シンニチ保険WEB

8112
研修用教材

生命保険証券のチェックポイント2017

2017年版が完成しました!
外貨建て商品や、転換契約の研究にも最適! 保険証券の見方を徹底解説!

  • 保障の見直しには、まず現在加入している保険の契約内容の確認から始めなければなりません。お客様が加入している保障内容の把握なしでは新たな保障提案は不可能です。保障内容を正確に把握するには、なんといっても保険証券を確認するのが一番です。
  • しかし、保険証券の読み方が分からなければせっかくの見直しのチャンスも台なしです。この本では、人気のある生損保各社70商品の証券モデルをもとに、その読み方や、契約内容について、契約形態・保障内容(主契約・特約)・保険料の取り扱い・解約返戻金・その他の取り扱い別に詳細に解説しています。
  • 今では売り止めになって取扱内容がわからなくなった商品も、昭和49年から毎年発刊されてきた新日本保険新聞社「主力保険のすべて」からの資料ストックから徹底解説! 生損保各社の研修用資料として、現在もっとも信頼され続ける究極の資料です。

掲載商品一覧・内容見本pdf

 

 

商品番号:8112

A4判/148ページ

2017年4月発売

関連記事(保険業界ニュース)

生保

T&Dフィナンシャル生命が大光銀行で外国為替連動型終身保険の販売を開始

生保

楽天生命、「楽天生命たよれる定期」を発売

損保

日新火災、個人向け火災保険にマンションの管理状況に応じた新割引を導入

生保

チューリッヒ生命が「終身医療保険プレミアムDX」「終身ガン治療保険プレミアム」を武蔵野銀行にて販売開始

生保

オリックス生命がりそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行で終身保険ライズを販売

生保

かんぽ生命が第一生命の経営者向け介護保障定期保険を販売

生保

アクサ生命が大分銀行で「ユニット・リンク(有期型)」を発売

生保

三井生命が自動すえ置き機能付円換算支払特約の取扱いを開始

損保

三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保が自動車保険を共同開発

生保

明治安田生命、外貨建保険を発売