シンニチ保険WEB

8497

販売終了

業種別にリスクを見れば、保険提案がこんなに変わる

業種別リスクマネジメント

ARICEホールディングスグループ/株式会社A.I.P[編著]監修:松本一成(ARICEホールディングスグループ/株式会社A.I.P代表取締役)

巨大資本の参入や来店型ショップ、ネット販売等によって個人マーケットはますます競争が激しくなり、プロ代理店の生き残りのためには法人マーケットの攻略が一つの選択肢として考えられます。しかし、どれだけ保険の知識があっても、お客様の置かれているリスク環境や財務環境が分からなければ適切な保険提案ができません。難易度の高い法人マーケットに対して適切な保険提案を実現するためには幅広いリスクマネジメントの知識が必要不可欠であり、リスクマネジメント力が代理店の生き残りを左右します。この本では、リスクマネジメントの手段としての保険の活かし方までわかりやすく解説。さらに業種別対処法を21業種掲載しています。

ISBN 978-4-905451-32-7

商品番号:8497

A4判/72ページ

2014年3月発売

【主な内容】

1.法人におけるリスクマネジメントの考え方
前提となる考え方・保険提案のプロセス・保険提案の3大原則とリスクアセスメント・リスク対応策・リスクマネジメント視点の保険見直し・経営視点の保険提案・財務視点の保険提案・人材視点の保険提案・資産の保全(B/S対策)・利益の確保(P/L対策)・経営計画にリスクの視点を織り込む

2.業種別リスクマネジメントの対処法
コンビニエンスストア・貨物運送業・葬儀業・旅館/ホテル・飲食店・理/美容業・電気工事業・保育園/幼稚園・診療所・住宅リフォーム業・不動産賃貸業・ビルメンテナンス業・タクシー業・歯科医院・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・土木工事業・パチンコ店・住宅建設業・食料品卸売業・警備保障業・薬局/調剤薬局

【内容見本】 PDF(8497)

関連記事(保険業界ニュース)

生保

エヌエヌ生命、事業経営リスクを学べるオンラインゲーム「経営キングダム」をリリース

損保

三井住友海上とインターリスク総研、洋上風力発電設備のリスクに関するハンドブックを作成