取引所 BITPoint

出典:coinmarketcap
※参照:cointelegraph公式

ADA(エイダコイン/カルダノ)の今後を詳しく解説!

仮想通貨ADA(エイダコイン/カルダノ)は今後どうなる?将来性と特徴

ADAはBITPOINTで購入可能!詳しく知る
BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

アルトコインおすすめ一覧

時価総額比較ランキングや決済手段として使えるかなど利便性も考慮した上で、おすすめのアルトコインを一覧で紹介します。

おすすめポイント
イーサリアム(ETH)
  • ビットコインに次ぐ時価総額
  • DeFiやNFT分野に関わっていることから将来性が期待できる

ETHの今後を予想!

リップル(XRP)
  • 海外送金手段としての需要が高まっている
  • IPOが実施されるかも

XRPの今後を予想!

ポルカドット(DOT)
  • イーサリアムのデメリットを補っている
  • セキュリティが高め

DOTの今後を予想!

ライトコイン(LTC)
  • ビットコインを補完する通貨
  • 決済手段としてペイパルへの導入も発表された
ビットコインキャッシュ(BCH)
  • スマートコントラクトが実装されている
  • ビットコインよりも送付処理の速度が向上している

BCHの今後を予想!

エンジンコイン(ENJ)
  • Microsoftやunityといった大企業と提携している
  • ゲームで使える
アイオーエスティー(IOST)
  • 2021年に入ってから価格上昇傾向にある
  • DeFiにも関わっている

IOSTの今後を予想!

カルダノ・エイダコイン(ADA)
  • 大学や企業と提携しており、今後も増える見込み
  • 時価総額はバイナンスコインの次いで4位と知名度の高いアルトコイン
    ※2021年10月19日時点

ADAの今後を予想!

ドージコイン(DOGE)
  • 価格変動が少ないため、安心感に長けている

ドージコイン(DOGE)の今後を予想!

バイナンスコイン(BNB)
  • 両替機能があるため、保有通貨を無駄にしないで済む

上記のアルトコインのほとんどが本記事で紹介している取引所で購入することができます。※DOGEとBNBを除く。

将来有望なアルトコインが買える!

国内のおすすめ
仮想通貨取引所5選はこちら!

500円あればできる!アルトコインの買い方

アルトコインは500円あれば購入可能です。購入までの簡単な流れを以下に記載します。

アルトコイン購入までの流れ
  1. まずは目当てのアルトコインがある仮想通貨取引所に登録・口座を開設
  2. 口座開設ができたら、取引所に日本円を入金
  3. 目当てのアルトコインを選択して購入

もちろん、どの取引所でも無料で口座開設が可能です。

取引所と提携している銀行口座から入金すれば入金手数料を抑えられますよ。
ここではアルトコインの1つであるXRP(リップル)を例に挙げて、具体的な買い方を解説していきます。

販売所から500円でXRPを購入

bitFlyerを例にアルトコインXRPの購入方法を紹介します。見た目は少し違いますが、どの取引所も大きく変わりませんので、ぜひ参考にしてください。

まずは左の「販売所」をクリックしましょう。

販売所でのリップル購入方法

 

上部からXRP/JPYを選んで、「買う」をクリックしましょう。

 

リップルの購入

 

買い注文画面が表示されます。価格に500円と入力して「買い注文に進む」をクリックしましょう。

これで販売所でXRPが購入できます。

 

XRP/JPYの購入画面

取引所から500円でXRPを購入

販売所にはスプレッドがあるので、できるだけ取引所で売買を行う方が利益をだしやすいです。

画面左側の「bitFlyer Lightning」をクリックしましょう。

 

bitFlyer Lightning(取引所)でのXRP購入方法

 

画面上部の「XRP/JPY」を選択しましょう。

XRP/JPY

数量を入力しましょう。執筆時点のXRPの価格は143円なので、500円であれば3.4枚購入できます。

最後に「買い」をクリックしましょう。これで取引所でXRPが購入できます。

xrpjpy

ここまで仮想通貨取引所・販売所で仮想通貨を買う方法を解説してきました。

基本的にどの取引所も、画面を見れば自然と次の操作が分かるようシンプルな設計になっているので、意外と仮想通貨の購入は難しくないのです。
アルトコインの買い方が分かったところで、購入先の仮想通貨取引所(販売所)を決めましょう。ここからは当サイトでおすすめの取引所を5つピックアップして紹介していきます。

アルトコイン購入におすすめの仮想通貨取引所6選

Coincheck
コインチェック
DMM Bitcoin
BITPOINT
ビットポイント
bitFlyer
GMOコイン
マネックスビットコイン
コインチェック Coincheck
DMM Bitcoin
BITPOINT
bitflyer
GMOコイン
マネックス証券
取引所手数料
無料
無料
※1 BitMatch取引手数料を除く
無料
約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料
販売所手数料
無料
無料
無料
無料
無料
無料
レバレッジ
なし
2倍
2倍
2倍
2倍
2倍
最低取引額

500円〜
0.005通貨単位~

1000円〜
0.0001BTC~

500円〜
0.00000001BTC~

1円相当〜
0.00000001BTC~

180円〜
0.00005BTC

1000円〜
0.01BTC~

取引通貨数
17種類
15種類
11種類
15種類
20種類
4種類
キャンペーン
本人確認と入金で
BTC2,500円分
プレゼント
新規口座開設で2,000円プレゼント※2※2 2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
1,000円相当
ADA(エイダ)プレゼント
-
暗号資産の購入で
現金1,000円当たる
(毎日抽選10名)
-

Coincheck(コインチェック)

Coincheck

Coincheckのおすすめポイント
  • 取引所の取引手数料0円で低コスト
  • 取り扱い通貨数は国内最多の17種類※公式より
  • 人気のビットコインが500円から買える
  • 最短1日で取引スタート
  • 積立や貸仮想通貨サービスなど取引方法が豊富

Coincheckは、500円からビットコインが購入できる、仮想通貨初心者でも取引しやすい取引所です。

 取り扱いのある仮想通貨の種類が17種類と国内取引所の中でも豊富です。

初心者のうちはビットコインで取引をし、慣れてきたら他の通貨にチャレンジもできるので、長く利用しても物足りなさを感じにくいでしょう。

また、月々1万円からつみたてが利用でき、取引のタイミングがいまいち分からないという初心者でも安心です。

取引はまだ怖いという人でも、仮想通貨で安定して利益を得られる「貸仮想通貨サービス」というサービスもあります。
取扱数 17種類
口座開設スピード 最短1日
手数料(税込)

【入出金手数料】

  • 銀行振込(日本円):無料※振込手数料はお客様負担
  • コンビニ入金:3万円未満770円/3万円以上~30万円以下1,018円
  • クイック入金:3万円未満770円/3万円以上50万円未満1,018円/50万円以上入金金額×0.11%+495円
  • 日本円出金:407円

【販売所手数料】

  • 取引手数料:無料
  • 手数料相当額:0.1%~5.0%(カバー先又は当社取引所の価格に対して)

※出典:公式サイト

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 今なら口座開設完了で全員即時2,000円プレゼント
    ※2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分
  • 取引手数料や暗号資産送付手数料が無料
    ※BitMatch取引手数料を除く
  • 口座開設は最短1時間以内に完了
  • 決めた瞬間ワンタッチでスピード注文可能

DMM Bitcoinは、取引手数料や暗号資産送付手数料が無料で、コストをなるべくかけずに取引できる取引所です。
※BitMatch取引手数料を除く

 口座開設は最短1時間以内で、取引開始までが大変スピーディーに行えます。

取引ツールは使いやすく、特にスマホアプリはパソコンとほぼ同等の機能が搭載されています。

仮想通貨取引で利益を出すためには迅速な対応が求められる場面があるので、スマホアプリが充実しているのは大きなメリットです。

サポートも土日を含めた365日対応しているので、万が一のトラブルにも安心です。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • クイック入金:無料
  • 振込入金:無料
  • 出金・出庫:無料
  • 取引手数料:無料
    ※BitMatch取引手数料を除く

※出典:公式サイト

DMM Bitcoinのキャンペーン情報

新規口座開設でもれなく全員に2,000円即時プレゼント
2022年4月1日(金)7時00分~2022年8月1日(月)6時59分

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 口座開設と1万円以上の入金で、3,000円相当のJMYがもらえる
  • 各種手数料が完全無料
  • エイダ(ADA)・トロン(TRON/TRX)・ジャスミー(JASMY/JMY)を国内で唯一取扱い※1
  • シンプルで使いやすいスマホアプリ
  • 500円から購入でき初心者にやさしい

 

ビットポイントは、PCブラウザ・アプリともにインターフェイスがシンプルで、初心者でも使いやすい取引所です。

取引手数料・即時入金手数料・暗号通貨の入出金手数料などが全て無料。そのため、余計なコストを省いた仮想通貨取引が可能になっています。

 また、トロンやジャスミーなど、ほかでの取り扱いが無い通貨を、売買できるメリットもあります。

そのため、これらの仮想通貨を購入するために、口座開設する価値があるでしょう。さらに、初心者に使いやすい点もビットポイントの特徴と言えます。口座開設が非常に簡単な上に、500円から仮想通貨を購入可能です。

取扱数 12種類
口座開設スピード 最短翌日
手数料(税込) 取引手数料:無料
入金手数料:無料
出金手数料:無料
入出庫手数料:無料

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT公式
※1 2022年4月時点

BITPOINTの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 国内最大級の仮想通貨(暗号資産)取引所※1
  • 100円からの少額取引が可能
  • 最短即日で口座開設&取引スタート可能※2
  • T-POINTをビットコインに交換できる

bitFlyerはアカウント作成や維持など、さまざまな手数料が無料で利用できる取引所です。

 T-POINTをビットコインに交換できるサービスを提供しているのが大きな特徴です。

日頃からT-POINTを貯めている人に特におすすめの取引所と言えるでしょう。100円という少額から取引を始められるので、仮想通貨に興味はあるけれど余裕資金が少ないという人でも安心して利用できます。

アプリもシンプルで使いやすいため、初心者でも続けやすいでしょう。
取扱数 15種類
口座開設スピード 最短即日
手数料(税込)
  • アカウント作成手数料:無料
  • アカウント維持手数料:無料
  • 販売所全通貨売買手数料:無料
    ※別途スプレッドがあります。
  • ビットコインFX取引手数料:無料
  • 住信SBIネット銀行からの日本円入金手数料:無料
  • ビットコイン簡単取引所:約定数量×0.01%~0.15%

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

出典
bitFlyer公式サイト
さまざまな手数料が無料

※1~3
※1 公式サイトの文言より。Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 クイック本人確認を利用した場合(審査状況によっては時間を要する場合があります)。

 

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
  • APIでの自動売買も可能
  • 81種類のインジケーター・70種類を超える描画機能が利用できる
  • 口座開設は最短わずか10分程度で完了
    ※:GMOコイン公式

 

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインGMOグループの仮想通貨取引所。大手企業でセキュリティを高めることに注力しており、安心感があります。

口座開設・即時入金・日本円の出金など、様々な手数料が無料に設定されており、コストを削減した仮想通貨取引が可能になっています。

 ちなみに、口座開設は最短10分で完了可能です。スマホアプリから簡単に申し込みでき、すぐに取引スタートできます。

また、アプリの機能が充実しており、シンプルで分かりやすい「ノーマルモード」と、高機能なチャートを利用できる「トレーダーモード」を選択できます。

そのため、初心者~上級者まで幅広く対応しており、FX に慣れている方でインジケーターなどでチャート分析したい方も満足できるでしょう。

さらに、スマホアプリでレバレッジ取引もできるため、場所を選ばずに資金効率を上げた取引を行えます。
取扱数 16種類
口座開設スピード 最短10分
手数料(税込) 即時入金:無料
振込入金:無料
出金・出庫:無料
販売所の取引手数料:無料
取引所の手数料
・Maker:-0.01%
・Taker:0.05%

出典:GMOコイン公式

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

GMOコインの口コミ評判はこちら

GMOコインの良い評判・悪い口コミ|登録前に知っておくべきこと

マネックスビットコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • Coincheckを運営しているマネックスグループが提供!
  • CFD取引に対応
  • 取引手数料が無料!
  • 高性能アプリでスマホからでも楽々取引

 

マネックスビットコインは、マネックスグループによって運営されているマネックス証券のサービスです。

各種取引手数料が無料となっていますので、投資初心者から玄人まで幅広い人たちに便利な証券会社となっています。

マネックスグループは大手仮想通貨取引所「Coincheck」を運営している企業でもあります。

 Coincheckは国内で大きなシェアを占めています。

マネックス証券は投資業界の中でもトップクラスの大手企業なので、初心者にとっても安心感があるでしょう。

マネックスビットコインではビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、リップルの4種類を取り扱っています。

4種類と聞くと少なく思う方も多いでしょうが、メジャーな仮想通貨ばかりですので、マイナーな仮想通貨に投資したいのでなければ、そこまでのデメリットにはならないでしょう。

マネックス証券では最大2倍のレバレッジをかけることができるため、少額からでも投資を始めることが可能です。
取扱数 4種類
口座開設スピード 最短翌営業日
手数料(税込) 即時入金:無料
振込入金:無料
出金・出庫:無料
販売所の取引手数料:無料

出典:マネックスビットコイン公式

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTのおすすめポイント
  • 口座開設と1万円以上の入金で、3,000円相当のJMYがもらえる
  • 各種手数料が完全無料
  • エイダ(ADA)・トロン(TRON/TRX)・ジャスミー(JASMY/JMY)を国内で唯一取扱い※1
  • シンプルで使いやすいスマホアプリ
  • 500円から購入でき初心者にやさしい

 

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

ビットポイントは、PCブラウザ・アプリともにインターフェイスがシンプルで、初心者でも使いやすい取引所です。

取引手数料・即時入金手数料・暗号通貨の入出金手数料などが全て無料。そのため、余計なコストを省いた仮想通貨取引が可能になっています。

 また、トロンやジャスミーなど、ほかでの取り扱いが無い通貨を、売買できるメリットもあります。

そのため、これらの仮想通貨を購入するために、口座開設する価値があるでしょう。さらに、初心者に使いやすい点もビットポイントの特徴と言えます。口座開設が非常に簡単な上に、500円から仮想通貨を購入可能です。

現在、口座開設&1万円入金でジャスミーが3,000円相当もらえるキャンペーン開催中です。※2
取扱数 11種類
口座開設スピード 最短翌日
手数料(税込) 取引手数料:無料
入金手数料:無料
出金手数料:無料
入出庫手数料:無料

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

出典:BITPOINT公式
※1 2021年12月時点
※2 キャンペーン開催期間  2022/1/31 16:00まで(「JMYがもらえる!口座開設&入金キャンペーン」-BITPOINTより)

BITPOINTの口コミ評判はこちら

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

アルトコイン取扱数比較ランキング

アルトコイン取り扱い数ランキング

各仮想通貨取引所のアルトコイン取扱数ランキングです。以下に記載しているので、ぜひ参考にして下さい。

Coincheck(コインチェック) 17種類
GMOコイン 16種類
bitFlyer(ビットフライヤー) 14種類
DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 15種類
Bitpoint(ビットポイント) 11種類

※各取引所の公式サイト参照

 このように、Coincheckは取扱い仮想通貨の種類が国内最多のため、様々な仮想通貨を購入したい場合は、Coincheckを使ってみるといいでしょう。
取扱銘柄数ランキングTOP3
コインチェックCoincheckつみたて新規申込で
1,000円分BTCもらえる!

GMOコイン毎日10人に1,000円当たるキャンペーン開催中

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴と評判|口座開設方法と使い方「bitFlyerかんたん積立キャンペーン」開催中

1Coincheck(コインチェック)17通貨

Coincheck(コインチェック)

Coincheckのおすすめポイント
  • 豊富な17銘柄の仮想通貨を取扱い
  • ダウンロード数No.1・取り扱い通貨数No.1
  • 販売所・取引所手数料が無料
  • 使いやすいスマホアプリ
  • シンプルで直感的に操作できるインターフェイス
  • 積み立て投資やレンディングにも対応

 

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

コインチェック公式

2GMOコイン 16種類

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • オリコン顧客満足度№1
  • 安心のGMOグループ
  • レバレッジ取引の銘柄数が国内最多
  • APIでの自動売買も可能
  • 81種類のインジケーター・70種類を超える描画機能が利用できる
  • 口座開設は最短わずか10分程度で完了

※:GMOコイン公式

 

金融業界大手GMOグループが運営

GMOコイン
口座開設はこちら(無料)

3bitFlyer(ビットフライヤー) 14種類

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量No.1
  • 各種手数料無料で気軽に始められる
  • 業界最長7年以上ハッキング0の強固なセキュリティ体制
  • ビットコインを始めリップルなどの人気アルトコイン全種が1円から購入可能

業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

4DMM Bitcoin(DMMビットコイン) 15種類

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引できる仮想通貨の種類が№1
  • 機能が豊富で使いやすい取引ツール
  • 取引手数料・出金手数料が無料
    BitMatch取引手数料を除く
  • 最短1時間以内に取引開始可能
  • スマホアプリもPC版に匹敵する高機能
  • ビットマッチ機能でスプレッドが狭くなる

 

BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoin公式

アルトコイン投資のメリット

アルトコイン投資 メリット

アルトコイン投資のメリット
  1. リターンが大きい
  2. 分散投資がしやすい
  3. 様々な特徴のコインがある
  4. ビットコインが下降トレンドの時に上昇の可能性がある

メリット①リターンが大きい

アルトコインの一番のメリットはリターンが大きいことです。ビットコインに比べると価格の変動が大きく1年で何百倍の価値にもなるコインがたくさんあります。

 1日で約10%値動きすることが頻繁にあります。

中身のないコインもたくさんありますが、しっかり目的を持った価値あるコインを選べば、ビットコインよりも稼ぎやすい可能性があります。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

そもそも仮想通貨は儲かる?

仮想通貨・ビットコインは儲かる?仕組みやリスクを徹底解説

メリット②分散投資がしやすい

メリット②分散投資がしやすい

ビットコイン1点投資はリスクが伴い安定感もありません。アルトコインならたくさんの種類から自分の好みのものを探して投資できます。

また片方が値下がりしても、片方が値上がりする可能性があるので、リスクを分散できます。

メリット③様々な特徴のコインがある

オンラインゲームプラットフォームで利用できる『エンジンコイン』、送金スピードや手数料が安い『ライトコイン』や『リップル』。

Webブラウザ上で使われる『ベーシックアテンショントークン』など様々な特徴のコインがあります。

コインの取引による稼ぎはもちろん、プロジェクト応援という意味でもアルトコインはおすすめです。
本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

メリット④ビットコインが下降トレンドの時に上昇の可能性がある

相場は「上昇トレンド・下降トレンド・レンジ」と3種類の値動きをし、1年間でこれらを繰り返します。

ビットコインが下降トレンドやレンジに入っている時でも、アルトコインが上昇トレンドに入っていることは多いので稼ぎやすいメリットがあります。

アルトコイン投資のデメリット

アルトコイン デメリット

アルトコイン投資のデメリット
  1. ハイリスク
  2. 取り扱っている取引所が少ない
  3. 流動性が低い
  4. ファンダメンタルの影響が大きい

デメリット①ハイリスク

リターンが大きいのは、リスクが高いという意味でもあります。アルトコインは変動が強いので大暴落の可能性も0ではありません。

特にインフルエンサーの発言のみで上昇していたような価値の低いコインには注意しましょう。

デメリット②取り扱っている取引所が少ない

マイナーなアルトコインになると国内で扱っている取引所は1つか2つ。

将来有望なアルトコインでも現時点では日本未上場が多いです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

BITPOINTならADA・JMYなど珍しい通貨の取扱あり

BITPointの口コミから評判を分析!メリットや口座開設方法

デメリット③流動性が低い

デメリット③流動性が低い

アルトコインには流動性が低いものも多いです。

自分の好きなタイミングで売買できないので、いざという時に損切りできない可能性があります。

デメリット④ファンダメンタルの影響が大きい

仮想通貨ではローソク足を分析していく『テクニカル分析』と企業の状況を分析する『ファンダメンタル分析』の2つに大きく分かれます。

アルトコインはアップデートや取引所への上場などで暴騰・暴落の可能性が大きく、ファンダメンタルの要素が強いです。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

アルトコインと草コインの違いは?

アルトコインと草コインの違いは?

イーサリアムやリップル、ビットコインキャッシュなどのアルトコインと草コインは分けて考えられます。アルトコインと草コインでは、時価総額や流動性知名度などが異なるためです。

 草コインは、現在は時価総額や流動性、知名度などがありませんが、今後化ける可能性があります。

なかには、怪しい草コインもありますが、コインチェックやbitFlyerなど有名仮想通貨取引所で取り扱っている草コインは安心です。

リスクも踏まえたうえで投資をすれば、将来、大きなリターンを得られるかもしれませんね。

ここでは、草コインの特徴やアルトコインとの違い、仮想通貨取引所ででも取り扱う主な草コインについて見ていきましょう。

※ただし多額の資金を投資するのはおすすめできません。余剰資金がある場合に限り、草コイン投資を検討するのがよいでしょう。

草コインとは?

草コインとは、アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)の中でも、時価総額や流動性が少なく、知名度も低い仮想通貨のことです。

草コインのメリット

草コインのメリットは「価格が安い」「ボラティリティが大きい」ことです。多くのアルトコインがある中でも時価総額や流動性が少ないため、価格は非常に安くなります。

そのため大量に保有することができ、草コインの価格が上昇すれば、大きな利益を得ることが可能です。

ボラティリティが大きい傾向があるため、短期投資で利益を狙うこともできます。

草コインのデメリット

主なデメリット2つ
  • 価格が0円になるリスクがある
  • 短期間で大きな損失が出る恐れある

草コインはアルトコインの中でも時価総額や流動性が少なく知名度が低いため、価格が0円になる可能性があります。また、ボラティリティが大きいため、短期間で多くの利益を得るチャンスはありますが、多額の損失となる恐れもあります。

 このようなメリット・デメリットがあるだけでなく、なかには詐欺的な通貨もあるため、草コインの取引をする場合には注意が必要です。

ただし、草コインといっても、仮想通貨取引所で取り扱う通貨であれば安心して取引ができます。

国内仮想通貨取引所でも取り扱う、主な草コインには次のようなものがあります。

主な草コイン

オーエムジー

オーエムジー(OMG)は、高速でコストが安く、安全かつオープンな金融サービスの実現を目的として、イーサリアムをベースに開発されたプラットフォームOMG Network上で使える仮想通貨のことです。

2022年2月9日時点のオーエムジーの価格は約620円で、時価総額は約870億円となります。

オーエムジーは、コインチェックGMOコインbitbankなどで購入が可能です。

ベーシックアテンショントークン

ベーシックアテンショントークン(BAT)は、第三者からの広告をブロックできるWebブラウザBraveで使用される仮想通貨です。イーサリアムのコントラクト上で実現された通貨になります。

WebブラウザのBraveが広まれば、ベーシックアテンショントークンの価値上昇も期待できます。

2022年2月9日時点のベーシックアテンショントークンの価格は約108円で、時価総額は約1,610億円です。

ベーシックアテンショントークンは、コインチェックやbitFlyer、GMOコインチェックで購入できます。

ステラルーメン

ステラルーメン(XLM)は、他の仮想通貨と比べて決済スピードが速いのが特徴です。まあた、米ドルや円など法定通貨のブリッジ通貨として使用できるため、低コストで国際送金が可能です。

2022年2月9日時点のステラルーメンの価格は約28円で、時価総額は約6,900億円となります。ステラルーメンはコインチェックやDMM Bitcoinで取引ができます。

クアンタム

クアンタム(QTUM)は、ビットコインとイーサリアムの特徴を併せ持つ通貨です。オープンソースブロックチェーンやスマートコントラクトを採用しています。今後注目の草コインの1つです。

クアンタムはコインチェックDMM Bitcoinで取引が可能です。

なお、それぞれ仮想通貨(暗号資産)の将来性についてこちらで詳しく解説しているため、ぜひチェックしてみてください。

アルトコインを含む仮想通貨銘柄に関する独自アンケート調査

初めて仮想通貨(暗号資産)投資をする方や、まだ始めたばかりの場合、「どの銘柄を購入すればいいのか不安」という方もいるでしょう。

そこで、当サイトでは以下の項目について独自でアンケート調査を行いました。

調査項目
  • 現在取引している(もしくは過去取引していた)仮想通貨銘柄
  • 最も将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨銘柄

仮想通貨投資の経験者が今選ぶ「将来有望なアルトコイン」が何か、確認していきましょう。

Q あなたが取引している通貨はどれですか?

取引している仮想通貨銘柄ランキング

アンケートの回答結果(内訳)
仮想通貨投資経験者が取引している銘柄/過去取引していた銘柄
仮想通貨銘柄 人数(人)
ビットコイン 152
イーサリアム 67
リップル 51
イーサリアムクラシック 30
ネム 27
ビットコインキャッシュ 22
モナコイン 21
リスク 19
ファクトム 19
ライトコイン 13
クアンタム 11
オーエムジー 10
ステラルーメン 8
アイオーエスティー 8
ベーシックアテンショントークン 7
リンク 6
エンジンコイン 5
エイダ 5
ジャスミー 5
パレットトークン 4
その他 11

アンケート調査結果の概要はこちら

最も多かったのはビットコインです。時価総額ランキング1位であり、高い知名度を誇っているため、仮想通貨を始める人はまず購入する銘柄ではないでしょうか。

 アルトコインだけでみると、TOP5はイーサリアム、リップル、イーサリアムクラシック、ネム、ビットコインキャッシュとなりました。

時価総額ランキング上位常連の銘柄が並ぶ結果に。

初心者の方は経験者の選ぶ上記の銘柄を参考にしましょう。

ビットコイン含め、上位の人気アルトコインを購入するなら、国内取扱銘柄数No.1のコインチェックがおすすめ。「注目している銘柄が購入できない」なんてことを避けるためにも、この機会に口座開設してみてはいかがでしょうか。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

下位のエイダ・ジャスミーも実は期待の銘柄

エイダ、ジャスミーに関しては日本国内で購入可能な取引所がBITPOINTのみとなるため、本アンケートでは下位の結果になったと考えられます。

エイダは時価総額ランキングで現在6位※につくなど、注目されている銘柄です。

また、ジャスミーコインは10月から大手の暗号資産交換所コインベースに上場されたばかりのため、歴史は浅いです。

 11月にかけて価格は上昇傾向にあり、日本国内でもBITPOINTへ上場が決定したタイミングで急上昇を見せました。

今後も他の取引所に上場するタイミングで価格が上昇する可能性は十分あるので、それに向けてBITPOINTで購入しておくのも手でしょう。

手数料0円でマイナーコインが買える

BITPOINT
口座開設はこちら(無料)

CoinMarketCap参照(2021年12月24日時点)。

Q 今後、一番将来性(価格上昇)が期待できる仮想通貨はどれですか?(最もあてはまるものをお選びください)

今後の将来性が期待できる仮想通貨銘柄ランキング

アンケートの回答結果(内訳)
将来性有望な仮想通貨銘柄
銘柄 割合
BTC(ビットコイン) 47.5%
ETH(イーサリアム) 8.7%
ETC(イーサリアムクラシック) 6.4%
XRP(リップル) 5.0%
LSK(リスク) 2.3%
XEM(ネム) 1.8%
BCH(ビットコインキャッシュ) 1.8%
FCT(ファクト) 0.9%
LTC(ライトコイン) 0.9%
MONA(モナコイン) 0.5%
XLM(ステラルーメン) 0.5%
ENJ(エンジンコイン) 0.5%
OMG(オーエムジー) 0.5%
LNK(リンク) 0.5%
その他 0.9%
わからない 21.5%

アンケート調査結果の概要はこちら

今後有望な銘柄としてビットコインが最も多く選ばれました。

ビットコインは、2021年11月に700万円台まで高騰するなど、大きな価格変動を見せました。

大型アップデート「Taproot」実装によって、プライバシーとスケーラビリティの向上が期待できるため、さらなる価格上昇もあり得るかもしれません。

アルトコインのみに注目すると、TOP5はイーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、リスク、ネムの順となりました。

アンケート調査の概要

調査概要 仮想通貨(暗号資産)に関するアンケート
調査方法 インターネットリサーチ
調査対象者 仮想通貨(暗号資産)取引経験のある20代以上の方
調査対象者数 221名(男性167名、女性54名)
調査実施期間 2021年12月
調査対象地域 日本
調査実施会社 株式会社ジャストシステム
ファストアスク

アルトコインに関するよくある質問

おすすめのアルトコインは何ですか?
イーサリアム・ポルカドット・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュなどは時価総額が高くおすすめのアルトコインです。
「Coincheck」なら上記のような人気のアルトコインが揃っています。国内No.1の銘柄数を誇る取引所なので、色々な銘柄を買ってみたい方には特におすすめです。
詳しくはこちらをご参考にして下さい。
アルトコインとビットコインの違いは何ですか?
ビットコイン以外の全てのコインを総称したものです。ビットコインは決済・送金目的で開発されましたが、アルトコインはその限りではありません。
アルトコインに投資するメリットは何ですか?
価格変動が大きいのでリターンが大きい可能性があります。また分散投資に向いていたり、ビットコインの動きが少ない時に上昇トレンドになるケースも多いです。
アルトコインに投資するデメリットは何ですか?
リターンが大きい代わりにリスクが高い点です。また狙い目のマイナーコインは国内の取引所で扱っていません。テクニカル分析もしにくい傾向にあります。
アルトコイン購入におすすめの販売所を教えてください
コインチェック・DMMビットコイン・ビットフライヤーなどは取扱銘柄が多いのでおすすめです。コインに応じて複数登録もおすすめです。
将来性のあるアルトコインの特徴は何ですか?
開発目的がしっかりしている・プロジェクトが進行している・コミュニティが盛り上がっている・流動性が高い・企業が関わっているコインです。
ビットコインでアルトコインを購入できますか?
可能です。仮想通貨の各取引所では円建て以外にビットコイン建ても用意されています。購入銘柄/BTCを選び売買しましょう。

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

【まとめ】将来性のあるアルトコインを見極めよう!

イーサリアム・ポルカドット・ライトコイン・ビットコインキャッシュなど、ビットコイン以上に魅力的なアルトコインはたくさんあります。

1年に数回アルトコインバブルもあるので、常にアンテナを張り上手く乗っかるとよいでしょう。

1年後に価値が大きく上がるものもあるので、将来性が高いアルトコインを見極め先行投資しましょう。
仮想通貨の今後の将来性についてはこちらで詳しく解説しています

仮想通貨/ビットコインの今後を予想!将来性のある通貨ランキングも紹介

本人確認+入金で2,500円相当ビットコインプレゼント!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事