DeFiとは?仮想通貨での稼ぎ方|メリット・デメリットを解説!

「最近よく耳にするDeFi(分散型金融)とは一体何なの?」「仮想通貨とどのような関連があるのかな?」このような疑問を抱く方は多いのではないでしょうか。

DeFiは政府機関や中央銀行などの第三者機関を介さない新しいデジタル金融の分野なので、DeFiを活用して収益を得ることを検討している方は要チェックです。

そこで本記事では、DeFi(分散型金融)の基本情報や特徴、メリット・デメリット、使い方や稼ぎ方、おすすめの取引所まで徹底解説していきます。

DeFiの概要を詳しく紹介しますので、この機会に疑問を解決しましょう。

DeFi(分散型金融)とは?

非中央集権的な金融仲介アプリ

Defi(分散型金融)とは?

DeFiは英語で「Decentralized Finance」の頭文字をとってDeFi(ディーファイ)と呼び、日本語での意味は非中央集権や分散を意味しています。

 第三者である政府機関や銀行、保健、取引所などを仲介する仕組みがなく、ブロックチェーン技術を利用して自由に検証や閲覧することが可能です。

今までは銀行や証券会社が仲介者となり、運用や管理を行い手数料をもらう仕組みがありましたが、DeFiはその仲介者はいません。

仲介者がいない代わりに利用しているユーザー同士が取引履歴が正しいかどうか精査する役割があり、これを分散型銀行や非中央集権と呼ばれています。

DeFiを利用すれば、低い手数料での取引をすることが可能です。

取引コストを抑えられる

DeFi(分散型金融)とは?

DeFiの大きな特徴は、第三者を介さないため余計な手数料がかからないところです。

中央集権的なモデルの場合、海外送金では高額な手数料を支払わなければいけなかったり、金利も高く仲介者に手数料が上乗せされています。

 しかし、DeFiであれば全てがプログラムによって管理されているので、このような第三者は存在せずユーザー同士が繋がって管理し合っています。

Defiが台頭してきたことで第三者の役割を担っていた人達は損するかもしれませんが、ユーザーにとっては得することが多いので大きなブームが来ると言われています。

DiFiを利用すれば、手数料の負担が大幅に軽減でき業務コストを抑えられます。

CeFiとの違い

DeFi(分散型金融)とは?

CeFiとは英語で「Centralized Finance」で頭文字をとってCeFi(シィーファイ)と呼ばれており、日本語では中央集権型金融という意味があります。

 CeFiは具体的には、銀行・保健・証券取引所などの金融機関を管理する仕組みとなっており、CeFiには第三者の仲介は存在します。

先述でも触れましたがDeFiは、ブロックチェーン技術を利用した非中央集権型の金融サービスなので、第三者が存在しなくても透明性の高いサービスを提供できます。

CeFi(シィーファイ)とDeFi(ディーファイ)は全く目的や役割が違うのです。

DeFiの使い方・稼ぎ方

DEX(分散型取引所)

DeFiの使い方

DEXとは英語で「Decentralized Exchange」と呼ばれており、略してDEX(デックス)です。日本語では分散型取引所という意味があります。

従来は仮想通貨に投資する場合、第三者である取引所の口座開設を行う必要がありましたが、Poolというシステムを採用したことでユーザー同士のやり取りが可能になりました。

 このPoolとはイーサリアムに預けると、トークンを受け取れる仕組みのことで、流動性マイニングとも呼ばれています。

Pooにてトークンを獲得する方法はイーサリアムなどの仮想通貨を保有することです。

具体的なDEXの例を紹介しると、Uniswap(ユニスワップ)、Sushiswap(スシスワップ)、Pancakeswap(パンケーキスワップ)などがあり、リターンが大きいとあって人気です。

レンディング(貸付)

DeFiの使い方

従来の貸付は、預金者が預けた資金を銀行が企業に貸し付けることで企業から利子を受け取るシステムでした。

銀行が企業から受け取る利子と預金者に還元される利子には大きな差がありますが、DeFIを利用すると差がなくなります。

 というのも、DeFiは第三者機関である銀行を介さず、スマートコントラクトによって貸し手と借り手が直接やり取り可能です。

つまり、DeFiのエンディングプラットフォームは、手数料や利子などが一切かからず、仮想通貨を借りたり貸したりできてとても便利です。

DeFiは借り手にとっても貸し手にとってもメリットが大きいです。

予測市場

DeFiの使い方

DeFiアプリケーションでは、サッカーの試合結果、選挙の当選結果、オリンピックの結果などを予測してお金を儲けることが可能です。

 もしも予測が的中すれば、スマートコントラクトと言われる第三者を介さずとも自動的に報酬が付与される仕組みになっています。

ギャンブル要素が高いため、DEXやrエンディングに比べると普及の速度は緩やかですが、今後市場が伸びていく可能性が高いと言われています。

代表的なDeFiアプリケーションには、Augur(オーガー)、Omen(オーメン)、Polymarket(ポリマーケット)などがあるので参考にしてください。

DeFiのメリット

口座開設する必要はなくウォレットを利用する

DeFiのメリット

従来は日本で海外の金融商品を購入する際は、該当する国の口座をわざわざ開設しなければいけませんでしたが、DeFiは全く特徴が異なります。

 DeFiは第三者である金融機関の仲介がないため、口座開設する必要は一切ありません。その代わりに仮想通貨を保管するウォレットを利用します。

このウォレットはDeFiアプリケーションのことです。ダウンロードをしてスマートフォンの中に入れておけば、世界中どこにいても取引可能です。

今後DeFi利用者が増加していけば、大きな革命が起こる可能性が高いです。今のうちにDeFi領域については学んでおくことをおすすめします。

DeFiアプリケーションがあれば、世界中のありとあらゆるものを取引できます。

金融機関の仲介がいらない

DeFiのメリット

DeFiは非中央集権型の金融サービスのアプリケーションなので、貸し手と借り手の間に立つ金融機関の仲介が一切必要ありません。

 従来はお金を送金や受け取る場合、必ず金融機関を介する必要がありましたが、DeFiはブロックチェーン技術を利用して当事者同士でやり取りします。

先述でも触れましたが、ブロックチェーン技術を利用すればスピーディーに取引ができたり、手数料を抑えて取引できたりとユーザーにとってはメリットが多いです。

今後DeFiによるイノベーションが加速すると、中央銀行や政府機関による金融取引の承認が無くなり、中央集権型から非中央集権型へとシフトチェンジしていくと言われています。

低コストで利用できる

DeFiのメリット

DeFiは非中央集権的な金融アプリケーションなので、第三者が仲介しない分低コストで利用できるのがメリットです。

従来の金融サービスでは、銀行や保険などでは、営業・受付の人件費や広報費などの費用を手数料として上乗せされる仕組みがあります。

 一方でDeFiの場合はブロックチェーンで管理するため、これらの人件費や広報費などが一切かからず、当事者同士でやり取りが可能です。

つまり、DeFiはこれらの中央集権的な役割を取っ払い、無駄な手数料を逆に利益に変えることができるメリットがあります。

コストがかからない分、利益が大きくなるのがメリットです。

DeFiのデメリット

バブル崩壊のリスクがある

DeFiのデメリット

DeFiは金融イノベーションが起こすシステムだと暗号資産業界で注目されていますが、まだまだ歴史が浅いので実績がありません。

 流行りのブロックチェーン技術を利用した革新的なシステムですが、金融業界では懸念されています。

実際に米証券取引委員会のヘスター・パース委員は、「デジタルトークンを報酬として付与したり、インセンティブを与えるのは規制対象になる」などと述べた経緯があります。

これらのことから、既存のシステムを構築した先駆者からはDeFiのシステムは嫌がられているため、いっときのバブルで終わってしまうかもしれません。

常にDeFiの情報はウォッチしておくことが最善策です。

トラブルは全て自己責任

DeFiのデメリット

大手銀行にお金を預けておけば、もしも倒産してしまっても法律で合算して元本1,000万円までとそのお利息等を保護してくれます。

 一方DeFiの場合はシステム障害などが起きて自身の資産が無くなってしまっても誰も補償してくれません。全て自己責任となります。

未だ一度もシステム障害などのハプニングは起きていませんが、もしものことがあればお金は1円も戻ってこないことを覚えておきましょう。

DeFiは非中央集権的でメリットの方が大きいと思われますが、管理者がいないことによる弊害もあるのもまた事実です。

DeFi銘柄の投資にはETHが必要!購入におすすめの取引所3選

Coincheck

コインチェック

Coincheckのおすすめポイント
  • 取扱い銘柄数は17種類と業界最多
  • 取引所の取引手数料が全て無料
  • 取引画面の見やすさ使いやすさが魅力

 

Coincheck(コインチェック)は、アプリダウンロード数が国内No.1を誇る投資初心者から経験者まで人気の国内最大級の仮想通貨取引所です。※公式サイトより

2022年1月現在、取り扱い銘柄は全部で17種類あり国内最多です。また、取引画面はシンプルなデザインで機能性と操作性を兼ね備えており初心者でも使いやすい設計になっています。

仮想通貨初心者の方はまずはCoincheckを使用することをおすすめします。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

Coincheck(コインチェック)の基本情報

取扱仮想通貨数
(暗号資産)

17種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
最小注文数量(BTC) 取引所:0.005BTC以上
かつ500円(相当額)以上
販売所:円建てで500円相当額
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 ・銀行振込:無料
(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円
(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円
(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:コインチェック公式

bitFlyer

bitFlyer公式

bitFlyerのおすすめポイント
  • 国内最大級の仮想通貨取引所
  • 最短即日で取引を始められる
  • スマホアプリがシンプルで取引しやすい

 

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内位取引所と比べても圧倒的に取引量が多いため、信頼できる仮想通貨取引所です。

実際にビットコイン取引6年連続No.1を獲得しており、流動性が高く取引したいタイミングで瞬時に取引できます。

100円から投資を始められるので初心者におすすめの取引所です。
業界最長7年ハッキングゼロ!

bitFlyer
口座開設はこちら(無料)

bitFlyerの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産)数

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・リスク(LSK)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※別途、スプレッドがあります。
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 ・銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
・クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
・クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

出典:bitFlyer公式
※Bitcoin日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2016年-2021年の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

DMM Bitcoin

DMMビットコイン

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引の取扱い銘柄数No.1
  • 各種取引手数料が全て無料!
  • DMMグループの安心・安全なセキュリティ
    ※公式サイトより

 

大手DMMグループが運営するDMM Bitcoinレバレッジ取引が可能な仮想通貨の銘柄数No.1と、レバレッジ取引したい方におすすめの取引所です。※公式サイトより

特にスマホアプリの取引画面やチャート分析が使いやすいと、投資初心者から経験者まで幅広いニーズから高い評価を受けている大手仮想通貨取引所です。

DMMグループなので安心・安全に利用できるのでおすすめです。
BitMatch注文で手数料を抑えられる

DMM Bitcoin
口座開設はこちら(無料)

DMM Bitcoinの基本情報

取扱仮想通貨数
(暗号資産)

14種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムジー(OMG)
・テゾス(XTZ)
・エンジンコイン(ENJ)

レバレッジ 2倍
最小注文数量(BTC) 0.0001BTC(約412円相当)
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin公式

よくある質問

DeFi(分散型金融)とは?
DeFiは非中央集権的な金融アプリケーションです。第三者を介することなくブロックチェーン技術を利用して、当事者間で自由に検証や閲覧することができる仕組みです。
DeFi(分散型金融)の使い方とは?
DeFiの使い方はイーサリアムなどの仮想通貨を保有しPooにてトークンを獲得したり、スマートコントラクトによって貸し手と借り手が直接やり取りすることが可能です。
DeFi(分散型金融)のメリットとは?
DeFiは第三者が介入してこないため手数料が安かったり、スピーディーに当事者間で取引できたりします。また、銀行で口座開設する必要はなくスマホアプリでウォレットをダウンロードするだけで世界中どこでも利用可能です。
DeFi(分散型金融)のデメリットとは?
DeFiは非中央集権型のシステムが故に管理者がいないため、何かハプニングが起きても全て自己責任となります。また、誕生して僅かなので実績が無く、バブルで終わってしまう可能性もああります。
DeFi銘柄に投資できる取引所とは?
アプリダウンロード数国内No.1の実績を誇る「コインチェック」、ビットコイン取引量6年連続No.1を獲得した「ビットフライヤー」、大手DMMグループが運営する「DMM Bitcoin」この3つの取引所がおすすめです。

まとめ

ここまで本記事では、DeFiの基本情報や特徴、メリット・デメリット、DeFiを利用して稼ぐ方法や使い方などについて詳しく紹介してきました。

DeFiはこれから伸び代のある分野です。DeFiのムーブメントに乗り遅れないように、ブロックチェーン・暗号資産業界を常にチェックしましょう。

DeFi銘柄に興味がある方は、この機会に投資を始めるきっかけにしてみてください。
ビットコインあげちゃうキャンペーン!

Coincheck
口座開設はこちら(無料)

関連記事|仮想通貨(暗号資産)

この記事もあわせて読む
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事