20539

【DVD】コロナ禍においても業績拡大 未来を見据えた代理店経営

対談ゲスト:有限会社保険ネットワークセンター 代表取締役 宮宇地 覚 /株式会社ブレインマークス 代表取締役 安東邦彦

今年は新型コロナウイルス感染拡大に始まり、その影響は半年を過ぎた今もなお留まることをしりません。

2020年9月10日付の帝国データバンクの「新型コロナウイルス関連倒産の発生時期分布」の調査によると、コロナ関連倒産はすでに500社超という結果がでています。

今後もっと増えていくことは誰もが想像つくことでしょう。

加えて、保険業界では、人口減少による個人マーケット縮小、新たな販売チャネルの参入、自動化運転による損保マーケットの縮小など、今後ますます状況は悪化していくことは言うまでもありません。

このような危機的状況の中で、増収増益し続けているプロ代理店があります。
有限会社保険ネットワークセンターの宮宇地社長です。

有限会社保険ネットワークセンターの面白い取り組みは、全てが逆算思考であること。

宮宇地社長は、創業当初から未来を見据えて経営をされてきました。

将来こんな未来が見えているから今何をしなければならないのか。

地域密着の保険代理店としてどのような存在で在るべきなのか。
そのために、ビジネスモデル、ブランドづくり、売上のあげ方、マーケット開拓、採用、教育、全てにおいて、未来からの逆算思考のもとに設計されています。

その一つ一つこだわりぬかれた宮宇地社長の手法を今回出し惜しみすることなくわかりやすく丁寧にお話いただいております。

このDVDをご覧いただければ、きっと御社変革への一歩が踏み出せる!
そんなDVDになっております。ぜひ、トップ代理店の全貌をご覧ください。

(企画・制作・著作:株式会社ブレインマークス)

■本DVDをご覧いただきたい方

1.トップ代理店の仕組みを学びたい
2.ブランドづくりに取り組みたいがどうすればいいのかわからない…
3.代理店の組織づくりに本気で取り組みたい
4.今いる人材で最高の成果を生み出す仕組みをつくりたい
5.新規マーケットの開拓法を知りたい…
6.顧客に選ばれる代理店の仕組みを学びたい
7.持続的に増収する仕組みを知りたい

商品番号:20539

DVDビデオ1枚/収録時間約71分

2020年09月発売

定価9,240

主な内容

■未来からの逆算思考?
・保険代理店モデルに成功事例なし?
・会社も社員も全てが逆算思考
・絶対に裏切らない〇〇データから考える
・売上の上げ方にもこだわる

■マーケット開拓法
・売上の上げ方にもこだわる!
・高付加価値=「社員の質」
・計算された出店場所
・生保販売はブルーオーシャン?!

■生産性1300万を実現する仕組みとは?
・地域ブランドをつくるボトムラインの設定
・経営者の仕事は教育とマネジメント
・代理店にしかとれないデータがカギ!
・代理店のコモディティ化はありえない!
・採用は〇〇だけをみればいい!