NFTとは?暗号資産との違いや特徴、利益を得る方法について解説

NFT投資は最近ブームになっており、これから本格的にNFTに投資を検討されている方は多いのではないでしょうか。

ですが、「NFTとは一体どんな金融商品なの?」「NFTの特徴や暗号資産との違いを知りたい」このような疑問を抱いている方もいらっしゃると思います。

そこで本記事では、NFTの概要や基本情報、暗号資産(仮想通貨)との違いや、利益を得るための投資方法について詳しく解説していきます。

今後投資する上での判断材料の一つにして頂ければと思います。
NFT取引には特定の仮想通貨が必要!!

仮想通貨の購入におすすめ
国内取引所はこちら!!

NFTとは?

NFTとは?

NFTは「Non-Fungible Token(ノンファンジブル・トークン)」の略称で日本語では非代替性トークンと言われています。

非代替性トークンは「替えの効かない物」という意味があります。つまり、NFTは「この世に一つしか存在しない唯一無二の証明ができる技術」ということです。

 NFTはブロックチェーン上に記録されたものが替えの効かない物になるため、デジタルコンテンツなどと一緒にブロックチェーン上で保存すると価値が担保されます。

例えば、画像、音楽、動画などは簡単にコピーされてしまいますが、ブロックチェーンを利用することでデジタル資産や、特許・ノウハウなどの知的財産が守られます。

ではなぜNFTが必要なのか、それはインターネット上での取引は簡単に著作権が侵害されたり、コピーされて所有者が不特定多数になり評価されにくい環境があるからです。

NFTの技術を利用し本物と偽物を区別することで、唯一無二の価値が担保されたり、不正やトラブルの改善ができたりするため、NFTが期待されています。

NFTがあることで本来守られるべき価値を守れたり、唯一性や希少性が高まります。

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産の大きな違いは「非代替性」か「代替性」であるかどうかです。

というのも、NFTの技術を利用すればこの世に1つしか存在し得ない証明ができるため、他の代替サービスやモノなどとは交換できない唯一無二の存在となり得ます。

 一方で暗号資産の場合は、識別可能な資産個別の情報を考慮せず、他の暗号資産や現金などとスピーディーに交換できるため代替性があります。

つまり、NFTは唯一無二の価値を担保できますが、暗号資産は「〇〇万円の価値があるデジタルデータ」といった認識となり、暗号資産は流動性が高いトークンとなります。

NFTはアートやゲームアイテムなどが主な活用領域で、暗号資産は通貨やポイントなどが主な活用要域です。

また、今現在NFTの取引はイーサリアム(ETH)と言われる暗号資産で取引されており、NFTの需要が増えたことでイーサリアム(ETH)の価値も高まっています。

 NFTの発行でよく利用されている規格が、イーサリアム(ETH)の「ERC721規格」です。これは1つひとつが独立した価値を持っているという特徴があります。

最近はイーサリアム(ETH)以外のブロックチェーンプラットフォームが出てきているため、今後はプラットフォーム同士の戦いが始まると予想されています。

改めて「代替可能=暗号資産」「代替不可能=NFT」です。
NFT取引には特定の仮想通貨が必要!!

仮想通貨の購入におすすめ
国内取引所はこちら!!

NFTのメリット・デメリット

メリット

将来価値が高まる可能性が高い

NFTのメリット・デメリット

NFTの流行りは過去に仮想通貨がブームになった当時の状況に酷似しており、将来的に価値が高まる可能性が高いとされています。

なぜなら、NFTアート作成者の中には、有名なアーティストも多く活躍しており、市場が徐々に拡大しているからです。

 例えば、アメリカのバンド、リンキンパークのボーカルMike Shinoda、カナダのミュージシャン兼芸術家のGrimesなど。

知名度の高いアーティストのNFT作品を購入すると、その後価格が高騰して資産としての価値を持つことが可能となります。

NFTアートの中には、CryptoPunksなどのような短期間で数百倍と価値が上昇した作品もあるので、NFTに興味がある方は少額から投資してみてはいかがでしょうか。

アーティストを応援しながら資産形成できるのは嬉しいですね。

不正やデータ改ざんが不可能

NFTのメリット・デメリット

NFTはブロックチェーンを利用した非代替性トークンなので、契約書類や特許・ノウハウなどの知的財産などの価値を担保できます。

 万全なセキュリティー体制が整っており、データを盗んだりデータ改ざんしたりなどの不正行為を働くことは、優秀なプログラマーやハッカーでも不可能です。

なぜなら、NFTを購入すると全ての作品に鑑定書が付きます。鑑定書は「この作品はあなただけのものです」という証明がされるので、安心して持てる資産と言えます。

絵画や宝石などとは異なり、傷や破損しないところもメリットの一つです。

誰でもNFTを購入することができる

NFTのメリット・デメリット

NFT投資はお金があれば誰でも購入可能なので、好みのクリエイターが作ったアートを資産がわりに持てるというメリットがあります。

 一般的に資産価値のある絵画や彫刻、現代美術などのアートは、一般人がなかなか手を出すことができないイメージがあると思います。

また、資産価値のあるアートを購入したはいいものの、メンテナンスが面倒だったり傷や損傷を与えてしまい価値が下がるリスクがあります。

ですが、NFTアートはインターネット上で購入できるので一般の人でも手軽に投資ができ、デジタルアートなので損傷のリスクがありません。

NFTアートは自分でも作成することが可能です。

NFTは少額資金から購入できる

NFTのメリット・デメリット

NFTはイーサリアム(ETH)を利用して購入可能で、基本的にNFTの価格は売り手が自由に決定できます。

 そのため、中には0.0001ETH(今現在のレートで日本円で300円)という安値で購入できるNFTも存在します。

投資初心者でもNFTは手軽に購入できますし、安い値段で買ったNFTがいつの間にか大きな資産価値を生むこともあるので夢があります。

投資初心者でも少額からNFT投資を始めることが可能です。
NFT取引には特定の仮想通貨が必要!!

仮想通貨の購入におすすめ
国内取引所はこちら!!

デメリット

価値が大きく下がる可能性がある

NFTのメリット・デメリット

「投資だから価値が下がることはよくある」と思われるかもしれませんが、株式投資や為替などに比べNFTは価格変動が大きいので注意が必要です。

 価格変動が大きいというのは、資産価値が何倍も膨れ上がる可能性を秘めているとも捉えられますが、損を被る可能性があることを忘れてはいけません。

その大きな原因は、市場参加者が少ない新興市場なので、投資家達もNFTの価値に確信が持てていないというのが本音です。

そのため、ある程度まで値が上昇したところで売ってしまったり、急に大きな資金が入ってくると、市場参加者がビビって投げ売りなどをしてしまうなどの要因があります。

NFTも投資なので儲かる人もいれば、損をする人もいます。

手数料よりもガス代が高くなる可能性

NFTのメリット・デメリット

NFTではガス代と言われる、イーサリアム(ETH)で取引をする時に発生する手数料のことを指します。

 このガス代は実はNFT出品者が自由に設定可能で、そのNFTに需要が高まれば高まるほどガス代が高くなる仕組みになっています。

つまり、イーサリアム(ETH)で何かしらの取引を行うと発生すると認識しておきましょう。

しかし、オフチェーンと呼ばれる、ブロックチェーン上に記録されない取引を採用しているプラットフォームを利用すればガス代が発生しません。

ガス代はイーサリアムチェーンの価格変動によって変わります。

法整備が整っていない

NFTのメリット・デメリット

NFT投資は2021年から流行り出したため、まだ法律の整備が整っておらず、グレー・ゾーンでやり取りされる方も少なくありません。

 グレー・ゾーンは旨味がある一方で法律に抵触する恐れもあります。特に購入者の権利や著作権問題、取引履歴や取引履行などなど様々な問題があります。

また、中には偽物のNFTアートを転売と称して販売する、悪徳なビジネスマンやアーティストも存在するので、最新の注意を払って購入しましょう。

仮に法的なトラブルに発展すると、一人では対処できなくなるので要注意。

NFTの取引対象

ゲーム内のアイテムや通貨

NFTは現在、ゲーム内で使えるアイテムや通貨として利用されています。

最近ではベトナムの企業Sky Mavisがゲームで暗号資産を稼げる、「Axie Infinity(アクシー・インフィニティ)」をリリースしました。

 ゲーム内で稼いだ暗号資産を換金して、普段の日常生活費などに利用することができたりします。NFTの専業ゲーマーが増えています。

アイテムやキャラクターはゲーム内にあるマーケットで販売することができます。特にレアキャラなどは高いレートで取引されます。

ゲームで稼いだお金で私生活で利用できるのは凄いですよね。
NFT取引には特定の仮想通貨が必要!!

仮想通貨の購入におすすめ
国内取引所はこちら!!

デジタルアート

NFTの取引対象

写真やイラスト、絵画や動画などのデジタルアート作品は、ブロックチェーンを利用したNFTの非代替性トークンにより希少性が高まり、価値を担保できるようになりました。

それに伴いNFTを取引できる世界的に有名なマーケットプレイス、OpenSea(オープンシー)、SuperRare(スーパーレア)、Nifty Gateway(ニフティ ゲートウェイ)などが出てきました。

 代表的なデジタルアートといえば、NFT史上最高額(約75億円)で落札された、BeepleによるNFTアート「EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS」は有名です。

日本国内では、VRアーティストのせきぐちあいみさんの作品「Alternate dimension 幻想絢爛」は約1,300万円で落札されました。

グラフィックアーティストやミュージシャン、クリプトアーティストがNFTのデジタルアートで活躍されています。

ツイート

TwitterのツイートもNFTとして販売されており、デジタル資産としての価値が高まっています。

例えば、Twitter社の社長であるジャック・ドーシー氏の初めてのツイートがNFTとしてオークションに出品されました。

 結果はなんと約3億1.500万円の勝ちになり落札されました。国内では与沢翼のツイートNFTが約1,041万円で落札されました。

このように影響力のある人物が過去に呟いたツイートが、時間の経過と共に資産価値が膨らむポイントがNFTの魅力と言えるでしょう。

一見価値が無いように見えて、需要が多ければ価値になるのがNFTです。

スニーカー

NFTの取引対象

大手スポーツブランドを扱うナイキがNFTスニーカーであるRTFKTを買収し、メタバースへの進出を拡大しています。

 2021年12月13日のリリース時には買収額は明らかになっていませんが、確実に仮想現実の事業へと力を注いでいることが分かります。

世界的なスポーツブランドがNFT事業に投資しているため、次々と色々な企業がNFT事業に参入していくでしょう。

ナイキはイーサリアムネットワーク上で靴の所有権をトークン化する特許を取得しています。

コレクターズアイテム

NFTではアニメやトレーディングカードの限定アイテム、人気アイドルグループのSKE48のNFTトレカなどが大人気です。

2021年9月にはONE PIECEの連載1,000回目、コミック100巻根に活版印刷作品10点をNFTとして販売し話題になりました。

NFTはファンが資産になっていると言っても過言では無いでしょう。

NFT取引には仮想通貨が必要!おすすめ取引所はコインチェック!

コインチェック

Coincheck(コインチェック)

コインチェックのおすすめポイント
  • 取引所の手数料が完全無料!
  • 取り扱い通貨数17種類
  • 申込みから取引開始まで最短1日

 

Coincheck(コインチェック)は、アプリダウンロード数No.1でNFT投資ができるマーケットプレイスです。※公式サイトより

NFTの売買はイーサリアム(ETH)もしくはアイオーエスティー(IOST)の2つの仮想通貨で取引可能で、NFT投資をするにはこれらの通貨を用意しましょう。

日本トップクラスの取引所なので初心者は登録しておきましょう。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

NFTの取引が可能なマーケット

Adam by GMO

Adam by GMO

Adam by GMOのおすすめポイント
  • 日本円でのお支払いも対応
  • 購入したNFTの二次販売も可能
  • 合計1,000以上のコンテンツがある

 

大手GMOグループが提供するAdam byGMOは、企業やアーティストが作成したNFTアートを売買できるマーケットプレイスです。

特徴はクレジットカードや銀行振込により決済できたり、二次流通によりクリエイターにロイヤリティが還元されたり、アーティストを応援しながら資産形成できます。

購入者のみが見れるNFT保有者限定コンテンツも魅力の一つです。
出典:Adam -GMO INTERNET GROUP-

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)

OpenSea(オープンシー)のおすすめポイント
  • 著名なアーティストの作品を購入可能
  • 自分自身で無料でNFTアートを作れる
  • 多くのブロックチェーンが対応している

 

OpenSea(オープンシー)は世界最大規模のNFTマーケットプレイスであり、月間取引数が250億以上と世界中で大人気です。

特徴はイーサリアムだけではなく、KlaytntonやTezosなどのブロックチェーンに対応していたり、自分で無料でNFTを作成することも可能です。

販売方法は2つあり、普通に価格を出す方法とオークション形式があります。
出典:opensea公式

NFTのよくある質問

NFTとは?
NFTは英語で「Non-Fungible Token」と言われ日本語で非代替性トークンと言われ、世界で唯一無二のデジタル資産や知的財産の価値を担保してくれる技術の一つです。
NFTと暗号資産の違いとは?
NFTは「非代替性」ですが暗号資産は「代替性」である点が大きな違いです。また、NFTは唯一無二の価値を証明できますが、暗号資産は替えが効くため価値が担保されません。
NFTのメリットとは?
NFTは非代替性なので世界で唯一無二の資産になります。また、NFTアートはアーティストを応援しながら資産形成できたり、自分でNFTアートを作ることも可能です。
NFTのデメリットとは?
NFTの価値が高くなればなるほど、ガス代と言われる手数料が高まるところがデメリットです。また、NFTは新興市場なので流動性が高く、大きく損をする可能性もあります。
NFTの取引対象とは?
NFTの取引対象は幅広く、ゲーム内アイテムや通貨、ツイート、メタバースの土地や建物、デジタルアート、デジタル資産・IP(知的財産)などが挙げられます。
NFT取引が可能な取引所とは?
現状NFT取引が可能な取引所は、アプリダウンロード数No.1の「Coincheck」、大手企業GMOグループが提供する「Adam by GMO」、世界最大規模のNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)」がおすすめです。
NFT投資の注意点とは?
NFTアートを購入する際は、偽物のアートを販売する人やアーティストには要注意。本人のWEBサイトやTwitter等からのリンクされた先でNFTを購入しましょう。

まとめ

ここまで本記事では、NFTの仕組みや特徴、NFTの取引対象や取引する上でのメリット・デメリット、おすすめの取引所について紹介しました。

最近はメタバースなどの仮想現実やVRの人気の波に乗じ、NFTアートの需要が高まってきています。今後さらに市場が拡大するのは時間の問題でしょう。

気になるアーティストを応援しながら資産形成できたり、あなただけの唯一無二のデジタル資産になるので、興味がある方は少額から試してみてください。

まずはコインチェックなどの取引所でETHなど購入するところから始めましょう!
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事